ジオねこ@うじじすのブログ一覧

GIS,地理空間情報関連イベント情報を一覧で見たい場合は、下記リンクをクリックしてください。
ざっとイベントを探すときは、こっちの方が見やすいかも。
http://ujigis.blog.fc2.com/archives.html

「うじじす@オープンデータeventブログ」は、 こちら!

「ジオねこ@うじじす(ujigis)のツイートまとめ ブログ」は、 こちら!

「ジオねこ@うじじす(ujigis) はてなブックマーク」は、 こちら!
「ジオねこ@うじじす(ujigis) GIS ブックマーク 」は、こちら!
「ジオねこ@うじじす(ujigis) 地理空間情報 ブックマーク 」は、こちら!
スポンサーサイト

2018年人文地理学会大会

http://hgsj.org/taikai/2018_taikai_1st/

2018年の大会は奈良大学(奈良市山陵町1500)にて開催を予定しています。11月24日(土)に研究部会(部会アワー)・特別研究発表・一般研究発表(ポスター発表のみ)・定時社員総会・懇親会,25日(日)に一般研究発表(口頭発表・公募セッション・ポスター発表)の予定です(23日(金)はエクスカーションを予定)。

一般研究発表の事前申し込みは,学会ホームページに掲示される申込みフォーマットをご利用下さい。詳細は,第70巻第2号に掲載予定の第2報および学会ホームページでお知らせします。

≪宿泊について≫
大会期間中は秋の行楽シーズンの週末と重なるため,奈良市内はもとより,京都~大阪間においても,宿泊施設の確保がたいへん難しくなります。できるだけ早く宿泊の手配をお願いします。

vInternational Conference on Spatial Analysis and Modeling

sam2018.wixsite.com/home


September, 8th - 9th, 2018

International Conference on Spatial Analysis and Modeling

April 04, 2018

Updates: Important Dates (Abstract or full paper submission deadline extension: Apr. 30, 2018)


Registration
​No registration fee.
VENUE /

Room #141, 14th Building of the Faculty of Engineering, Hongo-Campus, The University of Tokyo, Tokyo, Japan
ABOUT THE CONFERENCE /

This conference provides the researchers and students with the international opportunities to discuss spatial analysis and modeling. The following topics are also welcomed: urban mathematical model, space syntax, geographical information science, smart data, smart cities, research and education.
LIST OF INVITED SPEAKERS /

Jean-Claude Thill (University of North Carolina at Charlotte)
Paul Longley (University College London)
Alan Murray (University of California at Santa Barbara)
Moira Zellner (University of Illinois at Chicago)
G. de Roo (University of Groningen)  
Ming-Hsiang Tsou (San Diego State Univversity)
Yuei-An Liou (National Central University, Taiwan)
Tzai-Hung Wen (National Taiwan University)
IMPORTANT DATES /

Abstract or full paper submission:
Oct. 15, 2017 - Apr. 30, 2018 (extended) 
 Manuscript Writing Guidelines
Notification of full paper acceptance:
Jun. 15, 2018
Conference:
Sep. 8 - 9, 2018
ORGANIZING COMMITTEE /

Chair: Yasushi Asami (The University of Tokyo)
Masatoshi Arikawa (Akita University)

Gert de Roo (University of Groningen)

Hideyuki Fujita (The University of Electro-Communications)

Shoichiro Hara (Kyoto University)

Paul Longley (University College London)

Yuji Murayama (University of Tsukuba)

Allan Murray (University of California at Santa Barbara)

Tomoki Nakaya (Tohoku University)

Takashi Oguchi (The University of Tokyo)

Kei-ichi Okunuki (Nagoya University)

Yukio Sadahiro (The University of Tokyo)

Tatsuki Sekino (Research Institute for Humanity and Nature)

Jean-Claude Thill (University of North Carolina at Charlotte)

Hiroyuki Usui (The University of Tokyo)

Ikuho Yamada (Chuo University)

Keiji Yano (Ritsumeikan University)

Moira Zellner (University of Illinois at Chicago)

第57回古代山城研究会「古代山城とノロシ~高速軍事通信の実態 ~」

https://www.facebook.com/%E4%BB%99%E5%8F%B0%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E5%8F%B2%E6%87%87%E8%A9%B1%E4%BC%9A-1650963028511273/

第57回古代山城研究会「古代山城とノロシ~高速軍事通信の実態 ~」

日時:2018年9月1日(土)12:30~18:00、9月2 日(日)9:00~17:30

会場:近畿大学 東大阪キャンパス A館301教室
〒577-8502
大阪府東大阪市小若江3-4-1
TEL (06)6721-2332
東大阪キャンパス 交通アクセス
http://www.kindai.ac.jp/about- kindai/campus-guide/access_hig ashi-osaka.html

発表予定

9月1日(土)
山田隆文(橿原考古学研究所) 「高安城研究の現状」
向井一雄(古代山城研究会) 「古代日本の烽」
藤田高夫(関西大学) 「中国漢代の烽燧-河西回廊の烽燧群を中心に」
李喆永(蔚山科学大学) 「朝鮮王朝時代の烽燧」
山田隆文 「飛鳥のヒフリ地名と飛鳥京の防衛」
大高広和(福岡県教育庁) 「トビ地名から探る古代烽の立地形態」
古川一明(多賀城跡調査研究所) 「古代東北・関東地方の大型土坑と烽燧」
※研究会終了後、懇親会を開催します。参加希望者は事務局までご 連絡ください。

9月2日(日)
服部英雄(くまもと文学・歴史館) 「近世・中世・古代ののろし(狼煙・烽火)」
湯田 圭(日本城郭史学会)「GISによる甲信地域の武田氏狼煙網の復 元と検証」
加藤進(三重大学) 「阿坂城跡からの発煙筒による烽火実験について」
柴田昭彦(京都地名研究会) 「旗振り通信」
岡寺 良(九州歴史資料館) 「九州北部の近世烽火台-文化年間の修築事例を中心に」
向井一雄 「近世狼煙場の遺構-岡山・高松・土佐・徳島・紀州・尾張藩」
討論

参加費用:資料代 1,500円(会員) 2,000円(会員外) 600円(学生)

お問い合わせ:古代山城研究会 事務局 寺岡 洋
〒663-8167
西宮市甲子園浜田町2-21
TEL:0798-35-8612
E-mail:fuhitotera42@ab.auone-n et.jp

発表者・研究会会員(有志)を対象に9/1午前中に、
高安城礎石群と高安烽(高安出城)の現地見学を予定しています。
9/1朝8:05 近鉄信貴山口駅発の西信貴ケーブル(高安山方面)に乗ります。
参加希望者は事務局までご連絡ください。

「FOSS4G TOKAI 2018」

https://foss4g-tokai-coreday.peatix.com/

フリー&オープンソースGISの祭典「FOSS4G TOKAI 2018」

テーマ:Visualize
日時 :2018年8月25日(土) 10:00〜17:00(受付9:30〜)
会場 :愛知大学 名古屋キャンパス
主催 :FOSS4G TOKAI 実行委員会
共催 :愛知大学経営総合科学研究所

参加費:無料

◆イベント概要

フリー&オープンソースGISの祭典「FOSS4G 2018 Tokai」のセッション(講演会)では、GIS初心者向けから開発者まで楽しく役立つ話題や事例を提供します。このページは申込みのためのページです。

FOSS4GとはFree Open Source Software for GeoSpatialの略で、オープンソースの地理情報ソフトウェア(GIS)群です。例えばこんな話を聞いてみたいと思っている学生、ユーザー、デザイナー、開発者、研究者向けのイベントです。

・facebookでも使われている誰でも自由に使える地図
・Web上で地図を表示するためのJavaScriptライブラリ
・位置情報を扱うデータベース
・誰でも簡単に地図を使った商圏分析/エリアマーケティングができるWEBサービス
・ビジネスの場でGIS(地理情報システム)はどう使われているのか?

最新情報はFacebook/Twitterで告知予定です。ぜひこちらもフォローください。

https://www.facebook.com/FOSS4GTokai/
https://twitter.com/FOSS4GTokai


本ページは、講演会の申し込みページです。講演会は参加費無料です。
※ハンズオン懇親会は有料となっており、後日別途お申込みが必要です。

※講演会は当日のご参加も可能ですが、事前に来場者数を把握したいため事前参加登録をお願いしております。ご協力のほどよろしくお願いいたします。


ハンズオンのお申込みは後日公開予定です

当日セッション(講演後)後に、懇親会も開催いたします。
申し込みページは下記になります。奮ってご参加ください。


懇親会のお申込みは後日公開予定です

※懇親会は、別途、会費がかかります。

講演会(10:00–17:00)

登壇者・講演内容 ※内容随時更新していきます

※講演会の様子は写真ならびに映像で撮影される予定です。また撮影動画はライブストリーミングで放送する可能性があります。
※講演の内容、順序等は変更となる可能性があります。

隠す

GIS Day in 伊勢 2018

https://kogakkangis.maps.arcgis.com/home/index.html

GIS Day in 伊勢 2018 開催!(8月17日(金)・18日(土))
 平成30年8月17日(金)・18日(土)に、本学を会場として「GIS Day in 伊勢」を開催します。今年は2日間の開催で、17日(金)の午後にGIS講習会(自治体・まちづくりコース)、18日(土)の午前に、立命館大学の矢野桂司氏をお招きして、「地理情報システム(GIS)とオープンデータ-教育や自治体での活用」と題してご講演いただきます。18日(土)の午後には、GIS講習会(高校地歴コース)を実施します。講演会、講習会ともに聴講・参加は無料です(講習会については事前の申し込みが必要です)。プログラムは下記のとおりです。詳細はこちらのチラシ(PDF)をご覧ください。GIS講習会については、こちらのURL(https://goo.gl/forms/3CSmm8liHgdCBIpp2)からお申込みできます。

プログラム
8月17日(金)
13:00~17:00 GIS講習会(要事前申し込み)
 自治体・まちづくりコース(定員20名) 5号館522教室
 講師:ESRIジャパン株式会社

8月18日(土)
10:00~12:00 講演会 4号館431教室
 「地理情報システム(GIS)とオープンデータ-教育や自治体での活用」(矢野桂司氏(立命館大学))
13:00~17:00 GIS講習会(要事前申し込み)
 高校地歴コース(定員20名) 4号館421教室
 講師:桐村 喬(皇學館大学)
主催:皇學館大学文学部コミュニケーション学科
共催:皇學館大学教育開発センター
後援:三重県教育委員会、伊勢市教育委員会、(一社)地理情報システム学会、(公社)日本地理学会
協賛:ESRIジャパン(株)
問い合わせ先:皇學館大学文学部コミュニケーション学科 桐村 喬(t-kirimura@kogakkan-u.ac.jp)


奈良大学学校教員研修支援オープン講座「GIS講座」

http://www.kknews.co.jp/news/%E5%A5%88%E8%89%AF%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E6%95%99%E5%93%A1%E7%A0%94%E4%BF%AE%E6%94%AF%E6%8F%B4%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E8%AC%9B%E5%BA%A7%E3%80%8Cgis%E8%AC%9B%E5%BA%A7

奈良大学は、平成30年度 奈良大学学校教員研修支援オープン講座として、「GIS講座」を、2018年8月3日(金)に開催します。

2022年、GIS(Geographic Information System:地理情報システム)の利活用も取り入れた「地理総合」が、高等学校の地歴科で必修化されます。“地理を専門としない”地歴科の教員にもGISを教えることが求められ、そのための支援策が、教育現場で課題になっています。

GISは、地理的位置を手掛かりに、位置に関する情報をすべて地図上に表示し、高度な分析や迅速な判断を可能にする技術。日本では、阪神・淡路大震災をきっかけに、GISに関する本格的な取組が始まり、現在は、GPS等の位置情報と合わせて社会基盤のひとつとなっています。

一方で、地理を専門としている地歴教員は約2割程度。「地理総合」の必修化により、地理を専門としない地歴科教員が、地理を教えることが増えることが指摘されています。

同大学では、下記のGIS講座開講で、新学習指導要領への移行準備やGIS導入事例、実習による教員サポートを行います。

日時 平成30年8月3日(金)
場所 奈良大学 総合研究棟(J棟)
〒631-8502 奈良市山陵町1500
主催 奈良大学
後援 奈良県教育委員会・京都府教育委員会
受講対象 奈良県・大阪府・京都府など同学近隣府県の教員(非常勤含む)
(幼稚園・小学校・中学校・高等学校・特別支援学校)
内容 【GIS講座①】 13:00~14:30(受付12:40~)
現行の高校教科書によるGISの記述と新学習指導要領への移行準備
講師:文学部 地理学科 木村圭司教授【GIS講座②】 14:45~16:15(受付14:25~)
地理授業へのGIS(地理情報システム)の導入例と簡単な実習
講師:文学部 地理学科 酒井高正教授
募集定員 各講座50人
受講料 無料
申込方法 FAXまたは電子メール送信(先着順)
詳細 http://www.nara-u.ac.jp/event/2018/61
申込期間 平成30年6月18日(月)~7月30日(月)

第129回地理思想研究部会(開催日:2018年7月28日)

http://hgsj.org/reikaibukai/chirisisou_no129/

第129回地理思想研究部会(開催日:2018年7月28日)
2018年05月21日(月) カテゴリ:例会・研究部会, 学会からのお知らせ, 新着情報
日 時:
7月28日(土)13時30分〜15時30分

会 場:
大阪市立大学大学院創造都市研究科(梅田サテライト)105教室(大阪駅前第二ビル6F)

研究発表:
認知資本主義,市場,価値づけ:政治経済学とアクター・ネットワーク理論の展開・・・・山本泰三(四国学院大学)

司会:立見淳哉(大阪市立大学)

趣 旨:
今回の企画では,『認知資本主義』(ナカニシヤ出版,2016)の編者である山本泰三さんにお越しいただき,政治経済学の観点から,あらためて現代資本主義の変容について論じていただく。そして,労働や財の価値づけをめぐる現実の変化が,これまでの政治経済学の枠組みに変更を迫るなか,ミシェル・カロンの市場的配置agencement marchand論を中心とした,新たな理論フレームの可能性について考えていく。



