FC2ブログ

ジオねこ@うじじすのブログ一覧

GIS,地理空間情報関連イベント情報を一覧で見たい場合は、下記リンクをクリックしてください。
ざっとイベントを探すときは、こっちの方が見やすいかも。
http://ujigis.blog.fc2.com/archives.html

「うじじす@オープンデータeventブログ」は、 こちら!

「ジオねこ@うじじす(ujigis)のツイートまとめ ブログ」は、 こちら!

「ジオねこ@うじじす(ujigis) はてなブックマーク」は、 こちら!
「ジオねこ@うじじす(ujigis) GIS ブックマーク 」は、こちら!
「ジオねこ@うじじす(ujigis) 地理空間情報 ブックマーク 」は、こちら!
スポンサーサイト



FOSS4G 2020 Japan Online

https://www.osgeo.jp/events/foss4g-2020/foss4g-2020-japan-online


今年は秋のFOSS4Gをオンラインで行います!
こちらのページに随時イベント情報を更新していきます。

 

概要

OSGeo.JPでは本年度はTokyo/KANSAI/Tokai合同でオンラインイベント(FOSS4G 2020 Online)の実施を下記の通り予定しております。
・11月7日(土) 10:00-12:00 チュートリアルセッション(従来のハンズオンデイ)
・11月8日(日) 13:00-17:00 コアデイ
※なお、11月7日(土)午後には、OpenStreetMap Japanの年次イベントSotMJPが開催される予定です。こちらとも、連携して準備を進めています。
従来は夏〜秋にかけて日本各地で開催しておりましたが、今年の新型コロナ感染症対策で、完全オンラインでのイベント開催となります。
テーマはBeyond Bordersです。コロナ感染の影響で、オンサイトの開催は困難になりましたが、一方で、オンラインということで、これまで遠隔地にお住まいで参加できなかった方も気軽に参加できるようになったと思います。こうして、Broderを超えるために何ができるのか、ご一緒に考えてみたいと思います。
是非これを機会に参加いただけますと幸いです。
みなさまのご参加をお待ちしています!

主催 / 後援 / OSGeo日本支部団体会員 / スポンサー

日程

日時場所
チュートリアルデイ2020年11月7日(土) 午前オンライン
State of the Map Japan2020年11月7日(土) 午後
コアデイ2020年11月8日(日) 午後

 

コアデイ

毎年、コアデイでは海外からのゲスト、FOSS4G のヘビーユーザーや開発者の方に講演、事例紹介をしていただいております。

今年はオンラインということで、地域に関係なく発表者を募集もしておりますので奮ってご応募下さい。

詳細については、コアデイのページをご参照下さい。

 

 

チュートリアルデイ

FOSS4Gでは毎年、皆様に実際に FOSS4G に触れていただき、仕事や研究、趣味に役立てていただくことを目的としたハンズオンデイを行っています。
今回は初のオンライン開催ということで、ハンズオン形式ではなくチュートリアルという形で開催をします。
普段の業務や研究、趣味で FOSS4G を活用している経験豊富な方々を講師にお迎えしていますので、ぜひご参加ください!
詳細については、チュートリアルデイのページをご参照下さい。

 

懇親会

懇親会はState of the Map 2020 Japanの懇親会と合同で行います。
詳細は追って公開します。
 



State of the Map Japan 2020

https://stateofthemap.jp/2020/?fbclid=IwAR3n9-oQ0XXuvhEeCfRbxyC-njzhWJOV0_FOXV9X8jx1r65m4dtgErQdaGc

オープンストリートマップは、「自由な地図をみんなの手に」をスローガンに、日本や世界の自由につかえる地図を実現していこうと、ボランティアが草の根で作成した地図データの集合体です。わたしたちは、この活動をさらに発展させるために、オンラインカンファレンスを企画しました。

一般社団法人オープンストリートマップ・ファウンデーション・ジャパン(以下OSMFJ)では、OSM活動のより一層の浸透と企業を含む参加者同士の交流、コミュニティの活性化、地理空間情報利活用の推進、さらには、継続的なビジネスの発展と新たな市場の想像を目指し、State of the Map Japan 2020 (以下SotM Japan)カンファレンスを開催することとしました。

State of the Map(以下 SotM)は、世界中の多様な人々が紡ぐ世界地図プロジェクト OpenStreetMapの国際カンファレンスシリーズであり、OSM編集者であるマッパー、IT技術者、OSMデータを利活用・支援する企業や団体など、世界のコミュニティが一同に介するカンファレンスとして、2008年から続けられています。

日本地域においては、2012年9月に東京で行われたアジア・オセアニア地域初であるSotM 2012世界総会をスタートとして、2014年より、日本地域におけるローカルカンファレンスとして、2014年の東京、2015年には浜松と、継続して開催されています。 2017年は会津若松で国際カンファレンスを誘致し、世界各国からのマッパーによる交流を行いました。2018年には、東京の日比谷図書文化館で、図書館とOSMをつなぐ活動について議論しました。

新型コロナの流行にあたって生活様式が求められているなかで、オンラインで開催することとします。

SotM Japanでは、全世界版のSotMの趣旨および価値観をそのままに、日本および日本語でのOSM活動について、新しいアイディアや開発手法、利用方法、ビジネス事例、将来像についてディスカッションを行います。

主催は、OSMFJメンバーを主体とするSotM Japan実行委員会が行い、OSMFJは全面的に協力いたします。

開催概要

参加者の属性としては、OSM編集者、OSMデータ利用企業、地理空間情報技術者、学術利用者、行政関係者などが中心となります。 地方からの参加・発表も予定しています。

募集要項(CFP)

State of the Map Japan 2020で普段の活動内容・成果、課題や協力者の募集をしてみませんか?

OpenStreetMapに関する自由な発表が可能です。

  • マッピング(地域的なものや成果発表など)
  • アプリケーション開発
  • データ分析
  • ビジネス事例
  • などなど

発表は以下の概要に沿って行います。

  • 発表種類: 通常(15分)、ライトニングトーク(5分)
  • 対象者: 大人から子どもまでどなたでも
  • 発表内容: 初級マッパー向けから専門家向けまで

Google Formにて発表の募集をしています。奮ってご参加ください!

ボランティア募集

State of the Map Japan 2020 ではオンライン配信のサポートなどをしてくれるボランティアを募集しています。

オンライン配信の方法などに興味ある方、大歓迎です!

募集内容

  • 期間:
    • 11月7日(土) 終日
    • 事前に準備のため打ち合わせを行います(日程別途連絡)。
  • 業務内容:
    • 配信チェック・質問集約など
  • 参加方法:
    • OpenStreetMap Japan Slack に Join して #70_sotmjp2020 へご参加ください。

実行委員会について

State of the Map Japan 2020 実行委員会は OpenStreetMap Japan Slack にて運用をしています。 実行委員会に興味のある方は OpenStreetMap Japan Slack に Join して #70_sotmjp2020 へご参加ください。 また、議事録などは原則公開をしています。



W3C/OGC Joint Workshop Series on Maps for the Web

www.w3.org/2020/maps/

W3C/OGC Joint Workshop Series on Maps for the Web

This workshop series brings together experts in geographic standards and Web map data services, Web mapping client tools and applications, and Web platform standards and browser development, to explore the potential of maps for the Web.

This workshop series was originally planned as an in-person event in Montreal. Due to risks associated with global travel and the spread of COVID-19, the Maps for the Web workshop in 2020 will be online only, spread out over a month of video presentations and asynchronous discussion.

We hope that this helps build a community that lasts beyond the scheduled event, and that a physical gathering of participants will be possible in the future.

Workshop Objectives

The workshop organizers want to make map viewers on the web better — more usable, accessible, secure, private, and performant — for website visitors and web app users. At the same time, we want to make it easier for web developers and other creators to build those map-based experiences. And we want to make it more natural for cartographers and geospatial researchers to share their content over the web.

To do this, we need input from all relevant stakeholders, from all over the world wide web, who are creating or using web map content and applications, along with those who are building or standardizing web browsers. From the discussion, we hope to build a consensus on which aspects of web maps are suitable for standardization, and what those standardized solutions should include.

Why Maps for the Web?

Maps are a facet of our daily lives. The Web (and other internet-connected applications) have made maps more personal and more pervasive. From deciding what route to take to work, to vacation planning, to researching the effects of climate change, online maps guide our decisions and inform our world view.

Maps on the Web have the potential to empower individuals, connecting our physical environment to online information and applications. But that hyperconnectivity comes with risks: that people's movements may be tracked, or that their lives and livelihoods may become dependent on closed, proprietary data and services.

Scope of the Workshops

The workshop series is specifically about the standardization of dynamic, interactive maps as a first-class native component in the browser or other applications built using the Web platform.

This includes how the map data is served to the web application, how it is embedded or manipulated by the website author, how the result is displayed to the website visitor by the web browser, and how that end user interacts with or makes use of the information in the map.

Broader uses of internet-connected geographic data or spatial metadata are only in scope so far as they share technologies and impacts with Web maps.

Potential Topics

The final agenda of talks and workshop sessions will be determined based on responses to the call for participation. However, the following areas are of particular interest:

  • Adding a native map viewer for the Web platform, similar to how HTML <video> was added for video content; including
    • essential, possible, or impractical user-focused features and capabilities of a built-in Web map viewer
    • architecture for defining a map viewer in markup
    • new scripting APIs for Web authors to enhance map viewers
    • CSS integration for styling maps and map features
    • other integration / relationship of maps with existing browser APIs (e.g., geolocation API, geo/map URL protocols, image maps, SVG and canvas graphics)
    • other Web platform applications for map-viewer display and interaction patterns
  • Standardizing how a browser-based map viewer fetches data from map services and how that data should be formatted; including
    • benefits and limitations of existing map data sources for Web use
    • working with offline cached map data
    • integrating geographic data and (hyper)text annotations or other semantic information about spatial things
    • working with map data in different projections or coordinate reference systems
    • federating map services with links between providers
    • supporting discovery of Web-based geospatial resources by crawlers, indexes, and search engines
  • Creating accessible Web map experiences that adapt to the different ways people interact with the Web; including
    • best-practice interaction patterns for manipulating Web (and other interactive/slippy) maps using different input methods (mouse, touch, keyboard, etc.)
    • communicating spatial information through non-visual technologies
    • personalization of map viewer display and capabilities
    • using spatial information to enhance accessibility in the physical environment
  • Creating truly global Web map experiences that work with different languages and cartographic practices; including
    • linguistic and cultural considerations when internationalizing map-viewer interaction patterns
    • integrating translations of place names in map data, and allowing users to select preferred language
    • adapting iconography or other visual cues to local conventions
    • working with politically disputed geographic names and boundaries
  • Limiting privacy and security impacts of a more geo-enhanced Web; including
    • identifying both obvious and indirect ways malicious actors could misuse Web maps to expose personal data or fingerprintable patterns
    • creating options to support user-friendly functionality while limiting exposure of personal location and geographic data (e.g., allowing a user to do a one-time location-aware search without granting ongoing permission for location tracking; sandboxing personalized map views and interactions from Web map services providing the underlying data)
    • communication of the impacts and risks of sharing location data
    • validation and verification of map data sources, and avoiding misinformation
    • cross-origin security risks when integrating map data sources (some of which may be personalized, or contain confidential business information)

See the call for participation for how to get involved, or to suggest additional topics.

Maps for the WebのW3C / OGCジョイントワークショップシリーズ

このワークショップシリーズでは、地理標準とWebマップデータサービス、Webマッピングクライアントツールとアプリケーション、およびWebプラットフォーム標準とブラウザ開発の専門家を集めて、Webのマップの可能性を探ります。

このワークショップシリーズは、もともとモントリオールでの対面イベントとして計画されました。世界的な旅行とCOVID-19の普及に関連するリスクのため、2020年のMaps for the Webワークショップはオンラインのみとなり、1か月以上のビデオプレゼンテーションと非同期のディスカッションで展開されます。

これが予定されているイベントを超えて続くコミュニティの構築に役立ち、参加者の物理的な集まりが将来可能になることを願っています。

ワークショップの目的

ワークショップの主催者は、Web上の訪問者とWebアプリのユーザーにとって、Web上のマップビューアーをより使いやすく、より使いやすく、安全で、プライベートで、高性能にすることを望んでいます。同時に、Web開発者や他のクリエーターがこれらのマップベースのエクスペリエンスを簡単に構築できるようにしたいと考えています。また、地図製作者や地理空間研究者がウェブ上でコンテンツを共有することをより自然にしたいと考えています。

これを行うには、Webマップのコンテンツとアプリケーションを作成または使用している世界中のWebからのすべての関連する利害関係者、およびWebブラウザーを構築または標準化している関係者からの情報が必要です。ディスカッションから、Webマップのどの側面が標準化に適しているか、およびそれらの標準化されたソリューションに何を含める必要があるかについてコンセンサスを構築したいと考えています。

Maps for Webを選ぶ理由

地図は私たちの日常生活の一部です。Web(および他のインターネットに接続されたアプリケーション)により、マップはより個人的でより普及したものになりました。職場までのルートの決定から休暇の計画、気候変動の影響の調査まで、オンラインマップは私たちの決定を導き、私たちの世界観を知らせます。

Maps on the Webは個人に力を与え、私たちの物理的な環境をオンラインの情報やアプリケーションに接続する可能性を秘めています。しかし、そのハイパーコネクティビティにはリスクが伴います。つまり、人々の動きが追跡されたり、生活や生計が閉鎖された独自のデータやサービスに依存したりする可能性があります。

ワークショップの範囲

このワークショップシリーズは、特に、ブラウザまたはWebプラットフォームを使用して構築された他のアプリケーションにおけるファーストクラスのネイティブコンポーネントとしての動的でインタラクティブなマップの標準化についてです。

これには、マップデータがWebアプリケーションに提供される方法、Webサイトの作成者がデータを埋め込むまたは操作する方法、WebブラウザーによってWebサイトの訪問者に結果が表示される方法、エンドユーザーがどのように対話または使用するかが含まれますマップ内の情報。

インターネットに接続された地理データまたは空間メタデータの幅広い使用は、テクノロジーと影響をWebマップと共有する限りにおいてのみ範囲内です。

潜在的なトピック

話し合いとワークショップセッション の最終的な議題、参加呼びかけに対する反応に基づいて決定され ます。ただし、次の領域は特に重要です。

  • <video>ビデオコンテンツに HTML が追加された方法と同様に、Webプラットフォーム用のネイティブマップビューアを追加します。含む
    • 組み込みのWebマップビューアの必須、可能、または非実用的なユーザー中心の機能
    • マークアップでマップビューアーを定義するためのアーキテクチャ
    • Web作成者がマップビューアーを強化するための新しいスクリプトAPI
    • マップとマップフィーチャーのスタイル設定のためのCSS統合
    • その他の統合/既存のブラウザーAPIとマップの関係(例:地理位置情報API、地理/マップURLプロトコル、イメージマップ、SVGおよびキャンバスグラフィックス)
    • map-viewerの表示と相互作用のパターンのための他のWebプラットフォームアプリケーション
  • ブラウザベースのマップビューアがマップサービスからデータをフェッチする方法と、そのデータのフォーマット方法を標準化します。含む
    • Webで使用するための既存のマップデータソースの利点と制限
    • オフラインキャッシュマップデータの操作
    • 地理データと(ハイパー)テキスト注釈または空間的なものに関するその他の意味情報を統合する
    • 異なる投影法または座標参照系で地図データを操作する
    • プロバイダー間のリンクを持つマップサービスの統合
    • クローラー、インデックス、検索エンジンによるWebベースの地理空間リソースの発見をサポート
  • ユーザーがWebと対話するさまざまな方法に適応する、アクセシブルなWebマップエクスペリエンスの作成。含む
    • さまざまな入力方法(マウス、タッチ、キーボードなど)を使用してWeb(およびその他のインタラクティブ/スリッピー)マップを操作するためのベストプラクティスの相互作用パターン
    • 非視覚的技術による空間情報の伝達
    • マップビューアーの表示と機能のパーソナライズ
    • 空間情報を使用して物理環境でのアクセシビリティを強化する
  • さまざまな言語や地図作成の手法で機能する真にグローバルなWebマップエクスペリエンスを作成します。含む
    • マップビューアの対話パターンを国際化する際の言語的および文化的な考慮事項
    • 場所データの翻訳を地図データに統合し、ユーザーが優先言語を選択できるようにする
    • 図像または他の視覚的な合図を地域の慣習に適合させる
    • 政治的に争われている地理的な名前と境界を扱う
  • より地理的に強化されたWebのプライバシーとセキュリティへの影響を制限する。含む
    • 悪意のある攻撃者がWebマップを悪用して個人データまたは指紋可能なパターンを公開する可能性のある明白な方法と間接的な方法の両方を特定
    • 個人の位置と地理データの公開を制限しながら、ユーザーフレンドリーな機能をサポートするオプションを作成します(たとえば、位置追跡の継続的な許可を与えることなく、ユーザーが1回限りの位置認識検索を実行できるようにします;パーソナライズされたマップビューとWebマップからの対話のサンドボックス化基礎となるデータを提供するサービス)
    • 位置データを共有することの影響とリスクの伝達
    • マップデータソースの検証と検証、および誤った情報の回避
    • マップデータソースを統合する際のクロスオリジンセキュリティリスク(一部はパーソナライズされているか、機密のビジネス情報が含まれている可能性があります)

参加 方法や追加トピックの提案については、参加募集をご覧ください

Call For Participation

The W3C/OGC Joint Workshop Series on Maps for the Web will be a distributed, online meeting of developers, cartographers, policy makers, and other people with an interest in the future of Web standards relating to use of spatial information to display maps on the Web.

