2014 Indiana GIS Conference: “Mapping a Difference” The Indiana Geographic Information Council (IGIC)

http://gisgig.com/gisevents/2014-indiana-gis-conference-mapping-difference/

Across Indiana, GIS is mapping a difference. The 2014 Indiana GIS Conference will focus on how GIS mapping initiatives; from the small to the large, and from local, regional to statewide – are making a difference in our communities’ infrastructure, services, safety, health, economy, efficiencies and in our lives.

The 2014 Indiana GIS Conference is slated for May 7 & 8, 2014 at the Sheraton Indianapolis Hotel at Keystone Crossing, 8787 Keystone Crossing, Indianapolis, Indiana 46240, (317) 846-2700.

Many hands-on workshops are planned including working with LiDAR data, ArcGIS Online, social media integration with maps and GIS, near infra-red and DEM data use, national map resources, and others. Presentations are being solicited with IGIC offering registration discounts for speakers.

2014 Indiana GIS Conference: “Mapping a Difference”
May 7 & 8, 2014
Sheraton Indianapolis Hotel at Keystone Crossing, 8787 Keystone Crossing, Indianapolis, Indiana 46240, (317) 846-2700
http://www.igic.org/
About IGIC

The Indiana Geographic Information Council (IGIC) is a nonprofit organization whose mission is to lead the effective application of geographic information in Indiana. Our membership includes individuals from all levels of government, private industry, educational institutions and other nonprofit groups. Through our membership and elected board of directors, we strive to make a real difference in Indiana GIS – both for those who use it and those who benefit from it. It is our vision to provide modern, accurate, documented, and accessible geospatial information infrastructure for all of Indiana.

インディアナ州全体で、GISはされている 。違いをマッピング 小さなから大型まで、および州全体への地方、地域から-地域社会のインフラ、サービス、安全性の違いを作っている。2014年インディアナ州のGIS会議がどのようなGISマッピングの取り組みに焦点を当てます、健康、経済、効率化と私たちの生活の中で。

2014インディアナGIS会議はキーストーンクロッシングシェラトンインディアナポリスホテル、8787キーストーンクロッシング、インディアナポリス、インディアナ州46240、(317)846から2700で5月7日&8、2014に予定されている。

多くの実践的なワークショップをLiDARデータ、ArcGIS Onlineの、地図、GIS、近赤外およびDEMデータを使用し、全国地図のリソース、および他のユーザーとソーシャルメディアの統合と協力を含む予定されています。プレゼンテーションIGICスピーカーの登録割引を提供して勧誘している。

2014インディアナGIS会議:「違いのマッピング」
5月7日&8、2014
キーストーンクロッシング、8787キーストーンクロッシング、インディアナポリス、インディアナ州46240、(317)846から2700で、シェラトンインディアナポリスホテル
http://www.igic.org/
IGICについて

インディアナ州地理情報評議会(IGIC)その使命インディアナ地理情報の有効活用をリードしている非営利団体です。私たちのメンバーシップは、政府のあらゆるレベルからの個人、民間企業、教育機関、その他の非営利のグループが含まれています。両方それを使う人と、そこから利益を得る人のための - 私たちのメンバーシップおよび取締役の選出された委員会を通じ、インディアナ、GISの本当の違いを作るために努力しています。それは、現代の正確な、文書化、およびインディアナ州のすべてのためのアクセス可能な地理空間情報インフラを提供するために、私たちのビジョンです。
スポンサーサイト

Esri International Developer Summit Hackathon

http://www.gislounge.com/esri-international-developer-summit-hackathon/

Esri International Developer Summit Hackathon
Filed in GIS Software and Applications by Caitlin Dempsey on January 13, 2014
Share:





From Esri: Esri’s sponsoring another hackathon to see who can build the greatest mapping app in a day. The hackathon will kickoff Esri’s International Developer Summit in Palm Springs.

Participation is free. You can participate as an individual or a team. Prizes will be awarded to winners by Esri and hackathon partners (Stay tuned for details on the exciting technology and data partners we’re lining up!) for various categories. Food and Snacks available throughout the day, so along with high speed Internet and comfortable seating, you’ve got all the ingredients for a day of app building!

Hackathon Mission

Using Esri’s location-based technologies and partner APIs, the goal is to create an app that integrates these technologies with data from our event partner to build the best community-oriented app you can think of!
Time and Place
Kicking off Esri’s Annual DevSummit festivities, hackathon teams will meet on-site at the Renaissance Palm Springs, San Jacinto Room starting at 1pm Sunday March 9th (Sunday) and hack away until Monday March 10th at 10:00am with formal judging to follow.

Hackathon Rules

For a team to win, submissions must incorporate at least one of the following technologies:

Esri Web and/or Mobile API Technology
ArcGIS Online Basemaps and/or GeoServices
More to come soon on additional APIs and Prizes!
* Note: Other technologies may also be used in conjunction with technologies from the aforementioned list.

Judging

Judges will evaluate apps for the following elements:

Innovation and Creative use of Technology
User Experience/User Interface
Potential for Real-World Application
Each team will have an opportunity to present their work, and a panel of judges will review presenting teams to deem one app the best, awarding prizes and the option to do a quick presentation in front of the entire DevSummit audience! On-site participants only. Participants must check into the hackathon room and review the rules in order to be eligible for prizes.

Prizes

1st – Esri International Dev Summit Passes for 2014 or 2015 (team member choice) for each team member (5 max). Winning Team gets a 3-minute slot at the Dev Summit Closing to present their entry to the crowd.
2nd – AR Drones 2.0 Quadrocopter for each team member (5 max)
3rd – RC Copters for each team member (5 max).
Schedule

Sunday, March 9, 2014
• 1:00pm Hackathon kickoff. Introduction to developers.arcgis.comand County of Riverside data. Schedule overview, rules, prizes, code samples and demos, and orientation.
• 2:00pm Hacking begins
• 6:30pm Dinner arrives
• 8:30pm Team check-in, project descriptions and presentation
• 11:00 End of hackathon first day

Monday, March 10, 2014
• 9:00am Doors open to the hackathon room
• 9:30am Final check-in for projects and developers. Presentation schedule finalized
• 10:30am Presentations begin
• 11:30am Judging begins
• 11:50am Winners announced, addresses gathered to ship prizes to eligible team members
Food and Drinks
We will provide dinner and snacks throughout the day to all teams who compete on-site.

Team Registration

* After registering here, sign up at HackerLeague so you can create your team and submit your project.
Notes:
* Registering for this hackathon will give you a hackathon badge. You do not need to be registered for DevSummit to participate in the hackathon. The hackathon badge will allows you to enter the hackathon and does not consistute access to the DevSummit. To attend the DevSummit you will need a DevSummit ticket. If you or your team is not registered for the DevSummit, wins an award and is eligible to go on stage, we will make the arrangements to have you on stage Thursday and get you the credentials to get into the DevSummit.

For more information via Esri’s Hackathon page.


ESRI国際開発サミットハッカソン
に提出されたGISソフトウェアとアプリケーション によってケイトリンデンプシー 2014年1月13日に
シェア:





Esriのから: ESRIのは、一日で最も偉大なマッピングアプリケーションを構築することができます誰が見て別のハッカソンを主催。ハッカソンはパームスプリングスのESRIの国際開発サミットをキックオフします。

参加は無料です。あなたは、個人またはチームとして参加することができます。賞品は、(我々が並んでいる刺激的な技術やデータ、パートナーの詳細については、お楽しみに!)のEsriとハッカソンパートナーによって受賞者に授与されます様々なカテゴリーのために。終日利用可能な食品やスナックなので、高速インターネットと快適な座席と一緒に、あなたはアプリの建物の日のすべての成分を持っている!

