FC2ブログ

ジオねこ@うじじすのブログ一覧

GIS,地理空間情報関連イベント情報を一覧で見たい場合は、下記リンクをクリックしてください。
ざっとイベントを探すときは、こっちの方が見やすいかも。
http://ujigis.blog.fc2.com/archives.html

「うじじす@オープンデータeventブログ」は、 こちら!

「ジオねこ@うじじす(ujigis)のツイートまとめ ブログ」は、 こちら!

「ジオねこ@うじじす(ujigis) はてなブックマーク」は、 こちら!
「ジオねこ@うじじす(ujigis) GIS ブックマーク 」は、こちら!
「ジオねこ@うじじす(ujigis) 地理空間情報 ブックマーク 」は、こちら!
スポンサーサイト



空間情報セミナー(2019第5回)

www.kanazawa-it.ac.jp/prj/geography/seminar/


**************************************************************************************************************

KIT空間情報プロジェクト

 

日本写真測量学会北信越支部共催

令和元年度 5回空間情報セミナー

 

令和2124日(金)14:0017:00

金沢工業大学12号館アントレプレナーズラボ4F イノベーションホール

                          

司会 金沢工業大学 建築学部 建築学科 教授 下川 雄一

 

■空間情報セミナー講演①(CPDポイント付与対象)        14:0014:50

講演タイトル「市民による里山管理システム構築手法の提案

市民により里山や地域に活用できる空間情報技術の確立を目指して~」

講師:株式会社かんこう 技術本部 基盤情報技術部 空間解析課 課長

黒澤 章太郎 氏

 

--------------------------------------------休憩10

 

■空間情報セミナー講演②(CPDポイント付与対象)        15:0015:50

講演タイトル「建築・建設分野における”BIM×α”活用事例の紹介」

講師:株式会社構造計画研究所 執行役 デザイン工学部 部長

   兼 住環境営業部 BIM推進室長

熊懐 直哉 氏

 

--------------------------------------------休憩10

 

■空間情報セミナー講演③(CPDポイント付与対象)         16:0016:50

講演タイトル「建設業における最新技術 Mixed Realityの取り組み」

講師:株式会社インフォマティクス 事業開発部 マネージャー

金野 幸治 氏

 

事務連絡(次年度 空間情報セミナーのご案内等)          16:5017:00




「GIS Day in 東京 2019」

http://www.comp.tmu.ac.jp/gisday/?fbclid=IwAR0VFMmRS-4C9TgC9WQzPLSqEOXeisBAFNZqXUX-i7UHTgXH4YyBGxj6Qq4

開催にあたって
 

首都大学東京 都市環境学部では、今年も「GIS Day in 東京」を開催いたします。

GIS Dayとは、大学における GIS(地理情報システム) の教育・研究成果を講演会や講習会の形で社会に還元し、GISの普及・啓発を図ることを目的とするもので、アメリカで1999年にはじまり、全世界に広まったイベントです。首都大学東京では今年で14年目の開催となります。

「GISってなに?」という人も、「GISを使ってみたい!」という人も一緒にGISを体験してみませんか? もちろん参加は無料です。

なお、GIS Day in 東京 2019は地理情報システム学会のGIS技術教育認定を受けており、受講者には所定の教育時間を受けた証明となる「受講証明書」を発行いたします。

  • 日時: 2019年12月21日(土)
       ※申し込みなどの詳細は11月頃にこのページで公開します。
  • 会場: 首都大学東京 南大沢キャンパス [アクセス]
プログラム
 
  • 9:00- 受付開始 (1号館ロビー)
       ※正門を入ってすぐ右手の建物です
  • 9:30-12:30 GIS講習会(B、Dコース)
  • 12:30-13:30 GIS相談室(希望者のみ対象、1号館350教室)
  • 13:30-17:00 GIS講習会(A, C, E,F,Gコース)
GIS講習会
 
  • Aコース「GIS 未経験者のための ArcGIS Desktop体験」
    • 講師: ESRIジャパン社員
    • GIS を初めて使う方を対象に、ArcGIS Pro を慣れ親しんでいただくためのコースです。GISを活用することで、様々な情報の「可視化」「関係性の把握」「統合と分析」を行うことができます。本コースでは基本的な操作から検索・解析ツールなど、GISに必要不可欠な知識を習得します。
    • 対象者:GIS初心者
    • 使用ソフトウェア:ArcGIS Pro
    • 募集人数:60名
    • 日時:12月21日(土)13:30~17:00
    • 会場:1号館330教室
  • Bコース「ゼロから学ぶGIS」
    • 講師: ESRIジャパン社員
    • GISとはどのようなものなのか?利用することでどんなメリットがあるのか?午後の講習を受ける前に、GISの基本について学習・復習したい方にお勧めのコースです。現代社会の技術や時代のトレンドに合わせて変化する最新GIS活用事例も合わせて紹介します。ArcGIS Online (クラウド GIS) を使用した簡単な講習を含みます。
    • 対象者:GIS初心者
    • 使用ソフトウェア:ArcGIS Online
    • 募集人数:60名
    • 日時:12月21日(土)11:00~12:30
    • 会場:1号館330教室
  • Cコース「都市計画のためのGIS」
    • 講師: 伊藤史子(首都大学東京),土田雅代(ESRIジャパン)
    • 第1部では、無償で利用できる都市計画関連データを入手し、用途地域と地価の分布図を作成しGISによる地域分析を体験します。第2部では、現在の東京都内の駅や鉄道路線のデータを利用して3Dアニメーションを作成して駅とその地域の地価を比べます。
    • 対象者:GIS初級者
    • 使用ソフトウェア:ArcGIS Pro
    • 募集人数:30名
    • 日時:12月21日(土)13:30~17:00
    • 会場:1号館340教室
  • Dコース「Leafletを用いたWebGIS作成の基礎」
    • 講師: 根元裕樹(目白大学短期大学部)
    • Leafletは、無料・インストール不要でパソコン内に置くだけで利用できるjavascriptのライブラリです。HTMLプログラミングで、GISを使うというよりGISを作るというイメージで利用できるので、技術を磨けば磨くほど、自分なりのGISにカスタマイズすることができます。 本講義では、講師が作成したLeaflet用教材(https://www.lab-nemoto.jp/lecture#leaflet)を用いて、初心者向けにプログラミングの技能がなくとも、メモ帳などのテキストエディタの使い方が分かれば簡単なGISを作成できるように、GISの基礎とLeafletを用いたGISの作成方法を学びます。
    • 対象者:GIS初心者
    • 使用ソフトウェア:Leaflet
    • 募集人数:20名
    • 日時:12月21日(土)9:30~12:30
    • 会場:1号館350教室
  • Eコース「Pythonを用いたDEM処理」
    • 講師:中山大地(首都大学東京)
    • Pythonを用いてDEM(数値標高モデル)の分析をしてみましょう.このコースでは,基盤地図情報からダウンロードしたDEMデータをGISで読み込める形に変換し,傾斜量・陰影図・接峰面・流路網の計算を行います.プログラミングはクラウド上で無料で使用できるGoogle Colaboratoryを使用します.参加する方はGoogleのアカウントを作ってきてください.
    • 対象者:Python経験者(Pythonの基本に関する説明は行いません)
    • 使用ソフトウェア:Google Colaboratory
    • 募集人数:30名
    • 日時:12月21日(土)13:30~17:00
    • 会場:1号館350教室
  • Fコース「訪日外国人の行動データの分析」
    • 講師: 矢部直人(首都大学東京),杉本興運(首都大学東京)
    • 訪日外国人旅行客の急増を受け,彼らの日本でのユニークな行動に注目が集まっています。本講習ではGPSロガーで計測した訪日外国人の移動履歴データをサンプルとしてArcGIS等で分析することにより,『行動履歴データ』の典型的な分析方法について学びます。具体的には,ヒートマップ作成,滞留地点抽出,地区別滞在時間集計などになります。
    • 対象者:GIS初級者
    • 使用ソフトウェア:ArcGIS10.6.1
    • 募集人数:15名
    • 日時:12月21日(土)13:30~17:00
    • 会場:9号館470教室
  • Gコース「GISのための地図学入門」
    • 講師: 若林芳樹(首都大学東京)
    • GISは地図を作るためだけのツールではありません.しかし,地図は地理空間情報を表現する有効な手段であることは間違いありません.この講習では,GISを用いた地図表現の基礎的事項について,様々な事例を通して学びます.
    • 対象者:GIS初級者
    • 使用ソフトウェア:ArcGIS
    • 募集人数:20名
    • 日時:12月21日(土)13:30~17:00
    • 会場:8号館834教室
GIS相談室
 

何でデータがずれるの? 三次元でどうするの? データってどこで手に入れるの? こんなことできるの? GISが使える仕事って? などなど、いまGISで悩んでいる方へ、問題解決のテクニックをお教えします。
なお、自分が普段使っているGISソフトがインストールされたノートパソコンやデータを持参していただけると幸いです。

担当:松山洋(首都大学東京)・根元裕樹(目白大学短期大学部)・協賛各社


GeoSaturday Tokyo

geosaturdaytokyo.peatix.com/


自由でオープンな地図ツール群 FOSS4G、そして自由でオープンな地図データ OpenStreetMap。

地図を業務で扱うひとも、地図を趣味で使うひとも、誰もが使えるツールとデータで遊びませんか?

GeoSaturday Tokyoは、自由でオープンな地図ツールを使い、そして作る人たちが、仲間と共に、みんなで手を動かす1日ハッカソンです。
気になるあのツールも、わからないあの問題も、みんなで持ち込んでHackしましょう!

日時

2019年12月14日(土) 10:30-17:00 途中退出自由です

開催場所

立正大学 品川キャンパス

オンラインからの場合は共有ドキュメントで参加をお願いします。

共有ドキュメント

全体版HackMD https://hackmd.io/@nyampire/SyM94GE5S/https%3A%2F%2Fhackmd.io%2Fv9awcwV6TXKR4gt8o-z5SQ%3Fview

オンライン参加含め、GeoSaturday全体でやりたい作業を共有する場所です。
当日やってみたいことを自由にご記入ください。

参加費

無料

主催

  • OSGeo財団日本支部
  • OpenStreetMap Foundation Japan

タイムスケジュール(予定)

10:30 開場、テーマごとに分かれて作業開始
12:00 ランチ休憩(ケータリング手配予定)
13:00 作業再開
15:50 作業終了
16:00 作業内容の共有
17:00 会場撤収、懇親会へ移動

テーマ案

HackMDの共有ドキュメントを参照ください。
もし自身で持ち込んでみたいアイデアがあれば、プロジェクトの項目に書き込みをお願いします!

たとえば…
  • QGIS最新版をインストールしてみる
  • 気になっているソフトウェアをgit clone
たとえば…
  • 紹介記事やドキュメントの翻訳
  • バグスカッシュ
  • Issue Hunting
  • ドキュメント作成、移植
などなど

託児サービスについて

GeoSaturday Tokyoでは、お子さん連れでの参加を歓迎します。
13:00-17:00の間、主催にて託児サービスを用意します。
サービスの利用を希望される方は、チケット購入時のフォームにて、以下の情報をお知らせください。

  • お子さんの性別:
  • お子さんの年齢: (注: 乳幼児についてはお預かり出来かねる場合があります。ご了承ください)
  • アレルギーや食事制限など注意事項: もしあれば記入ください
運営を参加いただける方も募集しております。お手伝いしてもいいよーという方はコメント欄にレスポンスをください。

2019年 GITA-JAPAN 第30回 コンファレンス

http://www.gita-japan.org/event/index.html?fbclid=IwAR1i07gm9XSZhDJbNVqFUAWJoHv_72pB_Z9Gq_yU-UlPZx7bpt2T9lhKJig

G空間情報技術は、社会と生活を支える基盤技術として広く利活用されており、最新のMaaS、AI、IoT技術との連携により、安全・快適・省エネ・サスティナブル(持続的)な生活を実現する「スマートシティ」構想が具体化しつつあります。
 急進するデジタルトランスフォーメーション(DX)、準天頂衛星による位置情報の精緻化等、情報技術の高度化により、革新的なG空間情報社会が実現されつつある一方、近年多発する自然災害等の様々なリスクに対しても、柔軟かつ的確に対応できるレジリエンス(強靭)な社会基盤が求められています。
 GITA-JAPANコンファレンスは第30回の節目を迎え、G空間情報とDXに関する最新情報や活用事例等、情報提供の場として以下の内容で開催致します。