【お問い合わせ】
連絡先:立見淳哉(大阪市立大学) E-mail: tatemi(at)bus.osaka-cu.ac.jp
※お手数ですが(at)は@に置き換えてください。

地理思想研究部会のホームページ(http://chirishiso.wiki.fc2.com/)

人文地理学会 第289回例会「ホームレス政策とジェントリフィケーション再考」(開催日:2018/7/21)

hgsj.org/reikaibukai/reikai_no289/

第289回例会「ホームレス政策とジェントリフィケーション再考」(開催日:2018/7/21)

日 時:2018年7月21日(土)13:30〜17:30

会 場:お茶の水女子大学 文教育学部1号館1階 第一会議室

地下鉄丸ノ内線「茗荷谷」駅下車、徒歩7分。休日は南門が閉まっていますので、春日通沿いの正門からお入りください。文教育学部1号館は、正門を入って左手奥に進んで、階段を上がったところです。詳細は下記ホームページを参照して下さい。

http://www.ocha.ac.jp/access/ochacampusmap.html

テーマ:ホームレス政策とジェントリフィケーション再考

  • ヨハネス・キーナー(大阪市立大学都市研究プラザ・特任助教)
    日雇い労働者のゲットーからアントレプレナーの福祉都市へ
    -福祉国家の再編成から見た大阪市の生活保護地理-
  • レイナ・ルセンコ(フロリダ国際大学・博士課程院生/国際交流基金日本研究フェロー)
    公共政策における野宿者の排除とジェントリフィケーション
    -浮浪者対策の150年が練り上げた近代都市東京-

趣 旨:海外に繋がる気鋭の若手研究者二名に、政策と実践の両面から新たなアプロ−チを提起してもらいます。キーナー氏は、最近大阪市立大学に同テーマに関する博士論文を提出したばかりで、ホームレス政策を手はじめに、大阪市のインナーシティ、特に西成区の住宅市場の再生に関する研究を進めています。ルセンコ氏は、現在執筆中の博士論文で、マレーシアと日本のホームレス政策の比較研究を行なっており、東京の渋谷や山谷での支援活動にも長年関わっています。コメンテータには、『叫びの都市』・『ジェントリフィケーションと報復都市』(和訳書)などの研究業績がある原口氏と、山谷でまちおこしの活動を続けている義平氏という、このテーマにかかわる理論/実践の第一人者を迎えます。東京・大阪それぞれの都市形成と現在の変容を、ホームレス政策とジェントリフィケーションという視点から論じる刺激的な内容になると思います。関西方面以外の人文地理学関連の例会や研究会ではあまり扱われることのなかった新鮮なテーマですので、多くの方にお集まりいただき、活発な議論が交わされることを期待しています。なお、発表は日本語で行われます。

コメンテータ

  • 原口 剛(神戸大学)
  • 義平 真心(一般社団法人結YUI 代表)

 

連絡先:熊谷圭知(お茶の水女子大学・人間文化創成科学研究科・地理環境学コース)
E-mail:kumagai.keichi&ocha.ac.jp (&を@に変換してご利用ください)

参加申し込みは不要、参加費も不要です。一般来聴歓迎いたします。

このページの先頭へ



北海道地理空間フォーラムin札幌

https://dghok.com/gf2018/

北海道地理空間フォーラムin札幌

Hokkaido Geospatial Forum in Sapporo
「北海道地理空間フォーラムin札幌」の開催は、産学官の連携により、地理空間情報がより広い分野で⾼度に活⽤されるために、地理空間情報を利活⽤した様々な取組、最新の技術動向等について紹介することを⽬的としております。

地理学・地質学・都市⼯学・デザインなどの分野の有識者を講師に迎え、防災・都市・景観・まちづくり・交通・観光・歴史文化等の⾏政担当者、教育関係者、企業関係者、研究者等の皆様と共に、街歩きやグループ討議を通して、各分野への地理空間情報の利活⽤について考える場、北海道エリアの地域間交流の場としたいと考えております。

事前お申込みの上、是⾮ご参加ください。
ご来場をお待ちしております。


北海道地理空間フォーラム in 札幌 前夜祭
(ジオナイト) 参加募集
7/17 (火) 18:00~20:00
(開場17:45)
このたび、例年東京で開催される「G空間EXPO2018」の北海道大会として「北海道地理空間フォーラムin札幌」が開催されることとなりました。
 このイベントに先立って、オオドオリ大学ジオ部の皆様の協力で、北海道地理空間フォーラムin札幌の前夜祭として「ジオナイト」を開催致します。是非多くの皆様のご参加をお待ちしております。
 ※ジオナイト:地理ネタの発表を皆で楽しみながら飲むライトなイベントです。

日時:2018年7月17日(火)18:00~20:00 開場 17:45
参加費:4,000円 募集定員:30人
会場:ミライストカフェ 
  札幌市中央区南3条西5丁目1−1 ノルベサ 1F

本イベントはレクリエーションですので、服装は軽装でお願いします。


主催各団体のブース・パネル展示
主催各団体のブース・パネル展示
(1展示ロビー,10階1020展示ブース)
7月18-19日(水,木)
18日 12:00-17:00
19日 10:00-17:00

10階1020会議室、展示ブースにて最新GIS技術の紹介等

1階展示ロビー 主催各団体の展示
1階展⽰ロビーに準天頂衛星「みちびき」などを紹介した展⽰コーナー

基調講演 (かでるホール)
基調講演
(かでるホール)定員521席
7月18日(水)
10:00-12:00

講演1-4


地理院地図パートナーネットワーク会議
地理院地図パートナーネットワーク会議
7月18日(水)
13:30-17:00

かでる2・7
【10階 1060会議室】

詳細・参加申し込みは
【国土地理院の地理院地図パートナーネットワークWEBページ】からお申し込み下さい。
(6月26日14時受付開始)

※インターネットライブ配信の閲覧には事前登録は不要です。




産学官セッション 第I部
産学官セッション
第I部
7月18日(水)
13:30-16:30

かでる2・7
【10階 各会議室】

「建設」
「観光」
「景観とサイン」

(建設・測量CPDを申請中)

産学官セッション 第Ⅱ部
産学官セッション
第Ⅱ部
7月19日(木)
10:00-12:00

かでる2・7
【10階 各会議室】

「環境1」
「水産・海洋」
「林業」
「人流と移動支援」

(建設・測量CPDを申請中)

産学官セッション 第Ⅲ部
産学官セッション
第Ⅲ部
7月19日(木)
13:30-16:30

かでる2・7
【10階 各会議室】

「環境2」
「自治体・防災」
「農業」
「自然地理」

(建設・測量CPDを申請中)

北海道衛星データ利用ビジネス創出協議会 主催セミナー
北海道衛星データ利用ビジネス創出協議会
主催セミナー
7月20日(金)
13:30-15:30(調整中)

会場:かでる2・7

第3回協議会
「衛星測位システムの活用について」
さまざまな分野における活用事例の紹介と新たな活用方策についての情報交換

お申込・詳細は【北海道衛星データ利用ビジネス創出協議会】をご参照下さい。

地理教育セッション
地理教育デイ
7月21日(土)
10:00-17:00

会場:札幌駅前ビジネススペース
札幌市中央区北5条西6丁目
【カンファレンスルーム2A】

ハンズオン講習 (定員20名)
「世界一優しいGIS講座〜Google Earthで身につく社会科教員のためのGIS~」
特定非営利活動法人伊能社中 田村賢哉氏

セミナー (定員80名)
【講演1】「地理教育必修化について」(仮)
文部科学省初等中等教育局 視学官 濱野清氏
【講演2】「地理教育に利用可能なコンテンツ」
国土交通省国土地理院研究企画官 岡谷隆基氏

パネルディスカッション
「北海道における地理教育必修化の課題」
コーディネーター 北海道大学大学院文学研究科教授 橋本雄一氏

さっぽろ巡検
さっぽろ巡検
7月22日(日)
10:00-17:00

さっぽろ巡検 ~豊平川の河川地形を学ぶ~

【開催日時】:2018年7月22日(日)開場13:00 10:00~17:00
【会場】:真駒内公園内 真駒内セキスイハイムスタジアム 第3会議室
(真駒内屋外競技場・札幌市南区真駒内公園3番1号)

フィールドワーク:豊平川河川敷

【定員】:20名


株式会社ハッピーアロー代表取締役 森順子氏

お申込・詳細は【こちら】をご参照下さい。


北海道地理空間フォーラムin札幌
Hokkaido Geospatial Forum in Sapporo
7月18日(水)1日目Timetable
Search:
- かでる2・7 1階
かでるホール かでる2・7
1030会議室 かでる2・7
1040会議室 かでる2・7
1060会議室 13:30 大通 三越前
集合 1階&10階ブース展示





10:00-10:30 基調講演 講演1
- - - -
10:30-11:10 講演2
- - - -
11:15-11:30 講演3
- - - -
11:30-12:00 講演4 - - - -
13:30- - 第1分科会 「建設」セッション
第2分科会 「観光」セッション
地理院地図パートナーネットワーク会議 第3分科会 「景観とサイン」
(13:30大通 三越前 集合)
展示
- - 第1分科会 「建設」セッション 第2分科会 「観光」セッション 地理院地図パートナーネットワーク会議 第3分科会 「景観とサイン」セッション 展示
-16:30 - 第1分科会 「建設」セッション 第2分科会 「観光」セッション 地理院地図パートナーネットワーク会議 第3分科会 「景観とサイン」セッション 
かでる2・7
1070会議室 展示
-17:00 - 地理院地図パートナーネットワーク会議 展示
Showing 8 entries
7月18日(水) 1日目 基調講演 10:00-12:00
1階かでるホール

JCCA CPDプログラム201806260002
鎌田高造 氏
10:00-10:30
基調講演 講演1
「地理空間情報に関する最近の取り組みについて」
資料(当日9:00公開予定)

鎌田高造 氏
国土交通省国土地理院企画部長
小口高 氏
10:30-11:10
基調講演 講演2
「GISと地理空間情報の歴史的背景」
資料(当日9:00公開予定)

小口高 氏
一般社団法人地理情報システム学会長(東京大学教授)
藤原達也氏
11:15-11:30
基調講演 講演3
「北海道における地理空間情報活用の歴史と今後の展開」
資料(当日9:00公開予定)

藤原達也 氏
一般社団法人北海道産学官研究フォーラム 副理事長
準備中
11:30-12:00
基調講演 講演4
「すばる望遠鏡と衛星測位の精度に関連が!」
資料(当日9:00公開予定)

三神泉 氏
一般財団法人 衛星測位利用推進センター 専務理事
東北大学工学部機械工学第二学科卒業、京都大学博士(工学)

参画した主な開発システム(於三菱電機)
  45m電波望遠鏡(野辺山)、 64m深宇宙探査アンテナ(淵野辺) 
     8.3m口径すばる望遠鏡(国立天文台ハワイ観測所)
     太陽観測衛星ひので搭載0.5m口径SOLAR-B望遠鏡(ISAS)
7月18日(水) 1日目 第1分科会 「建設」セッション 13:30-16:30
1030会議室
「i-Constructionの深化と課題解決に向けて」
~地理空間情報の利活用の視点から~ 

建設分野における地理空間情報の利活用(特に3次元データの利活用)を大きな枠組みとして建設セッションでは、i-Constructionを効率的に進めていく上での現場課題を取り上げて課題解決に向けてグループディスカッションの場を通して様々な立場の方々で議論いたします。(定員63名)

JCCA CPDプログラム201807110007

横田弘 氏
13:30-14:00
第1分科会 「建設」セッション
基調講演
「地理空間情報を活用したインフラメンテナンスへの期待」
資料(当日13:00公開予定)


横田弘 氏
北海道大学 大学院工学研究院 教授(産学官CIMGIS研究会座長)
島多昭典 氏
14:00-14:20
第1分科会 「建設」セッション
講演2
「北海道開発局におけるi-Constructionの取組み」
資料(当日13:00公開予定)

島多昭典 氏
北海道開発局 技術管理 技術企画管理官
雫石 和利 氏
14:20-14:40
第1分科会 「建設」セッション
講演3
「CUGの活動概要」
資料(当日13:00公開予定)

雫石和利 氏
CUG北海道分会 会長(株式会社ドーコン)
河村 巧 氏
14:40-15:00
第1分科会 「建設」セッション
講演4
「産学官CIM・GIS研究会の活動報告と今後の展望」
資料(当日13:00公開予定)

河村巧 氏
一般社団法人北海道産学官研究フォーラム 理事(岩田地崎建設株式会社)
7月18日(水) 1日目 第2分科会 「観光」セッション 13:30-16:30
1040会議室
「北海道観光におけるICTの利活用について」
人口減少が全国に先駆けて進行する北海道において農林水産業と観光産業は、今後の地域社会を支える大きな産業の柱となっています。
この観光産業の振興にはICTの力が欠かせません。そこで、産学官それぞれの立場から観光におけるICTの利活用についての話を伺います。

JCCA CPDプログラム201807110008
深田秀実氏
13:35-14:35
第2分科会 「観光」セッション
基調講演
「観光におけるデータ駆動型社会への対応」
資料(当日13:00公開予定)

深田秀実 氏
小樽商科大学 商学部社会情報学科 教授
実重貴之 氏
14:40-15:10
第2分科会 「観光」セッション
講演2
「北海道の観光振興とICTの活用」
資料(当日13:00公開予定)

実重貴之 氏
国土交通省 北海道運輸局 観光企画部 課長
高橋正昇 氏
15:10-15:40
第2分科会 「観光」セッション
講演3
「アジアからの旅行者へのインバウンド対策」
資料(当日13:00公開予定)

高橋正昇 氏
シーダースコミュニケーションズ株式会社 代表取締役社長
7月18日(水) 1日目 第3分科会 「景観とサイン」セッション 13:30-16:30
13:30 大通 三越前 集合