ハッカソンミッション

ESRIのロケーションベースのテクノロジーとパートナーAPIを使用して、目標は、あなたが!について考えることができる最高のコミュニティ指向のアプリケーション構築に努めイベントパートナーからのデータでこれらの技術を統合し、アプリケーション作成することです
時間と場所
、ESRIの年次DevSummit祭りキックオフをハッカソンのチームは13時、日曜日3月9日(日曜日)から始まるルネッサンスパームスプリングス、サンジャシントルームでオンサイトで対応し、従うべき正式な審査で午前10時月曜日3月10日まで、離れてハックします。

ハッカソンルール

勝つためにチームのために、サブミッションは、以下の技術の少なくとも1を組み込む必要があります。

ESRI Webおよび/または移動のAPI技術
ArcGIS Onlineのベースマップおよび/またはGeoServices
それ以上は追加のAPIおよび賞にすぐに来て!
*注意:他の技術は、上記のリストからの技術と組み合わせても使用することができる。

審査

審査員は、次の要素のためのアプリを評価します。

技術革新と技術の創造的な使用
ユーザー体験/ユーザーインタフェース
実際のアプリケーションの可能性
各チームは自分の仕事を紹介する機会を持つことになりますし、審査員には賞品全体DevSummitの聴衆の前で迅速なプレゼンテーションを行うためのオプションを授与、1アプリベストを考えるためにチームを提示見直す!オンサイト参加者のみ。参加者は、ハッカソンの部屋にチェックインし、賞品の資格を得るために、ルールを確認しなければなりません。

賞品

第1回 - Esriの国際開発サミットは、各チームメンバー(5 max)のための2014または2015(チームメンバーの選択)のために渡します。チームを勝利すると、群衆に自分のエントリを提示するために閉会開発サミットで3分のスロットを取得します。
第二 - 各チームメンバー(5 max)のためのARドローン2.0 Quadrocopter
第3回 - 各チームメンバー(5 max)のためのラジコンヘリ。
スケジュール

2014年3月9日(日曜日)
午後1時ハッカソンキックオフ•。入門 developers.arcgis.com、リバーサイドデータの郡。スケジュール概要、ルール、賞品、コードサンプルとデモ、および向き。
•2:00 PMハッキングが始まる
ディナーが到着18:30•
20:30チームのチェックイン、プロジェクトの説明やプレゼンテーション•
ハッカソン初日の午前11時終了•

2014年3月10日(月曜日)
ハッカソンの部屋に開放9:00ドア•
9:30 AM•最終チェックインのプロジェクトや開発者のための。確定プレゼンテーションスケジュール
10:30プレゼンテーション•開始
の審査が始まる午前11時30分•
受賞者が発表しました11:50•、アドレスが適格のチームメンバーに賞品を発送するために集まった
食べ物や飲み物
、私たちが、競争のすべてのチームに終日ディナーや軽食を提供しますサイト。

チーム登録

あなたがあなたのチームを作成し、プロジェクトを提出することができますので、*ここで登録した後、HackerLeagueでサインアップしてください。
注意:
*このハッカソンへの登録は、あなたのhackathonバッジを与える。DevSummitがハッカソンに参加するためには、登録する必要はありません。ハッカソンバッジ意志では、ハッカソンを入力することができますし、DevSummitへのアクセスをconsistuteません。DevSummitに参加するには、DevSummitチケットが必要になります。あなたやあなたのチームがDevSummitのために登録されていないが、賞を受賞し、ステージに上がる資格がある場合、我々は契約をDevSummitに入るために、ステージ木曜日にあなたを持っているし、あなたに資格を取得することになります。

経由詳細についてはESRIのハッカソンページ。

GeoInsurance Conference 2014 | Exploiting geospatial capabilities(Corinium Global Intelligence)

http://gisgig.com/gisevents/geoinsurance-conference/

GeoInsurance会議2014 |地理空間機能の活用

11-12 February 2014
London, UK


Today, more insurance companies are relying upon analytics as a strategic technology to promote faster and effective decision making than ever before. As globalisation and increasing catastrophes create risks around the world and at home, more and more complex, geoinformation and location analytics are opening up the insurance industry.GeoInsurance 2014 provides you with in-depth market and practical insight into how insurance companies across the world are leveraging GIS and Location Intelligence capabilities to enhance their decision making when it comes to identifying, managing and mitigating risks.

今日では、より多くの保険会社は、これまで以上に迅速かつ効果的な意思決定を促進するための戦略的な技術としての分析に依存している。グローバル化と増加の大災害は、世界中の家庭でのリスクを作成すると、ますます複雑、地質調査情報と場所Analyticsは保険industry.GeoInsurance 2014を開放していることは、詳細な市場と世界中の保険会社がどのように実用的な洞察を提供しますそれは、管理を特定し、リスクを軽減することになると自分の意思決定を強化するためにGISとロケーションインテリジェンス機能を活用する。

http://www.geospatialinsurance.com/#

Featured Keynote Speakers:

Andreas-Siebert
Andreas Siebert, Head Geospatial Solutions,

MUNICH REINSURANCE COMPANY

Marc-Lehmann
Marc Lehmann, Managing Director, Natural Catastrophe Risk,

WILLIS

Larry-Stokes
Larry Stokes, Property Underwriting Manager,

ZURICH

Daniel-Eriksson
Daniel Eriksson, Head of Products,

FOLKSAM

claudio-busarello
Claudio Busarello, Vice President,

Swiss Re Corporate Solutions

paul-nunn
Paul Nunn, Head of Natural Catastrophe Risk,

SCOR

Leveraging geointelligence capabilities to identify, manage and mitigate risks

Today, more insurance companies are relying upon analytics as a strategic technology to promote faster and effective decision making than ever before. As globalisation and increasing catastrophes create risks around the world and at home, more and more complex, geoinformation and location analytics are opening up the insurance industry.

Geospatial and Location Intelligence have become instrumental in catastrophe management planning and response, risk exposure management, pricing and cost control as well as critical all round decision making.

The GeoInsurance Conference 2014 provides you with in-depth market and practical insight into how insurance companies across the world are leveraging GIS and Location Intelligence capabilities to enhance their decision making when it comes to identifying, managing and mitigating risks.

By attending these 2 days of live interviews, roundtable discussions and presentations, you will develop the know-how and guidance on improving your existing or building a new comprehensive and realistic strategy. Further to this, you will hear how market leaders have developed business cases which they have successfully presented to board level so as to secure real buy-in.

Attending the GeoInsurance Conference 2014 will deliver to you real business opportunity, enabling you to maximise value from your geospatial network infrastructure management solutions.

GeoInsurance Conference expert speakers include:

GeoInsurance Conference Speakers 2014

Who should attend the GeoInsurance Conference 2014?

The GeoInsurance Conference 2014 is a community of leading GIS managers, risk, catastrophe managers, underwriters, IT and technology experts from major UK, European and US insurance companies.

With the list growing quickly, we are delighted to have participation from:-
MUNICH RE * AXA * MITSUI SUMITOMO * SWISS RE * WILLIS * ZURICH * SCOR * FOLKSAM * WILLIS RESEARCH NETWORK * AXIS CAPITAL * SWISS RE CORPORATE SOLUTIONS * AVIVA

How can you get involved in the GeoInsurance Conference 2014?