The objective of the workshop series, its scope, and potential topics are outlined on the overview page. Participants are welcome to suggest other topics within the scope.

The workshop series will include both presentations and discussions.

Presentations, demos, and panel sessions will be conducted as video-conferences (or optionally pre-recorded video presentations) which will be posted online for asynchronous viewing. Presentations will be grouped into themes, with one theme posted online per day.

Discussion and questions will be via written forums over the course of a month. There will be discussions specifically around the presentations, as well as the possibility of participant-initiated discussion topics. In addition, we encourage people working on open source software or standards related to web maps to propose hack sessions to introduce their projects and invite feedback or collaboration.

The workshop language is English.

How can I participate?

You can request to participate in the workshop series in one or more ways:

  • Watching the workshop sessions and contributing to the written discussions.
  • Making a presentation (15 minutes) or lightning talk (<5 minutes), or participating in a panel Q&A session to introduce a topic for discussion.
  • Leading a hack session to engage new contributors to an open-source Web map project or teach other developers how to use a Web mapping tool or map data source.
  • Submitting a written position statement in advance of the workshops (as an individual or on behalf of an organization).
  • Sponsoring the workshop series.

If you wish to attend, please fill out the registration form. The registration form asks several questions about your background and ideas; please give these questions serious thought.

If you wish to suggest a talk or demo/hack session, or to contribute a written position statement, please also send an email to the program committee, with details as described below for talks, demos and hack day projects, or written statements.

To help with planning and communication, we ask all participants to register in advance. You will get an acceptance email to confirm registration. Please review the important dates for submission deadlines.

Participation is free. Anyone may ask to participate, whether or not they represent a W3C member organization.

Our aim is to get diverse participation from a variety of individuals with different backgrounds and experiences including geospatial information experts, Web map tool developers, Web standards and browser developers, website developers who specialize in mapping or geographic data visualization, online map services product owners/managers, and business development, corporate strategy and innovation from the various industries and sectors that create or use online map data.

Important Dates

Call for participation open:20 April 2020
Application and session suggestion deadline:15 July 2020 (extended)
Acceptance notifications:27 July 2020
Program announcement:1 August 2020
Final deadline to submit written position statements and presentation slides/handouts:1 September 2020
Video sessions:21 September −
2 October 2020
Discussion forum open:14 September −
31 October 2020
Final report published:January 2021

How can I suggest a presentation or panel session?

The goal of this event is to actively discuss topics, not to watch presentations. Presentations and panel discussions will be curated by the program committee to help provide background knowledge and experience needed to kick-start the conversation. Presentations will be short, and will be grouped into common themes to provide an array of perspectives on a topic.

If you wish to present on a topic, please email the program committee a summary of your proposal, by the application deadline (see important dates).

A good talk proposal should be concise (fewer than 600 words) and include the following information:

  1. Who would be presenting.
  2. A short title or topic statement for the presentation.
  3. Whether you think this topic would be best served as a full (15 minute) presentation, a lightning talk, or a Q&A panel.
  4. Which of the suggested topics your presentation covers; or, for a new topic, how it relates to the workshop series scope.
  5. What unique information, experience, or perspectives you would provide.
  6. For live video chat panels, what times of day (in UTC timezone) are you available for?

All suggested presenters should also fill out the attendee registration form. Information from the form (including affiliations and biography or background) will be considered part of the proposal and may be included on the workshop series website, linked from the final talk description in the agenda.

Our program committee will review the proposals and other application information to select the most relevant topics and diverse perspectives. If there are multiple submissions on similar topics, the committee may suggest modifying your proposal to focus on a unique aspect, or to shorten it for a lightning talk. Alternatively, multiple speakers on a single topic may be combined into a moderated panel discussion.

Presenters are expected to provide copies of their slides or other relevant material in advance of their workshop (see important dates); these will also be published so that other participants might review them.

How can I suggest a hack or demo project?

In addition to the structured discussions on standardization, a secondary goal of the workshop series is to connect people from different areas of expertise in Web mapping, in a virtual hackathon.

During the workshop series, we will host parallel tracks for demonstrating and hacking on web map projects, to spark new collaboration opportunities between workshop participants. Hack day sessions can focus on

  • solving specific software problems,
  • gathering feedback from potential users of a software tool or dataset,
  • building new demo projects with the project's tools or data,
  • any other area of specialized discussion suitable for a breakout session.

The structure of the hack sessions could include video tutorials or other presentations, live video chat Q&A sessions, or written discussion forums. This is a new type of event, so we are open to other suggestions for structure.

Hack day sessions can be proposed by sending an email to the program committee with a summary of your proposal, by the application deadline (see important dates).

A good hack session proposal should be concise (fewer than 600 words) and include the following information:

  1. Who would be leading the session.
  2. A short title or topic statement for the session.
  3. What web map tools, geographic data sources, or other projects you'd be working with.
  4. How much background experience session participants should have.
  5. What your expected goals or outcomes for the session are.
  6. What structure do you think would work best to achieve those goals? If it would include live video chat sessions: what times of day (in UTC timezone) are preferred, and how many sessions would you be available for?

Hack sessions should not be commercial sales pitches! If your session would include the use of a commercial tool or data source, please emphasize how it would focus on the use of open source or standardized tools or data as well.

The program committee will review proposals with a focus on providing a set of sessions and projects that will be of interest to a wide variety of workshop participants.

How can I provide a written position statement?

Written position statements allow you or your organization to formally express your priorities or concerns with respect to the standardization of maps for the Web. They also allow all workshop participants to identify, in advance, areas of consensus or disagreement for discussion.

Statements will be posted on the workshop website, and must be submitted by email to the program committee, by the deadline for written submissions (see important dates).

A good position statement should be between 200 and 1000 words, focus on the scope of the workshop series, and should include:

  1. A brief overview of your experience or background, as it relates to Web maps.
  2. Which aspects of Web maps you think would benefit (or not) from standardization, and why.
  3. Any specific use cases or requirements you have for standardized Web maps.
  4. Examples of best practices you think should be followed (or worst practices that should be avoided).
  5. Links to related supporting resources: standards, research, reports, explainers, software projects, or datasets.

Position statements should focus on technical issues (what should be standardized), not the standardization process.

How can my organization sponsor the workshop series?

We welcome additional sponsors to help us make the workshop series comprehensive and inclusive. See our sponsor information page for more information and to apply.

Program Committee

Please send all session submissions, written statements, and questions about your registration to the program committee:

group-maps-submission@w3.org

For more general comments or questions about the workshop series and agenda, email the program committee's discussion list: public-maps-workshop-pc@w3.org. Please note that all messages sent to this list are posted in a public web archive; you will need to respond to a verification email before your message is posted to the committee.

Proposals, presentations, and position statements must be in English. (You may include your own translations, but these will be considered unofficial.) Written material should be in HTML or plain-text format, although PDF is also acceptable for talk slides or position statements.

Committee chairs

  • Ted Guild, W3C
  • Mike Smith, W3C
  • Gobe Hobona, OGC
  • Peter Rushforth, Natural Resources Canada

Committee members

  • Ryan Ahola, Natural Resources Canada
  • Amelia Bellamy-Royds
  • Tom Kralidis, Meteorological Service of Canada
  • Roy Rathbun, NGA
  • Doug Schepers, Fizz Studio
  • Donald Sullivan, NASA

Code Of Conduct

Participants in this workshop series, as in all W3C activities, are expected to follow the W3C code of ethics and professional conduct and treat each other with respect, professionalism, fairness, and sensitivity to our many differences and strengths.

Issues of inappropriate behavior may be raised with the W3C Ombuds (offline), or with any member of the Program Committee.

What is W3C?

W3C is a voluntary standards consortium that convenes companies and communities to help structure productive discussions around existing and emerging technologies, and offers a Royalty-Free patent framework for Web Recommendations. W3C develops work based on the priorities of our members and our community.

What is OGC?

The Open Geospatial Consortium (OGC) is an international consortium of more than 530 businesses, government agencies, research organizations, and universities driven to make geospatial (location) information and services FAIR - Findable, Accessible, Interoperable, and Reusable.


参加を呼びかける

Maps for the WebのW3C / OGCジョイントワークショップシリーズは、開発者、地図製作者、政策立案者、および空間情報を使用して地図を表示することに関する将来のWeb標準に関心を持つ他の人々の分散型オンライン会議になります。ウェブ。

ワークショップシリーズ目的範囲、および潜在的なトピックの概要について は、概要ページをご覧ください参加者は、範囲内の他のトピックを提案することを歓迎します。

ワークショップシリーズには、プレゼンテーションとディスカッションの両方が含まれます。

プレゼンテーション、デモ、およびパネルセッションは、ビデオ会議(またはオプションで事前に記録されたビデオプレゼンテーション)として行われ、非同期で閲覧できるようにオンラインで投稿されます。プレゼンテーションはテーマにグループ化され、1日に1つのテーマがオンラインで投稿されます。

ディスカッションと質問は、1か月にわたって書面によるフォーラムで行われます。プレゼンテーションを中心に具体的なディスカッションがあり、参加者が開始するディスカッショントピックの可能性もあります。さらに、オープンソースソフトウェアやWebマップに関連する標準に取り組んでいるユーザーには、プロジェクトを紹介し、フィードバックやコラボレーションを招待するハックセッションを提案することをお勧めします。

ワークショップの言語は英語です。

どうすれば参加できますか?

次の1つまたは複数の方法で、ワークショップシリーズへの参加をリクエストできます。

  • ワークショップのセッションを見て、書面での議論に貢献する。
  • 作るのプレゼンテーション(15分)またはライトニングトーク(<5分)、または議論のトピックを紹介するパネルQ&Aセッションに参加。
  • ハックセッション 先導して、オープンソースのWebマッププロジェクトに新しい貢献者を参加させるか、Webマッピングツールまたはマップデータソースの使用方法を他の開発者に教える。
  • 書かれた提出位置声明 (個人としてまたは組織に代わって)ワークショップの事前のを。
  • ワークショップシリーズのスポンサー

参加を希望される場合は、登録フォームにご記入ください 登録フォームはあなたの背景とアイデアについていくつかの質問をします。これらの質問を真剣に考えてください。

トークやデモ/ハックセッションを提案したり、意見書を寄稿したりする場合は、プログラム委員会にもメールを送ってください。トーク デモ、ハックデイプロジェクト、または書面によるステートメントの詳細については、以下に記載してください 

計画とコミュニケーションを支援するために、すべての参加者に事前登録をお願いしています。登録を確認するための承諾メールが届きます。提出期限の重要な日付確認してください

参加は無料です。W3Cメンバー組織を代表しているかどうかに関係なく、誰でも参加を求めることができます。

私たちの目的は、地理空間情報の専門家、Webマップツール開発者、Web標準とブラウザ開発者、マッピングまたは地理データの視覚化を専門とするWebサイト開発者、オンラインマップサービス製品の所有者など、さまざまな背景と経験を持つさまざまな個人から多様な参加を得ることです。オンラインマップデータを作成または使用するさまざまな業界やセクターのマネージャー、ビジネス開発、企業戦略、イノベーション。

重要な日付

参加の募集を開く:2020年4月20日
アプリケーションとセッション提案の締め切り:2020年7月15日(延長)
承認通知:2020年7月27日
プログラムの発表:2020年8月1日
意見書とプレゼンテーションスライド/ 配布資料を提出する最終期限2020年9月1日
ビデオセッション:
2020年9月21日〜10月2日
ディスカッションフォーラムを開く:
2020年9月14日〜10月31日
公開された最終レポート:2021年1月

プレゼンテーションやパネルセッションを提案するにはどうすればよいですか?

このイベントの目的は、プレゼンテーションを見ることではなく、トピックについて積極的に話し合うことです。プレゼンテーションとパネルディスカッションは、会話を始めるために必要な背景知識と経験を提供するためにプログラム委員会によってキュレーションされます。プレゼンテーションは短く、共通のテーマにグループ化されて、トピックに関するさまざまな視点を提供します。

トピックについて発表したい場合は、プログラムの委員会に 、申請期限までに提案の概要電子メールで送信してください重要な日付を参照)。

優れたトークの提案は簡潔で(600語未満)、次の情報を含める必要があります。

  1. 誰が発表するか。
  2. プレゼンテーションの短いタイトルまたはトピックのステートメント。
  3. このトピックが完全な(15分間の)プレゼンテーション、稲妻の話、またはQ&Aパネルとして最適に機能すると思うかどうか。
  4. あなたのプレゼンテーションがカバーする提案されたトピックのどれ; または、新しいトピックについて、それがワークショップシリーズのスコープとどのように関連するか
  5. どのような固有の情報、経験、または視点を提供するか。
  6. ライブビデオチャットパネルの場合、(UTCタイムゾーンで)何時に利用できますか?

提案されたすべての発表者は、出席者登録フォームにも記入する必要があります。フォームからの情報(所属、伝記または背景を含む)は提案の一部と見なされ、ワー​​クショップシリーズのWebサイトに含まれる場合があり、議題の最終的なトークの説明からリンクされます。

プログラム委員会は、提案やその他のアプリケーション情報を検討して、最も関連性の高いトピックと多様な視点を選択します。類似のトピックに関する複数の提出がある場合、委員会は、独自の側面に焦点を当てるか、または稲妻の話のためにそれを短くするように提案を変更することを提案する場合があります。または、単一のトピックに関する複数のスピーカーを組み合わせて、モデレートされたパネルディスカッションを作成することもできます。

プレゼンターは、ワークショップの前にスライドまたはその他の関連資料のコピーを提供する必要があります(重要な日付を参照)。これらも公開され、他の参加者がレビューできるようになります。

ハックまたはデモプロジェクトを提案するにはどうすればよいですか?

標準化に関する構造化されたディスカッションに加えて、ワークショップシリーズの2番目の目標は、仮想ハッカソンで、Webマッピングのさまざまな専門分野の人々を結びつけることです。

ワークショップシリーズでは、Webマッププロジェクトをデモンストレーションおよびハッキングするための並行トラックをホストし、ワークショップ参加者間の新しいコラボレーションの機会を刺激します。ハックデイセッションは、

  • 特定のソフトウェアの問題を解決する、
  • ソフトウェアツールまたはデータセットの潜在的なユーザーからフィードバックを収集する
  • プロジェクトのツールまたはデータを使用して新しいデモプロジェクトを構築する
  • ブレイクアウトセッションに適したその他の専門的なディスカッション領域。

ハックセッションの構造には、ビデオチュートリアルやその他のプレゼンテーション、ライブビデオチャットのQ&Aセッション、書面によるディスカッションフォーラムなどがあります。これは新しいタイプのイベントなので、構造に関する他の提案を受け入れることができます。

申し込みの締め切りまでに、提案の概要を記載したメールをプログラム委員会に 送信することにより、ハックデーセッションを提案できます 重要な日付を参照)。

良いハッキングセッションの提案は簡潔(600語未満)で、次の情報を含める必要があります。

  1. セッションをリードするのはだれですか。
  2. セッションの短いタイトルまたはトピックのステートメント。
  3. 作業するWebマップツール、地理データソース、またはその他のプロジェクト。
  4. セッション参加者が持つべきバックグラウンド経験の量。
  5. セッションの予想される目標または結果は何ですか。
  6. これらの目標を達成するためにどのような構造が最も効果的だと思いますか?ライブビデオチャットセッションが含まれる場合:推奨される時刻(UTCタイムゾーン)と、何回のセッションを利用できますか?