サインと地図をいかに連携させるか?
~インバウンド観光、まちの安全対策、景観との調和~

今後、ますます増加が見込まれるインバウンド観光客、国内観光客の利便と安全を図るための有効な方策として、サインと地図の連携について考察する。
まず、現状と課題を認識するために実際に屋外で「巡検」を行い、次に広島市の先進事例により知見を広げる。これらの課題解決に向けてグループディスカッションを行い、実現可能な具体的な方策について検討する。
本セッションで得られた知見をもって、第2日の「人流と移動支援」セッション、9月に開催される「中国地理空間フォーラムin広島」等のイベントにおいて活用することにより、観光や都市の安全、景観形成や地域振興に資する具体的かつ実践的な効果を企図している。


13:30 大通 三越前 集合
13:30~14:30 さっぽろ中心部 巡検
講師 富山大学人文学部准教授 大西 宏治氏
14:30~15:15 かでるに移動・休憩
15:15~16:00 事例紹介「広島市における官民連携の取組」
講師 広島市都市計画部長 萬ヶ原 伸二氏
中国広告美術業組合連合会会長 坂本 廣明氏
司会進行 国土交通省 江藤 洋一
16:00~16:40 グループディスカッション(3グループ)
16:40~16:50 グループ毎の発表
16:50~17:00 全体総括 富山大学人文学部准教授 大西 宏治氏


大西宏治 氏
13:30 大通 三越前 集合
13:30-14:30 さっぽろ中心部 巡検
14:30-15:15 かでるに移動・休憩

 
講師 富山大学人文学部准教授 大西宏治 氏
準備中
15:15-16:00
事例紹介
「広島市における官民連携の取組」
資料(当日13:00公開予定)


講師 広島市都市計画部長 萬ヶ原 伸二 氏
中国広告美術業組合連合会会長 坂本 廣明 氏
司会進行 国土交通省 江藤洋一 氏
大西宏治 氏
16:50-17:00
全体総括

大西宏治 氏
富山大学 人文学部 准教授
7月19日(木)2日目Timetable
Search:
- かでる2・7
1030会議室 かでる2・7
1040会議室 かでる2・7
1060会議室 かでる2・7
1070会議室 1階&10階ブース展示




10:00-10:50 第4分科会 1「環境」セッション
講習会

第5分科会 「水産・海洋」セッション

第6分科会 「林業」セッション

第7分科会 「人流と移動支援」セッション

展示
11:00-12:00 第4分科会 1「環境」セッション
講習会 第5分科会 「水産・海洋」セッション 第6分科会 「林業」セッション


第7分科会 「人流と移動支援」セッション 展示
13:30- 第4分科会2 「環境」セッション
フィールドワーク

第8分科会 「自治体・防災」セッション

第9分科会 「農業」セッション

第10分科会 「自然地理」セッション

展示
- 第4分科会2 「環境」セッション
フィールドワーク 第8分科会 「自治体・防災」セッション 第9分科会 「農業」セッション 第10分科会 「自然地理」セッション 展示
-16:00 第4分科会2 「環境」セッション
フィールドワーク 第8分科会 「自治体・防災」セッション 第9分科会 「農業」セッション 第10分科会 「自然地理」セッション 展示
-16:30 第4分科会2 「環境」セッション
フィールドワーク 第8分科会 「自治体・防災」セッション 第9分科会 「農業」セッション 第10分科会 「自然地理」セッション 展示
Showing 6 entries
7月19日(木) 2日目 第4分科会1 「環境」セッション 10:00-12:00
7月19日(木) 2日目 第4分科会2 「環境」セッション 13:30-16:30
1030会議室
午前のみ・午後のみの参加も可能です。
金子正美氏
10:00-11:00
第4分科会 1「環境」セッション 【定員50名】
「自然環境分野のGISの活用」

金子正美 氏
酪農学園大学 環境システム学部 教授
氷見山清子 氏
11:00-11:50
第4分科会 1「環境」セッション
「Survey123 for ArcGIS で独自の現地調査フォームを作ってみよう」
資料(当日9:00公開予定)

氷見山清子 氏
ESRIジャパン株式会社 プラットフォームプロダクトグループ
準備中
第4分科会 2「環境」セッション 13:30-16:30 午後【定員15名】

午前中は講習会、
午後はかでる2・7周辺のフィールド ワーク、かでる2・7に戻って結果発表(予定)

13:30~15:00 会場で説明後、野外フィールドワーク 
15:00~16:00 会場に戻って発表



7月19日(木) 2日目 第5分科会「水産・海洋」セッション 10:00-12:00
1040会議室
「水産・海洋分野における地理空間情報の利活用について」


水産・海洋分野での地理空間情報の活用について、衛星リモートセンシングの活用事例、
水中計測技術の利用、更に海図の利用など様々な視点で考えます。

JCCA CPDプログラム201807120001
齊藤誠一 氏
10:00-10:40
第5分科会「水産・海洋」セッション 講演1
「 衛星リモートセンシングで海洋空間を知る-水産資源の持続可能な利用のため 」
資料(当日9:00公開予定)

齊藤誠一 氏
北海道大学北極域研究センター長 特任教授
富安信 氏
10:40-11:10
第5分科会「水産・海洋」セッション 講演2
「水中計測技術を活用した海洋生物の可視化」
資料(当日9:00公開予定)

富安信 氏
北海道大学北方生物圏フィールド科学センター
日本学術振興会(JSPS) 特別研究員PD (Ph.D, 環境科学)
古田明(ふるた あきら)氏
11:20-11:40
第5分科会「水産・海洋」セッション 講演3
「海の情報は未来を拓く!」
・海洋情報部の行っている調査や情報提供等の概要説明
・北海道特有の業務である海氷情報センターの説明(衛星データ利用含む)
資料(当日9:00公開予定)

古田明(ふるた あきら)氏
第一管区海上保安本部海洋情報部長
7月19日(木) 2日目 第6分科会 「林業」セッション 10:00-12:00
1060会議室
「北海道の森林を俯瞰して見る技術 ~ 森林GISと森林リモートセンシング ~」

北海道の森林面積は約550万ha、土地面積の約7割を占めています。
広大な森林を適切に把握するための技術として利用している森林GISやリモートセンシングについて話します。
また、森林GISにおいて使用されるさまざまな公共データの活用促進を図るためのオープンデータの取組についても紹介します。

JCCA CPDプログラム201807120004
喜多 耕一 氏
10:00-10:50
第6分科会 「林業」セッション 講演1
「北海道における森林GISとオープンデータの取組事例について」
北海道における森林GISの概要およびフリーオープンソースGISの森林管理への活用状況、公共データの活用促進を図るためのオープンデータの取組などについて紹介します。
資料(当日9:00公開予定)

喜多耕一 氏
北海道総合政策部情報統計局情報政策課 IoT推進グループ 主査
菅野正人 氏
11:00-11:50
第6分科会 「林業」セッション 講演2
「離れたところから森林を見る ~森林リモートセンシング~」
衛星画像や空中写真などを利用して離れたところから森林をみることができる森林リモートセンシング技術の概要と道総研林業試験場における研究成果について紹介します。
資料(当日9:00公開予定)

菅野正人 氏
地方独立行政法人 北海道立総合研究機構林業試験場 主任主査
7月19日(木) 2日目 第7分科会 「人流と移動支援」セッション 10:00-12:00
1070会議室
「移動支援における地理空間情報の利活用について」

人の移動や行動支援には近年、スマートフォンの普及によって地理空間情報の活用のフィールドが広がっています。
有識者より問題提起と様々な手法を紹介いただき、フリーディスカッションを行います。

JCCA CPDプログラム201807120003
大西宏治 氏
10:00-10:40
第7分科会 「人流と移動支援」セッション
イントロダクション、問題提起

大西俊治 氏
富山大学人文学部 准教授
準備中
10:40-11:10
第7分科会 「人流と移動支援」セッション
「移動支援に関する様々な手段」の紹介
資料(当日9:00公開予定)

小美野智紀 氏
株式会社ドーコン
準備中
11:20-11:40
第7分科会 「人流と移動支援」セッション
講師と参加者によるフリーディスカッション

司会進行
和田陽一 氏
国際航業株式会社
7月19日(木) 2日目 第8分科会 「自治体・防災」セッション 13:30-16:30
1040会議室
「防災・減災における地理空間情報の利活用と自治体の役割」

近年防災分野においては、地理空間情報を始めとしたICT技術の利活用が急ピッチで進められています。
北海道大学大学院工学研究院教授の岡田成幸氏を始め産学官それぞれの専門家による道内の事例を紹介いただきます。

JCCA CPDプログラム201806290005
岡田成幸 氏
13:35-14:15
第8分科会 「自治体・防災」セッション 講演1
「ICTを活用した都市型防災の近未来」
資料(当日13:00公開予定)


岡田成幸 氏
北海道大学大学院工学研究院 教授
丸田之人氏
14:15-14:45
第8分科会 「自治体・防災」セッション 講演2
「室蘭市における統合型GISとオープンデータによる防災対策」
資料(当日13:00公開予定)

丸田之人 (まるた ゆきと) 氏
室蘭市経済部観光課 課長
志村一夫 氏
14:55-15:25
第8分科会 「自治体・防災」セッション 講演3
「56豪雨と比較したH28年北海道豪雨災害と空間情報分析」
資料(当日13:00公開予定)

志村一夫 氏
株式会社シン技術コンサル 代表取締役
橋本雄一氏
15:25-15:55
第8分科会 「自治体・防災」セッション 講演4
「北海道の津波防災へのGISの挑戦」
資料(当日13:00公開予定)

橋本雄一 氏
北海道大学大学院文学研究科 教授
7月19日(木) 2日目 第9分科会 「農業」セッション 13:30-16:30
1060会議室
「スマート農業と地域振興」
~地理空間情報の利活用の視点から~

農産物の輸入自由化が進む中で、日本農業の国際競争力を確保するためには、農業構造改革とあわせて革新的な技術開発により、
一層の農産物の品質向上や生産コストの削減を図ることが喫緊な課題となっている。G空間情報を高度に活用した農業のスマート化は、ICTやロボット技術などの先端技術により「農作業の姿」の変革を可能にする。本セッションではその具体的事例とともに普及に向けた自治体の役割、そしてスマート農業による地域振興の可能性について議論したい。

JCCA CPDプログラム201807120002
準備中
13:40-14:10
第9分科会 「農業」セッション 講演1
「岩見沢農業におけるICTの取組み」
資料(当日13:00公開予定)

西谷内智治 氏
いわみざわ地域ICT利活用研究会 会長
小林伸行 氏
14:10-14:40
第9分科会 「農業」セッション 講演2
「農業ICT技術の地域への提供及び実装について」
資料(当日13:00公開予定)

小林伸行 氏
株式会社スマートリンク北海道 常務取締役
黄瀬信之 氏
14:40-15:10
第9分科会 「農業」セッション 講演3
「ICT利活用による地方創生 ~農・食・健康の施策連動~」
資料(当日13:00公開予定)

黄瀬信之 氏
岩見沢市 情報政策推進担当次長
準備中
15:10-15:25
第9分科会 「農業」セッション 講演4
「ICTを活用した営農支援システムの構築
    ~芽室町におけるデータの収集・蓄積・利活用~」
資料(当日13:00公開予定)

岡本博史 氏
北海道大学大学院農学研究院 准教授
野口伸 氏
15:45-16:30
第9分科会 「農業」セッション パネルディスカッション
「スマート農業と地域振興」
資料(当日13:00公開予定)

司会進行
野口伸 氏
北海道大学大学院農学研究院 教授
7月19日(木) 2日目 第10分科会 「自然地理」セッション 13:30-16:30
1070会議室
「北海道の地形・地質を考える」

DEMを使用して火山や地すべり、河川系の地形判読に使用できる画像システム“地貌図”の紹介と
北海道のデジタル地質図の活用法をについて講演いただきます。

JCCA CPDプログラム201807110009
齋藤健一 氏
13:35-14:10
第10分科会 「自然地理」セッション
「微地形表現手法のご紹介 ~地貌図(ちぼうず)とは?」
DEMを使って火山や地すべり、河川系の地形判読に使える画像システムの紹介
資料(当日13:00公開予定)

齋藤健一 氏
株式会社シン技術コンサル
太田雄三 氏
14:10-14:55
第10分科会 「自然地理」セッション
「GISデータ北海道地方の土木地質図の紹介」
初めての北海道のデジタル地質図の紹介と活用法について紹介
資料(当日13:00公開予定)

太田雄三 氏
一般社団法人日本応用地質学会北海道支部
豊田守 氏
15:00-15:45
第10分科会 「自然地理」セッション
「札幌の地下空間を3次元で見る」
札幌の地下を3次元で表示し、未データの地下構造も予測する最先端ソフトの紹介
資料(当日13:00公開予定)

豊田守 氏
ジーエスアイ株式会社 代表取締役
山岸宏光 氏
第10分科会 「自然地理」セッション
コーディネイター

資料(当日13:00公開予定)

山岸宏光 氏
北海道総合地質学研究センター 理事

1942 年静岡県生まれ。1966年 北海道大学理学部地質学鉱物学科卒業. 理学博士, GIS上級技術者. 1966–1999 年 北海道立地下資源調査所環境地質部 (現:道総研地質研究所) 勤務. 1997–1999 年 京都大学防災研究所非常勤講師, 1999–2008年 新潟大学理学部自然環境科学科教授, 2007–2008 年 新潟大学自然科学系環境防災 GIS センター長, 2004–2006 年日本地すべり学会会長, 2010–2013 年 愛媛大学防災情報研究センター教授. 他に JICA専門員, GIS LANDSLIDE 研究会代表などを歴任. 現在, (株) シン技術コンサル 技術顧問, CEMI 北海道理事, UNESCO 専門員, HRCG 北海道総合地質学研究センター理事・シニア研究員, 日本地すべり学会名誉会員, OSGeo 財団日本支部会員. 専門は地質学で, 地すべり, 火山, 地震防災, GIS (地理情報システム) などの研究に従事.
北海道衛星データ利用ビジネス創出協議会
主催セミナー
7月20日(金)
13:30-15:30 会場:かでる2・7 730会議室

第3回北海道衛星データ利用ビジネス創出協議会
 今回は、「北海道地理空間フォーラムin札幌」のコラボイベントとして開催し、会員以外の方にも参加いただくことが可能です。
内容