If you feel that you could add to the debate and discussion at the GeoInsurance Conference 2014, we’d be delighted to hear from you. Please drop us a line on +44 (0)207 866 8138 or email us at enquiries@coriniumintelligence.com

Why not join our community on LinkedIn and join your peers – start discussions, find answers and make new contacts. Simply search groups for GeoInsurance Conference.

Secure your place early and take advantage of the early registration discounts. Book now

We look forward to seeing you in February 2014.

———————————————————————————————

Why is the GeoInsurance Conference 2014 important? Hear from the experts:

“There has been increasing demand in using GIS products within the insurance industry lately. Having a better understanding of the geographical relationships not only increases underwriting quality, it also helps insurance companies to better steer and monitor their portfolio on a very granular level. Since the potential application of GIS within the re-/insurance is many fold and the development evolves with incredible speed it is import to have platforms like the GeoInsurance Conference 2014 to exchange views and opinions and learn from others experience.”
- Claudio Busarello, Senior Underwriter Agriculture, SWISS RE

“Our customers want us to be personal. They want us to appreciate them for who they are and what they do. By using geographical information we can not only make our services more personal, we can also help prevent accidents and even deaths, making our society a better place to live.”
- Daniel Eriksson, Head of Products, FOLKSAM

“In a world increasingly affected by natural catastrophe events, having access to bespoke geographical information systems is becoming essential to help organisations and the wider community identify, visualize, communicate and manage these types of risks. Sourcing good quality exposure data such as accurate location coordinates, elevation data, building characteristics and information on protection measures along with up-to-date hazard information can allow these risks to be assessed and compared on either a global, regional or local level. As a result these types of tools can improve the decision making process around risk management needs (such as insurance) and life safety aspects whether it be for an organisation’s global operations, the wider supply chain exposures or critical lifelines.”
- Marc Lehmann, Managing Director, Natural Catastrophe Risk, WILLIS

“Every underwriter needs to understand the geographical spread of property risks across a portfolio in order to manage the exposures. GIS tools provide a visual aid to identify concentrations of risk, and assist you in the decision-making process.”
- Tian Foo Lim, ARK SYNDICATE MANAGEMENT


注目の基調講演者:

アンドレアス·シーベルト
アンドレアス·シーベルト、ヘッド地理空間ソリューション、

ミュンヘン再保険会社

MARC-レーマン
マーク·レーマン、マネージング·ディレクター、自然災害リスク、

WILLIS

ラリー·ストークス
ラリー·ストークス、不動産の引受マネージャ、

チューリッヒ

ダニエル·エリクソン
ダニエル·エリクソン製品のヘッド、

FOLKSAM

クラウディオ·busarello
クラウディオBusarello、副社長、

スイス再保険企業用ソリューション

ポール·ナン
ポール·ナン、自然災害リスクのヘッド、

SCOR

リスクを識別、管理および軽減するためにgeointelligence機能を活用

今日では、より多くの保険会社は、これまで以上に迅速かつ効果的な意思決定を促進するための戦略的な技術としての分析に依存している。グローバル化と増加の大災害は、世界中の家庭でのリスクを作成すると、ますます複雑、地質調査情報と場所Analyticsは保険業界を開放している。

地理空間およびロケーションインテリジェンスは、災害管理計画と対応、リスク·エクスポージャーの管理、価格設定やコストコントロールだけでなく、重要なすべてのラウンドの意思決定に尽力なっています。

GeoInsurance会議2014は、綿密な市場と世界中の保険会社は、それが、管理を特定し、リスクを軽減することになると自分の意思決定を強化するためにGISとロケーションインテリジェンス機能を活用してどのように実用的な洞察を提供します。

ライブインタビュー、円卓会議やプレゼンテーション、これらの2日間に出席することで、既存の改善や新たな包括的かつ現実的な戦略を構築する上でのノウハウと指導を開発します。これに加えて、あなたが本当の賛同を確保するために、市場のリーダーは、彼らが成功して、ボード·レベルに提示してきたビジネスケースを開発しているか聞くことができます。

GeoInsurance会議2014に参加すること地理空間ネットワークインフラストラクチャ管理ソリューションから価値を最大化できるようにすること、お客様に真のビジネスチャンスをお届けします。

GeoInsurance会議の専門家のスピーカーは次のとおりです。

GeoInsurance会議スピーカー2014

誰がGeoInsurance会議2014に出席しなければならない?

GeoInsuranceコンファレンス2014の主要な英国、ヨーロッパと米国の保険会社からの主要なGISマネージャー、リスク、災害管理者、引受、​​ITおよび技術専門家のコミュニティです。

- :リストは急速に成長して、私達はからの参加があることを嬉しく思いますミュンヘン再保険*アクサ*三井住友*スイス再保険* WILLIS * ZURICH * SCOR * FOLKSAM * WILLIS研究ネットワーク* AXIS CAPITAL *スイス再保険企業用ソリューション*アビバを

どのようにしてGeoInsurance会議2014に巻き込まができますか?

あなたはGeoInsurance会議2014での議論や議論に追加することができないようでしたら、私たちはあなたから聞いて喜んでいるはずだ。(0)207 866 8138 44で私たちの行を削除またはenquiries@coriniumintelligence.comメールでお問い合わせください

なぜ私たちは参加しませLinkedInにコミュニティをして仲間に加わる- 、議論を開始する答えを見つけて、新しい連絡先を作成します。単純にするためにグループを検索GeoInsurance会議。

初期のあなたの場所を確保し、 早期登録割引を利用しています。 予約

当社は、2014年2月であなたをお待ちしております。

-------------------------------

なぜGeoInsurance会議2014が重要なのでしょうか?専門家から話を聞く。

「最近、保険業界内GIS製品を使用する需要があり増加している。地理的な関係のより良い理解を持つことは、引受品質を向上するだけでなく、より良い操縦するために保険会社を支援し、非常に詳細なレベルに自分のポートフォリオを監視します。re-/insurance内のGISの適用の可能性が何倍であり、開発が信じられないほどのスピードで進化しているので、それは見解や意見を交換し、他の人の経験から学ぶことGeoInsurance会議2014のようなプラットフォームを持っている、インポートされる。 "
- Claudio Busarello, Senior Underwriter Agriculture, SWISS RE

「当社の顧客は、私たちは個人的になりたい。彼らは私たちが彼らが誰であるかのためにそれらに感謝したいと彼らは何をすべきか。地理情報を使って、我々は我々のサービスは、より個人的にすることができるだけでなく、我々はまた、我々の社会住みやすい場所となって、事故、さらには死を防ぐことができます」。
- ダニエル·エリクソン製品のヘッド、FOLKSAM

「ますます自然災害事象の影響を受ける世界では、地理情報システムを別注へのアクセスを許すことは、組織を支援し、より広いコミュニティが特定し、視覚化し、通信し、リスクのこれらのタイプを管理するために不可欠になってきている。このような正確な位置座標、標高データ、建物の特性や、最新のハザード情報とともに保護対策に関する情報として、良質の露光データを調達することは、これらのリスクを評価し、世界、地域、または地域レベルのいずれかで比較することができるようにすることができます。その結果、この種のツールは、それが組織のグローバル展開のためになるかどうか(例えば、保険のような)リスク管理のニーズやライフ安全面、広いサプライチェーンのエクスポージャーや、重要なライフラインを中心に、意思決定プロセスを改善することができます」。
- マーク·レーマン、管理監督、自然災害リスク、WILLIS

"すべての引受人は、エクスポージャーを管理するために、ポートフォリオ全体財産リスクの地理的な広がりを理解する必要があります。GISツールは、リスクの集中を識別するために、視覚的な援助を提供し、意思決定プロセスを支援 "。
-天Fooのリム、ARKシンジケート管理を