開催概要

日時2019年12月4日(水) ~ 5日(木) 2日間
開催場所東京大学山上会館 大会議室
〒113-8654 東京都文京区本郷7-3-1(東京大学本郷キャンパス構内)
テーマ「G空間情報 × デジタルトランスフォーメーション(DX)」
~ MaaS、AI、IoTで持続的で強靭なスマートシティを実現 ~
内容
12月4日(水) 10:00受付、10:30開始
    〇講演
    ・国土交通省 都市局 都市計画調査室長 筒井祐治 氏
    ・東京大学 都市基盤安全工学国際研究センター 教授 加藤孝明 氏
    ・NTTインフラネット株式会社 取締役 Smart Infra推進室長 小林正樹 氏
    ・神戸市 危機管理室 防災体制整備担当課長 小塚満幹 氏
    ・三菱地所株式会社 開発推進部都市計画室長 中嶋利隆 氏
    ・横浜国立大学 副学長 都市交通計画 教授 中村文彦 氏
〇パネルディスカッション
    ・テーマ:「強靭なスマートシティの実現に向けて」
    ・モデレーター:加藤孝明 氏(東京大学)
    ・パネラー:中村文彦 氏(横浜国立大学)、筒井祐治 氏(国土交通省)、小塚満幹 氏(神戸市)、中嶋利隆 氏(三菱地所)、金田賢哉 氏(本郷飛行機)
12月5日(木) 9:30受付、10:00開始
    〇講演
    ・地震科学探査機構 取締役会長 東京大学名誉教授 村井俊治 氏
    ・トヨタ自動車株式会社 情報セキュリティ推進室 主幹 中島一樹 氏
    ・北海道 総合政策部 情報統計局 情報政策課 IoT推進グループ主査 喜多耕一 氏
    ・防災科学技術研究所 総合防災情報センター長 臼田裕一郎 氏
    ・JR東日本コンサルタンツ株式会社 常務取締役 ICT事業本部長 小林三昭 氏
その他
    1.出展企業およびGITA会員企業等の技術講演
    2.ソフトウェア、サービス等システム展示会
    3.懇親会(12月4日、18:30から、会費:5,000円)
参加費
    無料
    なお、プログラム資料等の配布は、下記のウェブフォームより事前申し込み頂いた方に限ります。
    測量系CPD学習プログラムを申請される場合は、別途参加費が必要です。
    参加費は2日間受講者(5,000円)、1日受講者(4,000円)で、教材は無料で配布します。
    ※測量CPD学習プログラムポイント(2日間10ポイント)。希望者は当日も受け付けております。


2019年度 第4回 空間情報セミナー

https://www.kanazawa-it.ac.jp/prj/geography/

2019年11月22日(金) 14:00 - 17:00

金沢工業大学 12号館 アントレプレナーズラボ 4F

イノベーションホール
参加申込 受付中

日本写真測量学会北信越支部 共催 2019年度

第4回 空間情報セミナー

2019年11月22日(金) 14:00-17:00

金沢工業大学アントレプレナーズ ラボ 4F イノベーションホール

2019年度「第4回空間情報セミナー」式次第.pdf

 講演内容

14:00  14:50空間情報セミナー 講演 1 (CPDポイント付与対象)

「深浅測量と潮位について」

玉野総合コンサルタント株式会社  流域技術部 

次長 近藤 泰徳 氏

15:00  15:50空間情報セミナー 講演 2 (CPDポイント付与対象)

「多次元化するリモートセンシング」

東京大学大学院 工学系研究科 航空宇宙工学専攻 

教授 岩崎 晃 氏

16:00  16:50空間情報セミナー 講演 3(CPDポイント付与対象)

「衛星などによるリモートセンシング技術の社会実装について」

一般財団法人リモート・センシング技術センター(RESTEC)
研究開発部 部長 山本 彩 氏 

 開催場所

扇が丘キャンパス マップ Googleマップで開く

 お問い合わせ

金沢工業大学 産学連携局 研究支援推進部 連携推進課

〒921-8501

石川県野々市市扇が丘7-1 金沢工業大学12号館 アントレプレナーズラボ

TEL:076-294-6740

FAX:076-248-9508

E-mail:ispkanazawa-it.ac.jp



2019年人文地理学会大会

http://hgsj.org/taikai/2019-taikai-2nd/

期  日:2019年11月16日(土)・17日(日)・18日(月)

会  場:関西大学千里山キャンパス

     (〒564-8680 吹田市山手町3-3-35)

連 絡 先:土屋 純(関西大学・文学部) E-mail: tsuchiya[at]kansai-u.ac.jp メール送信の際は[at]の箇所を@に置き換えてください。

     会場へのアクセスは以下を参照

http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/mapsenri.html

特別研究発表:11月16日(土)13:00~16:00(予定),発表者50音順,タイトルは仮題

  池 俊介(早稲田大学)   コンピテンシー重視の教育課程と地理教育の課題

  小口千明(筑波大学・名誉) 「海を見に行こう」から思い描く海岸風景を読み解く

  木庭元晴(関西大学)    飛鳥時代初期の天香具山軸と大和三山太極の都市意匠成立と末期までの展開の確証

  吉田容子(奈良女子大学)  都市空間における身体と権力

口頭発表・公募セッション:11月17日(日)9:30~16:00(予定)

ポスター発表:11月16日(土)12:30~13:00と17:30~18:00(予定)

       11月17日(日)12:00~13:00(予定)

地理教育公開講座:11月17日(日)13:30~16:00(予定)

私立学校地理教員選考会:11月17日(日)13:00~16:00(予定)

※各々の特別研究発表の概要は会誌『人文地理』第71巻第3号と人文地理学会ウェブサイトに掲載します。

※口頭発表・公募セッションの開始時刻・発表会場などは,発表申込者数に応じて決定します。詳細は『人文地理』第71巻第3号と人文地理学会ウェブサイトに掲載します。

※地理教育公開講座と私立学校地理教員選考会は無料で参加できます。

ミニエクスカーション:11月16日(土)午前に千里山住宅地周辺で実施し,関西大学まで移動します。

エクスカーション:11月18日(月)北摂地域の歴史と現代を巡る中型バスでのコースを準備しています。

研究部会(部会アワー):11月17日(日)16:10~17:40(予定)★今年は2日目の一般研究発表終了後です。

QGIS初心者向け講習会(ハンズオン)(業務で使うQGIS Ver3)

https://connpass.com/event/152223/?fbclid=IwAR2Km8I_H1lusdHNaPaRWXICUR2bJmB5SIgeXz_AorpMzmQArUcep4yOklU

QGIS初心者向け講習会(ハンズオン)(業務で使うQGIS Ver3)

「業務で使うQGIS Ver3完全使いこなしガイド」の出版を記念して、講習会(ハンズオン)を行います

主催 : 喜多耕一、FOSS4G Hokkaido

募集内容

イベントの説明

<開催趣旨>

「業務で使うQGIS Ver3完全使いこなしガイド」出版記念のQGIS初心者向け講習会(ハンズオン)を開催します。
主にQGIS初心者を対象に、本を使って基礎からじっくり学習します。事前に本を購入し本の内容をご確認されることをおすすめします。

2019/11/09(土)10:30〜 16:00

インタークロス・クリエイティブ・センター

北海道札幌市白石区東札幌5条1丁目1−1

<申し込み>

申込みは次のリンク(Googleフォーム)から申込ください。
申込期限は11月3日(日)です。

申し込みフォーム

<ハンズオンの時間>

  • 10:00 受付開始
  • 10:30~12:30 ハンズオン
  • 12:30~14:00 昼食休憩
  • 14:00~16:00 ハンズオン

<参加条件>

  • 午前午後両方で参加できる方
  • 「業務で使うQGIS Ver3完全使いこなしガイド」を購入した方

「業務で使うQGIS Ver3完全使いこなしガイド」をテキストに使いますので、ハンズオン参加時には持参してください。 本は全国林業改良普及協会、またはAmazonで購入できます。札幌市のジュンク堂書店などでも購入できます。
会場でも「業務で使うQGIS Ver3完全使いこなしガイド」を定価(6600円)で販売します。希望する場合は、申し込みフォームの該当部分にチェックを付けてください。

<準備>

  • 事前に自分のパソコンにQGIS3.8をインストールして来てください。

<持ち物>

  • パソコン
  • マウス(QGISの操作にはマウスが必要です)
  • 業務で使うQGIS Ver3完全使いこなしガイド
  • メモと筆記用具

<懇親会>

ハンズオン終了後、18:00くらいから大通り近辺で懇親会を行います。参加される方は、申し込みフォームの該当部分にチェックを付けてください。
場所、金額等は分かり次第、お知らせします。



四国地理空間フォーラムin松山

https://mg-forum.jp


毎年秋、東京で開催している地理空間情報の祭典「G空間EXPO」が、愛媛にやってくる!

(四国エリアで初の開催!)

 

「四国地理空間フォーラムin松山」

 

開催について

 

 「地理空間情報科学で未来をつくる」を統一テーマとして、毎年秋に東京で開催している地理空間情報の祭典「G空間EXPO2019」が、松山にやってきます。
本フォーラムの開催は、産学官の連携により、地理空間情報がより広い分野で高度に活用されるために、地理空間情報を利活用した様々な取組、最新の技術動向等について紹介することを目的としております。
産学官の有識者を講師に迎えた基調講演・講演や街歩きを通じて、防災・まちづくり・観光・歴史文化等の⾏政担当者、教育関係者、企業関係者、研究者等の皆様と共に、各分野への地理空間情報の利活用について考える場、四国エリアの地域間交流の場としたいと考えております。
皆様、お誘い合わせの上、是非ご参加ください。ご来場をお待ちしております。

 

四国地理空間フォーラムin松山

開催プログラム

【第1日】11月8日(金)

午前:3階 大会議室

午前の部

(挨拶、基調講演)

10:00開会挨拶
10:10 ~ 10:40

基調講演

国土交通省国土政策局
国土情報課長 松家新冶氏

「地理空間情報を活用したイノベーションの創出に向けて」

10:45 ~ 11:25

基調講演

愛媛大学社会共創学部
教授 パンダリ・ネトラ・プラカシュ氏

「近年の土砂災害と地理空間データを活用した防災・減災への展望」

11:30 ~ 12:00

基調講演

(一財)衛星測位利用推進センター
専務理事 三神 泉氏

準天頂衛星システム「みちびき」サービスの特徴と活用方法」

(12:00~13:30 休憩・昼食)

午後の部

(講演)

13:30 ~ 14:15

特別講演

奈良大学前学長
文学部文化財学科教授 千田 嘉博氏

「GISが拓く城郭調査」

14:25 ~ 15:05

講演1

愛媛大学法文学部
講師 石黒 聡士氏

「地図に描かれる活断層の位置とその精度」

15:15  ~ 15:55

講演2

愛媛大学社会共創学部
准教授 渡邉 敬逸氏

「地理空間データを用いた無住化集落の把握と分析」

16:05 ~ 16:45

講演3

高知工科大学システム工学群

教授 高木 方隆氏

「防災における里山の役割」

【第2日】11月9日(土)

午前:2階 第4・5会議室

午前の部

(講演)

10:00 ~ 10:50

講演4

文部科学省初等中等部教育局
視学官 濱野 清氏

「新学習指導要領における地理学習の方向性と地図学習の求められること」

(10:50~13:00 休憩・昼食・移動)

午後の部

(アクティビティ)

13:00 ~ 16:00

街歩き・ワークショップ

案内者:愛媛大学
名誉教授 高橋 治郎氏

「夏目漱石の歩いた道を辿る」

※集合場所:県庁正門付近

明治期、昭和初期、そして現在の地図を持ち、夏目漱石と正岡子規が県庁付近の下宿から道後温泉までを通った道のりを、松山の変化を感じながら歩きます。

※定員 先着30名様まで
※歩きやすい格好でお越しください

※小雨決行。台風が接近している等、荒天の場合は中止とします。中止の判断は前日17時に行い、街歩き参加申込者には、頂いた連絡先(メール又はお電話)へ前日中にご連絡をさせて頂きます。

Mapbox/OpenStreetMap meetup #02

https://mapboxjpmeetup02.peatix.com/?fbclid=IwAR0YOh6Hb9IoZliqXMHL-cccSMfxAfORAJEJdAxGVjqs3ZgSQQNYn03s_Hk


概要:
ソフトバンクVISION FUNDグループとして本格的に日本展開を開始し、同時にYahoo! JAPANとの協力を発表したウェブ地図サービス mapbox と、そのベースとなっている OpenStreetMap を活用したユーザーコミュニティの交流イベントです。

10月にYahoo!地図は正式に mapbox を採用した大幅アップデートを行い、いよいよ日本における mapbox 利用は加速し始めております。
新しいウェブ地図の未来を mapbox と OpenStreetMap と共に考えるコミュニティの立ち上げを目的に、未来のウェブ地図のあり方について語る meetup を開催いたします。

11月のテーマは "ドローンx地図" と題して、空撮用ドローン運用で mapbox を活用している Pix4D Japan さんと SenesFly/GEOSURF さんをゲストに、現場でどのようにウェブ地図を用いているのか、ご紹介いただくとともに、ライトニングトークなどで mapbox の利活用について幅広く最新の話題を共有いたします。

是非ご参加ください!