1.「準天頂衛星を活用した利用展望(仮)」

一般財団法人 衛星測位利用推進センター 利用実証推進部 部長 松岡 繁 氏

2.「測位衛星と地球観測衛星をもちいたスマート畜産経営の実証(仮)」

M・S・K株式会社 代表取締役 水野 尚淑 氏


お申込・詳細は【北海道衛星データ利用ビジネス創出協議会】 をご参照下さい。

北海道衛星データ利用ビジネス創出協議会

地理教育デイ
7月21日(土)
10:00-17:00
【開催日時】:2018年7月21日(土)開場13:00 13:30~17:00
【会場】:札幌駅前ビジネススペース カンファレンスルーム2A
札幌市中央区北5条西6丁目1-23 第二北海道通信ビル2階


午前の部:
ハンズオン講習
7月21日(土) 10:00-12:00
(定員20名)
「世界一優しいGIS講座〜Google Earthと地理院地図で身につく社会科教員のためのGIS〜」
特定非営利活動法人伊能社中 田村賢哉 氏

対象:教員・教育関係者
持ち物:Google EarthをインストールしたノートPC

【参加費】: 無料(事前登録制)


午後の部:
セミナー
7月21日(土)
13:30-17:00
(定員80名)
午後の部:セミナー(定員80名)
13:30 開会の挨拶

13:35~14:25講演1
「新学習指導要領における地理学習の方向性とGISに期待されること」
文部科学省初等中等教育局視学官 濱野清氏

14:25~15:15講演2
「地理教育に利用可能なコンテンツ」
国土交通省国土地理院研究企画官 岡谷隆基氏

15:15~15:20 休憩

15:20~17:00 パネルディスカッション
「北海道における地理教育必修化の課題」
コーディネイター
北海道大学大学院文学研究科教授 橋本 雄一氏

【参加費】: 無料(事前登録制)

地理教育デイ
7月21日(土)
10:00-17:00

さっぽろ巡検
さっぽろ巡検
7月22日(日)
さっぽろ巡検 ~豊平川の河川地形を学ぶ~

【開催日時】:平成30年7月22日(日)開場9:30 10:00~17:00
【会場】:真駒内公園内真駒内セキスイハイムスタジアム第3会議室(集合場所・座学)
豊平川河川敷(フィールドワーク)

【定員】:20名
【プログラム】:
午前の部:座学
10:00~12:00
「河川地形と札幌扇状地の成り立ち」

午後の部:フィールドワーク
13:00~17:00
「豊平川の河川地形を歩く」
※雨天時:午後のフィールドワークは中止で、午前の座学のみ開催

講師&スタッフ
・森順子 地理女net 代表
・関根達夫 NPO法人 北海道総合地質学研究センター シニア研究員・理事,
・大浦宏照 HRS株式会社 執行役員
・三好達也 NPO法人Digital北海道研究会

ルート
フィールドワークは豊平川を上流に向かって7km程度歩きます。およそ3時間かかります。


持ち物・服装
・動きやすい長袖長ズボン(汚れても良いもの)
・帽子
・運動靴(河川敷など足場の悪い箇所があります。丈夫で歩きやすい靴でお越しください。)
・筆記用具
・昼食(付近に食堂や売店は少ないです。持参をお願いいたします。)
・飲み物(熱中症対策の為、必ずお持ちください。)
・虫よけ(必要な方。アレルギーをお持ちの方はエピペン持参などの対策をお願いいたします。)

参加申し込み開始しました(7月5日~)








さっぽろ巡検
北海道地理空間フォーラム
in札幌
Hokkaido Geospatial Forum in Sapporo
地理空間情報高度活用社会(G空間社会)の実現へ向けて、産学官が連携し、
地理空間情報と衛星測位の利活用を推進する場として開催されるイベントです。


Gold Sponsers
「北海道地理空間フォーラムin札幌」ご協賛各社様
ESRIジャパン株式会社
NTT空間情報株式会社
株式会社 シン技術コンサル
Harris Geospatial株式会社
株式会社フォーラムエイト
北海道地図株式会社
MIERUNE Inc. (株式会社MIERUNE)
一般財団法人リモート・センシング技術センター
Sponser
Silver Sponsers
「北海道地理空間フォーラムin札幌」ご協賛各社様
岩田地崎建設株式会社
FRSコーポレーション株式会社
株式会社岩崎
Previous
Next
株式会社サンコー
株式会社 タナカコンサルタント
株式会社ヒューネス
株式会社 タナカコンサルタント
株式会社ヒューネス
株式会社サンコー
Previous
Next
Bronze Sponsers










Previous
Next
北海道地理空間フォーラムin札幌 は「北海道みらい事業」「No Maps連携事業」に登録されています。
http://www.g-expo.jp/
北海道みらい事業
No Maps
Mobirise
主催
G空間EXPO運営協議会2018
(公益社団法人日本測量協会, 一般社団法人全国測量設計業協会連合会, 一般社団法人日本測量機器工業会, 公益財団法人日本測量調査技術協会, 一般財団法人衛星測位利用推進センター, gコンテンツ流通推進協議会, 一般社団法人地理情報システム学会, 内閣官房, 内閣府宇宙開発戦略推進事務局, 国土交通省国土政策局, 国土交通省国土地理院, 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 ),
一般社団法人北海道産学官研究フォーラム,
特定非営利活動法人Digital北海道研究会

共催
北海道, 札幌市, 北海道経済連合会, 札幌商工会議所, 一般社団法人北海道屋外広告業団体連合会, 北海道屋外広告士会, 一般社団法人日本写真測量学会北海道支部, 一般社団法人建設コンサルタンツ協会北海道支部, 北海道高度情報化農業研究会, 特定非営利活動法人札幌オオドオリ大学ジオ部, 北海道G空間情報技術研究会, NoMaps実行委員会

お問い合わせ
Email: office@dghok.com (お問い合わせ:特定非営利活動法人Digital北海道研究会 事務局)
Fax: 011 299 5070

060-0807
札幌市北区北7条西5丁目6-1ストークマンション札幌507
Digital北海道研究会

© G空間EXPO運営協議会2018 本ウェブサイトに掲載の内容は予告なく変更になる場合があります。予めご了承ください。

北海道地理空間フォーラム in 札幌 前夜祭 (ジオナイト)

https://dghok.com/gf2018/
https://dghok.com/gf2018/20180717_gn.pdf

北海道地理空間フォーラム in 札幌 前夜祭
(ジオナイト) 参加募集
7/17 (火) 18:00~20:00
(開場17:45)
このたび、例年東京で開催される「G空間EXPO2018」の北海道大会として「北海道地理空間フォーラムin札幌」が開催されることとなりました。
 このイベントに先立って、オオドオリ大学ジオ部の皆様の協力で、北海道地理空間フォーラムin札幌の前夜祭として「ジオナイト」を開催致します。是非多くの皆様のご参加をお待ちしております。
 ※ジオナイト:地理ネタの発表を皆で楽しみながら飲むライトなイベントです。

日時:2018年7月17日(火)18:00~20:00 開場 17:45
参加費:4,000円 募集定員:30人
会場:ミライストカフェ 
  札幌市中央区南3条西5丁目1−1 ノルベサ 1F

本イベントはレクリエーションですので、服装は軽装でお願いします。

北海道地理空間フォーラム
in 札幌 前夜祭(ジオナイト)
7/17 (火) 18:00~20:00(開場17:45)
• このたび、例年東京で開催される「G空間
EXPO2018」の北海道大会として「北海道地
理空間フォーラムin札幌」が開催されるこ
ととなりました。
• このイベントに先立って、オオドオリ大
学ジオ部の皆様の協力で、北海道地理空間
フォーラムin札幌の前夜祭として「ジオナ
イト」を開催致します。是非多くの皆様の
ご参加をお待ちしております。
※ジオナイト:地理ネタの発表を皆で楽しみ
ながら飲むライトなイベントです。
• 日時:2018年7月17日(火)
18:00~20:00 開場 17:45
• 参加費:4,000円 募集定員:30人
• 会場:ミライストカフェ
札幌市中央区南3条西5丁目1−1 ノルベサ
1F
• 本イベントはレクリエーションですので、
服装は軽装・カジュアルでお願いします。
イベント詳細
https://dghok.com/gf2018/
参加お申込
https://eipo.jp/dghok/seminars/view/15320
• 森 順子
ハッピーアロー
総合司会・発表者
• 三好達也
デジ北
発表者
• 佐藤真奈美
オオドオリ大学ジオ部 発表者
• 石川 成昭
オオドオリ大学ジオ部 発表者
• 谷中 章浩
オオドオリ大学ジオ部 発表者
• 松山和弘
オオドオリ大学ジオ部 発表者
• 宮澤好
オオドオリ大学ジオ部 発表者
• 大浦宏照
オオドオリ大学ジオ部 司会
(その他の発表も!現在調整中です)

Google Maps APIとPostgreSQLでWebGISつくろうワークショップ

https://techplay.jp/event/681191

Google Maps APIとPostgreSQLとオープンデータでWebGISつくろうワークショップ

Alt text

©OpenStreetMap contributors / CC BY-SA (ワークショップではGoogle Maps APIを利用しますが上記スクリーンショットはOpenStreetMapの地図を利用しています)

概要

完成品の動作イメージ

JavaScriptとデータベース(SQL)を用いて、実際にプログラムを書きながら実用的なWebGISを作るワークショップです。

ハンズオンの内容

以下のテキストに基づいて進めます。サーバやデータはこちらで用意したものを利用します。

WebGISハンズオン

講師

宮内はじめ(E2D3,Code for Nagoya,OSGeo財団日本支部,日本PostgreSQLユーザ会)

シビックテック、データビジュアライズ、FOSS4Gのコミュニティに所属しイベントの開催や講演活動をしています。

講師プロフィール

下記セミナー等で講演。

  • SRA OSS,Inc主催「PostgreSQL最新動向&活用事例セミナー」
  • Google株式会社主催「Google Maps APIs ビジネス活用セミナー」

概要

  • 日時:2018年7月16日(月・祝) 13:00〜21:00 
  • 会場:TECH PLAY
  • 住所:東京都渋谷区宇田川町20-17 NMF渋谷公園通りビル 8F
  • 最寄駅:渋谷駅
  • 定員:20名程度
  • 料金:2,000円(完全非営利で、参加費は懇親会で使い切らせて頂きます!)、学生 無料、運営協力(参加者のFTP操作やJSのデバッグ等をサポート頂ける方)

プログラム

開始時間に遅れると内容についていけなくなりますのでご注意ください

  • 13:00-:開場
  • 13:30-:ワークショップ開始
  • 19:00-:懇親会

※ プログラムは変更となる場合がございます。ご了承ください。

対象者

HTML及びJavaScriptについての基礎知識を必要とします。PostgreSQL及びPostGISについての知識は必要としません。

当日のお持物

  • ご自身のノートPC(必須)
  • タブレットがあると便利です

事前準備

事前に下記のインストールをお願いします。

  • FTPクライアント (FileZilla Clientを推奨)
  • テキストエディタ (UTF-8のファイルが編集できること。Visual Studio Codeを推奨。)
  • ブラウザ(Google Chrome)

(OSはWindows, Macどちらでも可能です。)

詳しくは下記を参照ください。

事前準備



奈良地理学会の2018年度夏季例会

https://narageo.wordpress.com/




奈良地理学会の2018年度夏季例会を、7月14日(土)に奈良教育大学で開催します。

→ お申込みはこちらまで(Googleフォームが開きます。)

ウェブ上のデジタル地図が一般化し、紙地図とは違った地理・地域学習ができるようになりました。高等学校における「地理総合」の必履修化や、小・中・高を通じた地理教育一貫カリキュラムの実現、未来志向の学びであるESDや防災教育の重視など、新学習指導要領では地理が大きく変わります。

会員ではない方々もお誘いあわせの上、ぜひお越しください。

なお、参加は無料ですが、準備の都合上、要お申込み(先着順)とさせていただきます。

日時: 2018年(平成30年)7月14日(土)14:00~17:15
会場: 奈良教育大学 ・・・アクセスマップをご参照ください。

市内循環バス「高畑町(たかばたけちょう)」下車。正門から徒歩で約3分。

1:講義棟 サテライト室(301共同利用パソコン室)
2:次世代教員養成センター2号館 多目的ホール

内容

1.千葉浩三(国土地理院近畿地方測量部):
地理院地図の使い方と活用法について(実習つき)

2.高木 優(神戸大学附属中等教育学校):
次期教育課程における地理教育―「地理総合」を中心に―

→ お申込みはこちらまで(Googleフォームが開きます。)

お問い合わせ: 河本大地(奈良教育大学)

daichizuあっとgmail.com(あっとは@に置き換えてください。)

img20180604203918266

カテゴリー: 例会

地理の会 巡検 神奈川県松田町・山北町

http://www.geocities.jp/geo_friends_society/

巡検 神奈川県松田町・山北町 (注意:参加申込は、6月1日以降になります。)
日時:7月14日(土)雨天決行。ただし台風など荒天の場合21日(土)に
開催集合:9:30 小田急線新松田駅改札口   
解散:17:30頃新松田駅


1.巡検のテーマ
「交通の要衝、その盛衰と未来」
交通地理=国鉄東海道本線、JR御殿場線、小田急、旧街道・矢倉沢往還、宿場、東名高速道路などをキ―に町の昔と今を巡検する


2.対象エリア
神奈川県松田町、山北町、南足柄市

3.主な訪問先(一部区間でタクシーに分乗します)
(午前) 西平畑公園、三角土手(酒匂川・川音川)、矢倉沢往還(大山街道)、松田町民センター、二宮尊徳誕生地道標、御木本幸吉記念碑、馬車道、寒田神社、松田亭
昼食 イタリアンレストラン ホノボーノ
(午後)JR松田駅 → 山北駅 山北町鉄道資料館、SL広場 アサヒビール神奈川工場ビ-ル園(懇親会)(ビール園を希望しない人は山北駅解散)

4.巡検の見どころ
松田町は古代からの交通の要衝であり、「松田」姓の発祥の地でもあります。そして、松田町・山北町は鉄道の町として栄えました。しかし、東海道本線が御殿場線経由でなくなってからは、以前の賑やかさはなくなりました。巡検では、町の繁栄の面影をたどり、さらに、江戸時代の矢倉沢往還を散策します。そして、未来を見つめます。また、酒匂川治水の史跡を見学します。