ハックセッションは商業的な売り込みではありません。セッションに商用ツールまたはデータソースの使用が含まれる場合は、オープンソースまたは標準化されたツールまたはデータの使用にも焦点を当てることを強調してください。

プログラム委員会は、さまざまなワークショップ参加者が関心を持つ一連のセッションとプロジェクトを提供することに重点を置いて提案を検討します。

ポジションステートメントをどのように提供できますか?

書面による意見書により、お客様またはお客様の組織は、Web用のマップの標準化に関する優先順位または懸念事項を正式に表明できます。また、ワークショップのすべての参加者は、事前に、コンセンサスや不一致の領域を特定して話し合うことができます。

声明はワークショップのウェブサイトに掲載され、電子メールでプログラム委員会提出する必要があります。書面による提出 期限までに提出してください(重要な日付を参照)。

適切なポジションステートメントは、200から1000語で、ワークショップシリーズの範囲に焦点を当て、次の内容を含める必要があります。

  1. Webマップに関連する、経験または背景の簡単な概要。
  2. Webマップのどの側面が標準化から利益を得る(または得ない)か、およびその理由。
  3. 標準化されたWebマップに対する特定のユースケースまたは要件。
  4. 従うべきベストプラクティスの例(または回避すべき最悪のプラクティス)。
  5. 関連するサポートリソースへのリンク:標準、調査、レポート、説明、ソフトウェアプロジェクト、またはデータセット。

ポジションステートメントは、標準化プロセスではなく、技術的な問題(標準化すべきもの)に焦点を当てる必要があります。

私の組織はどのようにしてワークショップシリーズを後援できますか?

ワークショップシリーズを包括的かつ包括的にするために、追加のスポンサーを歓迎します。詳細 とお申し込みについては、スポンサー情報ページをご覧ください。

プログラム委員会

プログラムの委員会にすべてのセッションの提出、書面のステートメント、および登録に関する質問を送信してください。

group-maps-submission@w3.org

ワークショップシリーズと議題に関するより一般的なコメントや質問については、プログラム委員会のディスカッションリスト(public-maps-workshop-pc@w3.org)に電子メールを送信して くださいこのリストに送信されたすべてのメッセージは、パブリックWebアーカイブに投稿されることに注意してください メッセージが委員会に投稿される前に、確認メールに返信する必要があります。

提案書、プレゼンテーション、およびポジションステートメントは英語である必要があります。(独自の翻訳を含めることもできますが、これらは非公式と見なされます。)文書はHTMLまたはプレーンテキスト形式である必要があります。ただし、PDFはトークスライドやポジションステートメントにも使用できます。

委員長

  • テッドギルド、W3C
  • マイク・スミス、W3C
  • Gobe Hobona、OGC
  • カナダ天然資源省、ピーター・ラッシュフォース

委員会メンバー

  • Ryan Ahola、天然資源カナダ
  • アメリア・ベラミー=ロイズ
  • トム・クラリディス、カナダ気象局
  • ロイ・ラスバン、NGA
  • ダグ・シェパーズ、フィズ・スタジオ
  • NASA、ドナルドサリバン

行動規範

このワークショップシリーズの参加者は、すべてのW3Cアクティビティと同様に、W3Cの倫理および職業行動規範に従い、 尊敬、専門性、公正さ、および多くの違いと強みに対する感受性をもってお互いを扱うことが求められます。

不適切な行動の問題は、W3Cオンブズ (オフライン)、またはプログラム委員会のメンバーに提起される場合があります 

W3Cとは何ですか?

W3Cは、企業やコミュニティを招集して既存および新興のテクノロジーに関する生産的な議論を構築する自発的な標準のコンソーシアムであり、Web推奨のロイヤリティフリーの特許フレームワークを提供します。W3Cは、メンバーとコミュニティの優先事項に基づいて作業を開発します。

OGCとは何ですか?

Open Geospatial Consortium(OGC)は、530以上の企業、政府機関、研究機関、大学で構成される国際コンソーシアムであり、地理空間(位置)情報とサービスをFAIR-検索可能、アクセス可能、相互運用可能、再利用可能にすることを目指しています。




位置情報・ビッグデータカンファレンス2020


出典:
https://www.blogwatcher.co.jp/locationdata_bigdata_conference2020/



社会現象ともなったポケモンGOが日本に上陸した2016年に始まった位置情報・ビッグデータカンファレンスも、
今年で4回目を迎えることができました。
あれから早4年、 2020年は新型コロナウイルスによる未曾有の事態が世界を取り巻き、
生活やビジネスがこれまでにない速さで変化しています。
「withコロナ」時代において位置情報データは最も注目度が上がった分野の一つではないでしょうか。
生活スタイルだけではなく、ビジネスイベントの形にも大きな変化が訪れた今、
新たな時代にマッチした”ワクワク”するような、
ビジネスカンファレンスに挑戦いたします。

先行きが見えない暗いニュースが多い中ですが、
変革はチャンスであると信じ、前を向きこの未来を進んでいけるよう、
”Hello, New World”をテーマに、
データを取り巻く環境の「変化」、データ利活用方法の「進化」についてご紹介してまいります。

ご講演者・ご参加者のみなさまが、
新しい時代の位置情報・ビッグデータの活かし方について
気づきを得られる場にしたいと考えております。

TIME TABLE

タイムテーブル

プログラムは随時アップデートいたします

PROGRAM & SPEAKER

プログラム・スピーカー

  •  DAY1 13:00
  •  ONLINE

SESSION

データを頼りにコロナと共生する;大学発ベンチャー立ち上げの顛末

 

皆さんが日々感じているように、コロナで世の中の状況は一変し、それはデータを見ても明らかになっています。 これまでの常識がことごとく変わる中、どこをみても、新型コロナ以降の時代はどうなるか論が盛んに語られています。しかし、怪しげな予測より、起こりそうな変化を素早く把握し、それに対して柔軟に対応する「共生」的視点がますます重要なのではないでしょうか。それに対するヒントがデータの中にあります。まさに、データドリブンな判断を根付かせるためには、今がチャンス、と言えます。「東大発ベンチャー」の背景や経緯にも触れつつ、 データは”このように使う”、”このような方向がある”、という未来の指針になるような内容を事例を使いながらご紹介します。
東京大学・空間情報科学研究センター 教授
柴崎 亮介 氏 – Shibasaki Ryosuke –東京大学工学部卒、同大学院修了。工学博士(東京大学)建設省土木研究所、東京大学工学部助教授、同大学生産技術研究所助教授を経て、1998年より空間情報科学研究センター教授。
2005年から2010年にはセンター長を務めた。G空間情報(地理空間情報)をリードする日本の第1人者。宇宙政策委員会臨時委員。ISO(国際標準化機構)、GEO(地球観測に関する政府間会合)、ICUS(国際科学会議)等においてG空間情報、衛星データや地球観測データ等の流通や利活用に関して共同議長やプロジェクトリーダーを歴任。地理空間情報活用推進基本法の成立(2007年)や「情報銀行」構想立上げ(2012年)に貢献。環境変動や都市の拡大、人々の流動などをビッグデータ処理やAIによる解析等を通じて視覚化し、社会の課題解決を支援する活
動を日本、海外で幅広く展開している。2019年から東大発ベンチャー(LocationMind社)立ち上げに参画。

  •  DAY1 14:00
  •  ONLINE

SESSION

ビッグデータを用いた小売流通向け新世代商圏分析サービス

 

人口減少の中で商圏シェアを獲得するには、エリア商圏・競合の分析が必要です。しかしこれまでは自店の購買分析か、いわゆるパネルによる拡大解釈で他チェーンの購買傾向の把握のみでした。これからの時代、ビッグデータを活用し、自店以外の「商圏居住者」「競合利用者」の行動・購買情報を解析し少域商圏の把握が重要です株式会社 ipoca 代表取締役社長一之瀬 卓 氏 – Ichinose Taku –税理士、横浜国立大学非常勤講師
経営コンサル会社株式会社JAC、荻原会計事務所にて、税務顧問・経営指導・資本政策及び融資支援・助成金支援業務に従事
2003年〜現在 一之瀬税務会計事務所設立。所長就任。現職
ベンチャー企業、中小企業から外資系企業、大手企業など多岐にわたるクライアントの成長ステージに合わせた支援や、多くのJリーガーなどアスリートの税務・法務・資産形成のサポートを行う会計事務所の代表を務めている
2005年〜2007年 様々な業種業態の経営に関与する機会が多い税理士の仕事を通じて、店頭情報の可視化の重要性に気付き、商店街の人々とリアル店舗のマーケティング勉強会を主宰
2007年〜現在 勉強会が法人化する形で、マーケティング支援会社株式会社ipocaを設立 同社代表取締役社長就任。現職

  •  DAY1 14:30
  •  ONLINE

SESSION

ウィズコロナ時代の位置情報ビッグデータ活用展望

 

コロプラおでかけ研究所は2011年の設立以降、これまで200以上の行政・自治体の調査事業の受託を通じて、位置情報ビッグデータの地域活用を推進してきました。いま新型コロナ感染拡大により、特に観光・交通・小売業界は新たな生活様式への対応が迫られています。そうした状況下において、今後位置情報ビッグデータをどのように活用していけばよいのか、コロプラおでかけ研究所の最新の取り組みを踏まえてお話します。株式会社コロプラ おでかけ研究所 事業室長酒井 幸輝 氏 – Sakai Kouki –インターネット広告業界におけるバックオフィス業務経験を経て、2010年2月にコロプラに入社。運営サービスのデータ分析やマーケティング業務の傍ら、位置情報ビッグデータを活用した新規事業の立上げを推進。その後、位置情報ビッグデータ活用事業の担当事業室長として、観光や街づくりにおける位置情報ビッグデータの活用啓蒙・コンサルティング活動を行っている。経営管理修士(専門職)。
観光庁・広域周遊観光促進のための専門家登録(2018年、2019年)
観光庁・インバウンドの地方誘客促進のための専門家登録(2020年)

  •  DAY1 15:00
  •  ONLINE

SESSION

位置情報の活用とモバイルチケットから始まる「日本再興」

コロナ禍において、ユーザ様の心理的な不安の解消を目的とし、地図ベースで密集度を可視化できる「混雑マップ」という新しいサービスの提供を開始した。一方、アフターコロナを見据え、ユーザ様へ「知られざる日本の素晴らしい体験」を弊社サービスから情報提供し、日本再興へ繋げていく構想も語る。

 

ジョルダン株式会社 
執行役員 戦略企画部長
佐藤 博志 氏 – Sato Hiroshi –早稲田大学大学院(情報理工学)修了後、株式会社東芝に入社。
ノートパソコン部門の商品統括部にて、限界利益の集計分析、部材調整、利益調整、海外現地法人との販売戦略策定、Intel社との渉外等に携わる。
ジョルダン株式会社に入社後、戦略企画部長として、乗換案内アプリのUI/UXの企画立案、MaaS(Mobility as a Service)の事業企画立案、音声認識や人工知能を活用した新サービス企画等に携わる。

 

ジョルダン株式会社 
執行役員 法人本部長
結川 昌憲 氏 – Yuikawa Masanori –2013年7月、ジョルダン株式会社へ入社。
特命プロジェクト部長を経て法人本部長として、乗換案内を核とした法人事業全般の営業責任者として事業を統括。
多言語乗換案内ソリューション「乗換案内Visit」や公共交通事業者向けパッケージソリューション「MovEasy」などの新規企画/開発を推進し、羽田空港、関西国際空港や関西私鉄大手電鉄/バス会社への多言語経路検索での導入及び実績を獲得。
現在はMaaS関連における事業立案及び大手交通事業者を中心に新規ビジネスを展開。
1968年7月、福井県生まれ。

 

ジョルダン株式会社 
執行役員 研究開発部長
平井 秀和 氏 – Hirai Hidekazu –2014年7月、ジョルダン株式会社に入社。
研究開発部長として、地図・徒歩ナビゲーションサービスの開発に着手。
2016年4月、地図を軸としたコンセプトアプリ「行き方案内」サービスを開始。
2018年10月、「乗換案内」に地図・徒歩ナビを搭載し、本格的にサービスを開始。
現在、MaaS関連の新たなサービスの企画・開発に取り組んでいる。
1970年6月、長崎県生まれ。

  •  DAY1 15:30
  •  ONLINE

SESSION

ゼンリンデータを活用したWEB広告ソリューションについて

 

ゼンリンマーケティングソリューションズは、分析からクリエイティブ制作、発送(リーチ)まで企業のプロモーション活動をワンストップでソリューションサービス致します。ゼンリン地図データを活用し、エリア統計やピンポイントで建物データでセグメントを行い、ポスティングや新聞折込のオフライン広告から、DSP/SNS広告などのオンライン広告までのサービスについてご紹介いたします。株式会社ゼンリンマーケティングソリューションズ取締役 クリエイティブ本部 本部長横田 渉 氏 – Yokota Wataru –現在の会社の前進である株式会社JPS入社後、営業として、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社・合同会社西友・am/pmジャパン・出光興産株式会社・株式会社カーブスジャパンなどを始めとした多くの小売流通・サービス業や消費財メーカーなど企業のGIS導入・構築・運用についてのコンサルティング業務に従事。また、製品・サービス開発についてもプロジェクトリーダーとして担当し、”マケプラ”(MarketPlatform)のサービスリリースを行う。2016年にJPSは株式会社ゼンリンの100%子会社となり、新会社株式会社ゼンリンジオインテリジェンスの取締役に就任。2019年に同社代表取締役社長へ就任。2020年株式会社ゼンリンマーケティングソリューションズ取締役へ就任。現在に至る。

  •  DAY1 16:00
  •  ONLINE

SESSION

TITLE Coming Soon

 

講演内容 Coming Soon
シスコシステムズ合同会社 クラウドネットワーキンググループ
プロダクトセールススペシャリスト
青木 亮二 氏 – Aoki Ryoji –外資系PC/サーバメーカー、ストレージメーカーを経て、2015年にシスコシステムズに入社。今まで培ったITインフラの知見を活かし、ネットワーク製品の販売及び、ビジネス開発に従事。2019年よりCisco Meraki製品担当となり、大手家電量販店、ファミリーレストラン、アパレル企業など、リテール業界に対し、Merakiを活用した付加価値提案を実施中。

  •  DAY1 16:30
  •  ONLINE

SESSION

TITLE Coming Soon

 

講演内容 Coming Soon
株式会社リージョナルマーケティング
業務・管理ユニット システムチーム チームリーダー
成澤 公彦 – Narisawa Kimihiko –2007年 サッポロドラッグストアー入社 システム部配属
2016年 輻輳等が発生していた基幹セグメントネットワークをフル革新。
2017年 株式会社リージョナルマーケティング着任。
2018年 サッポロドラッグストアーにて爆発的に増える通信を可視化し問題解決が可能な
柔軟なネットワーク構築可能な「Cisco Meraki」シリーズを導入。
2020年 株式会社リージョナルマーケティング イベント来場ポイントアプリ実証実験開始。
今後、位置情報でサポーターと加盟店の絆を強化するべく奮闘中。

  •  DAY1 17:00
  •  ONLINE

SESSION

TITLE COMINGSOON

 

講演内容Coming Soonパイオニア株式会社モビリティサービスカンパニー, Chief Digital Officer石戸 亮 氏 – Ishido Ryo –プラットフォームとマーケティングを起点に企業の課題解決や組織の立ち上げ、マネジメントを約15年従事。 学生時代に累計30万部のフリーペーパービジネスを主宰し、サイバーエージェントへ入社。グループ企業2社の取締役として経営に携わった後、Googleへ入社し、データを活用した統合マーケティング支援や、世界中のGoogleオフィスと協業。2016年からイスラエル創業のマーケティング・インテリジェンス企業DatoramaでSaaSを提供。2018年SalesforceによるDatorama買収によりPMIをリード。現職にてビジネスとオペレーションの両輪の加速をすることがミッション。趣味はキャンプ。