また、meetup 会場で日中 mapboxハンズオンも実施します。じっくり Mapbox Studio を学びたい方はぜひハンズオンもご参加ください!
https://mapboxjphandson02.peatix.com/view





会場:
WeWork 日比谷パークフロント


主催:
mapbox.jp

協力:
青山学院大学 古橋研究室, NPO法人CrisisMappers Japan , OSGeo.JP , OpenStreetMap Foundation Japan

参加費:
無料

持ち物:
* ノートPC(Chrome, Firefox等 モダンウェブブラウザインスール済み)
* 事前のmapboxアカウント登録

公式ハッシュタグ:
#mapboxjpmeetup

スケジュール:
18:00 開場
18:20-18:30 オープニング・セッション (古橋)
18:30-18:50 ドローンマッピングツールPix4Dreactとmapbox (Pix4D Japan)
19:50-19:05 ドローンマッピングの現場 (SenseFly/GEOSURF)
19:05-19:30 State of the mapbox (mapbox team)
19:30-19:50 Lightning Talks( 5 min x 3 talks ) 登壇希望者はイベント申込み時にフォーム入力してください。

IITC Prime
未定
未定
19:50-20:00 クロージング・セッション (古橋)
20:00 閉会

第28回地理情報システム学会研究発表大会

http://www.gisa-japan.org/conferences/

第28回地理情報システム学会研究発表大会は,10月19日(土)・20日(日) に,徳島大学 常三島キャンパスにて開催いたします.
本年度も,通常の研究発表(講演発表,ポスター発表)に加え,多彩な企画セッション(シンポジウム,ワークショップ,ハンズオンセッション,チュートリアルセッション,GIS技術紹介セッション)などのプログラムを予定しております.奮ってお申し込み下さい.

プログラム

概要
1002口頭発表
0912口頭発表アブストラクト
0924ポスター発表
0917ハンズオン(事前申込みが必要)
0917企画セッション
0917機器展示

【企画セッション】
※参加費無料、事前申込不要です

【パーソナルデータにつながる位置情報の取り扱いについて】
オーガナイザー:青木和人(自治体分科会)
20日(日)9:00~10:40/会場A
マイナンバーの普及に伴い、2016年に内閣総理大臣所轄の行政委員会である個
人情報保護委員会が設立され、今、改めてパーソナルデータに関心が高まっていま
す。
そこで、本セッションでは位置を特定する情報(住所・住居表示(フロンテージ)・番地・地番)について整理した上で、話題提供者から位置情報がパーソナルデータ
につながる様々な事例を紹介いただきます。その後、参加者によるグループディス
カッションを行い、位置情報がパーソナルデータにつながるケースについて、参加
型で議論を深め検討します。"

【GeoAIで地理空間を超えるGIS】
オーガナイザー:厳網林(IoT✕GIS分科会)
20日(日)12:20~14:00/会場A
IoTとビッグデータによってGISはより速く,すばやく,正確へ向かいます.中
でもGeoAIは中心的な役割を占めて,そこから従来の地理空間を越えるGISサービ
スが生まれる.本セッションは概念定義,標準化,エンジン開発,IoTとの関係,
社会インフラへの応用などの側面からGeoAIを報告し,同分野の現状,課題,今後
の発展方向を検討します.

【地図アーカイブの利活用と社会実践】
オーガナイザー:岩崎亘典/瀬戸寿一/阿児雄之
20日(日)14:20~16:00/会場A
近年、大学、図書館、博物館、研究機関等の組織が所有する古地図、旧版地形図
等のWeb上での公開が進み、その方式も多種多様である。また、そうして公開され
た古地図等を活用するためのサービス等も構築されつつある。
このような地図アーカイブが公開さることは重要であるが、加えてそれが実際に
活用されることによりさらなる意義を持つことになる。本シンポジウムでは、こう
した古地図アーカイブの構築、公開、活用を進めるために、どの様な取り組みや環
境整備が必要なるかについて、広く検討したい。

地理情報システム学会 第28回学術研究発表大会

http://www.gisa-japan.org/conferences/

第28回地理情報システム学会研究発表大会は,10月19日(土)・20日(日) に,徳島大学 常三島キャンパスにて開催いたします.
本年度も,通常の研究発表(講演発表,ポスター発表)に加え,多彩な企画セッション(シンポジウム,ワークショップ,ハンズオンセッション,チュートリアルセッション,GIS技術紹介セッション)などのプログラムを予定しております.奮ってお申し込み下さい.

プログラム

概要
1002口頭発表
0912口頭発表アブストラクト
0924ポスター発表
0917ハンズオン(事前申込みが必要)
0917企画セッション
0917機器展示


【企画セッション】
※参加費無料、事前申込不要です

【2019年度初等中等教育におけるGISを活用した授業に係る優良事例表彰】
オーガナイザー:貞広幸雄(教育委員会)
19日(土)10:20~12:00/会場A
2019年度に実施された,初等中等教育においてGISを活用した授業のうち,優
良事例について表彰し,その内容を発表する.

【学生フリーテーマ発表会2019】
オーガナイザー:相尚寿(若手分科会)
①19日(土)10:20~12:00/会場B
①20日(日)12:20~14:00/会場B
発表の分野、テーマは自由、ただし発表資格者は学生に限るという学生フリーテ
ーマ発表会を今年も開催します。
通常の口頭発表セッションはテーマ別のパラレル制であるため、なかなか異分野
の発表を聞く機会はありませんが、この発表会はテーマを限定せず、応募内容に関
係なくランダムに発表順を決めています。
2セッションに分かれていますが、内容は同一ではなく、それぞれに異なる発表
者が口頭発表しますので、両方へのご参加も大歓迎です。
優秀な発表した学生さんを表彰する制度も設けています。受賞者を決めるのは当
日会場にお越しいただいた皆さんによる投票です。
各セッションの発表者はwebおよび論文集(CD-ROM)のプログラムをご参照
ください。

【IAG'iKeynotespeech】
19日(土)13:20~14:20/会場A
“KoreanPeninsulaDMZandGIS”KimChang-Hwan(KAGIS)
“Ageneralizedconceptualframeworkforeco-environmental
vulnerabilityassessmentatdifferentscalesandtimespans”
Yuei-AnLiou(TEGO)
“Large-scalecomparisonoflandformsinJapan,KoreaandTaiwanusing
DEMs”OGUCHI,Takashi(GISA)

【第14回マイクロジオデータ研究会「国内外におけるマイクロジオデータ
を活用した自然災害への対応とその課題」】
オーガナイザー:秋山祐樹
19日(土)14:30~18:10/会場A
我々は2011年に「マイクロジオデータ研究会」を発足させ、マイクロジオデー
タ(MGD)の普及と利活用について産官学の有識者を中心に議論を行って来ました。
MGDとは位置情報や時間情報を持つ時空間的に高精細な(例えば建物や人単位)デ
ータや統計の総称のことを言います。MGDは既存の各種統計・空間データでは実現
し得なかった、時空間的にきめ細やかな分析や計画支援等への利活用が期待されて
います。
近年、MGD研究会はMGDに関連した研究だけでなく、「実社会での活用」にフォ
ーカスを当てた活動にシフトしつつあります。そこで第14回となります今回は、
近年激甚化する自然災害、そして近い将来発生が懸念されている南海トラフ巨大地
震等への対応に、マイクロジオデータを含む統計・地理空間情報を活用することで
何がどこまで出来るのか、今後はどのようなことができるようになる可能性がある
のか、そしてどのような課題があるのか、について国内外の事例を交えつつ議論を
深めたいと考えています。

【クラウドソース型地理情報の可能性と課題】
オーガナイザー:西村雄一郎
19日(土)14:30~16:10/会場B
さまざまなクラウドソース型地理情報が既に公開され、さまざまな形で利用され
ている。それらが地理情報の収集・共有の新しい形を示している。一方でこのよう
なクラウドソース型地理情報の利用共有においては、プライバシー、データの品質
の問題や虚偽情報の意図的な掲載などの問題もまた生じている。こうしたトピック
にまつわるセッションを開催する。

【役立つビジネスGIS】
オーガナイザー:高阪宏行(ビジネス分科会)
19日(土)16:30~18:10/会場A
地理情報システム学会にビジネス分科会を立ち上げてから、すでに15年が過ぎ
た。そこで、ビジネスGISの現状と課題を議論するセッションを企画する。セッシ
ョンでは、AIなどの技術進歩、8分の1地域メッシュデータなどの新たな詳細デー
タの出現、GISを用いた小売店舗の商圏設定といった最近の話題を発表する。GIS
を利用することによって、何が進歩し、何が今後の課題なのかを考察する。

テクニカルセミナー/第101回空間情報話題交換会

http://www.jsprs-w.org

空間情報に関する普及・啓発活動の一環として継続的に実施されてきたテクニカルセミナー・空間情報話題交換会を開催いたします.

 第101回となる今回の詳細は下記のとおりです.「空間情報の計測と利用」にご興味をお持ちの方であれば, 当学会会員の方に限らずどなたでも参加いただけます.ふるってご参加ください.

  なお,本テクニカルセミナーへの参加は,測量系CPD協議会において認定された学習プログラム 「日本写真測量学会講習会等の受講」に該当します. 参加者には,2ポイントの測量CPDポイントを記した受講証明書が付与されます. また,話題交換会の参加者は,GIS上級技術者への申請を行う場合にポイント加算の証明として, 本会の参加証を利用することができます



■会 場: 大阪府立大学 I-site なんば C1

■プログラム:2019年10月18日(金) 17:30-18:45ごろ 話題提供

 『衛星リモートセンシングの実用化へのチャレンジ 

     ― 社会実装への視点を交えた事例紹介 ―』

               国際航業株式会社  赤松 幸生 氏

概要:1972年のLANDSAT1号打ち上げを契機に、衛星リモートセン

   シングの技術やデータが民間で使えるようになって50年弱の年月が

   経過した。一方で、その利用は多くの場合は研究や試行に止まり、近

   年まで実用化、社会実装のレベルに至っているとは言い難い状況が続

   いてきたことは否めない。しかし、ここ数年で衛星リソースの急速な

   拡大、解析技術の高度化等もあって、実務利用に至れる可能性が生ま

   れてきている。

   この講演では、国際航業での取り組み事例を通して、衛星リモートセ

   ンシングの実用化、社会実装へのチャレンジの軌跡、そこに求められ

   る視点等について紹介する。

キーワード:人工衛星、リモートセンシング、実用化、社会実装

   18:45ごろ-19:30 ディスカッション

※終了後,懇親会(会費制)を会場斜め向かいの 「オルケスタ」にて開催いたします。 こちらもふるってご参加ください。

※準備の都合がございますので,参加を希望される方は,

 下記の申込フォームへ必要事項をご記入の上,10月11日(金)までに

 日本写真測量学会関西支部(secretary@jsprs-w.org) まで電子メールで

 お知らせくださいますよう,お願いいたします.

========申込フォーム(10月11日(金)まで)========

日本写真測量学会関西支部・事務局 (secretary@jsprs-w.org)行

■ご氏名:

■ご所属:

■E-mail:

※以下,いずれかを消してご返信ください.

■第101回話題交換会に

    参加します   参加しません

■懇親交流会(会費:4,500円を予定)に

    参加します   参加しません

===============================

FOSS4G2019 KOBE ハンズオンデイ

https://www.osgeo.jp/events/foss4g-2019/foss4g-2019-kobe-kansai/foss4g2019-kobe-handson?fbclid=IwAR1AILzfmZwnMth9VoUS6Vj2NJr8Oye5RFq7DbI9diL_Bs8HA-G3dTsOdEk

FOSS4G2019 KOBE ハンズオンデイ

※本ハンズオンはGIS教育認定(GISCA)の対象講座となります。

開催日時

2019年10月14日(月) 10:00 – 13:00、14:00 – 17:00

場所

デザイン・クリエイティブセンター神戸(Kiito)

〒651-0082 兵庫県神戸市中央区小野浜町1-4

セッション一覧と申し込み状況

セッション名午前/午後定員申込状況資料
ほぼノン・プログラミングでAI×G空間データ分析午前(10:00 – 13:00)60 余裕あり準備中
QGIS初級編〜会場周辺の地質図を見てみよう〜午前(10:00 – 13:00)25 空き余裕あり準備中
Webブラウザでmago3Dを利用した
大容量のBIM/CIM3次元オブジェクト可視化
午前(10:00 – 13:00)10 空き余裕あり準備中
Introduction to Geospatial Deep learning (AI)
using Free and Open Source Frameworks
(オープンソースフレームワークを用いた地理空間ディープラーニング入門) 
午後(14:00 – 17:00)40 残り20席資料リンクあり
QGISで地域防災!午後(14:00 – 17:00)25空き余裕あり準備中
MySQL 8.0 GIS機能チュートリアル午後(14:00 – 17:00)15空き余裕あり準備中

※ セッション名をクリックするとセッションの詳細情報に移動します。
※セッションの時間は変更になる場合がございます。

費用

  • 2,000円(会員も有料。1日分 。)

※ 今年は、会員もハンズオンを有料にさせて頂きます。
※ 費用は、2,000円で午前・午後両方のハンズオンの受講が可能です。

お申込み

当日受付も可能ですので、気軽にご参加ください。

 

ハンズオン セッション紹介

ほぼノン・プログラミングでAI×G空間データ分析

講師

小林裕治 (株式会社オービタルネット)

株式会社オービタルネット代表取締役。社会人30年目を迎えましたが気持ちは未だ新人類です。

概要

ディープラーニングをはじめとするAI技術の進歩は著しく,GIS・G空間の世界でも活用され始めています。しかし,多くの場合AIの専門知識やプログラミング知識,データサイエンスに関する知識が必要になります。
そこで本講義ではWebブラウザをインターフェースに機能学習するデータの設定や学習方法,また学習結果をもとにした予測評価などを行えるオープンソースのAIツール”H2O”を使って,G空間ビッグデータの分析を行います。H2OはRのモジュールとしても提供されていることから,今回はデータの整形にRも少し使って,R用モジュールとしてH2Oを読み込んでWebブラウザ上で学習を行います。
分析結果はQGISを用いて可視化します。この方法を習得すればKaggleやSIGNATEなどの分析コンテストへの参加も可能になります。本講義はディープラーニング初心者向けの内容になります。

対象者

本講義はディープラーニング初心者向けの内容になります。

事前準備

OSは特に問いませんが,RとH2Oがインポートできる状態にしてください。
講習内容はWindowsにて動作確認を行っております(MacやLinuxでご参加の場合,講習内容が一部実行できない可能性がございますのでご了承下さい).
データ配布のため、USBポートの利用が必要となる場合もあります.
パソコンの設定変更等が必要な場合がありますので「管理者権限」でPCが扱えるようにご準備下さい.