5.交通費 約1600円(タクシー分乗での一人当たり目安)

第20回寺子屋 考古学への招待

www.osaka-ue.ac.jp/research/nikkeisi/news/kokusho.html

第20回寺子屋

考古学への招待

会場▶大阪経済大学 C館3階31教室
時間▶14:00~16:00

7月7日(土)
海外考古学調査と地理情報技術活用の現在
      ―中国と中東の事例から―
渡部 展也 中部大学人文学部 准教授

7月14日(土)
ヒトはなぜ洞穴に住んだか
  ―洞穴遺跡と考古学―
藤山 龍造 明治大学文学部 准教授

7月21日(土)
近現代考古学の可能性
  ―社会に開かれた歴史を目指して―
安藤 広道 慶應義塾大学文学部 教授

≪申込方法≫
郵便番号・住所、氏名(ふりがな)、電話番号、生年月日をご記入の上、お申込みください。
後日、抽選のうえ当選された方には6月15日(金)までに受講票をお送りいたします。(定員200名)
※落選通知は致しません
※重複申込みについては、2通目以降が無効となります

応募条件:原則、3回全てに参加を希望される方に限ります

e-mail➤ kokusho@osaka-ue.ac.jp
※受付確認メールをお送りいたします(自動応答)

※お使いの機器の設定状況により、受付確認メールが受信できない場合がございます。その場合は、各メールサービスのご利用先にお問い合わせいただくか、ハガキまたはFAXにてお申込みください

F A X ➤ 06-6327-1373
ハガキ➤ 〒533-8533 大阪市東淀川区大隅2-2-8
     大阪経済大学日本経済史研究所「黒正塾」係


申込み締切:6月4日(月)必着
※受講票をお持ちでない方のご入場はお断りさせていただきます
※申込に際しての個人情報は本学が主催する講演会の運営のみに使用いたします
※講演会の内容などに変更または中止事由が生じた場合はホームページでお知らせいたします。



平成30年度第1回気象ビジネス推進コンソーシアムセミナー

https://www.wxbc.jp/event/20180706_seminar201801/

平成30年度第1回気象ビジネス推進コンソーシアムセミナー
開催日:7月6日 @ 11:00 AM - 3:40 PM

平成30年度第1回気象ビジネス推進コンソーシアム(WXBC)セミナー
~アメダスと気象衛星観測データをより詳細にご紹介
      & 国内・海外での気象ビジネスの動向~
 平成30年度のWXBCセミナーは「気象データに触ってみよう!試してみよう!」を年間テーマとし、特に気象データの取り扱いや活用方法に重点を置いた、より実践的な内容としております。第1回は、アメダス(地域気象観測システム;注1)データ及び気象衛星観測データのより詳細なご紹介と、国内・海外での気象ビジネスの動向についてです。アメダスや気象衛星観測データについては、平成29年度のWXBCセミナーよりも一層詳細な内容となっております。また、国内・海外での気象ビジネスの動向については、昨年3月の第1回気象ビジネスフォーラム以来です。皆様ぜひご来場ください!
(2018/6/18追記:お席が少なくなってきましたのでご応募はお早めに!)
(2018/6/25追記:満席となりました!)

概要
 平成30年度第1回WXBCセミナーでは、アメダスデータおよび気象衛星観測データを対象とし、通常はあまり詳しくご説明することのないデータの中身、フォーマット、及びデータをご活用されるにあたってご留意いただきたい事項についてご説明いたします。特に、世界最高性能を有する気象衛星「ひまわり8号」の観測データについては、その機能強化による利点等についても具体的にご紹介する予定です(例:刻々と変化する雲の様子を捉える、従来では識別が困難だった霧や黄砂の判別が容易になる、海外における森林火災や火山噴火・噴煙の様子を捉えることもできるようになる、16バンドという多バンドの画像データを組み合わせるRGBというデータ処理手法により、着目した現象を抽出して視覚的に表現することが可能となる等)。

 また、これらのデータを、より具体的にイメージをもってご理解いただけるよう、アメダスデータ、気象衛星観測データを用いた実際のビジネス活用事例についてご紹介いただきます。

 さらに、AI等の最新の技術を取り入れた活用事例も含め、今回は広く国内・海外のビジネスにおける気象データの利活用の動向をご紹介いただきます。

 また、気象庁より提供している全ての種類のデータについての概要(中身、フォーマット等)を紹介している気象庁HP「気象庁情報カタログ」についてご紹介いたします。

 なお、気象データに馴染みのない方、どのような気象データがあるかをお知りになりたい方等を対象に、「気象データの全体像+気象データの入手方法」(平成29年度WXBCセミナーと同じ内容)のご説明を午前中に行います。前回聞き逃した方、改めて聞いてみたい方には是非ご参加いただければと思います。

日時
平成30年7月6日(金) 13時00分~15時40分
※これに先立ち、希望される方を対象に基礎知識である「気象データの全体像+気象データの入手方法」についてのご説明を11時00分~12時00分に実施いたします。

場所
気象庁講堂(東京都千代田区大手町1-3-4 2階)

対象者
WXBC会員・非会員:120名(会員枠80名・非会員枠40名)
※事前申込制(先着順)とさせていだだきます。

時間割(予定)
11:00-12:00 気象データの全体像+気象データの入手方法
       (基礎知識:希望者のみ)
12:00-13:00 昼休憩
13:00-13:10 気象庁情報カタログの紹介
13:10-13:40 アメダスデータの概要及び特徴、データ形式(BUFR;注2)
13:40-14:10 気象衛星観測データの概要・特徴、データ形式
14:10-14:20 休憩
14:20-15:00 気象観測データ(気象衛星等)を用いた気象サービス例
15:00-15:40 国内・海外での気象ビジネスの動向

内容
(1)気象データの全体像+気象データの入手方法
(平成29年度WXBCセミナーの内容と同一)
 気象データにはどのようなものがあるのか、気象データ提供に関する気象業務法の規定、気象データの入手方法等について、気象情報利用に関する入門的な内容としてご説明いたします。

(2)気象庁情報カタログの紹介
 現在、気象庁より提供している全ての種類のデータについての概要(中身、フォーマット等)を紹介している気象庁HP「気象庁情報カタログ」についてご紹介いたします。

(3)アメダスデータの概要及び特徴、データ形式(BUFR)
 アメダスデータの中身、フォーマット、及びデータをご活用されるにあたってご留意いただきたい事項についてご説明いたします。

(4)気象衛星観測データの概要・特徴、データ形式
 気象衛星「ひまわり8号」の観測データの中身、フォーマット、及びデータをご活用されるにあたってご留意いただきたい事項についてご説明いたします。また、「ひまわり8号」の機能強化による利点等についても具体的にご紹介する予定です。

(5)気象観測データ(気象衛星等)を用いた気象サービス例
 アメダスデータ、気象衛星観測データを用いた実際のビジネス活用事例について、(株)ハレックス様にご紹介いただきます。

(6)国内・海外での気象ビジネスの動向
 AI等の最新の技術を取り入れた活用事例も含め、国内・海外のビジネスにおける気象データの利活用の広い動向を、(株)三井物産戦略研究所様にご紹介いただきます。

体験コーナーについて
 平成30年度のWXBCセミナーでは、お昼休みやセミナー終了後の時間帯に、実際の気象データにご自身で触れていただけるような“体験コーナー”を会場後方に設置いたします。第1回WXBCセミナーでは、気象庁からは気象庁HP「気象情報高度利用ポータルサイト」からアメダス等の気象データをダウンロードする体験や、最新のデータ処理技術を用いて処理した高精細な「ひまわり8号」の様々な動画を大型モニターで間近に見ることができるコーナーを設置する予定です。
また、国際航業(株)様からはインタラクティブ地球儀SPHERE、(株)ハレックス様からは緯度経度で任意地点の情報が瞬時に取得できるDreamAPIの展示をいただきます。
  
☆セミナーの内容に関するお問い合わせ先
気象ビジネス推進コンソーシアム(WXBC)事務局
(気象庁総務部情報利用推進課気象ビジネス支援企画室)
電話: 03-3212-8341(内線4261)
E-Mail:wxbc@met.kishou.go.jp
(受付時間 09:30~18:00 土、日、祝日を除く)


 

用語解説
注1:Automated Meteorological Data Acquisition System(AMeDAS)の略称。雨、風、雪等の気象状況を時間的、地域的に細かく監視するために、降水量、風向・風速、気温、日照時間の観測を自動的に行っています。
注2:世界気象機関(WMO)が規定する国際的な気象通報式で、二進(バイナリ)データとしてファイルフォーマット化し伝送する形式。アメダスなどの地点ごとの観測データの提供に利用しています。
 
 

平成30年度 気象ビジネス推進コンソーシアム(WXBC)セミナー等
シラバスについて
 各セミナーの受講により習得可能なスキルを一覧にした「平成30年度 気象ビジネス推進コンソーシアム(WXBC)セミナー等 シラバス」を作成・公開いたしました。第2回以降のWXBCセミナーの計画については随時更新していく予定ですが、セミナーの受講計画を立てられる際の参考にしていただければ幸いです。
平成30年度 気象ビジネス推進コンソーシアム(WXBC)セミナー等 シラバス (平成30年6月7日現在)

+ GOOGLE カレンダー+ ICAL エクスポート
詳細
日付:
7月6日
時間:
11:00 AM - 3:40 PM
イベントカテゴリー:
セミナー
主催者
気象ビジネス推進コンソーシアム事務局
電話番号:
03-3212-8341(内線 4261)
メール:
info@wxbc.jp
Web サイト:
https://www.wxbc.jp/
会場

空間情報シンポジウム2018

www.informatix.co.jp/sympo18/index.html

名称空間情報シンポジウム2018
テーマ空間情報科学と未来を創る知恵
概要・基調講演/特別講演/事例紹介/インフォマティクス最新技術情報紹介
・空間情報関連団体/地図コンテンツ企業/パートナー企業/インフォマティクスによる展示やデモ
主催株式会社インフォマティクス
共催一般社団法人地理情報システム学会
後援一般社団法人社会情報学会/公益社団法人日本測量協会/公益社団法人日本地理学会/地方公共団体情報システム機構
参加費

無料(事前登録制)

日程・会場
・7/4(水)東京東京コンファレンスセンター・品川 5F大ホール
・7/12(木)大阪毎日新聞オーバルホール
・7/19(木)名古屋

JPタワー名古屋 ホール& カンファレンス

お問い合わせ株式会社インフォマティクス 空間情報シンポジウム2018事務局
川崎市幸区大宮町1310 ミューザ川崎セントラルタワー27階
TEL:044-520-0851  FAX:044-520-0845  Email:sympo2018@informatix.co.jp

空間情報シンポジウムとは:
空間情報システムの普及推進による各分野の業務の効率化やサービスの向上、地域の活性化を目指し、1996年より弊社主催で毎年開催しているイベントです。有識者や研究者の方々による講演やユーザー様による事例発表、弊社からの最新技術発表などのプログラムのほか展示コーナーもご用意しており、GIS関連の情報提供、情報交換の場としてご利用いただいています。

※空間情報シンポジウムへのご参加により、建設系CPDポイント測量CPDポイントを取得することができます。


第14回楽しく学ぶ会in北公民館

http://blog.livedoor.jp/sensyu_od_gis/archives/10135706.html

泉大津市立北公民館サポーターチーム、和歌山大学岸和田サテライト友の会、
泉州らへんでオープンデータとGISを楽しむ会の合同企画、
楽しく学ぶ会in北公民館を6月30日、午後1時半より午後4時半まで、
泉大津市立北公民館2階第1研修室にて行います。

livedoor.blogimg.jp/sensyu_od_gis/imgs/1/d/1d88e3a6.jpg



写真測量学会関西支部 平成30年度支部総会・特別講演会

http://www.jsprs-w.org/

『平成30年度支部総会・特別講演会のご案内』のご案内
 平素は,日本写真測量学会関西支部の活動にご理解とご協力を賜り,誠にありがとうございます.

 さて,平成30年度支部総会・特別講演会を平成30年6月29日(金)に下記の要領で開催いたします.

 本年度の特別講演会では,東京大学の清水英範教授(日本写真測量学会副会長)をお招きするとともに, この支部総会で退任される柳川重信支部長にご講演いただきます. 特別講演会・懇親会には,当学会員以外の方々もご出席いただけます.ふるってご参加くださいますよう,ご案内申しあげます.

 会場準備の都合がございますので,参加を希望される方は,本ページ末尾の申込フォームへ必要事項をご記入の上, 6月22日(金)までに日本写真測量学会関西支部(secretary@jsprs-w.org)まで電子メールでお知らせくださいますよう,お願い申しあげます.

※※恐れ入りますが,早めのご回答にご協力をお願い申しあげます.※※

 なお,特別講演会については,測量系CPD協議会において認定された学習プログラムであり, 「日本写真測量学会講習会等の受講」に該当します.詳しくは, こちらをご参照ください. また,本講演会の参加者は,GIS上級技術者への申請を行う場合のポイント加算の証明として,本参加証を利用することができます.



■日 程:2018年6月29日(金)

■会 場: 大阪府立大学 I-site なんば C3

■日 程:2018年6月29日(金)

■参加費:無料

■スケジュール

【総 会】

 14:00~14:30 平成30年度支部総会

【特別講演会】

 14:40~14:45 開会挨拶

 14:45~15:45 『地籍調査の課題ー市町村へのメッセージ』

                東京大学・清水 英範 氏

 15:45~15:55 休憩

 15:55~16:55 『わたしと,測量,45年』

                 パスコ・柳川 重信 氏

 16:55~17:00 閉会挨拶

【記念パーティー(懇親会を兼ねる)】

 17:00~19:00(会場斜め向かいの「オルケスタ」にて開催)

                             以上

========申込フォーム)========

日本写真測量学会関西支部・事務局 (secretary@jsprs-w.org)行

■ご氏名:

■ご所属:

■E-mail:

※以下,いずれかを消してご返信ください.