  •  DAY1 17:30
  •  ONLINE

SESSION

安全安心と未来の自動運転社会を牽引する時空間情報基盤の構築

 

スマートフォンのGPS情報やWiFi/人流センサなどの活用により、大量の人流データが容易に取得できるようになりました。コロナ禍での人流情報の分析で示されたように、これらのデータの活用により、災害等発生時の現状把握に加え、マーケティング施策の効果測定や、将来予測により、安全安心やにぎわいの創出が可能になります。本講演では、名古屋大学で進めている時空間情報の可視化・分析基盤を紹介します。

名古屋大学 未来社会創造機構 教授・博士(工学)
河口 信夫 氏 – Kawaguchi Nobuo –岐阜県生まれ。
名古屋大学工学研究科博士課程後期課程情報工学専攻満了。
名古屋大学工学研究科助手、講師、助教授等を経て、2009年より名古屋大学大学院工学研究科 教授。
2014年より現職。
モビリティ社会研究所 モビリティサービス研究部門長 ティアフォー自動運転デザインセンター センター長。
著書に「情報処理大辞典」(分担、オーム社)など。 NPO法人位置情報サービス研究機構(Lisra) に加え、自動運転ベンチャー 株式会社ティアフォーを設立。

  •  DAY2 13:00
  •  ONLINE

SESSION

コロナ禍における世界のロケーションベースドサービス(仮)

 

Location Based Marketing Associationは、26のChapter(支部)と1,600社の会員を持ち、位置情報を活用したマーケティングやサービス施策の促進を目的とする事業者団体。コロナ禍において、世界各国のロケーションベースドマーケティング・サービスを取り巻く環境がどう変化し、実践してきたかを紹介します。カナダとオンライン中継を用いてLBMA PresidentのAsif Khanさんから、最新の海外位置情報データ活用事例についての講演をお届けします。LBMA President/Founder
一般社団法人LBMA Japan会長
Asif Khan 氏テック系スタートアップのベテランであり、20年以上のテックイノベーションの経験を持つマーケティング起業家でもあります。現在は、コンサルタント、教育者、講演者として、ロケーションベースマーケティングサービスのコミュニティで活躍しています。2009年には、ロケーションベースマーケティングアソシエーション(LBMA https://www.thelbma.com) を設立し、現在ではロケーションベースサービス市場におけるベストプラクティスと研究のための世界的な事業者団体となっています。ロレアル、バーガーキング、コカコーラなどのブランドと仕事をしてきました。

  •  DAY2 13:30
  •  ONLINE

SESSION

LBMA Japanと「デバイスロケーションデータ」(仮)

2019年10月に発足したLBMA Japan Chapterは、2020年2月に一般社団法人となり、現在では、日本国内25社の会員企業を持つ団体に発展。ロケーションマーケティング・サービス推進のために、精力的に活動を展開しています。
2020年6月に、事業独自ガイドライン、位置情報等の「デバイスロケーションデータ」利活用に関するガイドラインを発表。今回の講演では、このガイドラインの概要説明および、今後の業界推進の展望をお話します。

 

一般社団法人LBMA Japan 代表理事
Pinmicro株式会社 取締役CRO
株式会社リバーアイル代表取締役
川島 邦之 氏 – Kawashima Kuni –ベンチャー領域に於ける事業開発・経営を歴任。専門分野は、B-B-Cサービスにおける要件定義、事業開発、屋内センシング技術活用DX、位置情報データの活用・流通。
一般社団法人LBMA Japan (https://www.lbmajapan.com) 代表理事

 

一般社団法人LBMA Japan ガイドライン委員会
主任編集委員
山下 大介 氏 – Yamashita Daisuke –

  •  DAY2 14:00
  •  ONLINE

SESSION

位置情報の使い方が分かる!ブログウォッチャーの最新テクノロジーと活用事例

 

ブログウォッチャーの最新のテクノロジーを活用した位置情報データの取得・集計・解析技術の紹介と集客施策への活用事例をご紹介します。
株式会社ブログウォッチャー・プロファイルパスポート事業部
プロダクトグループ・データサイエンティスト
中村 拓 – Nakamura Taku –2019年にリクルート入社兼ブログウォッチャー着任。
データサイエンティストとして、位置情報やWi-Fi情報を用いたデータ解析ロジックの開発や、データ収集&処理基盤の構築などを行う。

  •  DAY2 14:30
  •  ONLINE

SESSION

Using geospatial data for business insights in a post-COVID world

 

Mobile location data and satellite imagery analysis are increasingly being integrated into companies for near-realtime business insights. In the post-COVID-19 environment with business travel on hold, it is more important than ever to have visibility and access to data quickly. Orbital Insight is a geospatial analytics company that helps organizations understand what’s happening on and to the Earth. In this session, we will share more on how we are using machine learning to transform multiple sources of geospatial data into objective answers to questions about topics such as supply chains and real estate.
Orbital Insight アジア太平洋地域 セールスディレクター
Mike KimMike is a business executive, consultant, author, and public speaker based in San Francisco. He is passionate about applying technology to problems and needs of businesses and organizations. At Orbital Insight as Director of Sales APAC & General Manager Japan Mike leads the APAC region and the growing Japan business. Orbital Insight is a leading silicon valley geospatial analytics company, funded by Sequoia Capital and Google Ventures.
Previously, Mike was a founding enterprise sales and business development team member at Dialpad (Google Ventures, Andreessen Horowitz), a cloud-based unified communications technology company where he helped grow the US and international business.
Prior to Dialpad, Mike joined Keith Ferrazzi (CMO of Deloitte and Starwood Hotels and author of “Never Eat Alone”) as a Managing Director at Ferrazzi Greenlight, where he helped lead the management consulting firm providing professional services to Fortune 500 companies.
Mike has roots at Deloitte Consulting where he was one of the leads for the Palantir relationship and oversaw analytics projects using Palantir capabilities. At the firm, he founded and grew a new Deloitte business applying technology and analytics to social issues such as anti-human trafficking and human rights.
He’s passionate about applying technology to solve some of today’s global challenges and issues. Prior to his business career, he volunteered for 4-years at the China-North Korea border helping North Koreans escape via a 6,000 mile modern-day underground railroad. Mike is an author (of the Wall Street Journal featured book “Escaping North Korea”) and public speaker. Mike speaks to audiences worldwide, including a variety of companies, universities, and government organizations on five continents. His work has been featured in the media by media groups such as CNN, BBC, Fox News, and Reuters. He was a Council on Foreign Relations term member from 2010-2014.

  •  DAY2 16:30
  •  ONLINE

SESSION

大規模な人の流れの計測とシミュレーションによる人流解析

 

講演内容 Coming Soon
産業技術総合研究所・人工知能研究センター・社会知能研究チーム長
大西 正輝 氏 – Onishi Masaki –産業技術総合研究所・人工知能研究センター・社会知能研究チーム長
大規模な群集の流れの計測,モデル化,シミュレーション,最適化に関する研究に従事。 博士(工学)、 筑波大学システム情報系准教授(連携大学院)、北陸先端科学技術大学院大学客員准教授

  •  DAY2 17:00
  •  ONLINE

SESSION

オンオフ統合分析のトレンド

 

最新のオンオフ統合分析の事例
株式会社サイカ
代表取締役CEO
平尾 喜昭 氏 – Hirao Yoshiaki –慶応義塾大学在学時、経済政策を専攻し、計量経済の文脈で統計分析を学ぶ。父親の勤めていた会社が、経営者の“経験や勘“のみに頼って倒産してしまったという原体験から、統計分析に深い価値を感じ、その民主化を志して2012年に株式会社サイカを創業。
なお、12歳から24歳までは音楽に身を捧げていたというユニークなバックグラウンドも持つ。

More・・・



人流データ×自治体GISオンラインセミナー

https://www.kokuchpro.com/event/6fa83fe642db98156eb90c86b262fd5b/?fbclid=IwAR0d1sOx7xltskE8ugz6MKhcnn2xKrbIBl3Uhk_WtAPafdSweNNH8AyXivk


2020年7月15日(水) 19:00〜21:00

人流データ×自治体GISオンラインセミナー

台帳上の住民ではなく、リアルな住民の生活を捉えよう!

イベント形態オンライン
WebセミナーZoom
料金制度無料イベント
ジャンル
IT 
> 
事務局一般社団法人地理情報システム学会 自治体分科会    お問合せ※当イベントは上記の事務局によって企画・運営されており、(株)ライブアウトは関与しておりません

イベント詳細

★満員御礼 定員に達しました★

本セミナーは、主に自治体職員に、人流データとは何かを知ってもらうとともに、地理情報システムを使い、人流データを行政事務の中で、どのように活用できるかを学ぶことを目的とするセミナーです。

セミナー内容

  1. セッション「人流データとは何か?!」
    人流データの概要と活用事例にについてなどについて、ご講演いただきます。
    スピーカー 株式会社Agoop
  2. GISデモ
    人流データをGISに取り込み、行政データとの空間分析等のデモをお見せします。
    プレーヤー Civic Tech団体URA-CIMA
  3. グループワーク
    Zoomブレイクアウトルーム機能を使い、グループに分かれて、グループワークを行います。

*セミナーは、21時に終了しますが、その後30分程度「懇親会・質問コーナー」を設ける予定です。



開催場所

オンライン


お申込み




Esri ユーザー会(Esri UC 2020)

https://www.esrij.com/events/uc/uc2020/summary/


2020 年 7 月 13 日(月)~ 15 日(水)、世界最大の GIS イベント「Esri ユーザー会」が、新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受けまして、今年はオンラインにて開催されます。例年、世界各国から 17,000 名以上の Esri 製品ユーザーが米国カリフォルニア州サンディエゴ市で一堂に会する本イベントは、様々な分野のプロジェクトや研究で培った経験とノウハウを共有し、意見交換する場として活用されています。会期中は、米国 Esri 社社長 ジャック・デンジャモンドによるプレナリーセッションや、ゲストスピーカーによる基調講演がライブストリーミングで配信される他、テクニカルワークショップや各分野のユーザーによる事例発表、マップギャラリー、ユーザー同士や Esri スタッフとの交流などがオンライン上で開催されます。

開催概要

会期

Esri User Conference (Esri UC)
2020 年 7 月 13 日(月)~ 15 日(水)

プレナリーセッション開催時間
米国太平洋時間 13 日(月)10 時 ~ 12 時(日本時間 14 日 2 時~ 4 時)
米国太平洋時間 14 日(火)10 時 ~ 11 時(日本時間 15 日 2 時~ 3 時)
米国太平洋時間 15 日(水)10 時 ~ 11 時(日本時間 16 日 2 時~ 3 時)

ポストカンファレンスセミナー(技術系セミナー)
2020 年 7 月 16日(木)~ 17 日(金)

日本語資料 Esri UC 2020 概要 [PDF 634KB]

参加形式オンライン
参加費
  • プレナリーセッション:無料(事前登録制)
  • テクニカルワークショップ・ユーザー事例発表:無料
    (事前登録制、要ライセンス契約)
    ※組織内での人数制限はございません。
  • ポストカンファレンスセミナー:有償(事前登録制)
主催米国 Esri 社
参加登録
方法

Esri UC 公式ホームページよりオンラインでお申込下さい。

登録時に以下ご希望の項目をお選びください。

  • All access:保守契約が有効のライセンス、
    または有効なサブスクリプションライセンスをお持ちのお客様がご参加いただけます。
  • Student access:学生証の提示が必要です。展示(Expo/Showcase)には参加できません。
  • Plenary Session access only:どなたでもご参加いただけます。
  • 日本語資料 Esri UC 2020 参加登録方法 [PDF 798KB]

    ※登録には Esri アカウントが必要です。
    ※競合製品および類似製品をお取り扱いのご担当者様の参加はご遠慮ください。

主な
プログラム
  • 基調講演(プレナリー)
  • テクニカルワークショップ
  • ユーザー事例発表
  • マップギャラリー
  • 企業展示 他
既に参加登録済のお客様4月22日以前に登録された方は自動的に参加形式が変更されますので、再度のお申し込みは不要です。参加登録料は全額返金されます。
備考

Esriユーザー会は以下の Web ブラウザー環境にてご参加いただけます

  • Google Chrome 45 以上
  • Mozilla Firefox 49 以上
  • Safari 10 以上
  • Microsoft Edge 15 以上

アプリやプラグインなどのインストールは必要ございません。
なお、Internet Explorer 11 はサポート対象外ですのでご了承ください。


基調講演視聴会

この度、日本のお客様向けに日本語吹替えで基調講演をご覧いただく視聴会を開催いたします。この機会にぜひご参加ください。

 

名称Esri ユーザー会 基調講演 視聴会
日時

Part 1:2020 年 7 月 14 日(火) 16 時 00 分 ~ 18 時 20 分
Part 2:2020 年 7 月 15 日(水) 16 時 00 分 ~ 17 時 20 分
Part 3:2020 年 7 月 16 日(木) 16 時 00 分 ~ 17 時 20 分

形式オンライン(Zoom 利用予定)
内容
参加登録本視聴会にご参加いただくためには、米国 Esri 社の公式ホームページより
Esri ユーザー会にご登録いただく必要がございます。
ご登録いただいた方には、視聴会の当日に視聴用の URL をお送りいたします。

なお、視聴会に参加ご希望の方は 7 月 10 日(金)17 時まで
米国 Esri 社の公式ホームページよりご登録ください。
ESRI ジャパンにて参加登録を確認の上、個別に視聴用 URL をお送りします。

参加登録方法および参加要件はこちら

お問い合わせ

参加登録方法についてご不明な点がございましたら、
貴社担当営業または下記メールアドレスまでご連絡ください。
登録がうまく進まない場合は、エラー表示等のスクリーンショットを
添えていただけると幸いです。

Esriユーザー会窓口
mailto:esri-uc-support@esrij.com

また、10 日 17 時までにご参加登録いただいたにも関わらず、
各開催日当日 13 時 30 分までに視聴用 URL のメールが弊社から届かない場合は、
お手数ですがこちらのフォームよりお問い合わせください。

備考

吹替え版のオンデマンド配信はございません。予めご了承ください。
Part 1、Part 2、Part 3 の日本語要約文をご提供する予定です。

基調講演は、日本時間の深夜に米国からライブストリーミングで配信され、
終了の約 2 時間後にはオンデマンドで視聴いただける予定です(要参加登録)。

JpGU-AGU Joint Meeting 2020オンライン開催

www.jpgu.org/meeting_j2020/topnews/20200506.html

メールニュースや大会ウェブサイトでもお知らせしました通り,JpGU-AGU Joint Meeting 2020 オンライン大会は,会期を7月12日~16日に延期して開催いたします.

大会運営委員会では,様々な視点から検討を重ね,2020年のオンライン大会を下記の方式で行うこととしました.オンライン大会はJpGUにとって初めての試みとなりますが,多くのみなさまにとって魅力的な内容をご提供できるよう,努力を続けてまいりますので,引き続きご理解とご協力のほど,よろしくお願いいたします.

要点


【開催方式】
現在公開していますJpGU-AGU Joint Meeting 2020 の暫定プログラムを以下のように変更して実施します:

・開催日は7月12日(日)~16日(木)の5日間とします.
・レギュラーセッションのすべての口頭及びポスター発表については,画像やテキストに加え動画や音声の組み込みや双方向コミュニケーションツールの併用も可能なiPosterを採用します.
・各レギュラーセッションにおいて,Discussion Forum Session (DFS)を午前中に開催しライブ配信します.なお,開催曜日は当初プログラムから変更ありません.
・パブリックセッション・ユニオンセッションの一部や,ランチタイムセミナー等の各イベントについては,セッションの希望や実施可能性に応じてライブ配信することを検討しています.

【発表資料取扱ポリシー(AGU規則に準じる)】
発表資料(動画・音声を除く)は,発表者が拒否した場合を除き,参加者によるスクリーンショットやダウンロード等を可能とします.ただし,発表者の承諾なしにそれらの他への公開・配布を禁止します.また,その取り扱いには研究者倫理を遵守することを求めます.

【参加登録料】
※税込金額
 
会員割引料金(JpGU正会員,AGU会員,AOGS会員,EGU会員)正規料金 ※割引無し(大会参加ID)
一般14,300\23,100
小中高教員/大学院生\7,700\14,300
シニア(正会員のみ)*1\7,700-
学部生以下無料
*1 EGU・AOGS会員はシニアの区分はありませんので,一般料金となります.