Agenda - Day One11 February 2014
08:00

Coffee & Registration in the Exhibition Area
Conference Chairman

Corinium Agenda Speaker
Tony Boobier, Insurance Analytics Leader, EMEA, IBM
09:00

Identifying the problems and challenges of implementing GIS solutions within the insurance industry and how they can be used effectively by risk managers to improve business operations

Analysing the impact and influence of GIS technology in managing and mitigating risk and what it can mean for a business operation
Using GIS as a key tool to improve both business operations and client services for risk managers
What maps, models and data are available to risk managers as tools and solutions for identifying and managing risk
Implementing GIS – obstacles and success criteria
Quantifying the tangible business value of geospatial technology in the insurance industry


Corinium Agenda Speaker
Andreas Siebert, Head of Geospatial Solutions,
MUNICH RE

09:30

Alternative methodologies to vendor models for GIS utilisation in the insurance industry

Defining ‘non-modelled’ perils and why it is important to differentiate between ‘non-modelled’ and ‘uncertain’ risk
The importance of understanding perils outside the traditionally modelled areas
Incorporating non-modelled risks in the internal model
How incorporating non-modelled risks in the internal model can strengthen underwriting decisions


Corinium Agenda Speaker
Matthew Foote, Head of Exposure and Catastrophe Management,
MITSUI SUMITOMO

It’s not about Maps – it’s about Data!

James will highlight the three important steps businesses need to consider to integrate enterprise location intelligence into the broader business strategy, and give some useful case studies that demonstrate the value of this type of approach.

Corinium Agenda Speaker
James Brayshaw, Director & GM Location Intelligence, PITNEY BOWES

10:30

Mid-morning coffee in the Exhibition Area
11:00

Utilising GIS as a means to improve resilience to natural hazards

The need to evaluate natural hazard exposure and how monitoring risk with GIS should be a priority for risk managers
Identifying and tackling global perils with regard to natural hazards and why this is a must for catastrophe risk managers
Visualising risk through GIS tools including maps, models and data and why new modes of natural hazard require GIS as a solution
Quantifying natural hazard risks for business operations and client services and why this is crucial in managing and underwriting decisions on hazard risk insurance
What approach can be taken to mitigating natural hazard risk?
Corinium Agenda Speaker
Mark Lehmann, Managing Director – Natural Catastrophe Risk,
WILLIS

11:40

Analysing whether insurance companies are becoming over exposed to hazard risks

Utilising GIS as a key tool to identify fire risks by outlining the key characteristics of fire hazards -behaviour, patterns, frequency and causes.
How GIS can be used in assessing fire risk occurring in congested cities with a focus on the rapid spread of fire from building to building
Putting more emphasis on GIS to monitor risk focusing on the spread of fire and lack of fire service intervention
Why GIS is needed to combat the threat of modern building making fire spread more widespread and how high risk areas can be monitored and the risks managed accordingly
Are you threatening your reinsurance treaties?


Corinium Agenda Speaker
Robert Dakin, Risk Control Manager,
AXA

12:20

Lunch in the Exhibition Area
13:20

Why continued investment in spatial data is increasingly important in accurately assessing flood risk

Enhancing resilience and coverage of flood risk in the face of increasingly common extreme weather events
Addressing the key issues which have arisen as a result of the expiration of the Statement of Principles on the Provision of Flood Insurance and what this means for risk managers when it comes to mitigating flood risk.
Understanding ‘Flood Re’ and why GIS will be a vital component of the scheme
Evaluating flood exposure in the UK with an analysis of likely flood exposure high risk areas through the utilisation of spatial data
Why loss adjusters should be utilising GIS to respond instantly once a flood has occurred


Corinium Agenda Speaker
Eleanor Mclachlan, GIS Manager,
AVIVA

14:00

Examining the challenges presented by flood risk management and the role that spatial data and technology plays in providing a framework for risk mitigation

Improving underwriting decisions through utilising GIS in pinpointing exact locations of risk
Using multiple datasets – the need for underwriters to be skilled in data analysis in order to accurately underwrite flood risk
Updates to spatial data and why it is an essential indicator of future risk
Where might your peak exposure lie with regard to flood management?
How GIS systems allow insurers and underwriters to analyse flood risk in a more granular way than traditional insurance models


Corinium Agenda Speaker
Sian Rolfe, Senior Underwriter,
ARISTA
14:40

Afternoon tea in the Exhibition Area
15:20

CatNet For Clients

Natural Hazards Risk data availability in the Insurance industry
SwissRe Research and development on Natural Catastrophes
GIS in SwissRe’s vision
GEO WebServices and usability for Insurance
Future of GEO Developments in Insurance




Corinium Agenda Speaker
Octavian Iercan, GIS Manager,
SWISS RE

16:00

The increasing importance of using spatial data in risk management

How to manage a multi location, multi business unit accumulation programme
The impact of a pan-European exposure management data requirement
How to encourage customer buy-in to increased data requirements
Use of modelling tools in day to day underwriting
Not just a weather tool!


Corinium Agenda Speaker
Larry Stokes, Property Underwriting Manager,
ZURICH

16:40

Interactive Champagne Roundtable Discussions

Sign up to the table of your choice in the morning then take a seat to discuss a topic of your choice with one our expert speakers in the afternoon. With 6 tables to choose from you have access to a range of solutions to a variety of challenges identified by you and your peers. Sit at a table with a choice of these speakers:

アジェンダ - 一日目2014年2月11日
午前8時

展示エリアでのコーヒー&登録
会議会長

コリニウムアジェンダスピーカー
トニーBoobier、保険解析リーダー、EMEA、IBM
9時00分

保険業界内でのGISソリューションを導入する問題や課題を特定し、それらがどのように業務を改善するために、リスク管理者が効果的に使用することができます

リスクを管理し、緩和するGIS技術のインパクトと影響を分析し、それは何を事業運営のために意味することができます
リスク管理者のためのビジネス·オペレーションとクライアントの両方のサービスを向上させるための重要なツールとしてGISを用いた
何マップ、モデルやデータは、リスクを特定し管理するためのツールやソリューションなどのリスク管理者が利用できる
障害物や成功基準 - GISの実装
保険業界における地理空間技術の具体的なビジネス価値を定量化


コリニウムアジェンダスピーカー
アンドレアス·シーベルト、地理空間ソリューション部長、ミュンヘン再保険

午前9時30

保険業界におけるGISの利用のためのベンダーモデルに代わる方法論

「非モデル化された「危険の定義と、なぜそれが「非モデル化」と「不確実な」リスクを区別することは重要である
伝統的にモデル化された地域外の理解の危険の重要性
内部モデル内の非モデル化されたリスクを組み込む
内部モデルで非モデル化されたリスクを組み込むことは、引受の決定を強化するにはどうすればよい


コリニウムアジェンダスピーカー
マシュー·フット、露出、災害管理部長、三井住友

これは、マップのではない - これは、データについてです!