▲セッション一覧へ戻る

QGIS初級編〜会場周辺の地質図を見てみよう〜

講師

吉中輝彦 (FOSS4G TOKAI)
数値解析技師を普段は行っております。FOSS4G TOKAI 2019でQGISのハンズオン講師を実施しました。

概要

初心者を対象とした,GISを利用する上で必要な基礎知識,データの表示などの基本操作から印刷用データの作成など,実際にQGISを操作しながら実習します。
shpデータ(ベクトルデータ)の操作やQGISの機能の説明が主となります。

対象者

QGISに興味がある方

事前準備

QGIS3.4シリーズのインストールが必須です。

▲セッション一覧へ戻る

mago3D Technical Workshop Webブラウザでmago3Dを利用した大容量のBIM/CIM3次元オブジェクト可視化

講師

林 博文 (応用技術株式会社)

概要

2017年、2018年と好評をいただいた「mago3D BIM/CIMビュアー」のハンズオンです。
現在、国土交通省では「ICTの全面的な活用(ICT土工)」等の施策を建設現場に導入することによって、建設生産システム全体の生産性向上を図り、魅力ある建設現場を目指す取組である「i-Construction(アイ・コンストラクション)」を進めています。
i-Constructionでは、これまで2次元で設計されていたCAD図面を3次元モデルにすることで、これからの情報化施工に適したハンドリングが可能になります。
しかし、これが結構ハードルが高く、3次元データの構築にはツールの操作にも慣れが必要になります。 そうして出来上がった3次元データをどうやって利用者のPCで可視化できるのかという問題にも取り組まなければなりません。
mago3Dは、ブラウザ上で3DCADデータ/3Dデータを表示する3Dビュアー技術です。 Cesium / NASA WorldWind の WebGLによる地球儀ライブラリ上で、BIM/CIMデータを操作することができます。 mago3djsのインストールと実行を自分のPC上で実際に行ってみる内容となります。

対象者

Webベースの環境で3D CADなどの3次元データを取り扱いたい方。

事前準備

1)Windows7以降のOSが搭載された、JRE(Java Runtime Environment)1.8以降がインストールされているPCをご持参ください。
2)Windows Updateは事前に必ず実施して最新版にしておいてください。
3)作業領域として2GBほどHDDの空き容量が必要となります。
4)メモリは最低4GB(推奨8GB以上)あれば大丈夫です。
5)実習にはインターネットへの接続環境が必要となります。会場にはか細いwifiの準備がありますが、ご自分で回線を用意されることを推奨します。
6)当日印刷した資料を配布します。

※表示してみたい3次元データ(3DS,OBJ,IFC,Collada等)があればご持参ください。 実習用PCをお持ちでない方、マシントラブルの方は他の受講者のかたとシェアをお願いします。

▲セッション一覧へ戻る

Introduction to Geospatial Deep learning (AI) using Free and Open Source Frameworks
(オープンソースフレームワークを用いた地理空間ディープラーニング入門)

講師

P. Vinayaraj (AIST-Tokyo Tech Real World Big-Data Computation Open Innovation Laboratory (RWBC-OIL))
Instructor is a post-doctoral researcher at National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (産業技術総合研究所), working last two years on deep learning based applications on large scale geospatial data. Analysis geospatial data included satellite multispectral images, airborne hyperspectral images, point clouds, etc. were carried out. He pursued his PhD from Osaka City University as a monbukagakusho Scholar.

概要

ワークショップの目標と構造:データ駆動型の科学と機械学習技術はますます重要になっています。特に、ディープラーニングは、多くの分野で大きなブレークスルーであり、非常に強力なツールであることが証明されています。このワークショップの主な目的は、地理空間データアプリケーションのディープラーニングテクニックを紹介することです。
最終的に、このワークショップは、参加者が目的のディープラーニングアーキテクチャをゼロから作成し、既存のディープラーニングモデルのアクティベーション関数、損失関数、オプティマイザーなどの機能を変更するのに役立ちます。 python仮想環境(Anaconda)をセットアップし、Jupyter Notebookを使用して、ワークショップチュートリアルに従って対話型の演習を行います。ディープラーニングの基本概念と、大規模な地理空間データ探査でのディープラーニングの有用性については、チュートリアルで説明します。
特に大規模な空間データが深層学習の演習に使用される場合、データの準備は重要で基本的な操作です。したがって、ディープラーニングで一般的に使用される、小さなサイズへのトリミング、パッチ適用、クラスバランシング、データ準備のための正規化および拡張などのいくつかの手法が示されます。ワークショップでは主に、バイナリリモートセグメンテーション、オープンリモートセンシング高解像度画像を使用したマルチクラスセグメンテーションを紹介します。 U-NetやResNetなどの多層パーセプトロン(MLP)深層学習と畳み込みニューラルネットワーク(CNN)の基本モデルが演習に使用されます。ワークショップでは、オーバーフィッティングと呼ばれるディープラーニングの一般的な課題も示し、ドロップアウト、レギュラー、学習率の減衰などのさまざまな手法でこの問題に対処する方法を示します。     ワークショップではオープンソースフレームワークとオープンデータを使用するため、参加者は今後の演習用にデータセットを入手できます。
ワークショップでは、Pythonベースの有名な機械学習フレームワークKerasとPytorchが使用されます。 Keras(https://keras.io/ja/)とPytorch(https://pytorch.org/)が選ばれています。これらは、最も急速に成長しているオープンソースプラットフォームの2つであり、比較的使いやすいからです。
道路および建物の検出(https://www.cs.toronto.edu/~vmnih/data/)およびISPRSデータセットマルチクラス(http://www2.isprs.org/commissions/comm3/wg4/2d-sem-label-vaihingen.html)。

対象者

対象となる参加者と前提条件:このワークショップは、GIS、リモートセンシング関連のアプリケーションにディープラーニングを適用したい学生、研究者、およびその他の人々を対象としています。 機械学習とディープラーニングの初心者もワークショップへの参加を歓迎します。 期間:3時間(最大)言語:英語(日本語の説明付き) 受講参加者数:25

事前準備

ワークショップは、Jupyter Notebookを使用してPython仮想環境(Anaconda)で実施されるため、非常に基本的なPython知識を持つ人も参加できます。
参加者はラップトップを携帯することが求められます。 コードとサンプルデータセットは、Githubページ(https://github.com/VinayarajPoliyapram/FOSS4G_Kansai)で入手できます。
ワークショップを開始する前に、参加者はライブラリをインストールする必要があります:
Linux / Macユーザー:https://github.com/VinayarajPoliyapram/FOSS4G_Kansai/blob/master/Install_linux_mac.txt
Windowsユーザー:https://github.com/VinayarajPoliyapram/FOSS4G_Kansai /blob/master/Installation_windows.txt
※インストールがうまくゆかなかった方もご心配なく!当日救済環境あり。Google Cromeをインストールしておいてください。
なお、実習用PCをお持ちでない方、マシントラブルの方は他の受講者のかたとシェアをお願いします。

▲セッション一覧へ戻る

QGISで地域防災!

講師

喜多 耕一(北海道庁)
北海道庁情報政策課でオープンデータを担当。もともとは林業技師。
近著「業務で使うQGIS Ver3完全使いこなしガイド」

青木 和人(あおき地理情報システム・オープンデータ研究所)
自治体GIS、オープンデータの普及・活用推進活動や地理情報システム学会を中心とした研究活動により、行政情報化支援業務に携わる。
立命館大学歴史都市防災研究所 研究員 HP http://aokigislab.web.fc2.com/
brog http://ujigis.blog.fc2.com/archives.html
twitter @ujigis(ジオねこ@うじじす)

概要

本セッションでは,主にQGIS中級者を対象に、兵庫県などのオープンデータを使い、プロセッシングツールやグラフィカルモデラー機能を活用して、防災データの分析などの実習を行います。

対象者

QGIS中級者

事前準備

ソフトウェアの利用実習ですので、プログラミングに関する知識等の技術予備知識は要りません。
使用するPCは持参してください。
QGIS 3.8は事前インストール、もしくはどうしてもできなかった場合、ハンズオン開始前に会場でインストールしてください。

▲セッション一覧へ戻る

MySQL 8.0 GIS機能チュートリアル

講師

山崎 由章(日本オラクル株式会社)

概要

(準備中)

対象者

(準備中)

事前準備

(準備中)

▲セッション一覧へ戻る

そのほか、
随時更新予定です。

 



FOSS4G 2019 KOBE コアデイ

https://www.osgeo.jp/events/foss4g-2019/foss4g-2019-kobe-kansai/foss4g-2019-kobe-coreday?fbclid=IwAR2w3L7b-Py7EAzgAwaInS4TkbkBwBy-V0O5BVI-5Anz-Vvara69b0dX1Tk

FOSS4G 2019 KOBE コアデイ

※本イベントはGIS教育認定(GISCA)の対象講座となります。

開催日時

2019年10月13日(日) 10:30 – 17:30

場所

デザイン・クリエイティブセンター神戸(Kiito)
〒651-0082 兵庫県神戸市中央区小野浜町1-4
アクセスはこちら

コアデイ セッションスケジュール

時間メイン会場(303)サブ会場(301
10:00受付開始
10:30-10:40開会挨拶・COC
10:40-11:10◆基調講演1
(調整中)

金 京淑/産業技術総合研究所
◆テーマ
11:10-11:30Global to high resolution regional water estimation from multi-sensors images: A deep learning approach
Poliyapram Vinayaraj/産業技術総合研究所
チャットボットを利用した災害時情報収集システムの開発
嘉山 陽一 /ITDART/朝日航洋株式会社
11:30-11:50ディープラーニングのG空間分野への応用
小林 裕治/株式会社オービタルネット
Mapbox Maps SDKでスマートフォンアプリ開発
松澤 太郎/Georepublic
11:50-12:10ディープラーニングによる地すべり地形抽出と洪水氾濫浸水域推定
荒木 光一/五大開発株式会社
Geopaparazzi state of art 2019
林 博文/応用技術株式会社
12:10-13:10お昼休み
13:10-13:40◆基調講演2
地理院地図Vector(仮称)の試験公開
北浦 一輝/国土地理院
13:40-14:00ArcGISで始めるGeoAI
阿部 将章/ESRIジャパン株式会社
地図マピオンのリニューアルとベクタータイルの取り組み
清水 珠里/株式会社 ONE COMPATH
14:00-14:20グラウンドデータの整備とオーブンデータ化の取組
橋本 志信 /兵庫県庁
Maplatの最新状況 -流行りのGTFSともコラボしてみた-
大塚 恒平/Code for History
14:20-14:40休憩
◆交流講演
14:40-15:00Invitation to the United Nations Vector Tile Toolkit
藤村 英範/国土地理院
15:00-15:20(調整中)
調整中/OSGeo.KR(Korea)
15:20-15:40On the way towards open geospatial sources and data: An experience of Taiwan
Dongpo Deng/Industrial Technology Research Institute(Taiwan)
15:40-16:00(調整中)
Prasong Patheepphoemphong/i-bitz (Thailand)
16:00-16:20休憩
16:20-16:40Pix2pix for Maptileによる土地利用図作成範囲の拡大
岩崎 亘典/農研機構農業環境変動研究センター
GeoPackageを使ってみた - 脱シェープファイルは可能か?
おざきつよし/個人
16:40-17:00JavaScript 不要!Geolonia の Embed API で実現するカスタマイズ可能な地図
鎌田 遼/株式会社Geolonia
初心者でもできるQGISでの衛星画像図化・分析とOrfeo Toolboxを使用したLANDSAT8のパン・シャープン化処理の実践
吉中 輝彦/FOSS4G TOKAI ,ギルド:黎明の調べ
17:00-17:20 MySQL 8.0 GIS機能チュートリアル
山﨑 由章/MySQL Community Team(Oracle Corporation)
17:20-17:30閉会挨拶・懇親会案内

※ セッション名をクリックするとセッションの詳細情報に移動します。

 

コアデイ セッション紹介

基調講演:

タイトル調整中

発表者: 金 京淑( 産業技術総合研究所 )

概要

(ただいま調整中)

▲セッション一覧へ戻る

地理院地図Vector(仮称)の試験公開

発表者: 北浦 一輝( 国土地理院 )

概要

本年7月、国土地理院は「地理院地図Vector(仮称)」を試験公開しました。本サイトの実装に当たっては、Mapbox Vector TileというタイルデータフォーマットとMapbox GL JSというライブラリを使用しています。地理院地図Vectorは従来の「地理院地図」とは異なり、地図データがベクトルになったので、建物、道路等の地物の種類ごとに表示/非表示を切り替えたり、色を変更したりすることができます。本発表では、地理院地図Vectorの開発状況や利用例、今後の課題についてご紹介いたします。

▲セッション一覧へ戻る

◆交流講演

Invitation to the United Nations Vector Tile Toolkit

発表者: 藤村 英範( 国土地理院 )

概要

The United Nations Vector Tile Toolkit (UNVT) is a participatory Open Source software development project under the Working Group 4 of the United Nations Open GIS Initiative.