※大会IDにはシニア区分はありません.
※パブリック(一般公開)セッションのみの参加は無料です.

【各種申請のお知らせ】
参加登録申請,追加発表投稿,発表取り下げ申請について近日中に受け付け開始予定です.詳細はもうしばらくお待ちください.

【アンケート集計結果公表】
先日実施しました会員向けアンケートへのご協力どうもありがとうございました.集計結果を公表いたします.
こちらからご確認ください.

各要点の概略


1.開催方式概要
口頭発表・ポスター発表いずれにおいても発表者・聴講者の双方向議論が可能な方式が多く望まれているという会員アンケート結果(下記5.参照)を踏まえ,あらゆる角度から検討しました.その結果,現在の状況において実現可能な中でベストと考える以下の方式で開催します.

〇iPosterツールについて
オンライン開催にはネットワーク環境等の不具合が生じるといった特有のリスクがあります.その場合にも,口頭も含めすべての通常発表をオンラインポスター発表とすることで,研究成果発表の機会を確保することを優先しま した.オンラインポスター発表においては,双方向議論の可能性を広げる方式として,iPoster方式を採用しました.iPosterは動画や音声ファイルの貼り付けが可能であり,コミュニケーションツール(email やチャット機能など)も備えています.
動画をみる ※動画の後半参照

口頭発表の要素も取り入れることが可能であり,当初口頭発表を希望されていた方にも最大限満足していただけるかと考えます.作成する様子の例は下記URLでご紹介しております.また,少なくとも大会期間中は常に掲示・閲覧可能です.なお,原則としてiPosterの公開が確認された発表に対し,ご希望に応じて発表証明を発行します.

iPoster 作成の様子 :
[日本語]
動画1 動画2

[英語]
動画1

〇DFSについて
DFSとは,各セッションに対し45分間ないし90分間の時間を割り当て,発表者・参加者の口頭によるリアルタイムの交流の場を提供する新しい試みです.
オンラインポスター発表によって研究成果発表が確保されているので,DFSを用いてセッションコンビーナは各セッションにおける学問の発展・交流に際し柔軟に対応していただければと考えます.
例えば,短時間の発表紹介やパネルディスカッションなど,セッションコンビーナの裁量で決めていただければと考えます.DFSへの参加は,大会参加者であればどなたでも可能です.詳細はこちらをご覧ください.

ライブ配信方式は,原則としてZoom meetingの使用を予定します.パブリックセッションなど公共性の高いセッションについてはZoom WebinarやYouTube等による配信も現在検討しています.

各セッションコンビーナの皆さまには,発表予定者をはじめ参加者の皆さんのご意向に可能な限り沿う方向で,DFS 開催の意向等についてご検討いただくことになります.コンビーナの皆さまのご意向を反映して最終的に決定します詳細な開催方式については,改めてお知らせいたします.

2.発表資料取扱ポリシー(AGU規則に準じる)
JpGU-AGU Joint Meeting 2020のオンライン学術大会(以下,大会と呼びます)における,講演・ポスター資料等の取り扱いに関する基本原則は下記よりご確認ください.
研究発表の講演・ポスターや各種レクチャーや会合などイベントにおいて聴衆へ提示されるスライド,映像,音声などの各種資料を対象とします.

3.参加登録料
先日お伝えしましたとおり,参加登録料は現地大会の「1日券」(早期参加登録料金)相当の金額として設定しました.

4.各種申請のお知らせ
参加登録申請:すでに登録いただいていた方(登録料の返金手続きを行いました)も含め,JpGU-AGU Joint Meeting 2020: Virtualに参加いただく皆さんには参加登録をお願いする次第です.申請開始期日については後日お知らせします.

追加発表投稿:追加発表の投稿も受け付けます(申請開始期日は後日お知らせします).ただし,原則として既存のセッションへ投稿していただくことになり,当該セッションコンビーナによりその採否が決定されます.

発表取り下げ申請:上記のような開催方式を提案しますが,発表の取り下げを希望される方は,後日お知らせする期日までに「取り下げ申請」をお願いします.なお,以前にもお知らせしたとおり,投稿料の返金は致しかねますのであらかじめご了承ください.

5.会員アンケート集計結果
4月15日付ニュースレターおよび大会ウェブサイトにおいてもアンケート結果の概要をお伝えしましたが,ここにその集計結果を改めて掲載します.また,自由記述においても,貴重なご意見を頂戴し,オンライン開催を計画す るうえで大いに参考になりました.ご協力いただいた皆さまには改めて御礼申し上げます.
アンケート結果を見る


【オンライン】kintone × 地図 × Customine で広がる kintone 活用術!!

https://r3it.doorkeeper.jp/events/107713?fbclid=IwAR0dZ89mmpYPu_Dj-enD2R7yUPU1inlhbMzlqUT7f2I0P2KBPYRT1_5McMc

概要

「地図」☓「IT」で仕事のやり方を変革する あっとクリエーション と、
kintoneを活用したシステム開発で多数の実績を持つ アールスリーインスティテュート 
kintoneを更に有効活用できる術をお話しします!!

kintoneと地図(カンタンマップ)を組み合わせると、kintoneの価値が大きく変わります!
更に gusuku Customine を組み合わせる事で、kintoneに+αの価値が!!

個性あふれる取り組みを行っている2社が、kintoneを更に活用する方法を、事例を交えてお話しさせて頂きます。
是非ご覧下さい(^^)

参加方法

  • 当日はYouTube Liveによるリアルタイム配信を行います。
  • 日程が近づいてまいりましたら、アクセス先のURLをご案内します。
  • お申込みいただいた方はイベントページをご覧いただいてもアクセス先のURLが表示されます。

タイムテーブル

時間タイトルスピーカー
16:00〜16:05ウェビナーの説明
16:05〜16:25gusuku Customineでkintoneに+αの価値をアールスリーインスティテュート 浅賀 功次
16:25〜16:50kintoneのデータを地図と連携させると何が出来るの?あっとクリエーション 黒木 紀男
16:50〜17:00質問タイム
Slidoで質問を受け付けます。

あっとクリエーション株式会社

https://www.at-creation.co.jp/

アールスリーインスティテュート

https://www.r3it.com/

その他アールスリーのウェビナー開催情報

https://www.r3it.com/seminarevent




ArcGIS 最新画像ソリューション ウェビナー

https://www.esrij.com/events/details/126807/

画像データを活用した ArcGIS の最新ソリューションについてご紹介するセミナーを開催いたします。
ESRI にて提供する画像製品全般のポートフォリオと具体的な事例および活用方法を交えてご紹介いたします。
また、具体的な製品として画像の取り扱いに特化したエクステンション製品【ArcGIS Image Analyst】
オルソモザイクや3Dメッシュを可能とする【Drone2Map for ArcGIS】
などの製品も含めてご紹介させていただきます。

画像データは、GISにおいても重要なデータの一つであり、様々な分野の業務にて活躍が期待されます。
本セミナーが皆様の業務におけるGIS活用のヒントとなれば幸いです。

概要

日 時2020 年 5 月 25 日(月) 15 時 00 分 ~ 16 時 00 分
会 場ウェビナー(オンライン)形式
参加費無料・事前登録制

※競合製品、及び類似製品の事業に携わっておられる方の参加はご遠慮ください。

 

プログラム

  • 画像プラットフォームとしてのArcGIS
  • 画像データ処理専用のエクステンション「Image Analyst」のご紹介
  • 新たなDroneデータ処理製品「Drone Collection」についてのご紹介
  • 画像データ活用ソリューションと事例のご紹介

※競合製品、及び類似製品の事業に携わっておられる方の参加はご遠慮ください。



オンライン 「正しく恐れる」って難しい – インフォデミックを起こさないために私たちが出来ること

https://2020online.078kobe.jp/events/13781/?fbclid=IwAR2dbEnrXR_Xeg4nlOhwT_iw1fI66Lq5_lL5P4BPM_l5HkvjkRgzgNHl3Ck

「正しく恐れる」って難しい – インフォデミックを起こさないために私たちが出来ること

開催概要

「正しく恐れる」

今のコロナ禍でもこのような言葉を聞く機会が多くなったかと思います。
実はこの言葉には続きがありました。

「正しく恐れる」ことは難しい

阪神大震災の時、神戸の街が一体どうなってしまったのか?どこで救援物資が貰えるのか?どこに行けばお風呂に入れるのか?ガスはいつから使えるようになるのか?友達はどこに避難したんだろう?おばあちゃんの家に行く道路は通れるのか?

そんな疑問や不安がたくさんだった震災から25年
今ではパソコンやスマートフォンなど、様々な情報受信/発信機器に囲まれていて、受け取めきれない程の情報を得ることができます。

そのお陰で遠く離れた人とも繋がる事ができ、とっても安心できます。
日常を過ごすのに必要な情報も得る事ができます、周りにいる大切な人にも伝えたくなります。
でも…「その情報は本当に正しい情報のか」と考えた事はありますか?

「この情報をどうやって伝えよう」「どうやってこの情報を得よう」
そう考えていた阪神大震災から25年経った今、当たり前にあふれる情報とどう向き合えば良いのか。

阪神淡路大震災時に長田区役所で寝泊まりしながら情報ボランティアを行い、その活動をきっかけに災害対応に関する研究者に転身された畑山さんと、スマホのない阪神淡路大震災時にビデオカメラを持って被害状況を記録し続け、今もなおコロナ対策データ可視化に取り組む松崎さん。

このお2人を先生としてお迎えし、私たちが「正しく恐れる」にはどうしたら良いのかを学ぶ時間にしたいと思います。

閲覧方法

・Facebook Live (078KOBEオフィシャル)
https://www.facebook.com/078kobe/
・YouTubeチャンネル「078TV」
https://www.youtube.com/078kobe

時間になりましたら配信が開始致します。

・参加無料
・当日参加OK
・Peatixでの事前登録により登壇者への質問受付中です
・Facebook Live / YouTube Liveでの配信中の当日のコメントも受付ます

出演者

畑山 満則

畑山 満則

畑山 満則(hatayama michinori)
京都大学 防災研究所 教授

阪神・淡路大震災時に長田区役所にて倒壊家屋解体撤去受付システムを開発し、支援活動を行いました。以降、ICTを積極的に活用した新しい災害対応や危機管理に関する研究に取り組んでいます。東日本大震災以降は、災害支援団体IT DART(情報支援レスキュー隊)に設立から参加し、熊本地震、西日本豪雨災害などで被災地にて行政やボランティアに対する支援活動を行っています。

「被災地からの情報発信」と「求められる支援」をリンクさせるIT DARTの取り組み

https://www.facebook.com/michinori.hatayama

松崎 太亮

松崎 太亮

松崎 太亮(matsuzaki taisuke)
神戸市 スマートシティ担当課長

神戸市企画調整局スマートシティ担当課長、内閣官房IT総合戦略室オープンデータ伝道師、総務省地域情報化アドバイザー、神戸学院大学客員教授、Ph.D(応用情報科学)

広報マンが撮りづけた震災映像 炎の中で叫んだ思いは

佐合 純[モデレーター]

佐合 純[モデレーター]

佐合 純(Sago Jun)
iC株式会社 代表取締役

ポートアイランド生まれ、ポートアイランド育ち。
起業を機に神戸に関わる事をしたいと思い、「TEDxKobe」や「078KOBE」の活動に参加。座右の銘は『楽しい仲間と踊れる音楽と美味しいお酒のある人生』

...と この通り何のスペシャリストでも研究家でもありません。今回改めて阪神大震災を振り返りながら、今この状況の中で「私には何が出来るんだろう?」というモヤモヤを。私なりの言葉で質問してお2人から色々と学びや気づきを得たいと思います。

https://www.facebook.com/sagojun

舟橋 健雄[モデレーター]

舟橋 健雄[モデレーター]

舟橋 健雄(FUNAHASHI TAKEO)
078実行委員会 Interactive部門 企画統括
TEDxKobe(テデックスコウベ) ファウンダー兼オーガナイザー
(株)神戸デジタル・ラボ マーケティング室長

1975年神戸市生まれ。
1995年の阪神・淡路大震災後、 大学の仲間と情報ボランティア活動を実施。
その後、 仲間とNPOを立ち上げるなど、 神戸のNGO/NPOの草分けとして活動。
2001年より京都のシンクタンク(株)シー・ディー・アイにて研究員として従事。
2005年より神戸のITベンダー(株)神戸デジタル・ラボに入社。
企画・営業・総務・社長室・広報・マーケティングなどの業務を担当。
2010年より「オープンソースカンファレンス神戸」、 2011年より「神戸ITフェスティバル」を立上げ、 一企業を超えた地域の有志たちとITによる神戸の活性化にチャレンジ。
2013年より「TEDxSannomiya」、 2014年より「TEDxKobe」のライセンスを取得し、 神戸にイノベーティブなコミュニティを醸成すべく活動。
また、2017年より「神戸ITフェスティバル」を発展的解消するかたちで、クロスメディアイベント「078」(ゼロ・ナナ・ハチ)を開始し、初代事務局長として携わり、その後もIT部門(Interactive部門)の責任者として関与。この活動も、神戸を世界の中で輝く魅力的な街にするとともに、人々が変化の時代によりクリエイティブに生きていくためのきっかけとなることを願って続けている。

https://www.facebook.com/takeo.funahashi/
https://twitter.com/funaken4u



2020年春季学術大会:公開講座GIS講習会

https://www.ajg.or.jp/meeting/2020spring/

日本地理学会2020年春季学術大会の開催中止について



期日 : 2020年3月27日(金)~29日(日)

※代議員会は26日(木)午後に予定

会場 : 駒澤大学

第11回GIS-Landslide研究集会および第7回高精細地形情報シンポジウム

https://gis-landslide.blogspot.com/2020/01/11gis-landslide.html?fbclid=IwAR29Y0aCUz6pQGAtRXyu0jx43HXXAjVogXAwDpVgDb4dT9zULKuZ3VU01SE

第11回GIS-Landslide研究集会(11th GLM)および第7回高精細地形情報シンポジウム(7th HDTS)の開催を延期いたします。


第11回GIS-Landslide研究集会(11th GLM)および第7回高精細地形情報シンポジウム(7th HDTS)を開催いたします。
主催:GIS-Landslide研究会、地形鮮明化プロジェクト
日時:2020(令和2年3月16日(月)10:00-17:00
場所防災科研 東京会議室 マークライト虎ノ門6階
11th GLM テーマ:令和元年の台風災害
7th HDTS テーマ:10年後の高精細地形情報
規模:70名程度
形式:口頭発表
研究集会・シンポジウムへの参加:参加費無料、申し込みは不要です
研究発表のエントリー:2020年2月14日(金)
研究発表の申し込み先:防災科研 内山(uchiyamaあっとbosai.go.jp)まで、タイトルと発表者をお知らせください


第24回GIS上級技術者教育講座 (通称:GISブラッシュアップ・セミナー) 2020年3月14日(土)が延期(来年度・日時未定)となりました

http://www.gisa-japan.org/regional_office/kansai/gisakentpbu/gisakentpbu24b.html

第24回GIS上級技術者教育講座

(通称:GISブラッシュアップ・セミナー)

2020年3月14日(土)が延期(来年度・日時未定)となりました

 この度,新型コロナウイルスの感染拡大にともない,先般ご案内差し上げておりました下記の講座「第24回上級技術者教育講座(GISブラッシュアップ・セミナー)」につきまして,延期(2020年度・日時未定)することといたしました。



 多くの皆様のご予定を調整頂いたにもかかわらず,このような結果となりましたこと誠に申し訳ありません。



 改めて状況をみながらご講演者と調整のうえご案内を差し上げたいと存じます。

 何卒ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。







↓以下 延期(来年度・日時未定)となりました↓



第24回 ◆風景の定量化と地域認識◆

  2020年3月14日(土)

   13時〜17時に予定していましたが延期となりました

  (大阪梅田:OIT梅田タワー2Fセミナー室)

  大阪市北区茶屋町1-45



【講師】瀧澤 重志 氏

 大阪市立大学大学院 教授

  「離散アルゴリズムと深層学習に基づく都市空間の類似性・様相のモデル化」



【技術報告】一氏 昭吉 氏

事務局 GIS上級技術者

  「遠隔地支援による津波防災マップ作成~逗子市新宿地区の事例から学んだこと」



【技術報告】田中 一成 氏

(事務局 大阪工業大学 教授)