ジェームズは、企業がより広範なビジネス戦略に企業のロケーションインテリジェンスを統合し、このタイプのアプローチの価値を示すいくつかの有用なケーススタディを与えることを検討する必要がある三つの重要なステップをハイライト表示さ​​れます。

コリニウムアジェンダスピーカー
ジェームズBrayshaw、取締役GMロケーションインテリジェンス、ピツニーボウズ

午前10時30分

展示エリアでの午前中のコーヒー
11時00分

自然災害への回復力を向上させるための手段として、GISを活かした

自然災害の暴露とどのようにGISと監視リスクを評価する必要性がリスク管理者のための優先事項であるべき
特定し、自然災害に関するグローバルな危険に取り組む、なぜこれが大災害のリスク管理者のための絶対必要です。
マップ、モデルやデータを含むGISツールによるリスクをビジュアルに、なぜ自然災害の新モードが解決策として、GISを必要とする
業務や顧客サービスのための自然災害リスクを定量化して、なぜこれが危険リスク保険上の管理や引受決定に非常に重要です
どのようなアプローチは、自然災害リスクを軽減する撮影することができます?
コリニウムアジェンダスピーカー
マーク·レーマン、マネージングディレクター-自然災害リスク、WILLIS

11時40

保険会社がリスクをハザードにさらさかけになってきているかどうかを分析する

火災の危険性 - 行動、パターン、頻度と原因の主な特徴を概説して火災のリスクを識別するための重要なツールとして、GISを活かした。
GISは、建物に建物から火災の急速な普及を中心とした混雑の都市で発生した火災の危険性を評価する際にどのように使用できるか
火災や消防の介入の欠如の普及に注力し、リスクを監視するために、GISに重点を置く
GISは、延焼をより広範囲に、どのように危険性の高い地域を監視することができ、それに応じて管理されるリスクせる近代的な建物の脅威に対抗するために必要な理由
あなたの再保険協定を脅かしていますか?


コリニウムアジェンダスピーカー
ロバート·デーキン、リスクコントロールマネージャ、アクサ

12時20分

展示エリアでの昼食
午前13時20分

空間データの継続的な投資は、正確に洪水リスクを評価する際に、ますます重要である理由

ますます一般極端な気象現象に直面して洪水リスクの回復力とカバレッジの向上
洪水保険の提供に原則声明の満了とそれが洪水リスクを軽減することになると、これはリスク管理手段の結果として生じた重要な問題に対処する。
「洪水再者の理解、なぜGISはスキームの重要なコンポーネントとなります
空間データを利用して可能性が高いフラッド露光高リスク分野の分析を、英国の洪水リスクを評価する
なぜ損害査定は、洪水が発生した時点で即座に対応するため、GISを利用する必要があります


コリニウムアジェンダスピーカー
エレノアマクラクラン、GISマネージャ、アビバ

14時00分

洪水リスク管理、空間データと技術はリスク軽減のためのフレームワークを提供する際に果たす役割が提示する課題を検討する

リスクの正確な位置を特定するにGISを活用を通じて引受決定を改善
複数のデータセットを使用して - 引受人が正確に洪水リスクを引き受けるために、データ解析に熟練であるためには必要性を
空間データへの更新は、なぜそれが将来のリスクの重要な指標である
あなたのピーク暴露は、洪水管理につきましてはどこにあるのでしょうか?
GISシステムは、保険会社や引受会社は、伝統的な保険のモデルよりもよりきめ細かな方法で洪水リスクを分析することを可能にする方法


コリニウムアジェンダスピーカー
シャンロルフ、シニアアンダーライター、ARISTA
午後02時40分

展示エリアでのアフタヌーンティー
15:20

クライアント用CatNet

保険業界における自然災害リスクデータの可用性
SwissRe研究自然災害での開発
SwissReのビジョンにおけるGIS
GEOのWebサービスと保険の使い勝手
保険におけるGEO開発の未来




コリニウムアジェンダスピーカー
オクタヴィアンIercan、GISマネージャ、スイス再保険

16時00分

リスク管理における空間データを使用することの重要性が増し

マルチロケーション、複数のビジネス·ユニットの蓄積プログラムを管理する方法
汎欧州被ばく管理データ要件の影響
どのように増加したデータの要求に顧客の賛同を奨励する
日引受に日のモデリングツールを使用する
気象ツールだけではなく!


コリニウムアジェンダスピーカー
ラリー·ストークス、不動産の引受マネージャ、チューリッヒ

16時40

対話型のシャンパンラウンドテーブルディスカッション

午前中にお好みのテーブルにサインアップして、午後に1我々の専門家のスピーカーを選択したトピックを議論するために席を取る。6を使用すると、中から選択するテーブルには、あなたとあなたの仲間で識別されるさまざまな課題の解決策の範囲にアクセスすることができます。これらのスピーカーを選択して、テーブルに座る。

Agenda - Day Two12 February 2014
08:00

Coffee & Registration in the Exhibition Area
Conference Chairman

Corinium Agenda Speaker
Tony Boobier, Insurance Analytics Leader, EMEA, IBM
09:00

Session title and content to be confirmed



Corinium Agenda Speaker
Fiona Shaw, Executive Director,
WILLIS RESEARCH NETWORK

09:40

Application of GIS solutions within Agriculture Underwriting

Analysis of actual planting conditions by using remote sensing data and GIS
Statistical data enhancement by combining historical data with satellite imagery in combination with GIS
Geographical data smoothing, why it is important
The vital role of GIS for crop monitoring and forecasting
Data representation and qualitative data analysis


Corinium Agenda Speaker
Claudio Busarello, Vice President,
SWISS RE CORPORATE SOLUTIONS

10:20

Mid-Morning Coffee in the Exhibition Area
11:00

Understanding Geographic Data and how crucial it is to understanding Flood Risk

Analysis of the damage caused by Flooding and what Spatial data is at hand for Risk Managers to produce a Global Flood Exposure assessment.
Using Spatial Data to learn from Catastrophic Events and prepare for future catastrophes.
Flood Mapping – Tools and Solutions for Risk Managers
Where might your peak exposure lie in terms of Flooding
Assessing current building infrastructure and resilience against Flood Rsk


Corinium Agenda Speaker
Speaker to be confirmed
11:40

Using GIS to create an economically viable approach to Flood Insurance

Rising Cost of Floods – How GIS is vital in Managing and Mitigating this Risk
Identifying ‘hot spots’ of globally relevant industries in regions prone to flooding through the use of GIS.
Building adequate Insurance populations to share the Risk of Flooding
The role of Insurers in advising on Risk-Minimisation strategies – The role of GIS
Improving detailed Flood Information during and after a Flood event, the benefits for Risk Managers


Corinium Agenda Speaker
Speaker to be confirmed shortly

12:20

Lunch in the Exhibition Area
13:20

Identifying, Managing and Mitigating Risks in Forest Management

Highlighting the increasing importance of underwriting Forest Insurance in a time of volatile weather patterns
Developing of the Capacity of Underwriters to underwrite Forest Risk through utilising Spatial Data.
Using GIS to base Risk on Future Events as opposed to past Events for Risk Managers.
Why GIS is vital for monitoring Risk in Forest Management
Having Risk in Clear Sight – The Importance of GIS for all Risk Managers.


Corinium Agenda Speaker
Phil Cottle, Managing Director,
FOREST RE (TBC)
14:00

Using GIS for cat model validation: developing your own view of risk

Cat models are powerful tools but developing simplistic scenarios is essential for benchmarking them – back to basics and sense checking
Developing your own view of risk depends on the interaction of hazard, vulnerability and exposure – all of these have a spatial component and to independently validate them is essential.
Using GIS together with statistical tools (R/MATLAB) can be even more powerful
GIS remains an essential tool in visualising risk information and communicating to underwriters and senior management


Corinium Agenda Speaker
Paul Nunn, Head of Natural Catastrophe Risk Modelling,
SCOR

14:40

Afternoon Tea in the Exhibition Area
15:20

How GIS is used by Cat Modelling teams: examples from practice

The importance of using Multiple Models to help narrow uncertainty
Why Reinsurers should not take advantage of information asymmetry, but explore which GIS systems could reduce uncertainty.
Sources of Uncertainty in Catastrophe Risk Models
Understanding Hazard Uncertainty
Why Management need to understand cat risk in the same terms – being estimated with significant uncertainty – as other financial risks.