The purpose of the UNVT project is to facilitate any organizations including public ones to produce, host, style and optimize vector tiles by fully making use of existing Open Source software.

This presentation introduces the recent development of the UNVT project including the development of `rasv`, a Docker container image with the whole UNVT, `ango` and `inazo`, Docker container images used in hands-on capacity building programs conducted in September and October in 2019.

To further raise awareness of the value of vector tiles, we are also developing Raspberry Pi implementations with a focus on quick demo and capacity building.

The UNVT project cordially invites you as participants to this project that leaves no one left behind from the vector tile technology.

▲セッション一覧へ戻る

調整中

発表者: Junyoung Choi( Korea Land & Housing Corporation OSGeo.KR (Korea) )

概要

(調整中)

▲セッション一覧へ戻る

On the way towards open geospatial sources and data: An experience of Taiwan

発表者: Dongpo Deng( ITRI: Industrial Technology Research Institute (Taiwan) OSGeo.TW (Taiwan) )

概要

This talk is going to introduce the development of open geospatial sources and data in Taiwan. Although the status of OSGeo Taiwan is still in formation, OSGeo Taiwan was actually was launched in 2007. To promote free/open source for geospatial, we initiated a series of training courses for tutoring people to use the free/open sources, as well as held several workshops for exchanging experiences and skills in the use of the free/open sources. To inspirit government to open geospatial data is one of objectives of OSGeo Taiwan. As OpenStreetMap(OSM) was introduced in Taiwan, the OSGeo folks inevitably supported the development of OSM for promoting the use of open geospatial data. In 2012, the first State of the Map (SotM) Taiwan is held at Academia Sinica. Nowadays, OSM Taiwan is turning into a mature community. On the contrary, the formation of OSGeo Taiwan is not very well. By the participation experiences, this talk is going to share some observations in comparison of the two communities.

▲セッション一覧へ戻る

調整中

発表者: Prasong Patheepphoemphong( i-bitz (Thailand) OSGeo.TH (Thailand) )

概要

(調整中)

▲セッション一覧へ戻る

テーマセッション Geo-AI

Global to high resolution regional water estimation from multi-sensors images: A deep learning approach

発表者: Poliyapram Vinayaraj( 産業技術総合研究所 )

概要

Classification of water and non-water region is useful for several applications, such as estimating the occurrence of water measuring water change over time, an accurate sea-land separation is an important step in the ship detection work, etc. Accurate water region estimation algorithm can be used to assess the temporal changes and hence monitor the events like, coastal inundation, river channel change drought, etc. Providing a reliable water region estimation in regional scale is relatively an easy task. However, the challenge of this work is to estimate water region from medium resolution and high-resolution multi-sensor/multi-resolution images using a single model. Proposed deep learning model demonstrates the efficacy to estimate water region from various satellite and drone images. A Recurrent feedback Encoder-Decoder without max-pooling used to train global scale Landsat-8 images. The proposed R-CNN uses three Landsat-8 images which consist of current observation (t0) to predict water region and two previous observation of the same location (t0, t-1, t-2), and these three temporal observations of the same location were employed for training with the ground truth labelled data (water/non-water/no-data) from the current observation. Experiments show promising results and significantly overcome previous methods (Unet, baseline models), also shows reliable performance in multi-resolution/multi-sensors.

▲セッション一覧へ戻る

ディープラーニングのG空間分野への応用

発表者: 小林 裕治( 株式会社オービタルネット )

概要

G空間分野にもディープラーニングの波が押し寄せてきたと感じる昨今ですが、研究フェーズやF.S.フェーズを終え、実際に民間事業者などターゲットに事業化する段階において、既存のワークフローを再構築して業務に適用するにはそれなりの訴求が必要です。現在オービタルネットでは、G空間×AIの事業化に向け取り組みはじめたところですが、その事例をもとにディープラーニングなどAIの導入価値をどこに見出すのか?従来の課題解決策としてのAI活用を業務適用の観点から考察します。

▲セッション一覧へ戻る

ディープラーニングによる地すべり地形抽出と洪水氾濫浸水域推定

発表者: 荒木 光一( 五大開発株式会社 )

概要

他分野と同様,土木分野でもディープラーニングは非常に注目されており,ディープラーニングを活用した応用研究が行われています.
そこで,これまでに行ってきたディープラーニングよる地すべり地形抽出と洪水氾濫浸水域推定の2つの応用研究について紹介します.

事例紹介セッション

▲セッション一覧へ戻る

チャットボットを利用した災害時情報収集システムの開発

発表者: 嘉山 陽一( ITDART/朝日航洋株式会社 )

概要

大規模な災害が発生した時には復旧、復興時に多くのボランティアが支援にかけつける。災害対策のボランティアについては様々なボランティア団体ができ、それらの団体の連携して災害時に活動するためのコーディネート組織として特定非営利活動法人 全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)が結成された。JVOADでは災害時にどのような支援を現地に対して行ったらいいか計画や調整を行うために災害発生時に現地調査を行う先遣隊を派遣して情報を収集する仕組みを構築しようとしている。災害時の現地情報調査について位置情報つきでデジタルで情報収集ができないか検討が行われ、JVOADの構成団体である一般社団法人情報支援レスキュー隊(IT DART)が情報収集の仕組みの試作を行った。本システムではチャットシステム(LINE)を利用して先遣隊が調査情報を入力する。入力した調査情報を対話をうけつけるプログラム(チャットボット)がDropBoxにデータ蓄積を行いGoogleSpreadSheetにデータのインデックスを作成する。ここに作成されたインデックスを利用してGISで位置情報や調査情報を表示することが可能である。バックエンドではここに蓄積された現地情報を利用して災害現地の支援の計画をたてたりボランティア団体間の調整を行うことができる。本発表では情報収集システムの開発と先遣隊による試用について報告する。

▲セッション一覧へ戻る

Mapbox Maps SDKでスマートフォンアプリ開発

発表者: 松澤 太郎( Georepublic )

概要

Mapbox Maps SDKはiOS/Androidに対応したネイティブライブラリです。今回は簡単なアプリケーションによる実装方法と、React Nativeのバインディングについて説明をします。

▲セッション一覧へ戻る

Geopaparazzi state of art 2019

発表者: 林 博文( 応用技術株式会社 )

概要

Androidの定番フィールド調査ツール「Geopaparazzi」が大型リリースを迎えます。今回のリリースでは、使用していた旧バージョンのMapsForgeの代わりにグラフィカルに高速化されたVTMエンジンへの移行による大きな変更が導入されました。また、このバージョンのgeopaparazziには、proj6に基づくぴっかぴかのSpatialiteビルドが含まれており、64ビットデバイスで使用できます。 これにより、たとえば2.5ビューなど、いくつかの優れた機能を使用できます。 さらについにiOS版のリリースの噂が!! 詳細は当日お話しいたします。

▲セッション一覧へ戻る

ArcGISで始めるGeoAI

発表者: 阿部 将章(ESRIジャパン株式会社)

概要

ArcGISはスタンドアローンからエンタープライズ システムまで様々なシステムに対応するオープンなGISプラットフォームを提供しています。ArcGISの最新バージョンでは近年注目されているAI(マシンラーニングやディープラーニング)にも多くの機能を提供しています。
本セッションではArcGISのAI関連機能のご紹介とディープラーニング フレームワークとの連携にについて事例をまじえてご紹介いたします。

▲セッション一覧へ戻る

グラウンドデータの整備とオーブンデータ化の取組

発表者: 橋本 志信  ( 兵庫県庁 )

概要

兵庫県でグラウンドデータを整備しました。自治体でどのような経緯でデータ整備に至ったか、整備したデータをどのように職員に利用できるに取り組んできたか、オープンデータにすることでどのような展開をきたいしているかについて発表したいと思います。近年、災害直後のレーザー計測が当たり前になってきました。高精度のデータを扱うツールとしてQGISを使っています。使い方さえわかればとても便利なソフトですが、はじめて使う人にとっては実はとてもハードルが高いソフトでもあります。自治体における導入事例の苦労話もご紹介いたします。

▲セッション一覧へ戻る

地図マピオンのリニューアルとベクタータイルの取り組み

発表者: 清水 珠里( 株式会社 ONE COMPATH )

概要

ONE COMPATH(旧社名:Mapion) は約10年ぶりに地図データのリプレースを行い、地図生成の仕組みを大幅にリニューアルしました。
今回は地図データのリプレースをどのように実現させたのか、苦労話と共にご紹介させていただきます。
また、Mapboxベクタータイルの取り組みについてもお話させていただきます。

▲セッション一覧へ戻る

Maplatの最新状況 -流行りのGTFSともコラボしてみた-

発表者: 大塚 恒平(  Code for History )

概要

もはや古地図だけに縛られない歪地図処理プラットフォームMaplat。線を線に変換する機能にも対応し、不正確なバスの路線図上にバスの現在運行情報やバスの経路情報を表示するなど、流行りの?GTFSともコラボしてみました。

▲セッション一覧へ戻る

Pix2pix for Maptileによる土地利用図作成範囲の拡大

発表者: 岩崎 亘典( 農研機構農業環境変動研究センター )

概要

発表者はこれまで、GANの一つであるpix2pixで地図タイルを簡便に使えるためのツール、pix2pix for maptileを開発し、旧版地形図等か過去の土地利用図を作成する試みを行ってきた。
本ツールの有効な点は、Webで公開済みのデータを、そのまま学習データや分類データとして活用可能な点にある。
旧版地形図をGISデータ化する場合、その幾何補正にも労力が必要となるが、現在公開中の日本版Mapwarperにおいては、大正から昭和初期にかけて測量された旧版地形図が、位置情報済みのデータとして公開されている。
そこで本発表では、これらのデータからpix2pix for maptileを使用して土地利用データの作成を試みたので、報告する。

▲セッション一覧へ戻る

JavaScript 不要!Geolonia の Embed API で実現するカスタマイズ可能な地図

発表者: 鎌田 遼( 株式会社Geolonia )

概要

Geolonia (https://geolonia.com) が提供する Embed API を紹介します。Embed API を利用することで、Mapbox GL JS をベースにしたウェブ地図を簡単にカスタマイズできます。 ユーザーに必要なのは HTML の知識のみです。Embed API を使った地図をカスタマイズするワークフローを紹介します。。

▲セッション一覧へ戻る

MySQL 8.0 GIS機能チュートリアル

発表者: 山﨑 由章( MySQL Community Team(Oracle Corporation) )

概要

MySQLではGIS機能を積極的に開発しています。このセッションでは、MySQLのGIS機能を触ってもらうきっかけとなるように、最初の一歩を支援するチュートリアルについて解説します。

▲セッション一覧へ戻る

GeoPackageを使ってみた - 脱シェープファイルは可能か?