  「子供たちの空間認知構造とハザードマップ」









GIS上級技術者教育講座開設の趣旨

 自らの実務に立脚した技術領域について十分な知識・経験・ノウハウを持つGIS上級技術者の既取得者や,取得を目指している社会人技術者を対象に,日常の実務では偏りがちな知見を「ブラッシュアップ」するための幅広い内容をカバーしたGIS教育を受ける機会創出を目的としています。

 本講座は,ネットワーク型のコミュニティとして徐々に確実に成長していくことを目指しています。

 現在,西日本・関西エリアで多数活躍・在住するGIS上級技術者資格取得者やGIS関連の研究者・教育者の力を結集したサスティナブルで幅広いGIS教育の場として,技術者相互のスキル向上と知的な交流促進を目指しています。多くの社会人技術者がこの新しいネットワークに参加することを期待しています。

【中止】奈良スタットイベントの開催について

http://www.pref.nara.jp/50893.htm?fbclid=IwAR0dARfwAdrfpleu-_cCJEkOeXGTOwEyvRYD1jQ1Mh6D94a63Ylnty1TYy4

奈良スタットイベントについて
【中止】奈良スタットイベントの開催について
令和元年2月26日追記:

新型コロナウイルスの感染防止対策のため、2月28日(金曜日)を予定していた本イベントは中止となりました。
参加をご検討頂いていた皆様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、どうぞご理解ご協力よろしく願い申し上げます。


 エビデンス(証拠)に基づく政策立案を推進している奈良県が、統計に親しむイベントを開催します。

●日 時  令和2年2月28日(金曜日) 14時00分~16時30分(開場:13時30分)

      ※前回延期のため日時および場所が変更となっております。

●場 所  奈良公園バスターミナル レクチャーホール(奈良県庁東隣)     

●内 容  ・基調講演

            「ビッグデータの活用とその将来性

             ~マイクロジオデータがもたらす新しい世界~」

             東京大学空間情報科学研究センター助教 秋山 祐樹 氏


      ・事例発表 (1)「ならのがん医療見える化推進事業」
                ~データに基づきがん対策を進めています~

                奈良県 福祉医療部医療政策局 疾病対策課
            (2)エビデンスに基づく教育の実現へ
                奈良市 教育委員会事務局 教育部学校教育課
            (3)広陵町の中小企業の生産性向上について

                広陵町 事業部 地域振興課

       →募集チラシ (pdf 1885KB)


●参加者  一般の方、県、市町村職員など約300名(うち一般の方は先着50名)


●申込〆切 令和2年2月26日(水曜日)まで


●申込方法 ・FAXで申込を希望される方は、任意の用紙に「奈良スタットイベント 参加申込み」   

       および、住所・名前・電話番号・FAX番号を記載のうえ、

       FAX:0742-27-0615(奈良県総務部知事公室統計分析課『奈良スタットイベント担    

       当』宛て)にお申し込みください。

      ・パソコンまたはスマートフォンをご利用の方は、専用申込サイト(こちら)より

       お申し込みください。

Geospatial Hackers Program 沖縄

https://ghp.connpass.com/event/158642/

Geospatial Hackers Program 沖縄
ブックマークする

主催 : 総務省

募集内容

Connpass受付枠

無料

先着順
5/50

イベントの説明

G空間ハッカーになろう!

多方面で注目を集める高需要スキル 「G空間技術」 をイチから学び、エンジニアも非エンジニアも地域課題の解決や新規ビジネス創出に活かせる力を手にいれる2日間の集中プログラムです。

※Geospatial Hackers Programは、総務省が主催するG空間人材の育成事業です。
※このイベントはConnpass上、またはGoogleフォームからのどちらからでもお申し込みが可能です。
 どちらか一つからお申し込みください。
参加のお申し込み
https://forms.gle/TxrpSteEypu5LgrX9

G空間社会とは?なぜ今注目されている?

「G空間社会」とは、乗り物の移動や人の行動といったさまざまなデータが、位置や時刻と紐付けられ、整備されて活用できるような社会のことで、「Geotechnology(地理空間情報技術)」の頭文字を取った新たな社会のあり方です。

G空間情報は、防災、交通、ゲーム、家電など、ありとあらゆる私たちの暮らしやサービスに密に関係し、より便利に、より面白く、より安全に、社会を多様で豊かにしていく可能性を秘めています。場所や位置の測位データは、そのままではただの「データ」でしかありませんが、私たちの生活における様々なサービスや製品や課題と結びつけることで、これまでにない新しい仕組みを生み出すことができます。例えばポケモンGO。例えば災害救助など。

このプログラムは、そんなG空間情報の最新動向から、ビジネスや課題解決に活かすための考え方、アイディア創出の方法、そして技術を学んで、実際にプロトタイプを作ってみるという、実践から学ぶスタイルのプログラムです。

GHPイメージ

プログラムに参加するとこんなことが学べます

  • G空間技術とはなにか
  • G空間に関する「今これがアツイ!」最新事例や研究内容
  • 地域課題(モビリティ)に関するインプット講義
  • 技術を応用したアイデアのつくりかた
  • プロトタイピングにつかえるAPIやデータセットの情報と扱い方
  • (初心者向け・参加自由)プログラミングが初めてでも作れる地図アプリ制作
  • その他動画教材による複数の技術アプローチ

こんな人にオススメのプログラムです

  • 注目の技術を学びたい!
  • G空間技術を利用したビジネス・起業・サービス開発に興味がある!
  • 社会課題の解決手段の一つとしてG空間技術を習得したい!
  • ポートフォリオとなるような成果を短期間で作りたい!
  • ハッカソンに参加してみたい!

※メンターが入り、分からないところも丁寧にメンタリングしますので、ハッカソンやプログラミング初心者でも安心してご参加いただけますが、初学者の方は、提示する教材による事前学習をしていただくことでよりスムーズに参加することができます。

実施テーマ

『モビリティ』
テーマの詳細は追って追記いたします。

参加によって得られるメリット

  • 仕事や社会活動に活かせるG空間技術を始めるきっかけになる!
  • アイデアを形にする技術を手に入れることができる!
  • 優秀チームには東京での発表の際の交通費・宿泊費を提供!
  • 短期間でモノを創る、ハッカソンを体験!

GHPイメージ2

昨年度参加者の声

  • 「プログラミングについて世界が広がりました」
  • 「知識や技術がなくても、集まり仲間を増やしながら、アイデアを具現化していくハッカソンをとても楽しめた」
  • 「参加後、高校情報教育における地理空間情報技術の活用方法を考えている」
  • 「プログラムに参加したことで、データや地理空間技術について自分の言葉で語れることが増えました」
  • 「社内コミュニティの中で、みちびきのデータ活用に取り組んでいます」

実施タイムライン(予定)

※タイムラインは変更になる可能性があります

[ 沖縄会場 ]

2020.2.22(Sat) - 23(Sun)
場所:Startup Lab Lagoon
沖縄県沖縄市中央1丁目7−8
アクセス地図 ※Google Mapが開きます

Day.1

時間内容
10:30開始・イントロ
10:40オープンデータを活用した地図アプリを作ってみよう(初学者向け/参加自由)
13:00午後の部開始(ここから全員参加)
13:30地理空間情報とは?
14:00使用できるデータやAPIなどを紹介
14:30モビリティに関するインプットセミナー
15:00アイデアソン
16:00チーム作り
17:00開発開始
22:00Day1終了

Day.2

時間内容
10:00開発再開
17:00発表会/参加者全員による投票・審査
18:00Day2終了

講師プロフィール

準備中

参加費

無料(会場までの交通費はご負担ください)

持参品

  • PC(必須!)
  • ご自身でハックしたいツールなど(持参自由)

お申込み方法

チームエントリー及び個人エントリーを受け付けています。

チームエントリーの場合、1チームは2名以上5名以下が原則です。
チームエントリーの場合は、代表者の方のみお申込みいただき、メンバー記入欄にチーム全員のお名前をご記入ください。
個人エントリーの方は、参加フォームで「個人参加」を選択してください。

お申し込み

このConnpassイベントページから申し込んでいただくか、下記のGoogleフォームからお申込みください。 https://forms.gle/TxrpSteEypu5LgrX9

参加同意書

事前に参加同意書をご一読いただいてから、参加のお申し込みをお願いいたします。
参加同意書はこちら

参加者用Slackワークスペース

参加者はこちらのSlackにて、事務局からの連絡や、参加者どうしのコミュニケーションをとっていきます。
参加申し込み前でもSlackには入ることができますので、事務局への質問等がありましたら、Slackからご連絡ください。
Slack招待URLはこちら↓
https://join.slack.com/t/geospatial-hackers/shared_invite/enQtNTE0MTI1Mzc2OTk3LWY0ZmJkNzY3YWNmNjQxZTY5ODJiODU1Y2VlNjQ3NzgzODRlNzIzMDVlOGQwODI1ODhkZGFmOTk5M2Y2ZDhjYzk

主催・協力団体

主催
総務省

協力団体(2019/12 現在)
Code for Japan / FOSS4G TOKAI / ヤフー株式会社名古屋オフィス / Code for Nagoya / つくるUOZUプロジェクト実行委員会 / 国立研究開発法人防災科学技術研究所 / Startup Lab Lagoon



地図ナイト19 帝国現る!地図の逆襲!帝国vs今尾vs日本

https://www.facebook.com/events/3085390878156842/

2020年2月21日金曜日 19:00〜21:30
東京カルチャーカルチャー
〒150-0002 東京都 渋谷区渋谷1-23-16 cocoti SHIBUYA

地理地図地形好き大集合の大人気エンタメトークイベント「地図ナイト」19回目!!
タイトルは【帝国現る!地図の逆襲!帝国vs今尾vs日本】
…ということは…
◆ついに帝国書院が登場!
◆地図ナイトご意見番・今尾“地図神”恵介氏、もちろん降臨!
◆今回のチケットには、月刊「地図中心」2月号付き
地図地理地形好きなあなた、地図を肴に酒を呑みたかったあなた、大人の地図地理地形エンタメトークイベントにお気軽にお越し下さい!!
【地図・地図帳】の奥深い味わいを堪能いたしましょう!

GISで見直す被災地図 ~デジタルデータ化の推進と今後の可能性

https://hitobou.com/entry/img/GISmap0219event.pdf

日 時:2月19日(水)17:00~19:00
場 所: 人と防災未来センター西館1F ガイダンスルーム1(無料ゾーン) 
*******************************************************
この度、人と防災未来センターの震災25年特別企画展示「GIS(地理情報システム)で見直す被災地図」では、阪神・淡路大震災における広域な被災地の、約60万棟にもおよぶ建物を一件ごとの単位で被災状況調査し記録した、貴重な当時の地図資料をデジタル情報化しその成果を初めて展示公開しています。 この制作にあたってはプロジェクトを立ち上げ取り組んでいますが、この度、この取り組みの意義を広く知っていただき、今後のデータ活用の可能性を考える機会として、このセミナーイベントを行います。 現展示が到達した状況・経過の報告に加え、プロジェクトにご参画いただいた学識経験者に参集いただき、各位のご見解からこの取り組みの意義を掘り下げ、またプロジェクトが目指す今後の展望を共有します。

【プログラム】
第1部:特別展示「GISで見直す被災地図」制作の経緯と成果の紹介
プレゼンテーション:
 中石 正一 (株式会社 武揚堂 大阪支店、防災企業連合関西そなえ隊)
 森脇 裕 (人と防災未来センター企画チーム、阪神・淡路大震災デジタルマップ制作プロジェクト  制作統括)

第2部:GIS化の意義:レクチャー&パネルディスカッション
コーディネーター:
 牧 紀男  (京都大学防災研究所 教授 / 人と防災未来センター震災資料研究主幹 )
パネリスト:
 室崎 益輝 (兵庫県立大学大学院 減災復興政策研究科長)
 小林 郁雄 (人と防災未来センター 上級研究員 )
 福島 徹  (摂南大学 理工学部都市環境工学科 教授 )
 浦川 豪  (兵庫県立大学大学院 減災復興政策研究科 准教授)

【定 員】50 名・先着順(要事前申込)(締め切り 2/18 16:00)
【参加費】無料

大変貴重な機会です。ぜひご参画ください!
詳しい案内はチラシPDFで → https://hitobou.com/entry/img/GISmap0219event.pdf
お申し込みはフォームから →
https://hitobou.com/entry/form200219ws/ 閉じる


ナイトサロン「 地理情報システムで遊ぼう!(入門編)」

www.facebook.com/events/2550011848612993/

Code for AICHI スキルシェアスペース
"ナイトサロン"
好きなときに来て、自分の持ってるスキルをシェアしたり、学んだり、c4aのプロジェクトに参加したり。お気軽にご来場ください!

今回のテーマは "地理情報システムで遊ぼう" です!
入門編として以下の2テーマを楽しみながらやりましょう!

1.ひなたGISを使って地図で遊ぼう!!
~ プログラムを書かなくてもこんなに地図で遊べます ~

2.leafletを使って地図で遊ぼう!!
~ 簡単なプログラムを書いたらこんなに地図で遊べます ~

【時間】
19:30~21:00(19:00 開場)

【会場】
サイボウズ 名古屋オフィス
名古屋市中区栄4-1-8 栄サンシティビル12階
https://www.facebook.com/cybozu.nagoya/

【参加費】
500円

【持ち物】
・パソコン

【こんな方にオススメ!】
・地図のアプリに興味をお持ちのかた。
・プログラムは書けないけどアプリを使うことに興味があるかた。
・プログラムをちょっと書いてみたいかた。
・シビックテックに興味があるかた。

※※注意事項※※
・会場内では運営スタッフによる写真や動画撮影が行われる予定です。
・撮影された写真や動画はCode for AICHIの公式SNSアカウントや団体の活動報告資料などで掲載される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
・SNS等への顔出しがNGな方は、受付時にお申し出ください。
・セクシュアルハラスメント・パワーハラスメント・ストーカー等の他人への迷惑行為を行うことは禁止します。
・ネットワークビジネス等、その対象を問わず販売、勧誘、あっせん等を行うこと、及び宗教活動または政治活動をすることは禁止します。
・その他、イベントの趣旨・目的と逸脱した行為、イベント内容に積極的に参加されてないと見受けられる行為、飲食を目的としていると見受けられる行為など、本来のイベント趣旨とは異なる行為があった場合、退場していただき、次回以降のイベント参加をお断りさせて頂きます。


テクニカルセミナー/第103回空間情報話題交換会

http://www.jsprs-w.org/

テクニカルセミナー/第103回空間情報話題交換会のご案内
 空間情報に関する普及・啓発活動の一環として継続的に実施されてきたテクニカルセミナー・空間情報話題交換会を開催いたします.

 第103回となる今回の詳細は下記のとおりです.「空間情報の計測と利用」にご興味をお持ちの方であれば, 当学会会員の方に限らずどなたでも参加いただけます.ふるってご参加ください.

 なお,本テクニカルセミナーへの参加は,測量系CPD協議会において認定された学習プログラム「日本写真測量学会講習会等の受講」に該当します. 参加者には,2ポイントの測量CPDポイントを記した受講証明書が付与されます. また,話題交換会の参加者は,GIS上級技術者への申請を行う場合にポイント加算の証明として,本会の参加証を利用することができます.



■開催日時:2020年2月7日(金) 17:30-19:30

■会 場: 大阪府立大学 I-site なんば C3

■プログラム:17:30-18:45ごろ 話題提供

 『オープンデータ×オープンソース

        ~流行っているからこそ知っておきたい現状と可能性~』

            朝日航洋株式会社 G空間研究所 大伴 真吾 氏

 概要:2016年に構築された地理空間情報の流通を促進するサイト

    「G空間情報センター」は、2次利用可能なデータの集積が進み、

    2020年1月時点で約5,500データセット、約45,000リソースが登録

    され、地理空間データが気軽に使える環境が整備されてきた.

    一方で、データを扱うツールも日々進歩している.中でも、無償

    で利用することができるオープンソースソフトウェアが充実し、

    デスクトップ型アプリQGISが産業やアカデミアで利用される事例、

    さまざまなWebサービスでの利用事例が増えてきた.このような動

    向を踏まえ、オープンなデータとツールの現状とこれらを組み合わ

    せることによる可能性について紹介する.