Corinium Agenda Speaker
Dr. Ana Simao, Senior Catastrophe Modeller,
AXIS CAPITAL
16:00

A Gentle Nudge Will Save Your Life – Changing Driver behaviour

Using GIS to produce models for improving Road Safety
Understanding Risk Models to identify System weaknesses and components (Road User, Vehicles and the Road)
Improving GIS Awareness to analyse crashes and to find future preventative interventions.
Using GIS to monitor Speed through an ISA (Intelligent Speed Adaption) System and what this means for Customer claims.
Using GIS to adapt the environment rather than focusing on Human error in monitoring Risk and assessing Claims.


Corinium Agenda Speaker
Daniel Eriksson, Head of Products,
FOLKSAM GROUP

16:40

Understanding Catastrophe accumulation control and modelling of Terrorism Risks in the 21st Century.

Modelling assumptions made by Risk Managers when analysing Terrorism Risk
Interpreting and visualising of analysis results through the use of GIS
Identification of the key Risk spots for Terrorist Activities
Application to business planning and underwriting: How marginal accumulation control affects underwriting decisions
Control of accumulation across different classes of business affected by Terrorism
Examples of GIS being used to control and model Terrorism Risks.


Corinium Agenda Speaker
Tian Foo Lim, Head of Catastrophe Accumulation & Modelling,
ARK SYNDICATE MANAGEMENT

17:20

End of Conference
In a world increasingly affected by natural catastrophe events having access to bespoke geographical information systems is becoming essential to help organisations and the wider community identify, visualize, communicate and manage these types of risks. Sourcing good quality exposure data such as accurate location coordinates, elevation data, building characteristics and information on protection measures along with up-to-date hazard information can allow these risks to be assessed and compared on either a global, regional or local level. As a result these types of tools can improve the decision making process around risk management needs (such as insurance) and life safety aspects whether it be for an organisation’s global operations, the wider supply chain exposures or critical lifelines.
Marc Lehmann, Managing Director
Natural Catastrophe Risk, WILLIS


アジェンダ - 二日目2014年2月12日
午前8時

展示エリアでのコーヒー&登録
会議会長

コリニウムアジェンダスピーカー
トニーBoobier、保険解析リーダー、EMEA、IBM
9時00分

セッションのタイトルと内容を確認する



コリニウムアジェンダスピーカー
フィオナ·ショウ、エグゼクティブディレクター、WILLIS研究ネットワーク

9時40

農業引受内GISソリューションの適用

リモートセンシングデータとGISを利用して、実際の植栽条件の分析
GISと組み合わせた衛星画像と過去のデータを組み合わせることにより、統計的なデータ拡張
地理データの平滑化は、なぜそれが重要です
作物の監視と予測のためのGISの重要な役割
データ表現と定性データ分析


コリニウムアジェンダスピーカー
クラウディオBusarello、副社長、
スイス再保険企業用ソリューション

午前十時20分

展示エリアでの午前中のコーヒー
11時00分

地理データを理解し、どのように重要なことは、洪水リスクを理解している

リスク管理者のグローバルフラッド露光評価を生成するために洪水や空間どのようなデータによる被害の分析が手元にある。
致命的イベントから学び、将来の災害に備えるため、空間データを使用して。
洪水マップ - リスク管理者のためのツールと​​ソリューション
どこにピーク暴露は、洪水の観点にあるかもしれません
洪水のRs​​kに対する現在の建物のインフラストラクチャと回復力を評価


コリニウムアジェンダスピーカー
確認されてスピーカー
11時40

洪水保険への経済的に実行可能なアプローチを作成するためにGISを用いた

洪水コストの上昇 - GISは、このリスクを管理し、緩和に非常に重要ですどのよ​​うに
GISを利用して洪水になりやすい地域では世界的に関連する産業の「ホットスポット」を特定する。
洪水のリスクを共有するために十分な保険集団を構築する
リスク最小化は戦略上の助言にある保険会社の役割 - GISの役割
洪水イベント中と後の詳細な洪水情報を改善し、リスク管理者にとってのメリット


コリニウムアジェンダスピーカー
まもなく確認されるスピーカー

12時20分

展示エリアでの昼食
午前13時20分

識別、管理、森林管理の問題を緩和するリスク

揮発性の気象パターンの時に森保険引受の重要性の高まりを強調
空間データを利用を通じて森林のリスクを引き受けることを保証引受人の能力を開発する。
リスクマネジャーのための過去の出来事とは対照的に、将来の出来事に関する基本リスクにGISを用いた。
GISは、森林管理の監視、リスクのために不可欠である理由
すべてのリスク·マネジャーのためのGISの重要性 - クリアサイト内のリスクがある。


コリニウムアジェンダスピーカー
フィル·コトル、マネージング·ディレクター、FOREST RE (TBC)
14時00分

猫のモデル検証のためのGISを使用した:リスクの独自のビューを開発

猫のモデルは強力なツールですが、単純なシナリオを開発することは、それらをベンチマークに不可欠である - 基本に戻ってセンスチェック
脆弱性と暴露、危険の相互作用に依存リスクの独自のビューを開発する - これらのすべては、空間のコンポーネントがあり、独立して、それらを検証することが不可欠です。
統計ツール(R / MATLAB)と一緒に、GISを使用すると、さらに強力なことができます
GISは、リスク情報を可視化し、引受および上級管理職へのコミュニケーションに不可欠なツールのまま


コリニウムアジェンダスピーカー
ポール·ナン、自然災害リスクモデリング、部長SCOR

午後02時40分

展示エリアでのアフタヌーンティー
15:20

実際の事例:GISをCATモデリングチームがどのように使用するか

狭い不確実性を支援する複数のモデルを使用することの重要性
なぜ再保険会社は、情報非対称性を利用しますが、システムは不確実性を減らすことができるGISどの探るべきではありません。
災​​害リスクモデルにおける不確かさの原因
ハザード不確実性を理解する
なぜ経営者は、同じ用語で猫のリスクを理解する必要がある - 重要な不確実性で推定されている - 他の金融リスクとして。


コリニウムアジェンダスピーカー
博士アナスーマオ、シニア災害モデラー、AXIS CAPITAL
16時00分

ジェントルナッジはあなたの命を救うだろう - ドライバーの動作を変更する

交通安全を向上させるためのモデルを作成するためにGISを用いた
システムの弱点とコンポーネント(道路利用者、車と道路)を識別するために、リスクモデルを理解する
クラッシュを分析し、将来の予防的介入を見つけるためにGIS意識を向上させることができる。
これは顧客の請求のために何を意味するのか、ISA(インテリジェントスピードへの適応性)システムを介して速度を監視し、ためにGISを用いた。
環境に適応するためにGISを用いたのではなく、リスクを監視し、主張を評価する際に人的エラーに焦点を当てた。


コリニウムアジェンダスピーカー
ダニエル·エリクソン製品のヘッド、FOLKSAMグループ

16時40

21テロのリスクの大災害蓄積制御とモデリングを理解するST世紀。

テロのリスクを分析する際に、リスクマネジャーの仮定のモデル化
GISの使用を介して解釈し、分析結果の可視化
テロ活動のための主要なリスクのスポットの同定
限界蓄積制御が引受の決定に与える影響:事業計画や引受への応用
テロの影響を受け、ビジネスの様々なクラスにわたる蓄積の制御
GISの例はテロのリスクを管理し、モデル化するために使用されている。