発表者: おざき つよし

概要

QGIS3系から標準対応になったGeoPackageですが残念ながらあまり使われている方をみかけません。
そこでGeoPackageを使い倒してみてQGISでの便利な使い方やRDBとしてのメリットデメリットをご紹介します。
果たしてGeoPackageは脱シェープファイルの救世主になれるでしょうか。

▲セッション一覧へ戻る

初心者でもできるQGISでの衛星画像図化・分析とOrfeo Toolboxを使用したLANDSAT8のパン・シャープン化処理の実践

発表者: 吉中 輝彦( FOSS4G TOKAI ,ギルド:黎明の調べ )

概要

LANDSAT8から入手できる画像は無料で使う事ができ、業務などでの背景図として使用する事が可能である。しかし、LANDSAT8から入手できる衛星画像は可視光画像は30mの解像度と少々荒い画像である事は否めない。だが同時に配布されているパンクロマチック画像を組み合わせることによって、疑似的に15m解像度の画像を作成する事が可能である。そこでQGIS3.X系でOrfeo Toolboxを計算システムとして活用する事により、初心者でも簡単にパン・シャープン化技術を体験できる方法を発表する。 また、グラフィカルモデラーを用いて、特に意識することなくパンシャープン化を行う方法も紹介する。



第20回関西地域GIS自治体意見交流会

http://www.gisa-japan.org/regional_office/kansai/gisakadmijik/gisakadmi20jik.html

 2019年10月4日(金),第20回関西地域GIS自治体意見交流会を,同日の9:30から開催される「関西G空間フォーラム」と題する関西地区GISに関する一連の行事の中で開催いたします。

 G空間社会における自治体GISの役割、現状、さらに未来へのさまざまな課題と可能性を探るため『地理空間情報の過去・現在、そして未来へ』と銘打ち,関西自治体による事例を中心に課題や提案を紹介し情報交換を行います。お忙しい中,自治体や関係する企業団体,研究者のみなさま,そしてもちろん興味をもたれる学生のみなさん,多くの方々の御参加をお待ちしています。

 

 

日 時:令和元年10月4日(金) (9:30〜17:00)

                   13:20〜17:00 
会 場:OIT梅田タワー 3階ホール
    大阪市北区茶屋町1番45号 TEL.06-6147-9015
(JR大阪駅から徒歩5分,阪急梅田駅から徒歩3分,阪神梅田駅から徒歩7分,御堂筋線梅田駅から徒歩5分,谷町線東梅田駅から徒歩5分)
参加者:定員500名

主 催:地理情報システム学会関西支部

(地理空間情報活用推進に関する近畿地区産学官連携協議会)


        ***プ ロ グ ラ ム ***
(10:00〜12:10 測量技術講演会) 
13:20〜13:25 開会挨拶 地理情報システム学会 関西支部事務局 
         大阪工業大学 工学部 教授 田中 一成 
13:25〜13:45 「ICTを活用した計測手法による道路台帳の更新とその後の利活用」 
         香芝市都市創造部 農政土木管理課      津本 和也 
13:45〜14:05 「GIS大縮尺空間データ官民共有化推進協議会の取り組みについて(大阪府)」 
         大阪府都市整備部事業管理室技術管理課技術情報グループ                 西山 剛至 
14:05〜14:25 「市町村業務の効率化に資する最新空間情報技術の適合」
         アジア航測株式会社 西日本行政支援サービス部  野瀬 和仁 
14:25〜14:45 「社会空間情報のサービス」
              関西大学 環境都市工学部 都市システム工学科 教授 窪田  諭
14:45〜15:25          〜 休  憩 〜 
15:25〜16:25 合同パネルディスカッション「地理空間情報の過去・現在、そして未来へ」 
       コーディネータ: あおきGIS・オープンデータ研究所    

                              青木 和人 
           パネラ:各発表者および午前中の講演者 
16:25〜16:30 閉 会 
16:30〜17:00 「関西G空間フォーラム」閉会式



※本会参加は、測量CPDの申請,およびGIS上級技術者の認定を受ける際のポイントとして申請することができます。 

 

 

*ご案内・プログラム・申込書のpdfはこちらです。

 

*国土地理院近畿地方測量部「関西G空間フォーラム」



関西G空間フォーラム2019

www.gsi.go.jp/kinki/kansaigforum2019.html

関西G空間フォーラム2019を開催します

 地理空間情報活用推進に関する近畿地区産学官連携協議会(事務局:国土地理院近畿地方測量部)は、地理空間情報を高度に活用する社会(G空間社会)の実現に寄与することを目的として、産学官が一堂に会して地理空間情報の活用に関する情報共有を行い、将来を展望する「関西G空間フォーラム2019」を開催します。

開催概要

日時

10月4日(金)9時30分から17時まで

場所

大阪工業大学梅田キャンパス(OIT梅田タワー)3階じょうしょうホール、1階展示会場及び3階展示会場

内容

合同シンポジウム(定員500名、事前申込が必要)
・第一部 測量技術講演会
 基調講演 大阪工業大学名誉教授 吉川眞氏「地理空間情報の展開~私的な関わりの中で~」
 特別講演 国土地理院 梶川地理空間情報部長「-近代測量150年-地理空間情報のイノベーション」
・第二部 第20回関西地域GIS自治体意見交流会
 関西地域の自治体におけるGISの取組に関する発表
・第三部 第8回合同パネルディスカッション「地理空間情報の過去・現在、そして未来へ」
 講演者及び発表者による合同パネルディスカッション

・地理空間情報関連の機器・システム等の展示会(事前申込不要)
 地理空間情報の利活用に関するパネル、最新の測量機器・システムの展示
・近代測量150年記念パネル展(事前申込不要)
 近代測量の幕開けとなった明治期に作製された地図の紹介や、昔の大阪の地図・空中写真をパネル展示

主催

◯地理空間情報活用推進に関する近畿地区産学官連携協議会実行委員会
 ・国土地理院近畿地方測量部   ・(一社)地理情報システム学会関西支部 
 ・(公社)日本測量協会関西支部 ・(一社)大阪府測量設計業協会 
 ・(一社)日本写真測量学会関西支部

参加申込

合同シンポジウムに参加を希望される方は、9月27日(金)までに参加申込書に必要事項をご記入のうえ、メールまたはFAXにて事務局へご送付ください。
申込先    メール:gsi-kinki-tec=gxb.mlit.go.jp(=を@にしてください)
        FAX :06-6941-4427
会場案内・プログラムのダウンロードはこちらから(PDF形式:2,169KB)
参加申込書のダウンロードはこちらから(PDF形式:402KB)

CPD(継続教育制度)

測量・建設の各CPDポイント及びGIS上級技術者教育達成度ポイントの対象プログラムです。

問い合わせ先

〒540-0008
大阪市中央区大手前4-1-76 大阪合同庁舎第四号館
国土交通省 国土地理院 近畿地方測量部
次長             千葉 浩三 TEL:06-6941-6090(直通)
地理空間情報管理官 宮本 歩 TEL:06-6941-4514(直通)
                      FAX:06-6941-4427


土木学会土木情報学委員会「インフラデータ・サービス共創研究小委員会」Webinar

土木学会土木情報学委員会「インフラデータ・サービス共創研究小委員会」

当小委員会では,社会インフラにまつわる様々なデータについて様々な主体と連携し、
インフラデータの先端的な活用を模索するとともに、研究・教育活動の裾野を
広げる活動を行う予定です。そこで,下記のようにオンライン会議システム の
Zoomを活用したWeb上でのセミナーやディスカッション(ウェビナー)第1回をこの度,
開催することになりました.本ウェビナーは,どなたでも参加することができますので
お誘い合わせの上,視聴ください.

※とくに事前の申込み等は不要ですが、何か質問があれば、jsce-infradata@csis.u-tokyo.ac.jp
までお気軽にお尋ねください。

<日時>
10月2日(水)18時30分~19時30分

<講師>
●関本義秀氏・東京大学生産技術研究所・准教授(小委員会委員長
「2018年1月よりGithubで公開している道路損傷データの教師画像9000枚の紹介とその活用方法」

●板倉義尚氏・NEXCO東日本(小委員会委員)
「土木学会インフラデータチャレンジで公開しているNEXCO系3社の高速道路データの紹介と解説」

<アクセスURL>
https://zoom.us/j/800462057
zoomを初めて利用される場合は画面の指示に従って
アプリをインストールください.インストール出来ない方は一部機能に制限があ りますが,Webブラウザのみでも閲覧できます.

<zoomについて参考URL>
https://www.remotework-labo.jp/2018/01/zoom_beginner/
https://zoom-japan.net/manual/

以上

土木学会土木情報学委員会「インフラデータ・サービス共創研究小委員会」
http://committees.jsce.or.jp/cceips/node/206
--------------------------------------------------------------

オープンデータで地図を作ろう【改】- QGIS 活用講座[初心者コース]2019.9.26(Thu)-27(Fri)

https://20190926q27gis.peatix.com/

オープンデータで地図を作ろう【改】- QGIS 活用講座[初心者コース]
オープンデータの活用をテーマに,GISの基本的な知識と技術を ハンズオン形式で学びます。

データを地図に広げよう

ここ数年で多くのオープンデータが公開されてきました。
これらのデータを使って世の中をよくしていくには,データを広げて見たり,重ねたり加工したりするための<机>が必要です。
QGIS は机となるツールの一つです。

世の中のほとんどの モノ・コト には 位置 📍 があります。
地球上の位置という共通軸を使い,データを重ね合わせることは,地理情報システム(GIS)の得意とするところです。

そこで本講座では,誰でも自由に無償で使える GIS ソフト「QGIS」を使い,「世の中のためになる地図」の作り方を実習します。

GIS とは?

地理情報システム(GIS)は,位置情報を見える化して重ねたり分析したりできるツールです。

QGIS とは?

QGIS(キュージーアイエス / キュージス)は,誰でも自由に,無償で使えるオープンソースの GIS ソフトです。
空間データの可視化,編集,分析,印刷などの多くの機能を持ち,世界中で使われています。

こんな人におすすめ

  • オープンデータの活用法を知りたい方
  • GIS を実際にさわって知りたい方
  • 仕事や研究に GIS を活用したい(している)方
  • フリーの GIS も試してみたい方

プログラム(予定)

  • はじめに
  • オープンデータを触ってみよう
  • QGIS の便利な設定・まめ知識
  • オープンデータの解析 他
  • 参考情報・質疑応答
※ 本講座は「GIS資格認定協会 GIS教育認定プログラム」です。
※ GIS上級技術者の認定申請・更新のためのポイント 約1.33ポイント を取得できます。
※ 測量系CPD 4pt(予定)、建設系CPD 2~4pt(予定)を取得できます。


開催概要

日時2019年9月26日(木)/27日(金)
   両日とも13:30-17:30
(13:00 受付開始)

場所朝日航洋株式会社 東池袋オフィス
   東京都 豊島区 東池袋 4-21-6 第3キンズメンビル5F

定員|16名
講師|今井 優、今井友桂子
主催|朝日航洋株式会社
共催|(一社)地理情報システム学会(予定)
後援|OSGeo財団日本支部
受講料|一般(前払い5,000円)
持ち物|QGIS 3.4 がインストールされたノートパソコン※ ,マウス

 講師は Windows で講習を行います。Mac での受講も可能ですが,動作保証はいたしかねます。

※ 最新のバージョンのQGIS3.8も公開されていますが、現在の長期安定版のQGIS 3.4 を使用します。

 Wi-Fi 環境をご用意いたします。講習でインターネットに接続しデータ取得等を行います。

QGISインストール方法

  • Windows版のインストール方法はこちらから。

キャンセルポリシー

受講料は Peatix からの前払いとなります。
やむを得ない理由によりキャンセルされる場合は,セミナー前日までにご連絡ください。
チケット購入代金を Peatix のキャンセル規定に従いキャンセル・返金させていただきます。


領収書について

Peatix から発行される領収データの利用をお願いいたします。

朝日航洋について

朝日航洋は,ヘリコプターとビジネスジェット機を軸とした航空総合サービスと,先進技術を駆使した3次元デジタル計測・解析などを行う空間情報サービスを提供する企業です。
「誰もが気軽に GIS を使える社会」を目標に,2008 年から QGIS の講義・セミナーへの講師派遣や QGIS 日本語化プロジェクトに取り組んできました。
近年は QGIS スポンサー企業として,開発プロジェクトの支援も行っています。

地理空間情報技術講座 (GITEC) 初級・第5回

http://stinfodesign.net/gittok/gitec_b5/

地理空間情報技術講座 (GITEC)
初級・第5回
主催:一般社団法人地理情報システム学会・GIS資格認定協会 (GISCA)

cafeGuide

期間
2019年9月25日(水)〜27日(金)9:30〜17:30

場所
国際航業株式会社
東京都千代田区六番町2

 

趣旨
GIS学会賞及び国土地理院電子国土賞を受賞した、地理空間情報技術(GIT)学習支援ソフトウェア (gittok)を使った演習を通じて、地理情報標準を基礎とするGITの知識体系、つまり、モデリング、データ取得、管理、解析、交換及び地図デザインを、3日間かけて網羅的に学習します。それによって、さらに深い知識習得を自ら行えるようにすることを目指す、初級講座です。

対象者
1) 地理空間情報技術に関する知識の習得を望む方
2) GISCA認定のGIS上級技術者 (GISE) の認定や更新を目指す方
3) 測技協の地理情報標準認定資格(S-GI-Cert)の取得を目指す方

講師
太田守重(国際航業フェロー)
博士(工学)東京大学・GIS名誉上級技術者・ISO/TC 211 国内委員会委員

受講者数
先着20名様

受講料
無料

スケジュール(予定)

