グローバルサプライチェーンのレジリエンス強化に向けた GIS 活用法 ~ビジネスにおける地図と位置情報活用ウェビナー~

グローバルサプライチェーン(SCM)におけるレジリエンス強化に向けた、
位置情報と GIS(地理情報システム)活用のノウハウや事例をご紹介

新型コロナの世界的な感染拡大を受け、国内・海外のサプライヤーでの生産や供給の縮小により、多くのメーカーの生産計画や小売業界の販売計画に大きな影響を及ぼしています。サプライチェーンが世界に広がる反面で、各地で発生する感染症の蔓延や、ハリケーン・地震といった自然災害など、サプライチェーンのリスクとなる不確実性が高まっています。
その様な不確実性が高まる中、環境変化に対応できる様、サプライチェーンの強靭化やデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進が、企業の取組みとして益々重要となってくるでしょう。
本セミナーでは、世界中にサプライヤーや流通網を持つ製造業や小売業におけるサプライチェーンマネージメントでの GIS の活用法として、世界中に展開されるサプライチェーン網の関係性把握から国内・海外のリスク情報と拠点をかけ合わせたリスク分析などを、デモを交えながらご紹介致します。また、GIS を活用したサプライチェーンのリスク対策事例として、米国の自動車メーカー GM で取り組みについてもご紹介致します。

日 時2021 年 9 月 1 日(水)
15:00 ~ 16:00
参加形式ウェビナー形式(zoom を利用)
参加費無料(事前参加登録制)
対 象以下の部門に従事している方
 ・海外のサプライヤー / 仕入先を持つメーカー・小売業の調達企画 / SCM ご担当者様
 ・海外に流通拠点をお持ちのメーカー・小売業の SCM ご担当者様
グローバルサプライチェーンの可視化
グローバルリスクの把握
サプライチェーンのリスク分析

 

プログラム

・グローバルサプライチェーンを取り巻く状況について
・サプライチェーンマネジメントにおける GIS 活用法
・グローバルサプライチェーンにおけるリスク管理
・ArcGIS を活用した防災ソリューションのご紹介
・質疑応答

 

【注意事項】
ウェビナーのお申し込みおよびご視聴にあたって以下の注意事項があります。予めご了承ください。
・同業他社および類似の業務/サービスに従事されている方は、お申し込みをご遠慮ください。
当社が上記に該当する方と判断した場合は、ご参加をお断りさせていただきます。
・ウェビナーの内容・スケジュール等は予告なく変更になる場合があります。
・ご登録者様毎に固有の視聴用 URL をご案内します。この URL にアクセスできる機器は 1 台限定です。
視聴用 URL の転送、共有はご遠慮ください。
・ウェビナー視聴時のお客様の通信環境によっては、映像や音声の品質が低下する場合があります。