 キーワード:オープンデータ、オープンソースソフトウェア、G空間情報センター

 18:45ごろ-19:30 ディスカッション

  ※終了後,懇親交流会(会費制)を会場斜め向かいの「オルケスタ」

   にて開催いたします.こちらもふるってご参加ください.

                           以上

※準備の都合がございますので,参加を希望される方は,下記の申込フォームへ必要事項をご記入の上,1月31日(金)までに  日本写真測量学会関西支部(secretary@jsprs-w.org) まで電子メールで お知らせくださいますよう,お願いいたします.

========申込フォーム)========

日本写真測量学会関西支部・事務局 (secretary@jsprs-w.org)行

■ご氏名:

■ご所属:

■E-mail:

※以下,いずれかを消してご返信ください.

■第103回話題交換会に

    参加します   参加しません

懇親交流会(会費:4,500円を予定)に

    参加します   参加しません

===============================

GIS Day in 九州 2019

https://asia.doc.kyushu-u.ac.jp/NPO/files/Program_GISDAYinKyushu_2019.pdf

GIS Day in 九州 2019

≪G 空間スキルアップセミナー≫
■ 開 催 日 令和 2 年 2 月 1 日(土) 10:00~15:20(9:30 開場)
■ 会 場 福岡県中小企業振興センタービル(3 階 301 会議室)
■ テーマ:地理空間情報の展開
■ 趣 旨:
これまで地理空間情報,GIS の利活用が国や地方公共団体の行政の各分野,そして民間事業による各種サービスなどで進められています。近年では,準天頂衛星みちびきが配備され衛星測位の技術も格段に向上するとともに,国土交通省が進める i-Construction にも見られるように,ドローン,レーザ測位などの技術を用いて,地理空間情報と融合を図ることで更なる高度利活用も進められています。
今回の GIS Day in 九州 2019 においては,「地理空間情報の展開」をテーマとして地理空間情報技術を積極的に活用しながら,建設,防災などの新たな分野へ具体的な導入を実施している様々な技術を紹介し,そこから今後の利活用のあり方について学ぶとともに,地理空間情報のさらなる展開を図ることができればと考えております。また,今年の GIS Day においては,若手研究者らによる先進技術の紹介もできればと考えております。皆様の積極的なご参加をよろしくお願い申し上げます。

※測量 CPD 認定,GIS 学会教育プログラム認定講習会
■ 開 催 日 令和 2 年 2 月 1 日(土) 10:00~15:20(9:30 開場)
■ 会 場 福岡県中小企業振興センタービル(3 階 301 会議室)
住所:福岡市博多区吉塚本町 9-15 TEL:092-622-0011
地図:http://www.joho-fukuoka.or.jp/hall/map/index.html
■ 参 加 費 無料
■ 参加申込 下記≪参加申込先≫まで,①ご所属,②お名前,③メールアドレスをご連絡ください
■ 主 催 NPO 法人環境システムフロンティア(GIS 基礎技術研究会)
■ 共 催 (一社)地理情報システム学会,(一社)九州 G 空間情報実践協議会,NPO 法人全国 G 空間
情報技術研究会
■ 後 援 国土交通省国土地理院九州地方測量部,NPO 法人九州 GIS 研究会,
NPO 法人かごしま GIS・GPS 技術研究所,北九州 GIS 測量協会
■ 協 賛 国際航業(株),(株)パスコ,日本工営(株),大成ジオテック(株),ESRI ジャパン(株),
西日本技術開発(株),西日本高速道路エンジニアリング九州(株),福岡県土地改良事業団
体連合会

<プログラム>
9:30 開場
10:00~10:05 開会挨拶 三谷泰浩(九州大学教授,GIS 基礎技術研究会代表,(一社)地理情報
システム学会九州支部長)
10:05~12:00 講演「ロボット技術を用いた橋梁点検の効率化」
新田 恭士((国研)土木研究所,上席研究員)
13:00~14:00 講演「NEXCO 西日本における地理空間情報の活用事例」
大出水 健一郎(西日本高速道路(株),課長代理)
東 克徳(西日本高速道路エンジニアリング九州(株),課長)
14:00~14:15 発表「PALSAR-2 強度データを用いた平成 29 年 7 月九州北部豪雨における
斜面崩壊地の抽出」
木村 智(九州大学大学院 工学研究院 修士 2 年)
14:15~14:30 発表「GIS による高速道路トンネル維持管理に関する研究」
山口 太陽(九州大学大学院 工学研究院 修士1年)
14:30~14:45 発表「地方都市におけるスポンジ化の実態と発生要因に関する研究」
藤井 祐稀(熊本大学大学院 自然科学教育部 修士1年)
14:45~15:00 発表「AR による地域空間イメージ共有支援システムの開発」
河野 賢之介(熊本大学大学院 自然科学教育部 修士1年)
15:00~15:15 発表「産学官が連携した災害時におけるドローン情報共有への取組み」
鶴成 悦久(大分大学減災・復興デザイン教育研究センター)
15:15~15:20 閉会挨拶 田中信孝((一社)九州 G 空間情報実践協議会 代表理事)
≪参加申込先≫ 期限:2020 年 1 月 20 日,定員あり・先着申込順
NPO 法人環境システムフロンティア 事務局(九州大学内)
岡島裕樹 電話:092-802-3397 FAX:092-802-3396
E-mail:gis.kenkyukai@gmail.com

Geo Tokyo #1

https://www.meetup.com/ja-JP/geotokyo/events/267935805/?fbclid=IwAR07D0463oSGScC1hRvYm0bu58hjoYNX1zRb6_j7gRR_wgxro4mkfi4_eSI


Join us for our first Geo Tokyo event!

We'll be casually chatting about all things mapping. What are some active projects in Japan? What are you working on? What would you like to see more of in future meetups?

--

19:00 Doors Open

19:30 Discuss and demo some interesting projects that we've found both around Tokyo and globally

19:45 Round table discussion on what people are building, what they'd like to work on, demos, and what you want out of future meetups

20:15 Open work & chat time

21:30 Doors Close

You can also follow us on twitter for updates:
https://twitter.com/Geo_Tokyo
https://twitter.com/reustle
https://twitter.com/liquidx

空間情報セミナー(2019第5回)

www.kanazawa-it.ac.jp/prj/geography/seminar/


**************************************************************************************************************

KIT空間情報プロジェクト

 

日本写真測量学会北信越支部共催

令和元年度 5回空間情報セミナー

 

令和2124日(金)14:0017:00

金沢工業大学12号館アントレプレナーズラボ4F イノベーションホール

                          

司会 金沢工業大学 建築学部 建築学科 教授 下川 雄一

 

■空間情報セミナー講演①(CPDポイント付与対象)        14:0014:50

講演タイトル「市民による里山管理システム構築手法の提案

市民により里山や地域に活用できる空間情報技術の確立を目指して~」

講師:株式会社かんこう 技術本部 基盤情報技術部 空間解析課 課長

黒澤 章太郎 氏

 

--------------------------------------------休憩10

 

■空間情報セミナー講演②(CPDポイント付与対象)        15:0015:50

講演タイトル「建築・建設分野における”BIM×α”活用事例の紹介」

講師:株式会社構造計画研究所 執行役 デザイン工学部 部長

   兼 住環境営業部 BIM推進室長

熊懐 直哉 氏

 

--------------------------------------------休憩10

 

■空間情報セミナー講演③(CPDポイント付与対象)         16:0016:50

講演タイトル「建設業における最新技術 Mixed Realityの取り組み」

講師:株式会社インフォマティクス 事業開発部 マネージャー

金野 幸治 氏

 

事務連絡(次年度 空間情報セミナーのご案内等)          16:5017:00




「GIS Day in 東京 2019」

http://www.comp.tmu.ac.jp/gisday/?fbclid=IwAR0VFMmRS-4C9TgC9WQzPLSqEOXeisBAFNZqXUX-i7UHTgXH4YyBGxj6Qq4

開催にあたって
 

首都大学東京 都市環境学部では、今年も「GIS Day in 東京」を開催いたします。

GIS Dayとは、大学における GIS(地理情報システム) の教育・研究成果を講演会や講習会の形で社会に還元し、GISの普及・啓発を図ることを目的とするもので、アメリカで1999年にはじまり、全世界に広まったイベントです。首都大学東京では今年で14年目の開催となります。

「GISってなに?」という人も、「GISを使ってみたい!」という人も一緒にGISを体験してみませんか? もちろん参加は無料です。

なお、GIS Day in 東京 2019は地理情報システム学会のGIS技術教育認定を受けており、受講者には所定の教育時間を受けた証明となる「受講証明書」を発行いたします。

  • 日時: 2019年12月21日(土)
       ※申し込みなどの詳細は11月頃にこのページで公開します。
  • 会場: 首都大学東京 南大沢キャンパス [アクセス]
プログラム
 
  • 9:00- 受付開始 (1号館ロビー)
       ※正門を入ってすぐ右手の建物です
  • 9:30-12:30 GIS講習会(B、Dコース)
  • 12:30-13:30 GIS相談室(希望者のみ対象、1号館350教室)
  • 13:30-17:00 GIS講習会(A, C, E,F,Gコース)
GIS講習会
 
  • Aコース「GIS 未経験者のための ArcGIS Desktop体験」
    • 講師: ESRIジャパン社員
    • GIS を初めて使う方を対象に、ArcGIS Pro を慣れ親しんでいただくためのコースです。GISを活用することで、様々な情報の「可視化」「関係性の把握」「統合と分析」を行うことができます。本コースでは基本的な操作から検索・解析ツールなど、GISに必要不可欠な知識を習得します。
    • 対象者:GIS初心者
    • 使用ソフトウェア:ArcGIS Pro
    • 募集人数:60名
    • 日時:12月21日(土)13:30~17:00
    • 会場:1号館330教室
  • Bコース「ゼロから学ぶGIS」
    • 講師: ESRIジャパン社員
    • GISとはどのようなものなのか?利用することでどんなメリットがあるのか?午後の講習を受ける前に、GISの基本について学習・復習したい方にお勧めのコースです。現代社会の技術や時代のトレンドに合わせて変化する最新GIS活用事例も合わせて紹介します。ArcGIS Online (クラウド GIS) を使用した簡単な講習を含みます。
    • 対象者:GIS初心者
    • 使用ソフトウェア:ArcGIS Online
    • 募集人数:60名
    • 日時:12月21日(土)11:00~12:30
    • 会場:1号館330教室
  • Cコース「都市計画のためのGIS」
    • 講師: 伊藤史子(首都大学東京),土田雅代(ESRIジャパン)
    • 第1部では、無償で利用できる都市計画関連データを入手し、用途地域と地価の分布図を作成しGISによる地域分析を体験します。第2部では、現在の東京都内の駅や鉄道路線のデータを利用して3Dアニメーションを作成して駅とその地域の地価を比べます。
    • 対象者:GIS初級者
    • 使用ソフトウェア:ArcGIS Pro
    • 募集人数:30名
    • 日時:12月21日(土)13:30~17:00
    • 会場:1号館340教室
  • Dコース「Leafletを用いたWebGIS作成の基礎」
    • 講師: 根元裕樹(目白大学短期大学部)
    • Leafletは、無料・インストール不要でパソコン内に置くだけで利用できるjavascriptのライブラリです。HTMLプログラミングで、GISを使うというよりGISを作るというイメージで利用できるので、技術を磨けば磨くほど、自分なりのGISにカスタマイズすることができます。 本講義では、講師が作成したLeaflet用教材(https://www.lab-nemoto.jp/lecture#leaflet)を用いて、初心者向けにプログラミングの技能がなくとも、メモ帳などのテキストエディタの使い方が分かれば簡単なGISを作成できるように、GISの基礎とLeafletを用いたGISの作成方法を学びます。
    • 対象者:GIS初心者
    • 使用ソフトウェア:Leaflet
    • 募集人数:20名
    • 日時:12月21日(土)9:30~12:30
    • 会場:1号館350教室
  • Eコース「Pythonを用いたDEM処理」
    • 講師:中山大地(首都大学東京)
    • Pythonを用いてDEM(数値標高モデル)の分析をしてみましょう.このコースでは,基盤地図情報からダウンロードしたDEMデータをGISで読み込める形に変換し,傾斜量・陰影図・接峰面・流路網の計算を行います.プログラミングはクラウド上で無料で使用できるGoogle Colaboratoryを使用します.参加する方はGoogleのアカウントを作ってきてください.
    • 対象者:Python経験者(Pythonの基本に関する説明は行いません)
    • 使用ソフトウェア:Google Colaboratory
    • 募集人数:30名
    • 日時:12月21日(土)13:30~17:00
    • 会場:1号館350教室
  • Fコース「訪日外国人の行動データの分析」
    • 講師: 矢部直人(首都大学東京),杉本興運(首都大学東京)
    • 訪日外国人旅行客の急増を受け,彼らの日本でのユニークな行動に注目が集まっています。本講習ではGPSロガーで計測した訪日外国人の移動履歴データをサンプルとしてArcGIS等で分析することにより,『行動履歴データ』の典型的な分析方法について学びます。具体的には,ヒートマップ作成,滞留地点抽出,地区別滞在時間集計などになります。
    • 対象者:GIS初級者
    • 使用ソフトウェア:ArcGIS10.6.1
    • 募集人数:15名
    • 日時:12月21日(土)13:30~17:00
    • 会場:9号館470教室
  • Gコース「GISのための地図学入門」
    • 講師: 若林芳樹(首都大学東京)
    • GISは地図を作るためだけのツールではありません.しかし,地図は地理空間情報を表現する有効な手段であることは間違いありません.この講習では,GISを用いた地図表現の基礎的事項について,様々な事例を通して学びます.
    • 対象者:GIS初級者
    • 使用ソフトウェア:ArcGIS
    • 募集人数:20名
    • 日時:12月21日(土)13:30~17:00
    • 会場:8号館834教室
GIS相談室
 

何でデータがずれるの? 三次元でどうするの? データってどこで手に入れるの? こんなことできるの? GISが使える仕事って? などなど、いまGISで悩んでいる方へ、問題解決のテクニックをお教えします。
なお、自分が普段使っているGISソフトがインストールされたノートパソコンやデータを持参していただけると幸いです。

担当:松山洋(首都大学東京)・根元裕樹(目白大学短期大学部)・協賛各社


GeoSaturday Tokyo

geosaturdaytokyo.peatix.com/


自由でオープンな地図ツール群 FOSS4G、そして自由でオープンな地図データ OpenStreetMap。

地図を業務で扱うひとも、地図を趣味で使うひとも、誰もが使えるツールとデータで遊びませんか?

GeoSaturday Tokyoは、自由でオープンな地図ツールを使い、そして作る人たちが、仲間と共に、みんなで手を動かす1日ハッカソンです。
気になるあのツールも、わからないあの問題も、みんなで持ち込んでHackしましょう!

日時

2019年12月14日(土) 10:30-17:00 途中退出自由です

開催場所

立正大学 品川キャンパス

オンラインからの場合は共有ドキュメントで参加をお願いします。

共有ドキュメント

全体版HackMD https://hackmd.io/@nyampire/SyM94GE5S/https%3A%2F%2Fhackmd.io%2Fv9awcwV6TXKR4gt8o-z5SQ%3Fview

オンライン参加含め、GeoSaturday全体でやりたい作業を共有する場所です。
当日やってみたいことを自由にご記入ください。

参加費

無料

主催

  • OSGeo財団日本支部
  • OpenStreetMap Foundation Japan

タイムスケジュール(予定)

10:30 開場、テーマごとに分かれて作業開始
12:00 ランチ休憩(ケータリング手配予定)
13:00 作業再開
15:50 作業終了
16:00 作業内容の共有
17:00 会場撤収、懇親会へ移動

テーマ案

HackMDの共有ドキュメントを参照ください。
もし自身で持ち込んでみたいアイデアがあれば、プロジェクトの項目に書き込みをお願いします!