1日目(モデリングと解析)ガイダンス
事前テスト
初めてのgittok 
操作(operation)を体験する 
応用スキーマの設計 
応用スキーマ演習(店舗立地等) 
2日目(データ取得と管理)空間データ取得の共同作業 
座標と座標参照系 
空間スキーマ 
メタデータとジオライブラリ
3日目(データ交換と情報表現)XMLによるデータの符号化と復号化 
地図デザイン1(描画スキーマ設計) 
地図デザイン2(対話型地図の制作)
事後テスト

参加条件
1) 本講座では知識とスキルの積み上げを行ってゆくので,必ず初日から受講してください。
2) インターネットを使用した実習を行うので,Windows または macOS のパソコン及び,ポケットWiFiルータやテザリング可能なスマホなどを必ず持参してください。
なお,各自1口ずつの電源は提供します.これらの条件が満たされない場合は,受講をご遠慮いただきます。

認定
GISCA教育参加証:全て参加した方にはGISCA認定のGIS 教育参加証(時間数21時間)を授与します。これはGISEの認定申請や更新に活用することができます。
GITEC修了証:最終試験で70点以上獲得した方には、修了証を授与します。これによって、中級講座の、参加資格を得ることができます。
測量系CPD参加証明書:あらかじめ希望した方で,全て参加した方には,測量系CPD参加証明書を交付する予定です。

申し込み
下記の問い合わせアドレスまで、氏名、所属、測量系CPD参加証明書の交付希望の有無をご記入の上、メールで申し込んで下さい。

申し込み期限
9月18日 24:00

中級講座の開講について
11月28日(木)ー29日(金)に開催する予定です。GITEC初級の修了証を差し上げた方々には,具体的な計画ができたところで,ご連絡します。

関連HP
http://stinfodesign.net/gittok/index_jp.html

問い合わせ
contact



衛星測位・位置情報展(SATEX)

http://www.satex.jp

開催概要

名  称SATEX(衛星測位・位置情報展)2019
会  期2019年9月11日(水)~13日(金) 10:00~17:00
会  場東京ビッグサイト 青海展示棟
主  催SATEX実行委員会
共  催アテックス(株)
後  援内閣府 宇宙開発戦略推進事務局経済産業省国土交通省 国土地理院(順不同)
特別協力(一社) 測位航法学会
来場者数31,000名(予定。N+、EVEX含む)
入場料2,000円(税込)
*招待券持参者,事前登録者は無料
同時開催EVEX(EV・PHV普及活用技術展)
エヌプラス ~新たな価値をプラスする素材・技術の展示会~
   ■セルロースナノファイバーEXPO(CNFEX)【初開催】
   ■マイクロプラスチック対策展(MI-CONEX)【初開催】
   ■プラスチック高機能化展(N-PLEX)
   ■軽量化・高強度化展(MALSEC)
   ■コーティング・表面処理展(COAT-TEC)
   ■接着・接合・ファスニング展(JOINTEC)
   ■耐熱・放熱・断熱展(HEAT-TEC)
   ■受託・加工技術展 【初開催】
フードディストリビューション(FD)
フードファクトリー(FF)
フードセーフティジャパン(FSJ)
フードシステムソリューション(F-SYS)
アグリ・ビジネス・ジャパン(ABJ)

9月11日(水)
11:00
12:00
13:00
13:30~14:15

EV-02

14:00
15:00
16:00

ご希望のテーマをクリックすると、セミナー内容の詳細がご覧いただけます。

9月12日(木)
11:00
12:00
13:00
14:00
14:00~14:45

EV-05

15:00
16:00

ご希望のテーマをクリックすると、セミナー内容の詳細がご覧いただけます。

9月13日(金)

【GISソフト集中講座】徹底!G空間データマスタークラス (仙台)


https://geospatial-masterc0219.peatix.com/

【GISソフト集中講座】徹底!G空間データマスタークラス (仙台)

詳細

▶GISを使いたいと思っているがなかなか踏み出せない。
▶GISソフトの種類や使い方がよく分からない。
▶どんなデータが世の中にあるのかよく分かっていない。
▶どうやって自分のビジネスに活かせばよいのか分からない。

もしあなたに「GISをすぐ使いたい!」
という気持ちがあるなら、

私達に10時間だけください。

GISを使いたい、使いこなしたい重要なポイントをお伝えします。

---------------------------------------------------
徹底!G空間データマスタークラス2019
-初めてでも解る!GISソフト集中利活用講座-
---------------------------------------------------
日程: 2019年9月9日(月) 13:00-17:30、 9月10日(火) 10:00-17:30 (2日間)
定員: 各日20名程度  最低催行人数 8名程度
受講料: 35,000円(全日程)
対象: 位置情報付地図、地理空間情報をビジネスに活用したい方、されている方
講師: 大伴真吾 & 瀬戸寿一

内容: QGISソフトウェアのインストール(事前学習)~こなれたデータ加工の仕方、世の中に出回っている地理空間情報データの最新トレンドのポイントを実際のデータ地図を元に実習・解説していきます。
---------------------------------------------------

<本講座のポイント>

・初心者参加OK。但し、本気でGISを使いこなしたい人だけお申込みください。

・QGISの基本から上級テクニックまで一連を受講できる貴重な短期集中講座です。

・講義中心ではなく、実習ワークにフォーカスした講座です。そのため有償のデータを実習ワークで使います。

初心者でもご安心して参加できるように、

講座前に、事前準備資料をご提供します。(提供時期は申込締切直後)

講座開講後、期間限定で復習用の講座動画と質問サポートをご提供します。

・全日程参加の場合、測量系CPDポイント10時間分が付与となります。


<講座概要1日目>13:00-17:30

内容① 地理空間データの最新事情とG空間情報センターの役割

地理空間データを取り巻く日本の業界事情と今後の可能性、G空間情報センターの役割や利活用事例

内容② GISソフトウェアをスムーズに使うテクニック

QGISの基本的な操作を通じて、どんなG空間データがあるのかを知る

内容③ QGISを使って地図を作るテクニック

QGISを使用して、自分でマップデータを加工するテクニック

<講座概要2日目>10:00-17:00

内容④ G空間データの特徴を捉えた加工テクニック

人気のG空間データの特徴を掴み、活用の可能性を広げるためのデータ加工テクニック

パイオニア:災害時の通行実績データ/ 熊本地震前後の通れた道の比較を行う
 Agoop:ポイント型流動人口データ/ 成田空港に入った人の1日の動きを時系列的に見る 他

内容⑤ G空間データをビジネスイノベーションに活かすワーク

自社のデータサービスの可能性を広げる為にはどんな可能性があるのか、アイディアを現実プロジェクトに活かす方法を見出す

*当日のカリキュラムは変更となる場合がありますので予めご了承ください。

<担当講師>

大伴 真吾
(一社)社会基盤情報流通推進協議会・理事。(一社)地理情報システム学会GIS資格認定協会・幹事長。(公財)日本測量調査技術協会 地理情報標準認定制度講習・試験委員会・委員長 等

瀬戸 寿一
東京大学空間情報科学研究センター・特任講師。総務省地域情報化アドバイザー。国土地理院測量行政懇談会 臨時委員 等

<お申込み概要>

1. 申込種類

(ア) 2日間(全日程参加) ¥35,000 … 測量系CPDポイント付与対象。 
(イ) 2日目のみ参加 ¥35,000 …測量系CPDポイント付与対象外。
(ウ) 1日目のみ参加 無料 …測量系CPDポイント付与対象外。8月19日(月) 8:00 申込開始

*各日お申込者が定員多数の場合、(ア)全日程参加申し込みの方を優先とさせていただきます。
*2日間全日程参加で、(イ),(ウ)で個別にお申込みされる場合は申込不適用となりますのでご注意ください。

2. 申込方法

*1名1席単位でのお申込み限りとなります。必ず参加するご本人様がお申込みください。

*申込締め切り → 9/4(水) 23:55頃まで お申込み及び決済完了をお願いします。

(ア) 一般の方、企業個人の方 → 本サイトよりお申込みください。
(イ) AIGID幹事会員、トライアルデータパック利用ユーザ
 → 優待サービスに該当される方は、割引コードがあります。本サイトチケットご購入前にoffice(at)aigid.jpまでご連絡ください。
(ウ) 請求書でのお支払いをご希望の方 →
 講座開催前までに入金確認が可能な場合に限ります。お問合せはお早目に、office(at)aigid.jpまでご連絡ください。

3. お持ち頂くもの

・QGIS 3.4以上(3.4.8 LTR推奨)がインストールされたノートパソコン、ACアダプタ、マウス
・筆記用具、印鑑 (情報取扱いに関する誓約書をご記入いただきます)

4. パソコンに関するご注意(重要)

*必ずQGISのソフトウェアをインストールした、インターネットに接続可能なパソコンをお持ちください。
ダウンロードサイト : https://www.qgis.org/ja/site/forusers/download.html

*講義はWindowsで行います。またブラウザはFirefoxかGoogleChromeをご用意ください。
 Macに特化した不具合や不明点については当日対応出来かねますのでご了承ください。

*パソコンは必ずUSBで実習データを取り込めるものをご用意ください。
→パソコンのセキュリティ設定などにより、USBが接続できない、インターネットに接続できない等の不具合のサポートは対応しかねます。

*WiFi環境は会場ものをご利用頂ける予定ですが、ご自身のパソコン等との相性が悪くネット接続できないケースもあります。不安な方はモバイルルータ等ご持参いただくようお願いします。

5. キャンセルについて

*入金決済完了された方でキャンセルの場合、キャンセル料は以下のとおりとなります。

お申込み締切後 参加費の100%
8/20-9/4まで  参加費の50%+返金手数料
8/20以前    参加費の30%+返金手数料
*9/4(水) 23:55を経過しても入金決済が確認できない場合は、お申込みを削除させていただきます。



地球環境GIS講習会2019 「いまさら聞けないGISデータ作成再入門」

http://www.chikyu.ac.jp/publicity/events/etc/2019/0826.html?fbclid=IwAR3-U7B7CONp8UVsiAi9Mab8_7QePRn9Om0yNAnHu5lp7m-EefgihGGHZEE

日 時
2019年8月26日(月)10:30 - 16:00
場 所
総合地球環境学研究所 セミナー室3・4 (⇒アクセス
主 催
総合地球環境学研究所 研究基盤国際センター 情報基盤部門
開催趣旨
地域の環境問題を解決するための研究の現場において、地理情報システム(GIS)は、さまざまな地理的情報を統合し、可視化するためのツールとして重要な役割を果たします。しかし、GISの初歩を学ぶ機会は、あまり多くありません。この講習会では、京都市北部の農地と都市化を題材に、GISを用いて主題図を作成する方法を実習形式で学ぶとともに、これからの地域環境研究にGISや多様な環境情報をどのように活用していけるかということを議論します。
講 師
近藤康久(総合地球環境学研究所准教授)
定 員
約15名(先着順)
受講料
無料(交通費は自己負担)
対象者
GISを用いた環境社会課題の研究にたずさわるかもしくは関心のある研究者、
研究支援者、実務者、大学院生、大学生
受講申込

氏名・所属・職(学年)・メールアドレス・GISの使用経験を、下記申込先へ
メールしてください。

※上記の個人情報は、人間文化研究機構の個人情報取扱保護規程に基づき、適切に管理します。

受講者が持参するもの

・ノートパソコン(QGISをあらかじめインストールしておいてください)

・昼食

申込先
総合地球環境学研究所 研究基盤国際センター 情報基盤部門 GIS講習会担当
E-mail

++プログラム++

  1. 10:30
  2. いまさら聞けない、GISの基礎知識

  3. 12:00
  4. 昼食休憩(QGISのインストールなど前準備を含む)

  5. 13:00
  6. ハンズオン:衛星画像の読み込みとポリゴン作成

  7. 16:00
  8. 終了予定

  9. ※プログラムは予告なく変更する場合があります。



FOSS4G TOKAI 2019

foss4g-tokai.github.io/2019/

2019年8月23日[金] ハンズオン 14:00-17:00
2019年8月24日[土] セッション 10:00-18:00
ヤフー 名古屋オフィス in JRセントラルタワーズ”

FOSS4GとはFree Open Source Software for GeoSpatialの略であり, オープンソースの地理情報ソフトウェアを指しています. また,それらを事例紹介体験学習を通して学ぶイベント名でもあります. FOSS4Gは国際非営利組織のOSGeo財団により支援され, 日本における公式の支部としてOSGeo財団日本支部が活動しています.FOSS4G TOKAI は東海地方のイベントとして, 2017年にスタートし,今回で3回目の開催となります(昨年度の様子:FOSS4G Tokai 2018).