コリニウムアジェンダスピーカー
天Fooのリム、カタストロフィー蓄積·モデリングのヘッド、
アークSYNDICATEマネジメント

17時20分

会議の終了
保険会社は、かなりの投資の報酬を享受し、より大きな保険会社と、価格と引受を強化するために10年以上にわたり、ロケーションインテリジェンスを使用している。技術が向上し、データをよりアクセス可能になるように、より多くの保険会社は、ロケーションインテリジェンスが提供する粒状の価格と引受を利用することができます。同時に効率を向上。クレーム、不正検出、マーケティング、ビジネス上の利益の領域である。出席GeoInsurance 2014をロケーションインテリジェンスのパイオニアは、自社のビジネスを支えると競争上の優位性を得ているかを聞いて。
陸地測量

Esri Federal GIS Conference

http://www.esri.com/events/federal#

Bringing Our Best to DC

February 10–11, 2014
Walter E. Washington Convention Center
Washington, DC

Agenda at a Glance

Monday, February 10
9:00am–12:30pm

*Break 10:30–11:00 Plenary Session
12:30pm–1:30pm Lunch
12:30pm–6:30pm EXPO & Hands-On Learning Lab
1:30pm– 5:00pm

Immersion Summits
1:30pm-5:00pm

1:30pm–2:30pm
2:45pm–3:45pm
4:00pm–5:00pm
Professional Development Workshops
5:00pm–6:30pm EXPO Social


Tuesday, February 11
8:30am–9:30am Professional Development Workshops
9:45am–10:45am Plenary Session
10:45am–4:00pm EXPO & Hands-On Learning Lab
11:00am–12:00pm Professional Development Workshops
12:00pm–1:30pm Lunch
1:30pm–6:15pm

1:30pm–2:30pm
2:45pm–3:45pm
4:00pm–5:00pm
5:15pm–6:15pm
Professional Development Workshops
- See more at: http://www.esri.com/events/federal/agenda/agenda-at-a-glance#sthash.s2bCH5Yz.dpuf

Exhibits

GIS Solutions EXPO

At this year’s GIS Solutions EXPO, Esri and its partners will showcase the latest in geospatial technology. There are networking and learning opportunities around every corner of the floor.

Demo theaters provide briefings on new technology and applications.
Enclosed areas offer private space for impromptu meetings.
Breaks in the EXPO between sessions give you a chance to recharge and explore.
The expanded Hands-On Learning Lab helps you explore new software.
Lounge areas provide a place to absorb all that you're learning.
EXPO Hours

Browse innovative geospatial solutions and network with other attendees.

EXPO Open Monday, February 10, 2014 12:30 p.m. - 6:30 p.m.
EXPO Open Tuesday, February 11, 2014 10:45 a.m. - 4:00 p.m.
- See more at: http://www.esri.com/events/federal/exhibits#sthash.kEdaZh75.dpuf

出展

GISソリューションEXPO

今年のGISソリューションEXPOで、Esriのとそのパートナーは、地理空間技術の最新情報を紹介します。床の隅々の周りのネットワークと学習の機会があります。

デモ劇場は新しい技術やアプリケーションに関する説明会を提供する。
囲まれた領域は、即席の会議のためのプライベートな空間を提供します。
セッション間EXPOでの休憩はあなたに充電して探検するチャンスを与える。
拡大しハンズオンラーニングラボは、新しいソフトウェアを探るのに役立ちます。
ラウンジエリアでは、学習していることのすべてを吸収するための場所を提供しています。
万博·アワー

他の出席者との革新的な地理空間ソリューションとネットワークを参照。

万博オープン 2014年2月10日(月曜日) 午後6時30分 - 12時30分
万博オープン 2014年2月11日(火曜日) 16:00 - 10:45
- See more at: http://www.esri.com/events/federal/exhibits#sthash.32f0OcT9.dpuf

Registration

What's Included

Registration includes all scheduled workshops, summits, general sessions, beverage breaks, and daily lunches, as well as access to the EXPO, Hands-On Learning Lab and Map Gallery.

Registration Fee
U.S. Federal Employees/Tribes Complimentary
NPOs, NGOs, and International Organizations Complimentary
U.S. State and Local Government Employees* &
Educators/Students

$375
EXPO Only $350
Standard $620
*For 2014, due to current economic and travel restrictions, U.S. state and local government employees with passes to the Esri International User Conference through their ELA and/or Software Maintenance Program may apply these to the Esri Federal GIS Conference.

Payment Options

Visa, MasterCard, American Express, and Discover credit cards are accepted forms of payment.
Make checks payable to Esri:
Esri
Attn: Conference Registration
File #54630
Los Angeles, CA 90074-4630
Confirmation

A confirmation will be sent to you 7 to 10 days after we receive your completed registration form. Check your confirmation for accuracy.

Cancellation Policy

Confirmed registrants who do not attend or who cancel after January 10, 2014, will forfeit their entire registration fee.

Additional Information

If you qualify under the ADA, or have any special needs, email or call Brittanie Conaway at 909-793-2853, extension 1-5625. In keeping with the Esri Privacy Policy, information included in the registration form may be accessible by Esri employees. This information will not be given to any other organization.

- See more at: http://www.esri.com/events/federal/registration#sthash.TV59tlCa.dpuf

登録

含まれるもの

登録はすべてのスケジュール、ワークショップ、サミット、一般セッション、飲料休憩、毎日のランチだけでなく、万博、ハンズオンラーニングラボとマップギャラリーへのアクセスが含まれます。

登録 料金
米国連邦従業員/部族 無料の
NPO法人やNGO、国際機関 無料の
米国州および地方公務員*&
教育者/学生

375ドル
EXPOのみ 350ドル
標準 620ドル
* 2014年のために、電流による経済や旅行制限のために、彼らのELAおよび/またはソフトウェアメンテナンスプログラムを通じてEsriの国際ユーザー会議に渡すと、米国の州および地方政府の職員には、ESRIのGIS連邦会議にこれらを適用することができる。

支払いオプション

ビザ、マスターカード、アメリカンエクスプレス、ディスカバーの クレジットカードは 支払いの形態が受け入れられています。
チェックしてください 支払 :Esriのへ
のEsri
事務局担当:コンファレンス登録
ファイル#54630
ロサンゼルス、カリフォルニア州90074から4630に
確認

確認は私達があなたの完成した登録フォームを受け取る7から10日後にあなたに送信されます。精度については、確認を確認してください。

キャンセルについて

出席していないか、または2014年1月10日後にキャンセルした人が確認され、登録者は、彼らの全体の登録料金は払い戻しされません。

追加情報

あなたは、ADAの下で修飾するか、特別なニーズを持っている場合など、電子メール、または909-793-2853、内線番号1から5625のBrittanieコナウェイを呼び出します。を踏まえて のEsriプライバシーポリシー、登録フォームに含まれる情報には、ESRIの従業員がアクセス可能とすることができる。この情報は、他の組織に与えられたことはありません。

- See more at: http://www.esri.com/events/federal/registration#sthash.ltqA2ktg.dpuf


Get Involved

Map Gallery Submissions — Show off your map making talent. Submit your map online by January 10.

Plenary Image Submissions — Show your colleagues how you use Esri technology by submitting screenshots and photos for use in the opening plenary session. Deadline is January 31.