■平成30年度支部総会に

    参加します   参加しません

■特別講演会に

    参加します   参加しません

■記念パーティー(会費5,500円(記念品代を含む))に

    参加します   参加しません

===============================

伝わる&使える地図を作ろう QGIS活用講座(デザイン・レイアウト編)

https://peatix.com/event/382133

伝わる&使える地図を作ろう QGIS活用講座(デザイン・レイアウト編)

詳細

QGIS活用講座(デザイン・レイアウト編)

QGISのデザイン・レイアウト機能についてワークショップ形式で学びます。
QGISのプリントコンポーザーを使うことで、誰でも美しく分かりやすい地図を作成することが可能です。
※1 本講座は2017/10/20に開催した QGIS活用講座 印刷編 の内容を改訂したものです。
※2 本講座は「GIS資格認定協会 GIS教育認定プログラム」です。

QGISとは?

世界中で使われているオープンソースのGISソフトウェアです。オープンデータを用いた地図の作成・データの可視化から高度な空間データの分析まで可能な高機能なソフトウェアです。

こんな人におすすめ

・色やアイコンを選んで好みの地図をデザインしたい。
・縮尺や凡例をレイアウトして地図を仕上げたい。
・図面作成を効率化したい。
※ 導入部で簡単にQGISの基本操作を解説いたしますが、過去に QGIS活用講座 初級編 を受講した方、GISの基本的な操作ができる方を対象としております。

プログラム

0. QGIS の基本操作
1. 伝わるデザイン・使いやすいデザイン
2. プリントコンポーザの基本機能
3. 報告書で使う地図を作る
4. 複数の地図を一括作成する
※途中に休憩を挟みます。

開催概要

日時:2018年6月29日(金)13:30~17:30(4時間)
場所:東京都豊島区東池袋4-21-6第3キンズメンビル5階
   朝日航洋株式会社東池袋オフィス(GoogleMapで表示
定員:18名
講師:今井優
主催:朝日航洋株式会社
後援(一社)地理情報システム学会OSGeo財団日本支部
受講料:5,000円
持ち物QGIS2.18がインストールされたノートパソコンとマウスをご持参ください。講義はWindowsPCを用いて行われます。なおMacでの受講も可能ですが、動作保証はいたしかねます。
※リンク先には最新のQGIS3.0インストーラーも公開されていますが、現在の長期安定版はQGIS 2.18ですのでこちらをインストールしてください

領収書について

Peatixから発行される領収データのご利用をお願いいたします。

キャンセルポリシー

受講料はPeatixからの前払いとなります。やむを得ない自由によりキャンセルされる場合はセミナー前日までご連絡ください。チケット購入代金はPeatixのキャンセル規定に従いキャンセル・返金させていただきます。
朝日航洋について
朝日航洋株式会社は測量コンサルタントとして、全国の地方公共団体に向けた空間情報サービスを提供しております。QGISに関しては各種セミナーへの講師派遣、日本語化プロジェクトの推進などを通じて普及活動を行うとともに、2017年4月からはQGIS.ORGシルバースポンサーとして開発プロジェクトを支援しています。


隠す


地理情報システム学会 IoTとGIS分科会 『IoT×GISプラットフォーム GeoCPSへの展開』

6/29(金)15:30-17:30@アドソル日進10F セミナールーム『IoT×GISプラットフォーム GeoCPSへの展開』50名まで参加無料

【第24回AIセミナー】 「GIS x IoT x AI: ドライブレコーダデータ活用」

https://airc.doorkeeper.jp/events/75336

【第24回AIセミナー】 「GIS x IoT x AI: ドライブレコーダデータ活用」
2018-06-26(火)15:00 - 17:00
〒135-0064 東京都江東区青海二丁目5番10号 テレコムセンタービル東棟14階

参加費無料

【第24回AIセミナー】 「GIS x IoT x AI: ドライブレコーダデータ活用」
産業技術総合研究所 人工知能研究センターでは、人工知能研究に関する情報交換を目的として、原則として月に一度、外部の方やセンター内研究者を講師とする人工知能セミナーを開催しています。

今回は、ドライブレコーダで記録される様々なビッグデータにおいて、地理空間システム、IoT(Internet of Things)、人工知能(AI)関連技術の活用事例を紹介します。

基本的にどなたでも無料でご参加いただけますが、事前申込が必要です。人工知能に興味のある方は奮ってご参加ください。多くの方々にご参加いただき活発な議論が行われることを期待しています。

要旨
グローカルなIoTデータを用い、利用者の個々のニーズに合わせた、スマート空間サービスの効率的な開発を容易にする技術開発が重要になっている。本セミナーでは、ドライブレコーダで記録された様々なIoTデータ収集や、地理情報基盤のビッグデータ分析技術、事故やヒヤリ・ハット映像などを用いた新たなスマート空間サービスの事例など、時間と位置(時空間)情報付きのIoTデータを利活用について紹介する。



基本情報
名称:【第24回AIセミナー】「GIS x IoT x AI: ドライブレコーダデータ活用」

日時:2018年6月26日(火曜日)15:00-17:00

受付時間:14:20 - 17:00 ※ 受付時間外に来られた場合には対応できないことがございます。

場所:〒135-0064 東京都江東区青海二丁目5番10号 テレコムセンタービル東棟14階
Asia startup office MONO

URL:https://mono.jpn.com/telecom-center-access/

定員:200名

参加費用:無料

主催:産業技術総合研究所人工知能研究センター

連絡先:人工知能セミナー窓口

本セミナーは、国立研究開発法人新エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)による委託事業「次世代人工知能・ロボット中核技術開発(次世代人工知能分野)」による活動となります。

注意事項
他の方に参加の機会をお譲りするためにも、参加ができないと分かった場合は早めのキャンセルをお願いします。

産総研は、お送りいただいた情報をセミナー運営以外の目的には使用しません。

懇親会の予定はありません。

プログラム
15:00-15:40 「交通安全およびインフラ維持管理のための交通ビッグデータ利活用技術」
豊田 正史 先生(東京大学生産技術研究所 教授)
概要:
我々の研究グループでは、大規模な業務用ドライブレコーダデータや、スマートフォンのGPS・加速度データ等の交通データを収集・蓄積・解析・可視化し交通安全、インフラ維持管理等に活用する研究を実施している。これらの交通ビッグデータを用いて、運転者の運転挙動分析や要注意箇所の抽出による安全運転の促進、路面性状のモニタリングによるインフラ維持管理等の実証実験を行っており、その成果を紹介する。

略歴:
1999年東京工業大学大学院情報理工学研究科博士後期課程修了.博士(理学).同年科学技術振興事業団計算科学技術研究員.2001年東京大学生産技術研究所学術研究支援員,同大学同研究所産学官連携研究員,同大学生産技術研究所特任助教授,准教授を経て現在,同大学生産技術研究所教授.ウェブマイニング,実世界ビッグデータ分析,ユーザインタフェースの研究に従事.ACM,IEEE CS,情報処理学会,電子情報通信学会,日本ソフトウェア科学会各会員.
15:40-16:20 「(仮題)映像とセンサを活用したヒヤリハット事例の分析 」
戸田 浩之 先生 (NTTサービスエボリューション研究所 主幹研究員)
概要:  
ドライブレコーダで記録されたデータは、交通事故時の証跡に使われるだけでなく、交通違反やあと一歩で事故につながるいわゆるヒヤリハットに関するデータが、ドライバーの安全運転教育等にも活用されています。本講演では、ドライブレコーダで記録された映像やセンサデータを組合わせて分析し、ヒヤリハットに関わるデータを検出・分類する技術について紹介します。

略歴:
1997年名古屋大学工学部材料プロセス工学科卒業. 1999年同大学大学院工学研究科材料プロセス工学専攻博士課程前期課程修了. 同年日本電信電話株式会社に入社. 以来, 情報検索, データマイニングの研究開発に従事. 2007年筑波大学大学院システム情報工学研究科コンピュータサイエンス専攻博士後期課程修了. 博士(工学). ACM, 情報処理学会, 電子情報通信学会, 日本データベース学会, 人工知能学会各会員.
16:20-17:00 「ドライブレコーダーメーカーの視点 - モノ+サービスの時代と人工知能」
杉田 明宏 先生(矢崎総業株式会社 技術研究所)
概要:
昨今、スマートフォンや AI スピーカーなどに代表されるように、情報社会と呼ばれるようになって久しい。質の良い製品を作れば良い、という固定観念にとらわれたモノづくりメーカーは、モノ(製品)が情報とのインターフェースに過ぎなくなってしまった時代の荒波にさらされている。更新頻度の高いソフトウェアによるサービスを中心にして、ハードウェアも巻き込んだ異業種からの参入が盛んである中、ハードウェアメーカーとしてもハードウェアとサービスのパイプラインを作っていかなければならない。その一環として、特定分野でシェアの高い自社製品を利用して、その特定分野に向けたサービスを展開し、行く行くは分野を超えたサービスを提供することを目指している。今回、最近の人工知能技術を利用して、注目した自社ハードウェアであるドライブレコーダーの潜在能力を活かしたサービスの開発を模索する活動を紹介する。

略歴:
2001年 京都大学工学研究科分子工学専攻博士後期課程修了 2001年 京都大学工学研究科分子工学専攻 日本学術振興会(学振)特別研究員(PD) 2003年 日本原子力研究所関西研究所光量子源システム研究グループ 学術特別研究員(PD) 2004年 日本原子力研究所関西研究所光量子源システム研究グループ 任期付研究員 2005年 日本原子力研究開発機構レーザー物質制御研究グループ 任期付研究員 2008年 矢崎総業株式会社技術研究所、現職

Decoding Data Landscapes 都市はつぶやく—ビッグデータ活用による京都の都市解析

www.d-lab.kit.ac.jp/news/2018/sutd-02-application/

募集]シンガポール工科デザイン大学との共同ワークショップ「Decoding Data Landscapes」の参加者を募集します

KYOTO Design Lab[D-lab]は、下記の日程でシンガポール工科デザイン大学[SUTD]との共同ワークショップ「Decoding Data Landscapes」を開催いたします。

多くの人々が日々活用しているSNSの地理情報がついた投稿データを活用して、都市の中の場所性を考察します。都市空間への社会的および空間的な洞察と介入を導き出すために、大規模なデータ学習と機械学習の方法を探ることに焦点を当てます。具体的には、データ分析とビジュアライゼーションの初学者から中級者を対象に、都市・建築の文脈におけるツール(Python)やテクニックの基本的な理論と方法を紹介します。

第2回となる本ワークショップは、大規模なデータを使用するだけでなく、都市計画で応用可能な情報源の発見や機械学習の応用方法を学びます。

Decoding Data Landscapes
都市はつぶやく—ビッグデータ活用による京都の都市解析

日程|2018年6月25日[月]-28日[木]
会場|KYOTO Design Lab 2Fほか

ワークショップリーダー
サム・コンラッド・ジョイス 助教[SUTD]

シンガポール工科デザイン大学助教。Buro Happoldにてデザインシステム・アナリストを務め、プロジェクトのジオメトリー・構造・基本計画に携わったのち、Foster+PartnersのR&Dグループを率いた。教育者としても国際的に活動し、ロンドンのAAスクールのテクニカル・スタディーズ、またスウェーデンのチャルマース工科大学などで教鞭を執る経験を持つ。
博士課程では、建築・エンジニアリングデザインにおけるコンピュテーションを研究。効率的なDSE(デザイン・スペース・エクスプロレーション)と意思決定のための、豊富なデータを有するシステム開発を目的とし、そのためにスケーラブルな分散コンピューティング・多目的最適化・ビッグデータ分析・AI・ウェブベースのビジュアリゼーションなどにおける新しい技術を統合して利用している。

定員
若干名(最大15名)

参加資格
全学年、全専攻、一般からの参加を歓迎します
データ解析、英会話のスキルは問わないが、Pythonの使用経験があることが望ましい
原則、すべてのワークショップ日程に参加できること

応募締切
2018年6月15日[金] 18:00まで

応募方法
下記の申し込みフォームより必要事項を記入のうえご応募ください。
https://www.kit.ac.jp/form/view/index.php?id=52749



地理の会 講演&交流会

http://www.geocities.jp/geo_friends_society/

講演&交流会
1.日 時    6月24日(日)15:30~18:00

2.場 所   新宿駅南口 THビル会議室 東京都渋谷区代々木2-4-1THビル2階 (JR・京王・小田急・大江戸各線 新宿駅から徒歩5分) *新宿駅駅弁の田中亭の入っているビルの2階です。

3.テーマ    「地球学入門―地球の成り立ち、歴史、地球を動かす原理」 ~地球はいつどうしてできたのか。地球にはほかの星とは違う特徴があるがそれは何なのか、地球の歴史の中で起こった大きな事件は何なのか、そして今考えられている地球の原理、プレートテクトニクスについてのお話です。
私たちが地理学を学んでいくためには地球に関する基本的な事柄を知っておくことが重要です。今回は膨大な地球学の話題をまとめてお話しして頂けます。

4.講 師     地理の会メンバー 神奈川大学非常勤講師 藤岡換太郎先生

5.当日予定(時間は目安です)
15:30~16:00 ミニ発表、交流タイム、7月巡検案内など
16:00~17:30 講演
17:30~17:55 質疑応答
*終了後、希望者での懇親会を予定しています。

6.参加費     500円~600円程度の予定

7.情報提供     
講談社ブルーバクスには藤岡先生の著作4部作があります。どれもわかりやすい解説書です。今回の機会にぜひ手にしてください。
『山はどうしてできるのか』、『海はどうしてできるのか』、『川はどうしてできるのか』、『三つの石で地球がわかる』

人文地理学会 第288回例会(特別例会)「山形県の文化遺産と地域資源」(開催日:2018年6月23・24日)

http://hgsj.org/reikaibukai/288th_specialmeeting/

人文地理学会 第288回例会(特別例会)「山形県の文化遺産と地域資源」(開催日:2018年6月23・24日)

開催日:2018年6月23日(土)・24日(日)

会 場東北公益文科大学酒田キャンパス 教育研究棟301大教室(山形県酒田市飯森山3-5-1)