たとえば…
  • QGIS最新版をインストールしてみる
  • 気になっているソフトウェアをgit clone
たとえば…
  • 紹介記事やドキュメントの翻訳
  • バグスカッシュ
  • Issue Hunting
  • ドキュメント作成、移植
などなど

託児サービスについて

GeoSaturday Tokyoでは、お子さん連れでの参加を歓迎します。
13:00-17:00の間、主催にて託児サービスを用意します。
サービスの利用を希望される方は、チケット購入時のフォームにて、以下の情報をお知らせください。

  • お子さんの性別:
  • お子さんの年齢: (注: 乳幼児についてはお預かり出来かねる場合があります。ご了承ください)
  • アレルギーや食事制限など注意事項: もしあれば記入ください
運営を参加いただける方も募集しております。お手伝いしてもいいよーという方はコメント欄にレスポンスをください。

2019年 GITA-JAPAN 第30回 コンファレンス

http://www.gita-japan.org/event/index.html?fbclid=IwAR1i07gm9XSZhDJbNVqFUAWJoHv_72pB_Z9Gq_yU-UlPZx7bpt2T9lhKJig

G空間情報技術は、社会と生活を支える基盤技術として広く利活用されており、最新のMaaS、AI、IoT技術との連携により、安全・快適・省エネ・サスティナブル(持続的)な生活を実現する「スマートシティ」構想が具体化しつつあります。
 急進するデジタルトランスフォーメーション(DX)、準天頂衛星による位置情報の精緻化等、情報技術の高度化により、革新的なG空間情報社会が実現されつつある一方、近年多発する自然災害等の様々なリスクに対しても、柔軟かつ的確に対応できるレジリエンス(強靭)な社会基盤が求められています。
 GITA-JAPANコンファレンスは第30回の節目を迎え、G空間情報とDXに関する最新情報や活用事例等、情報提供の場として以下の内容で開催致します。

開催概要

日時2019年12月4日(水) ~ 5日(木) 2日間
開催場所東京大学山上会館 大会議室
〒113-8654 東京都文京区本郷7-3-1(東京大学本郷キャンパス構内)
テーマ「G空間情報 × デジタルトランスフォーメーション(DX)」
~ MaaS、AI、IoTで持続的で強靭なスマートシティを実現 ~
内容
12月4日(水) 10:00受付、10:30開始
    〇講演
    ・国土交通省 都市局 都市計画調査室長 筒井祐治 氏
    ・東京大学 都市基盤安全工学国際研究センター 教授 加藤孝明 氏
    ・NTTインフラネット株式会社 取締役 Smart Infra推進室長 小林正樹 氏
    ・神戸市 危機管理室 防災体制整備担当課長 小塚満幹 氏
    ・三菱地所株式会社 開発推進部都市計画室長 中嶋利隆 氏
    ・横浜国立大学 副学長 都市交通計画 教授 中村文彦 氏
〇パネルディスカッション
    ・テーマ:「強靭なスマートシティの実現に向けて」
    ・モデレーター:加藤孝明 氏(東京大学)
    ・パネラー:中村文彦 氏(横浜国立大学)、筒井祐治 氏(国土交通省)、小塚満幹 氏(神戸市)、中嶋利隆 氏(三菱地所)、金田賢哉 氏(本郷飛行機)
12月5日(木) 9:30受付、10:00開始
    〇講演
    ・地震科学探査機構 取締役会長 東京大学名誉教授 村井俊治 氏
    ・トヨタ自動車株式会社 情報セキュリティ推進室 主幹 中島一樹 氏
    ・北海道 総合政策部 情報統計局 情報政策課 IoT推進グループ主査 喜多耕一 氏
    ・防災科学技術研究所 総合防災情報センター長 臼田裕一郎 氏
    ・JR東日本コンサルタンツ株式会社 常務取締役 ICT事業本部長 小林三昭 氏
その他
    1.出展企業およびGITA会員企業等の技術講演
    2.ソフトウェア、サービス等システム展示会
    3.懇親会(12月4日、18:30から、会費:5,000円)
参加費
    無料
    なお、プログラム資料等の配布は、下記のウェブフォームより事前申し込み頂いた方に限ります。
    測量系CPD学習プログラムを申請される場合は、別途参加費が必要です。
    参加費は2日間受講者(5,000円)、1日受講者(4,000円)で、教材は無料で配布します。
    ※測量CPD学習プログラムポイント(2日間10ポイント)。希望者は当日も受け付けております。


2019年度 第4回 空間情報セミナー

https://www.kanazawa-it.ac.jp/prj/geography/

2019年11月22日(金) 14:00 - 17:00

金沢工業大学 12号館 アントレプレナーズラボ 4F

イノベーションホール
参加申込 受付中

日本写真測量学会北信越支部 共催 2019年度

第4回 空間情報セミナー

2019年11月22日(金) 14:00-17:00

金沢工業大学アントレプレナーズ ラボ 4F イノベーションホール

2019年度「第4回空間情報セミナー」式次第.pdf

 講演内容

14:00  14:50空間情報セミナー 講演 1 (CPDポイント付与対象)

「深浅測量と潮位について」

玉野総合コンサルタント株式会社  流域技術部 

次長 近藤 泰徳 氏

15:00  15:50空間情報セミナー 講演 2 (CPDポイント付与対象)

「多次元化するリモートセンシング」

東京大学大学院 工学系研究科 航空宇宙工学専攻 

教授 岩崎 晃 氏

16:00  16:50空間情報セミナー 講演 3(CPDポイント付与対象)

「衛星などによるリモートセンシング技術の社会実装について」

一般財団法人リモート・センシング技術センター(RESTEC)
研究開発部 部長 山本 彩 氏 

 開催場所

扇が丘キャンパス マップ Googleマップで開く

 お問い合わせ

金沢工業大学 産学連携局 研究支援推進部 連携推進課

〒921-8501

石川県野々市市扇が丘7-1 金沢工業大学12号館 アントレプレナーズラボ

TEL:076-294-6740

FAX:076-248-9508

E-mail:ispkanazawa-it.ac.jp



2019年人文地理学会大会

http://hgsj.org/taikai/2019-taikai-2nd/

期  日:2019年11月16日(土)・17日(日)・18日(月)

会  場:関西大学千里山キャンパス

     (〒564-8680 吹田市山手町3-3-35)

連 絡 先:土屋 純(関西大学・文学部) E-mail: tsuchiya[at]kansai-u.ac.jp メール送信の際は[at]の箇所を@に置き換えてください。

     会場へのアクセスは以下を参照

http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/mapsenri.html

特別研究発表:11月16日(土)13:00~16:00(予定),発表者50音順,タイトルは仮題

  池 俊介(早稲田大学)   コンピテンシー重視の教育課程と地理教育の課題

  小口千明(筑波大学・名誉) 「海を見に行こう」から思い描く海岸風景を読み解く

  木庭元晴(関西大学)    飛鳥時代初期の天香具山軸と大和三山太極の都市意匠成立と末期までの展開の確証

  吉田容子(奈良女子大学)  都市空間における身体と権力

口頭発表・公募セッション:11月17日(日)9:30~16:00(予定)

ポスター発表:11月16日(土)12:30~13:00と17:30~18:00(予定)

       11月17日(日)12:00~13:00(予定)

地理教育公開講座:11月17日(日)13:30~16:00(予定)

私立学校地理教員選考会:11月17日(日)13:00~16:00(予定)

※各々の特別研究発表の概要は会誌『人文地理』第71巻第3号と人文地理学会ウェブサイトに掲載します。

※口頭発表・公募セッションの開始時刻・発表会場などは,発表申込者数に応じて決定します。詳細は『人文地理』第71巻第3号と人文地理学会ウェブサイトに掲載します。

※地理教育公開講座と私立学校地理教員選考会は無料で参加できます。

ミニエクスカーション:11月16日(土)午前に千里山住宅地周辺で実施し,関西大学まで移動します。

エクスカーション:11月18日(月)北摂地域の歴史と現代を巡る中型バスでのコースを準備しています。

研究部会(部会アワー):11月17日(日)16:10~17:40(予定)★今年は2日目の一般研究発表終了後です。

QGIS初心者向け講習会(ハンズオン)(業務で使うQGIS Ver3)

https://connpass.com/event/152223/?fbclid=IwAR2Km8I_H1lusdHNaPaRWXICUR2bJmB5SIgeXz_AorpMzmQArUcep4yOklU

QGIS初心者向け講習会(ハンズオン)(業務で使うQGIS Ver3)

「業務で使うQGIS Ver3完全使いこなしガイド」の出版を記念して、講習会(ハンズオン)を行います

主催 : 喜多耕一、FOSS4G Hokkaido

募集内容

イベントの説明

<開催趣旨>

「業務で使うQGIS Ver3完全使いこなしガイド」出版記念のQGIS初心者向け講習会(ハンズオン)を開催します。
主にQGIS初心者を対象に、本を使って基礎からじっくり学習します。事前に本を購入し本の内容をご確認されることをおすすめします。

2019/11/09(土)10:30〜 16:00

インタークロス・クリエイティブ・センター

北海道札幌市白石区東札幌5条1丁目1−1

<申し込み>

申込みは次のリンク(Googleフォーム)から申込ください。
申込期限は11月3日(日)です。

申し込みフォーム

<ハンズオンの時間>

  • 10:00 受付開始
  • 10:30~12:30 ハンズオン
  • 12:30~14:00 昼食休憩
  • 14:00~16:00 ハンズオン

<参加条件>

  • 午前午後両方で参加できる方
  • 「業務で使うQGIS Ver3完全使いこなしガイド」を購入した方

「業務で使うQGIS Ver3完全使いこなしガイド」をテキストに使いますので、ハンズオン参加時には持参してください。 本は全国林業改良普及協会、またはAmazonで購入できます。札幌市のジュンク堂書店などでも購入できます。
会場でも「業務で使うQGIS Ver3完全使いこなしガイド」を定価(6600円)で販売します。希望する場合は、申し込みフォームの該当部分にチェックを付けてください。

<準備>

  • 事前に自分のパソコンにQGIS3.8をインストールして来てください。

<持ち物>

  • パソコン
  • マウス(QGISの操作にはマウスが必要です)
  • 業務で使うQGIS Ver3完全使いこなしガイド
  • メモと筆記用具

<懇親会>

ハンズオン終了後、18:00くらいから大通り近辺で懇親会を行います。参加される方は、申し込みフォームの該当部分にチェックを付けてください。
場所、金額等は分かり次第、お知らせします。



四国地理空間フォーラムin松山

https://mg-forum.jp


毎年秋、東京で開催している地理空間情報の祭典「G空間EXPO」が、愛媛にやってくる!

(四国エリアで初の開催!)

 

「四国地理空間フォーラムin松山」

 

開催について

 

 「地理空間情報科学で未来をつくる」を統一テーマとして、毎年秋に東京で開催している地理空間情報の祭典「G空間EXPO2019」が、松山にやってきます。
本フォーラムの開催は、産学官の連携により、地理空間情報がより広い分野で高度に活用されるために、地理空間情報を利活用した様々な取組、最新の技術動向等について紹介することを目的としております。
産学官の有識者を講師に迎えた基調講演・講演や街歩きを通じて、防災・まちづくり・観光・歴史文化等の⾏政担当者、教育関係者、企業関係者、研究者等の皆様と共に、各分野への地理空間情報の利活用について考える場、四国エリアの地域間交流の場としたいと考えております。
皆様、お誘い合わせの上、是非ご参加ください。ご来場をお待ちしております。

 

四国地理空間フォーラムin松山

開催プログラム

【第1日】11月8日(金)

午前:3階 大会議室

午前の部

(挨拶、基調講演)

10:00開会挨拶
10:10 ~ 10:40

基調講演

国土交通省国土政策局
国土情報課長 松家新冶氏

「地理空間情報を活用したイノベーションの創出に向けて」

10:45 ~ 11:25

基調講演

愛媛大学社会共創学部
教授 パンダリ・ネトラ・プラカシュ氏

「近年の土砂災害と地理空間データを活用した防災・減災への展望」

11:30 ~ 12:00

基調講演

(一財)衛星測位利用推進センター
専務理事 三神 泉氏

準天頂衛星システム「みちびき」サービスの特徴と活用方法」

(12:00~13:30 休憩・昼食)

午後の部

(講演)

13:30 ~ 14:15

特別講演

奈良大学前学長
文学部文化財学科教授 千田 嘉博氏

「GISが拓く城郭調査」

14:25 ~ 15:05

講演1

愛媛大学法文学部
講師 石黒 聡士氏

「地図に描かれる活断層の位置とその精度」

15:15  ~ 15:55

講演2

愛媛大学社会共創学部
准教授 渡邉 敬逸氏

「地理空間データを用いた無住化集落の把握と分析」

16:05 ~ 16:45

講演3

高知工科大学システム工学群

教授 高木 方隆氏

「防災における里山の役割」

【第2日】11月9日(土)

午前:2階 第4・5会議室

午前の部

(講演)

10:00 ~ 10:50

講演4

文部科学省初等中等部教育局
視学官 濱野 清氏

「新学習指導要領における地理学習の方向性と地図学習の求められること」

(10:50~13:00 休憩・昼食・移動)

午後の部

(アクティビティ)

13:00 ~ 16:00

街歩き・ワークショップ

案内者:愛媛大学
名誉教授 高橋 治郎氏

「夏目漱石の歩いた道を辿る」

※集合場所:県庁正門付近

明治期、昭和初期、そして現在の地図を持ち、夏目漱石と正岡子規が県庁付近の下宿から道後温泉までを通った道のりを、松山の変化を感じながら歩きます。

※定員 先着30名様まで
※歩きやすい格好でお越しください

※小雨決行。台風が接近している等、荒天の場合は中止とします。中止の判断は前日17時に行い、街歩き参加申込者には、頂いた連絡先(メール又はお電話)へ前日中にご連絡をさせて頂きます。

Mapbox/OpenStreetMap meetup #02

https://mapboxjpmeetup02.peatix.com/?fbclid=IwAR0YOh6Hb9IoZliqXMHL-cccSMfxAfORAJEJdAxGVjqs3ZgSQQNYn03s_Hk


概要:
ソフトバンクVISION FUNDグループとして本格的に日本展開を開始し、同時にYahoo! JAPANとの協力を発表したウェブ地図サービス mapbox と、そのベースとなっている OpenStreetMap を活用したユーザーコミュニティの交流イベントです。

10月にYahoo!地図は正式に mapbox を採用した大幅アップデートを行い、いよいよ日本における mapbox 利用は加速し始めております。
新しいウェブ地図の未来を mapbox と OpenStreetMap と共に考えるコミュニティの立ち上げを目的に、未来のウェブ地図のあり方について語る meetup を開催いたします。

11月のテーマは "ドローンx地図" と題して、空撮用ドローン運用で mapbox を活用している Pix4D Japan さんと SenesFly/GEOSURF さんをゲストに、現場でどのようにウェブ地図を用いているのか、ご紹介いただくとともに、ライトニングトークなどで mapbox の利活用について幅広く最新の話題を共有いたします。

是非ご参加ください!


また、meetup 会場で日中 mapboxハンズオンも実施します。じっくり Mapbox Studio を学びたい方はぜひハンズオンもご参加ください!
https://mapboxjphandson02.peatix.com/view





会場:
WeWork 日比谷パークフロント


主催:
mapbox.jp

協力:
青山学院大学 古橋研究室, NPO法人CrisisMappers Japan , OSGeo.JP , OpenStreetMap Foundation Japan

参加費:
無料

持ち物:
* ノートPC(Chrome, Firefox等 モダンウェブブラウザインスール済み)
* 事前のmapboxアカウント登録

公式ハッシュタグ:
#mapboxjpmeetup

スケジュール:
18:00 開場
18:20-18:30 オープニング・セッション (古橋)
18:30-18:50 ドローンマッピングツールPix4Dreactとmapbox (Pix4D Japan)
19:50-19:05 ドローンマッピングの現場 (SenseFly/GEOSURF)
19:05-19:30 State of the mapbox (mapbox team)
19:30-19:50 Lightning Talks( 5 min x 3 talks ) 登壇希望者はイベント申込み時にフォーム入力してください。

IITC Prime
未定
未定
19:50-20:00 クロージング・セッション (古橋)
20:00 閉会
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)

Author:ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)
地理空間情報で社会を少しでもよくしたいジオねこ@うじじすのブログなのだ。
twitter ujigis(ジオねこ@うじじす)
はてなブックマーク ujigislab

GIS の夜明けは近いぜよ!
(もう、何年、同じこと言っとんねん!)
(大体、あんた。佐幕派でしょが!)
最近、夜が明けたかと思ったら、GISはスマホ地図としてみんなに知られて、いまや誰もGISとは言ってくれません。。

姉妹ブログ「うじじす@オープンデータeventブログ」は、 こちら!
http://opendata.blog.fc2.com/

カウンター
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
リンク