ハンズオン
(体験学習)

2019年8月23日[金]
14:00-17:00(13:30受付開始)

セッション
(講演会)

2019年8月24日[土]
10:00-18:00(9:30受付開始)

懇親会&
ライトニングトーク

2019年8月24日[土]
18:30~


行動規範(CODE OF CONDUCT)

FOSS4G TOKAIでは,皆様に心地よく,そして楽しく参加していただけるよう,行動規範を設けています.私たちは,性別,年齢,性的指向,身体的特徴,人種や職業,思想や信条や生き方,技術力や技術の選択・手法などのさまざまな個人のありかたに対して,ハラスメントを許容しません. もしハラスメントや侮辱的言動,イベントへの妨害となる行為や周囲を不快にする言動を取った場合,私たちは当該参加者に退出を求めたり,今後の参加をお断りしたり,法的措置をとる場合があります. 私たちは,FOSS4G TOKAIの全ての参加者に対して,行動規範に従うことを求めています. 
行動規範の全文はこちらのページでご覧ください.

ハンズオン

日時:8月23日[金] 14:00-17:00(13:30から受付開始)
会場:ヤフー 名古屋オフィス

QGIS初級編〜会場周辺の地質図を見てみよう〜

講師:吉中 輝彦

ほぼ ノン・プログラムでAI×G空間データ分析

講師:株式会社オービタルネット



学術情報メディアセンターセミナー 「観光情報学」

http://www.media.kyoto-u.ac.jp/accms_web/event/1715.html?fbclid=IwAR1xP2ELAoGAD4R5MbZwjXi4A7dTF1MfUeOuyy03Ag0gbNuvrs-y6J2r3W8

学術情報メディアセンターセミナー 「観光情報学」

Post date:2019/06/24

京都大学学術情報メディアセンターでは、各分野でご活躍の講師をお招きし、それぞれの研究開発活動の内容や現在抱えている課題についてご紹介いただき、参加者を含めて広く議論を行う機会として、月例セミナーを開催しています。

8月2日の学術情報メディアセンターセミナーでは、横浜市立大学の佐藤彰洋先生と東京大学の相 尚寿先生をお招きし、ご講演いただきます。学内外を問わず多数の方のご参加をお待ちしています。

日時2019/08/02(金)16時30分〜18時00分
会場

京都大学 学術情報メディアセンター北館 4階 大会議室http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/
(上記URLのマップ中、42番の建物です)

定員
参加費用無料
参加申込み不要
主催

京都大学 学術情報メディアセンター

お問い合わせ

京都大学 学術情報メディアセンター  飯山 将晃
電話番号:075-753-9062
メール:iiyama * media.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)

プログラム

◆16時30分~17時15分
講演者: 佐藤 彰洋(横浜市立大学大学院生命ナノシステム研究科 特任教授 / 科学技術振興機構さきがけ研究員)
講演題目: ビッグデータ統合利活用基盤:世界メッシュコードと世界メッシュ統計データ基盤MESHSTATS
講演概要: 科学技術振興機構さきがけ研究「グローバル・システムの持続可能性評価基盤に関する研究」として提案している、日本産業規格地域メッシュコード(JIS X0410)の全世界拡張である世界メッシュコードと、世界メッシュ統計、並びにメッシュ統計生成フレームワーク[1]について説明する。更に、開発中の世界メッシュ統計の利活用基盤であるMESHSTATSを紹介し、観光活動のモニタリング等に利用できる機能について触れる。
[1] 佐藤彰洋著, 統計学One Point 15 メッシュ統計, 共立出版 (2019)
https://www.kyoritsu-pub.co.jp/bookdetail/9784320112667


◆17時15分~18時00分
講演者: 相 尚寿(東京大学 空間情報科学研究センター 助教)
講演題目: スマートフォンを用いた「タイミングの良い」観光情報配信に向けて
講演概要: スマートフォンの位置情報を活用して利用者が普段とは異なる場所にいることを検知し、周辺情報を通知すれば、従来の方法とは比較にならない強力な観光情報配信が実現できる。しかし、私たちは普段と違う場所にいるからといって観光行動の余地があるときばかりとは限らない。スマホ搭載のセンサー類のみを用い、利用者が「観光行動を誘発されうる」状態かを判別することを目指して行っている実証実験の概要と結果について報告する。


 

備考



2019 IEEE地球科学およびリモートセンシング学会サマースクール

gr4s2019.org/

東京工業大学、2019 IEEE地球科学およびリモートセンシング学会サマースクール(GR4S2019)へようこそ。

IEEE地球科学とリモートセンシングサマースクール(GR4S)は、IEEE国際地球科学とリモートセンシングシンポジウム(IGARSS)と同時に開催されます。IGARSS 2019は7月29日から8月2日まで日本の横浜で開催されます。今年のGR4S(GR4S2019)は7月23日から26日まで東京工業大学の大岡山キャンパスで開催されます。大岡山キャンパスは、IGARSS 2019(パシフィコ横浜)の会場から30分のところにあります。

IGARSS 2019の科学的テーマである「災害と環境」に基づいて、GR4S2019は、災害被害マッピングを中心とした講義と実践的な活動の組み合わせを含みます。4日間のサマースクールの毎日は、3日間のセミナーの講義と実地の実験室でのワークショップを1日のテクニカルツアーで提供します。

日付


7月23日火曜日 - 7月26日金曜日


会場


東京工業大学

目黒区大岡山2-12-1

東京都152-8550

プログラム


1日目/ 7月23日(火)


10:00〜11:30 
イメージング、干渉法、偏光測定、ラジオ&ジオメトリ、キャリブレーション、不規則性、応用におけるSARの基礎とデータの解釈(東京電機大学島田正信教授)

12:50〜14:20 
PolSARデータ分解とその応用(新潟大学山口芳雄教授)

14:40-17:10 
ALOS-2処理用SNAP(山口努博士、RESTEC)


2日目/ 7月24日(水)


10:30-12:00 
NIEDでのツアー

14:00-15:30 
センチネルアジア:衛星による防災を支援するための宇宙機関、防災機関、国際機関間の国際協力(川北史郎博士、JAXA)
SARのミッションと応用(大崎正人氏、JAXA)


JAXAでの15:30-16:30 ツアー


3日目/ 7月25日(木)


10:00〜11:30 
光リモートセンシングと画像処理(東京工業大学GIPSA研究室Mauro Dalla Mura教授

13:00〜14:30 
公開セミナー(パヴィア大学パオロガンバ教授) 
「リモートセンシングと人間活動:
社会科学と人間の健康モニタリングのための新しい研究の道」

15:00-18:00 
Google Earth Engine - 地球科学データおよび解析のための惑星規模のプラットフォーム(恩田康氏、Google)


4日目/ 7月26日(金)


10:00〜11:30 
リモートセンシング画像解析のための深層学習(Claudio Persello教授、トウェンテ大学)

13:00〜14:30 
ビッグEOデータアーカイブからの情報発見のためのスケーラブルで正確な方法(ベルリン工科大学BegümDemir教授

15:00-18:00 
災害被害マッピングの実践的実践(理研アドバンストインテリジェンスセンタープロジェクト、ブルーノアドリアーノ博士

18:00〜
ディナー


注:すべてのコースは英語で講義されています。

公開セミナー


2019年IEEE地球科学とリモートセンシング学会サマースクールでの公開セミナー



タイトル:

リモートセンシングと人間活動: 
社会科学と人間の健康監視のための新しい研究経路


   地球観測は、人類と環境の間の相互作用を理解するための鍵です。衛星搭載の複数のセンサの使用、ならびに空中および最近ではUAVプラットフォームは、大気および水質に関して重要である生物物理学的変数に関する情報を抽出することを可能にし、そして一般的に都市部では幸福をもたらす。これまでにないレベルの詳細な土地利用/土地被覆図とこれらの測定値を組み合わせることで、ベクトル媒介病、都市の熱波など、人の健康に対する脅威を監視するためのモデルを決定することができます。



日付時刻:

2019年7月25日木曜日/ 13:00〜14:30


参加者のための要件:

誰でも無料でこのセミナーに参加できます。


言語:

英語


会場:

東京工業大学 
2-12-1大岡山、目黒区

講師

島田雅信


教授
東京電機大学

島田雅信  (M'97 - SM'04 - F'11)は、1977年と1979年に京都大学で航空工学の学士号と修士号を、1999年に東京大学で電気工学の博士号を取得しました。 1979年に日本の開発庁(NASDA、旧宇宙航空研究開発機構(JAXA))で34年間研究プロジェクトを実施しました。その間に、彼は3つの成果を上げました:1)センサー開発:Kuバンドスキャトロメータ、偏波干渉計搭載LバンドSAR 1および2、2)運用アルゴリズムの開発:SARイメージング、干渉測定、偏光測定、キャリブレーション、モザイク、およびアプリケーション、3 )科学プロジェクトを主導する:JERS-1 SARの較正と検証(1992-1998)JERS-1サイエンスプロジェクト(地球規模の熱帯雨林と北方林マッピングプロジェクトと変形分布を検出するためのSAR干渉法)、ALOSサイエンスプロジェクトとPALSAR CALVAL、および時系列PALSAR / PALSAR2モザイクを使用したKyoto and Carbon Initiativeプロジェクト。彼の最も影響を受けた成果は、JERS-1 SAR干渉法を用いた阪神淡路大震災の変形検出、年間の森林減少変化を描いた世界初の世界規模のSARモザイクの生成、およびALOS / PALSAR ScanSARを用いた実験的なほぼリアルタイムの森林減少モニタリングです。 。

現在の研究分野は、衛星搭載および航空機搭載SARの高解像度イメージング(PALSAR-2およびPi-SAR-L2)、キャリブレーションおよび検証、偏波SAR干渉法を含むSARアプリケーション、およびUAVSAR干渉法を使用した移動ターゲット識別です。

2015年4月1日より、東京電機大学教授、JAXA客員研究員、山口大学客員教授を務める。東京電機大学では、卒業生のために18人の学生を指導しました。彼はいくつかの主要な賞を受賞しました:「PALSARラジオメトリックおよび幾何学的校正」、  TGRS、vol。47、いいえ。12、pp。3915-3932、2009年12月および2018年著名な業績賞、IEEE、2018年7月など。    


山口義雄


教授
新潟大学

山口芳雄(IEEEフェロー02)は、1976年に新潟大学の新潟大学で電子工学の学士号を取得しました。1978年と1983年にそれぞれ東京工業大学東京都の学位を取得。

彼は新潟大学の教授です。1978年に、彼は助教授として工学部に入学しました。1988年から1989年まで、彼はシカゴのシカゴにあるイリノイ大学の研究員でした。彼の関心は、レーダー偏光測定、マイクロ波散乱、分解およびイメージングの分野にあります。

山口博士は、IEEE地球科学リモートセンシング学会(GRSS)日本支部長(2002年 - 2003年)、URSI-F日本委員会委員長(2006年 - 2011年)、GRSSニュースレターの副編集長(2003年 - 2007年)を務めました。そして、2011年IEEE国際地球科学とリモートセンシングシンポジウム(IGARSS-2011)の技術プログラム委員会共同議長。彼は日本電子情報通信学会(IEICE)のフェローであり、2008年IEEE GRSS教育賞および2017年IEEE GRSS Distinguished Achievement Awardを受賞しています。


山口勉


RESTEC

山口努がB.Scを受賞しました 1993年に名古屋大学、名古屋大学で宇宙物理学の学位を取得。1995年に福岡の九州大学で海洋学の博士号を取得しました。彼は1995年に日本のリモートセンシング技術センターに参加し、そこでSARデータアプリケーションを担当しています。彼の研究分野は、特にInSAR技術によって寒冷圏上の地球物理学的パラメータを取得するためのSARデータの応用です。2018年、彼は千葉大学、千葉、日本の客員准教授をしています。


川北史郎


JAXA

川北史郎が博士号を取得しました。東京工業大学で工学の学位を取得。1998年に宇宙航空研究開発機構(JAXA)に加わり、宇宙船用の宇宙太陽光発電に関する研究を18年間行った。2016年以来、彼はJAXAの衛星アプリケーションおよびオペレーションセンター(SAOC)に従事しており、そこで現在は準上級エンジニアとして働いています。

彼は太陽光発電や材料研究機関から国際賞を受賞しました。2014年から3年間産業技術総合研究所(AIST)の客員研究員を務め、2015年から九州工業大学の客員講師を務めています。そして大災害。


大木雅人


JAXA

大木正人さんが理事長を受賞しました とM.Sc. 2005年に東京工業大学、2007年に東京大学からそれぞれ地球および惑星科学の学位を取得。2007年に、彼は宇宙航空研究開発機構地球観測研究センターに加わりました。PALSAR、PALSAR-2、およびPi-SAR-L2データの高レベル製品のアルゴリズム開発、および多くの応用分野での共同研究に取り組んでいます。彼は、2010年にIEEE GRSS Japan ChapterからYoung Researcher Awardを受賞しました。彼の研究分野は、偏波および干渉SAR解析、および災害や土地被覆変化のモニタリングへの応用です。


マウロダラムラ


支配人デ会議
GIPSAラボ


東京工業大学特任准教授

Mauro Dalla MuraがB.Scを受賞しました