【交通アクセスの検索手順】東北公益文科大学トップページ≫(左上の)大学総合案内≫(右下の)本学への交通アクセス
【会場の検索手順】東北公益文科大学トップページ≫(右上の)施設・設備≫(左バナーの)教育研究棟

  • JR酒田駅(正面口)バス乗り場から,酒田市福祉乗合バス(るんるんバス)「酒田駅大学線」(1日9本)に乗車,「大学前」で下車(所要時間約15分,100円)。
  • JR酒田駅(正面口)からタクシーで約10分(約2,000円)。
  • 庄内空港より「酒田行き」リムジンバスに乗車,「公益文科大学前」で下車(所要時間約20分,650円)。

後 援:東北公益文科大学,山形県教育委員会,鶴岡市教育委員会,酒田市教育委員会,庄内町教育委員会,三川町教育委員会,遊佐町教育委員会,荘内日報社,山形新聞・山形放送,河北新報社,読売新聞山形支局,朝日新聞山形総局,毎日新聞山形支局,産経新聞社山形支局,山形テレビ,テレビユー山形,さくらんぼテレビ

協 賛:庄内観光コンベンション協会

シンポジウム「山形県の文化遺産と地域資源」

実施日:6月23日(土)14:00~17:30 一般の方も参加できます(参加費無料)

総合司会:山田浩久(山形大学人文社会科学部)

第1部(14:00~15:00)

基調講演:岩鼻通明(山形大学農学部)「山形県の文化遺産と地域資源」

第2部(15:10~17:30)

研究報告(15:10~16:30,順不同)

  • 鈴木地平(文化庁)「山形の文化的景観」
  • 渡辺理絵(山形大学農学部)「庄内の環境史-海岸・里山・平地の原風景を求めて-」
  • 相原久生(酒田市立資料館)「湊町酒田の商人文化を伝える山王祭の山鉾」
  • 小野寺淳(茨城大学教育学部)「最上川絵図にみる文化的景観」

全体討論(16:30~17:30) 

懇親会「庄内の食文化と旬を愉しむ」

実施日:6月23日(土)18:00~19:30  司会:渡辺理絵(山形大学農学部)

会 場:東北公益文科大学酒田キャンパス 新世紀館3F ファカルティクラブ

会 費:5,000円(院生・学生会員は4,000円) 

エクスカーション「庄内の文化遺産を歩く」

実施日:6月24日(日)

集合場所・時間:東北公益文科大学・午前8時00分,JR酒田駅(駅前の地下道を通って東側に出たあたり)・午前8時20分

コース:東北公益文科大学→JR酒田駅→北楯大堰→熊谷神社(亀の尾発祥の地)→立谷沢川流域活性化センター→六淵砂防堰堤→北月山荘(昼食)→羽黒山→手向→JR鶴岡駅(16時予定)→庄内空港(16時30分予定)→東北公益文科大学(17時予定)

案内者:岩鼻通明,八木浩司,永井康雄,村山良之(山形大学)

定 員:20名

参加費:5,000円(昼食代,保険料込み),院生・学生会員は4,000円

地形図:2.5万分の1 「余目」「藤島」「清川」「羽黒山」「木の沢」「大網」「立谷沢」

申込方法

特別例会に参加される方は,シンポジウム・懇親会・エクスカーションそれぞれの参加・不参加ならびに住所・氏名・所属・連絡先を記載の上,下記の連絡先へ6月1日(金)までにお申し込みください。なお,エクスカーションに参加される方は,保険の手続きに必要なため,生年月日も記載してください。

連絡先
〒998-8580 酒田市飯森山3-5-1 東北公益文科大学公益学部
松山 薫(E-mail:kaoru@koeki-u.ac.jp)

備  考
酒田駅周辺には複数の宿泊施設があります。各自でご予約下さい。
6月23日(土)は,キャンパスの食堂・売店は営業しています。最寄りのコンビニまでは700mです。

その他

★会場地図,公共交通については,下記のウェブサイトをご参照ください。

reikai288_poster

 



第4回 測量・地理空間情報 イノベーション大会

http://www.jsurvey.jp/innovation.htm
www.jsurvey.jp/innovation/innovation2018.pdf

第4回 (予定)
平成30年(2018)

 6月19日(火)10時~17時00分

 6月20日(水)10時~16時

 東京会場
  東京大学伊藤国際学術研究センター
 プログラム(東京)
地方会場(web中継)

札幌・仙台・富山・名古屋・大阪・広島・高松・福岡・那覇

 プログラム(各地)
● 事前申し込みは、こちらです。
・ 事前申し込み 4月9日より開始しました。
・ 参加無料です。
・ CPDポイントは、2日間で10ポイントの予定です。
・ 資 料 代 : 正会員・特別会員無  料
: 一 般 の 方1,000円(税込)



人文地理学会 第63回都市圏研究部会(開催日:2018年6月12日)

http://metropolitan.blog68.fc2.com/

第63回 都市圏研究部会
研究会
日時:2018年6月12日(火)18:00~20:00(予定)★火曜の夜に開催します。ご注意ください。

会場:大阪市立大学梅田サテライト文化交流センター大セミナー室
大阪市北区梅田1-2-2-600 大阪駅前第2ビル6階
*会場へのアクセスは,以下をご参照下さい。
https://www.osaka-cu.ac.jp/ja/about/university/access#umeda

趣旨:物流・交通旅客流動と地域の結びつきについて近年でも精力的に論文を発表され,Journal of Transport Geography の Editor も務めるケヴィン・オコナー氏(メルボルン大学名誉教授)をお迎えし,ご講演いただきます。

テーマ:Air Transport and Urban Development in the Asia Pacific region

講演者:Kevin O’Connor(Professorial Fellow, University of Melbourne)

ABSTRACT: A well-developed array of research has shown that airports and air transport are fundamental influences upon current trends in urban development. Most analysis of the connections between these two influences have emphasised global city functions and rank as a key determinants on the outcomes for individual cities. This presentation explores the idea that the linkages within an intra-Asian context maybe a more important influence on change in the fortunes of Asian cities. It begins by identifying the scale and geography of intra-Asian linkages, as explored in previous research and as seen in recent trends in air transport. It then moves on to develop a research framework to analyse three elements of intra-Asian mobility: business, tourism and migration. It shows the emerging Asian geographies in these activities and how airlines (in particular low cost carriers) are reacting to these geographies. The presentation will conclude with an outline of possible research methodologies that could be used to describe and account for the part that intra-Asian linkages will play in economic outcomes in cities across the region.


Emeritus Professor Kevin O’Connor has a Master of Commerce from the University of Melbourne and a PhD from McMaster University Canada. He spent 25 years in the Department of Geography at Monash University before being appointed Professor of Urban Planning in the Faculty of Architecture, Building and Planning at the University of Melbourne in July 2003. He was appointed Emeritus Professor following retirement in 2008.

His research, funded by international and national research agencies, and published in major international journals, has explored the links between the economic system (particularly services) and the growth and internal structure of cities. A long term interest has been the influence of airline and airport activity on the economic role of metropolitan areas, with a recent focus on logistics services. He has explored those interests in global, Asia-Pacific and Australian contexts.

His reputation in international research on transportation was reflected in the invitation to give the Fleming Memorial Lecture in Transportation Geography at a meeting of the American Association of Geographers. He is the Associate Editor, Asia-Pacific, for the Journal of Transport Geography, and a member of the International Advisory Committee of the annual International Conference held by the Hong Kong Society for Transportation Studies. He has reviewed proposals for research bodies in the US, Canada, the EU, Qatar and Australia.

An Australian focus of his research was presented in a book outlining links between economic activity and cities in Australia entitled The New Economic Geography of Australia: A Society Dividing (Oxford University Press) published in 2001. This book received an award for Planning Scholarship from the Australian Planning Institute in 2002.

*講演者の研究業績は以下でご確認いただけます。
https://scholar.google.com.au/citations?user=iytB0JUAAAAJ&hl=en


通訳:講演は英語で行われますが,質問時には必要に応じて通訳がつきます。
ゲスト司会:堤 純(筑波大学),松本秀暢(神戸大学)

【お問い合わせ】
連絡先:山神達也(和歌山大)
E-mail: yamagami(at)center.wakayama-u.ac.jp
※お手数ですが(at)は@に置き換えてください.

GIS day in 奈良 2018

http://www.nara-u.ac.jp/faculty/let/geography/news/2018/522

「GIS Day in 奈良 2018 〜空間ビッグデータの時代〜」のお知らせ(6月10日(日))
地理学科では、6月10日(日)のオープンキャンパスと同日に、「GIS Day in 奈良 2018 〜空間ビッグデータの時代〜」を開催します。

日 時 : 2018年6月10日(日)10:00-17:00
場 所 : 奈良大学 総合研究棟2階
対 象 : 高校生以上
主 催 : GIS Day in 奈良 2018 実行委員会

<展示・相談コーナー>
•ビックデータ分析・統計処理にマップの力が有益です!
 あらゆる分野で眠っているビックデータに、「位置情報」が加わればどこで何が起きているか、空間的・動的な広がり、統計データとの組み合わせによって地域の特性を明らかにすることができます。弊社製品ArcGISプラットフォームを活用してみませんか?
(出展:ESRIジャパン株式会社)


•測量ビッグデータと携帯位置ビッグデータ
1.道路周辺の測量ビッグデータ
 MMSは、車両上部に膨大な量の点を照射するレーザ機器を搭載し、道路を走行するだけで、膨大な点群情報を収集することができる測量プラットフォームです。このMMSで収集した「道路周辺の測量ビッグデータ」の自動運転等への活用事例について、紹介します。
2.携帯位置ビッグデータ
 現在多くの人が、スマートフォン等の携帯端末を使用しています。その端末の位置情報を活用した、新たな人口統計手法を紹介します。
(出展:株式会社パスコ)


•こんなところで3D?!身近な3D計測とその活用事例
 今年3月から一般公開が始まった、大阪万博のシンボル『太陽の塔』。事前の耐震補強工事では、弊社の3D計測技術が必要不可欠だったことをご存知でしたか?また、修復が進む熊本城の補修工事や、ネパールの世界遺産エリアなど、さまざまな現場で弊社の技術が活用されています。地上・地下・水中・・・測れない場所はない!をモットーに、これまで実施した世界中の3D計測の事例と活用事例をご紹介します。
(出展:クモノスコーポレーション株式会社)


•GISなんでも相談会
 GISについて興味の有る人、詳しく知りたい人、あるいは、実際の運用について悩んでいる方々の相談を受け付けています。また、学校教育におけるGISについての相談も受けつていますので、お気軽にお越しください。
(出展:奈良大学地理学科)

<GIS体験実習>

•初級編:宇宙から見た奈良盆地
[午前の部]: 10:30-11:20
[午後の部]: 13:00-13:50
 この体験実習では地形を表す標高のデータとアメリカの人工衛星「ランドサット」のデータとを重ねあわせて奈良盆地の様子を見てみましょう。「ランドサット」には目に見えない「表面温度」を計るセンサーも付いているので、この実習では、そうした「見えないものを見る」ことにもチャレンジしたいと思います。
(講師:奈良大学地理学科 木村圭司)


•中級編:インストール不要!インターネットを使った簡単地図作成 ・解析機能・データ公開について
[午前の部]: 11:30-12:20
[午後の部]: 14:00-14:50
 インターネットの環境があれば、インストール不要で簡単に地図作成・解析機能の利用、さらに、作成した地図のデータ公開を行うことが出来ます。ArcGIS Online というサービスを利用して演習します。
(講師:ESRIジャパン 松尾陽平・大津留麻代)


•上級編:ビッグデータ時代のリモートセンシングを体験しよう!
◦[午後の部]: 15:00-17:00
 この体験実習ではGoogle Eath Engineというクラウド型のリモートセンシング・ツールを使います。Google Earth Engineを使用すると、全世界規模での地球環境分析を一瞬で行うことができます。この体験実習ではJavascriptを用いたプログラミングを行いますので、「上級」としています。なお、Google Earth Engineを使用するにはGoogleのアカウントが必要となるので、事前に取得して頂く必要があります。
(講師:奈良大学地理学科 藤本 悠)

第128回地理思想研究部会(開催日:2018年6月9日)

http://hgsj.org/reikaibukai/chirisisou_no128/

第128回地理思想研究部会(開催日:2018年6月9日)
2018年03月29日(木) カテゴリ:例会・研究部会, 学会からのお知らせ, 新着情報
日 時:
2018年6月9日(土)13:30~16:30(予定)

会 場:
京都府立大学 稲盛記念会館101教室
(京都市営地下鉄北山駅より徒歩5分)http://www.kpu.ac.jp/

研究発表:
「ポストフクシマの原発立地地域と地理学」・・・・山本大策(Colgate University, USA)

司会:森 正人(三重大)

趣 旨:
東日本大震災以降,原発立地地域を取り巻く状況は不透明感を増している。原発に関する賛否,あるいは再稼働如何にかかわらず,地元地域において原発(マネー)依存のリスクは感じられている。このような情況において,政治経済学的視点からの開発主義批判や,「地域のあるべき姿」を理念的・特権的に描くことに終始せずに,そこに暮らし続けるための「知」の創出に地理学は関わることができるのか。ギブソン=グラハムらの「多様な経済」論や,民俗学の流れを汲む生活論,さらには「行為が知を喚起する」という認識論的立場を参照しながら,この問いについて考察してみたい。

【お問い合わせ】
連絡先:森 正人(三重大) E-mail:masamori(at)human.mie-u.ac.jp
※お手数ですが(at)は@に置き換えてください。

地理思想研究部会のホームページ(http://chirishiso.wiki.fc2.com/)

やまぐちGISひろば GIS講演会

http://yamaguchi-gis-hiroba.org/news/20180603_Seminar.pdf

2018 年(平成30 年)5 月吉日
一般社団法人やまぐち GIS ひろば GIS 講演会 2018

日 時 平成 30 年 6 月 3 日(日)14:00~17:30 (意見交換会18:00~19:00)
場 所 山口大学 大学会館(山口市)※裏面に地図掲載
【主 催】 一般社団法人やまぐちGIS ひろば
【共 催】 NPO 法人全国G 空間情報技術研究会
【後 援】 山口大学教育学部、衛星データ解析技術研究会

プ ロ グ ラ ム
(1) 講演会 14:00~17:30(受付13:30~)2F 会議室(参加費無料)
① 14:00~14:10(10 分) 開会挨拶 (一社)やまぐちGIS ひろば 理事長 三浦房紀
(山口大学 副学長)
② 14:10~14:30(20 分) 講演 GIS でたどる山口県の歴史・文化・自然
(一社)やまぐちGIS ひろば 理事 楮原京子
(山口大学教育学部 准教授)
③ 14:30~14:50(20 分) 講演 長登銅山等、山口県の地域資源を活用したGIS 制作
(一社)やまぐちGIS ひろば 理事 倉田研治
(山口県立大学国際文化学部 准教授)
④ 14:50~15:10(20 分) 講演 防災図上訓練(DIG)へのGIS 適用
(一社)やまぐちGIS ひろば 理事 井上 啓
(山陽小野田市立山口東京理科大学工学部 教授)
⑤ 15:10~15:50(40 分)(休 憩)
⑥ 15:50~16:50(60 分) 基調講演 林業分野におけるGIS 活用への取組
北海道庁総合政策部 喜多耕一
⑦ 16:50~17:20(30 分) 講演 衛星データ解析による山口県竹林分布の評価と今後の展開
~2017 年度内閣府実証プロジェクトを体験して~
衛星データ解析技術研究会 森 信彰
(山口県産業技術センター)
⑧ 17:20~17:30(10 分) 閉会挨拶 (一社)やまぐちGIS ひろば 副理事長 山本晴彦
(山口大学大学院創成科学研究科 教授)
(2) 意見交換会 18:00~19:00 第一食堂(ソフトドリンク) 会費 1,000 円/名

<企業展示> 13:00~17:45 ※アイウエオ順
法人 法人会員による企業展示(以下、法人会員計6 社のうち展示希望企業数社)。
宇部興産コンサルタント株式会社、株式会社宇部情報システム、サンヨーコンサルタント、
有限会社ソキワーク、株式会社ニュージャパンナレッジ、株式会社リクチコンサルタント
一般社団法人やまぐちGIS ひろば
理事長 三浦 房紀
兼 G 空間スキルアップセミナー(“測量CPD”“GIS 上級技術者”認定ポイント対象)
180502-02 版

第40回 測量調査技術発表会

http://sokugikyo.or.jp/images/seminar/pdf/180601.pdf

2018年6月1日(金)
10:10~17:20 (受付 9:30~) 後援:国土交通省国土地理院
新宿区立四谷区民ホール 参加料(税込):測技協会員/学生2,000円、一般3,000円
〒160-8581 東京都新宿区内藤町87番地
午前の部:10:10~11:50
午後の部:13:00~17:20 参加方法:測技協HPより事前申込 (※当日会場受付可)
プログラム
10:10 ~ 10:15 ガイダンス 測技協 技術普及部会長(国際航業株式会社) 白井 直樹
10:15 ~ 10:20 開会挨拶 測技協 技術委員長(国際航業株式会社) 赤松 幸生
技術発表 午前
1 10:20 ~ 10:35 推測統計学に基づく測位・測量成果の品質管理の推進 アイサンテクノロジー株式会社 中根 勝見
2 10:35 ~ 10:50 深層学習による衛星データを用いた人口統計データ
     作成手法の開発と検証 (ジャカルタを事例に) 株式会社パスコ 飯野 翔太
3 10:50 ~ 11:05 GIS技術を活用した洋上風力発電のゾーニング検討について アジア航測株式会社 五島 幸太郎
4 11:05 ~ 11:20 GIS空間分析を活用した公共施設評価の検討 株式会社パスコ 福田 祐一郎
5 11:20 ~ 11:35 ハンディレーザスキャナの利活用 株式会社アスコ大東 烏山 類
6 11:35 ~ 11:50 登山道のレーザ計測による高精度地形測量 中日本航空株式会社 磯谷 和也
11:50 ~ 13:00 休憩(70分)
技術発表 午後
7 13:00 ~ 13:15 SIP技術(CalSok)を円山川に先駆的導入!
     堤防点検の省力化・省人化に向けた取り組み 朝日航洋株式会社 関 晃伸
8 13:15 ~ 13:30 二級河川でのICT技術を活用した河川浚渫工実施事例 株式会社フジヤマ 長谷川 翔大
9 13:30 ~ 13:45 UAV写真測量及びUAVレーザ計測を用いた土石流数値
  シミュレーションのための数値地形モデル作成の有効性検証 国際航業株式会社 元木 健太
10 13:45 ~ 14:00 台湾におけるUAVレーザ計測の対応事例 アジア航測株式会社 章 乃佳
11 14:00 ~ 14:15 航空レーザ測量技術を用いた雲仙岳周辺の
                中長期地形変化の把握 朝日航洋株式会社 山村 祥子
12 14:15 ~ 14:30 埋蔵文化財調査における既存航空レーザ成果及び
               赤色立体地図の活用事例 アジア航測株式会社 長岐 泰斗
新規会員 技術紹介
13 14:30 ~ 14:50 中電技術コンサルタントにおける
         3D空間計測・解析への取り組み紹介 中電技術コンサルタント株式会社 河井 恵美
14 14:50 ~ 15:10 テラドローンにおけるUAVレーザ測量の取り組み テラドローン株式会社 塩澤 駿一
15:10 ~ 15:30 休憩(20分)
特別講演
15 15:30 ~ 16:40 「オープンなジオコミュニティのイマ」 青山学院大学 地球社会共生学部 教授 古橋 大地
測技協 技術委員会 技術部会活動報告
国土管理・コンサル部会(株式会社パスコ) 下村 博之
16 16:40 ~ 17:00 アジア航測株式会社 園田 晋平
株式会社パスコ 柴田 俊彦
表彰式 閉会挨拶
17:00 ~ 17:15
17:15 ~ 17:20 総評 閉会挨拶 公益財団法人日本測量調査技術協会 会長 岡部 篤行
※プログラムについては変更される場合がございます。
国土管理・コンサル部会 活動報告
 平成29年7月九州北部豪雨における緊急撮影対応
優秀論文 優秀発表 測量成果品質管理優良賞 表彰式
測量/設計
CPDポイント
午前2ポイント
午後4ポイント
(参加料には要旨集代金を含みます)
https://www.sokugikyo.or.jp/seminar/index.html
※午前の部または午後の部のみ参加の場合も同額
測量CPD 設計CPD  対象
第40回 測量調査技術発表会
主催:公益財団法人日本測量調査技術協会
       技術委員会・技術普及部会

Gis高度利用ワークショップ2018 3DGIS×BigData×CIM

https://www.facebook.com/events/1807254639576742/

ICT設計・施工管理に3DCADが利用されつつありますが、維持管理フェーズまでを見据えての広域・マルチソース3Dモデルの活用に向け、3DGISが大いに期待されています。
「3DGISはどのような役割を担うのか」「データのリアルタイム処理分析には時空間ビッグデータ技術をどう活かすのか」など先端技術のトピックを大いに盛り込んだ「GIS 高度利用ワークショップ」を開催いたします。

世のデータの8割は、空間位置情報をもつといわれています。
異業界・業種の方も、気になるトピックがありましたらお気軽にご参加ください。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

======
【日時】2018(平成30)年5月25日 (金) 10:00-18:00 
【会場】ビジョンセンター田町
    東京都港区芝5-31-19 ラウンドクロス田町4階
    JR山手線・京浜東北線「田町駅(三田口)」 徒歩2分
    都営浅草線・三田線「三田駅(A3出口)」 徒歩1分
【参加費】無料 (懇親会参加の場合 お1人様3,000円)
======

【プログラム】

■特別講演10:10-11:00
「地盤データベースとGIS高度利用」
ジャパンホームシールド株式会社 改善推進室室長 小尾英彰 氏

■特別講演11:00-11:50
「3DGISと時空間ビッグデータの研究開発」 
SuperMap研究院長 教授級高級工程師 李紹俊 氏

■基調講演13:00-14:00
「BIM/CIMにおける3DGIS、IoTの役割と展望」
 宮城大学事業構想学群価値創造デザイン学類教授 蒔苗耕司 氏
 (国土交通省CIM導入推進委員会委員/公益社団法人土木学会土木情報学委員会副委員長)

■基調講演14:00-15:00
「IoT/AIと時空間ビッグデータのいまと将来」
SuperMapグループ総裁 教授級高級工程師 宋関福 氏

■特別講演15:10-16:00
「利用現場から見たi-Construction時代の道路GIS」
公益社団法人山梨県建設技術センター 業務部企画管理課課長代理 望月吉也 氏

■新サービス紹介16:00-16:30
「維持管理のためのCIMクラウド」
一般社団法人CIM解決研究会/日本スーパーマップ株式会社

■技術討論16:30-17:50
GIS高度利用技術討論-パネルディスカッション-
《進行役》 慶応義塾大学大学院教授 厳網林 氏
 (一般社団法人地理情報システム学会理事 IoT×GIS分科会代表)

======
※終了後は同会場にて懇親会を予定しております。
 懇親会に参加される方は、お1人様3,000円を頂戴致します。

【参加申込み】

●Facebook当ページから参加ボタンをクリック
(※ワークショップ参加のみの受付となります。懇親会も参加希望の方は必ずメールをお送りいただけますようお願い致します。)

●メール受付 【gisws@supermap.jp】まで
氏名カナ、法人名、部署名、メールアドレス、懇親会の出欠をご明記ください。

第14回 GISコミュニティフォーラム

https://www.esrij.com/events/gcf/gcf2018/

2018 年

5 月 24 日(木) ~ 25 日(金)

東京ミッドタウン 六本木

プレフォーラム・セミナー:5 月 23 日(水)

※参加登録は 4 月上旬から開始予定

前回開催レポートはこちら

基調講演

5 月 24 日(木)13:30 ~ 16:00  東京ミッドタウン・ホールA(地下 1 階)
 
13:30~13:50

ご挨拶

ESRIジャパン株式会社 代表取締役社長
正木 千陽

 
13:50~14:10

ESRIジャパンユーザ会会長よりご挨拶

中部大学 教授 中部高等学術研究所 所長 国際GISセンター長
福井 弘道

 
14:10~15:00

ArcGIS プラットフォームと
 デジタルトランスフォーメーション

Esri社
ユーティリティー担当ディレクター
Bill Meehan(ビル ミーハン)

組織のデジタルトランスフォーメーションには、3 つのことが必要になる。1 つ目は適切なテクノロジーを採用すること。 2 つ目はワークフロー及びプロセスを徹底的に再考すること。3 つ目はビジネスモデルを見直し、必要であれば創造的破壊を行うことである。デジタルトランスフォーメーションを容易にする主要技術の 1 つは、GIS、特に ArcGIS プラットフォームである。本講演では、GIS の使用パターンを概説し、ワークフロー再考のための基盤をどのように形成するか、ビジネスモデルを刷新する際にどのように役立つのかを示す。

米国Esri社 ユーティリティー担当ディレクター Bill Meehan(ビル ミーハン)
 
15:00~16:00

ビッグデータ時代のカラクリ

東京大学 名誉教授
月尾 嘉男 氏

現在1年に社会で流通する情報は大図書館の蔵書の数億館分に相当する。このビッグデータの9割は人間が関与しない機械と機械の通信であり、それに対処するために人工知能が登場し、さらに身体を付加したロボットが開発された。これらは人間を支援する一方、一部では人間の能力を凌駕するまでになり、どのように対応するかが情報社会の最大の課題になる。この課題の技術背景と登場しつつある社会問題を解説する。

東京大学 名誉教授 月尾 嘉男 氏
5 月 25 日(金)13:30 ~ 15:10  東京ミッドタウン・ホールA(地下 1 階)
 
13:30~14:20

人口減少・気候変動をどう乗り切るか:グリーンインフラ

北海道大学 大学院
農学研究院 教授
中村 太士 氏

自然生態系がもつ様々な機能を賢く利用し、社会と経済に寄与する国土形成手法をグリーンインフラと呼ぶ。グリーンインフラの特徴は多機能性にあり、温暖化豪雨に対する防災・減災、生物種の保全、水質の浄化などの様々な機能を発揮する。一方で既存インフラにグリーンインフラを組み合わせ、最大の効果を発揮するための最適配置が求められている。降雨や気温、地質、土地利用、植生等の空間情報を GIS で解析することによって、より高い機能を発揮でき、地域づくりに貢献できるグリーンインフラの配置計画を提案できる。

北海道大学 大学院 農学研究院 教授 中村 太士 氏
 
14:20~15:10

人工知能はわたしたちの生活をどう変えるのか

公立はこだて未来大学
副理事長
松原 仁 氏

人工知能は機械学習を中心として目覚ましい進歩を遂げている。進歩した人工知能とわたしたち人間はどのように付き合っていけばいいのだろうか。わたしたちが抱えている社会課題、特に地域が抱えている問題を解決するために人工知能は何を提供してくれるのであろうか。ここでは実例を示しながら人間と人工知能の今後を考えたい。

公⽴はこだて未来⼤学 副理事⻑ 松原 仁 氏

GISコミュニティフォーラムとは

GISコミュニティフォーラムは、日本国内の GIS ユーザ並びに GIS にご興味をお持ちの方々の情報交換と GIS 利用促進を目的として開催しております。GIS、リモートセンシングに携わる多くの方にご参加いただき、活用事例や最新テクノロジーの紹介を通してお互いのアイデアを共有する場としてご活用いただいております。



カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)

Author:ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)
地理空間情報で社会を少しでもよくしたいジオねこ@うじじすのブログなのだ。
twitter ujigis(ジオねこ@うじじす)
はてなブックマーク ujigislab

GIS の夜明けは近いぜよ!
(もう、何年、同じこと言っとんねん!)
(大体、あんた。佐幕派でしょが!)
最近、夜が明けたかと思ったら、GISはスマホ地図としてみんなに知られて、いまや誰もGISとは言ってくれません。。

姉妹ブログ「うじじす@オープンデータeventブログ」は、 こちら!
http://opendata.blog.fc2.com/

カウンター
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
リンク