- See more at: http://www.esri.com/events/federal/get-involved#sthash.6LYM7ktz.dpuf

巻き込まれる

マップギャラリーの提出 -マップ作りの才能を披露する。1月10日、オンラインでマップを送信してください。

本会議映像の提出 -あなたはオープニングセッションで使用するためにスクリーンショットや写真を提出することによってEsriの技術を使用してどのようにあなたの同僚を表示します。締め切りは1月31日です。

- See more at: http://www.esri.com/events/federal/get-involved#sthash.sD9FXx0o.dpuf


会議について

政府幹部、当選者、管理者、GIS専門家、およびNGOは、アイデアを共有するために一緒に来て、新しいパターンを発見し、GISは私たちのすべてが私たちの世界を理解し、違いを生むことができる方法を学ぶところのEsri連邦GISの会議がある。

ワシントンD.C.の現地研修機会として、連邦GIS会議を一意に旅費を最小限に抑えながら、連邦政府のユーザの専門能力開発のニーズを満たすように配置されている。あなたはGISコミュニティに新しいしているか、あなたの地理空間プロジェクトを推進するためのリソースとガイダンスを探しているかどうか、連邦GIS会議はあなたの知識と専門的なスキルを成長させるのに最適な場所です。

About the Conference

The Esri Federal GIS Conference is where government executives, elected officials, managers, GIS professionals, and NGOs come together to share ideas, discover new patterns, and learn how GIS can help us all understand our world and make a difference.

As a local training opportunity in Washington, DC, the Federal GIS Conference is uniquely positioned to meet the professional development needs of federal users while minimizing travel expenses. Whether you’re new to the GIS community or you’re looking for resources and guidance to advance your geospatial projects, the Federal GIS Conference is a great place to grow your knowledge and professional skills.

What You’ll Experience

Esri technology helps virtually every federal agency meet its missions, from providing health care and emergency services to managing facilities and natural resources. As the largest known geospatial technology event for federal agencies, the Federal GIS Conference brings together over 2,700 attendees for two days of intensive training and networking.

The conference focuses on taking a geographic approach to decision making, so you're able to

Base decisions on reliable, more complete information.
Clearly identify issues and respond intelligently.
Foster innovation and collaboration through operations.
See the bigger picture, visualizing patterns and trends.
Share information with colleagues, other organizations, and the public.
- See more at: http://www.esri.com/events/federal/about#sthash.OL8xgOqn.dpuf

何を体験します

ESRI技術は、施設や天然資源の管理に医療や救急サービスを提供してから、ほぼすべての連邦政府機関は、その任務を満たすことができます。連邦政府機関のための最大の既知の地理空間技術イベントとして、連邦GIS会議は集中的な訓練およびネットワーキングの2日間、2,700以上の参加者を結集。

会議では、意思決定への地理的なアプローチを取るに焦点を当てて、それで、あなたはすることができるしている

信頼性の高い、より完全な情報で基地の決定。
明らかに問題を特定し、インテリジェントに応答します。
操作によるフォスターイノベーションとコラボレーション。
パターンや傾向を視覚化する、より大きい絵を見る。
同僚、他の組織、および一般市民と情報を共有する。
- See more at: http://www.esri.com/events/federal/about#sthash.OL8xgOqn.dpuf

Making Government Smarter
Your work moves our country forward, ensures our safety, and helps us engineer a better future. The Esri Federal GIS Conference is designed to help you achieve those goals by empowering you with the training and scientific knowledge you need.

Join policy makers, analysts, and key staff throughout the federal government this coming February in Washington. We’ve optimized this two-day event with even more training and professional development opportunities to complement an agenda that’s focused on helping you collaborate and innovate throughout the government. Here’s a sneak peek at what’s in store for 2014.

More than 100 Professional Development Workshops
Five in-depth Immersion Summits for key operational areas of the government
A dynamic show floor featuring more than 80 partners and their cutting-edge solutions
Two plenary sessions highlighting the latest in geospatial tech and actionable strategies for the federal government
Nearly 12 hours of detailed training exercises at the Hands-On Learning Lab
We’re also bringing more specialized training for developers this year, with the first-ever Esri Developer Summit Washington, DC on February 12th. If you’re attending the Esri Federal GIS Conference (and even if you’re not), you won’t want to miss this separate event for training and education about geospatial tools for developers.


政府よりスマートな作り
あなたの仕事は、前方たちの国を移動し、私たちの安全を確保し、私たちはより良い未来を設計するのに役立ちます。EsriのGIS連邦会議はあなたがあなたに力を与えることによって、これらの目標を達成するために設計されて訓練、必要な、科学的な知識。

今度の2月にはワシントンで連邦政府全体の政策立案者、アナリスト、および主要スタッフに加わる。我々はさらに多くの訓練と、この2日間のイベントを最適化してきた専門的能力の開発には協力し、政府全体でイノベーション支援に焦点を当てたの議題を補完する機会。ここでは2014年のための店で何のスニークピークです。

100以上のプロフェッショナル開発ワークショップ
5人に深い浸漬サミット政府の主要業務分野のための
80以上のパートナーとその最先端のソリューションを搭載し、ダイナミックショーフロア
連邦政府のための地理空間技術と実用的な戦略の最新情報を強調表示する二つの本会議
の詳細な訓練の約12時間のハンズオンラーニング·ラボ
また、初と今年開発者のための特別な訓練をもたらしているのEsri開発者サミットワシントンD.C. 2月12日に。あなたはEsriのGIS連邦会議に出席している(そして、あなたがわからない場合でも)した場合は、開発者向けの地理空間ツールに関するトレーニングや教育のために、この別のイベントを欠場するとは思わないだろう。

GeoUtilities Conference (Corinium Global Intelligence)

http://gisgig.com/gisevents/geoutilities-conference/#

GeoUtilities Conference

28-29 January 2014

London, UK

www.geospatialutilities.com

GeoUtilities 2014 will provide attendees with in-depth market and practical insight into how utility companies across Europe and the US are building and developing robust strategies for investment in geospatial network infrastructure management solutions. By attending these 2 days of live interviews, roundtable discussions and presentations, you will develop the know-how and guidance for improving your existing or building a new comprehensive and realistic strategy. Further to this, you will hear how market leaders have developed business cases which they have successfully presented to board level so as to secure real buy-in. Attending Geo Utilities will benefit your business by enabling you to maximise value from your geospatial network infrastructure management solutions.

GeoUtilities会議

28〜29 2014年1月

英国ロンドン

www.geospatialutilities.com

GeoUtilities 2014は、 欧州と米国の間で電力会社が地理空間ネットワークインフラストラクチャ管理ソリューションへの投資のための強固な戦略を構築し、開発しているどのように綿密な市場と実用的な洞察力を持つ参加者を提供します。ライブインタビュー、円卓会議やプレゼンテーション、これらの2日間に出席することで、既存の改善や新たな包括的かつ現実的な戦略を構築するためのノウハウやガイダンスを開発します。これに加えて、あなたが本当の賛同を確保するために、市場のリーダーは、彼らが成功して、ボード·レベルに提示してきたビジネスケースを開発しているか聞くことができます。ジオユーティリティに出席し、あなたの地理空間ネットワークインフラストラクチャ管理ソリューションから価値を最大化できるようにすることで、あなたのビジネスの利益になる。


http://www.geospatialutilities.com/

GeoUtilities 2014: Increase productivity, decrease costs and improve the overall health of your network infrastructure management

In an increasingly competitive market, utility network operators are striving to better leverage the capital investment in their network assets to support their key objectives of revenue growth, improving cash flows, reducing operating costs, improving customer experience, meeting regulatory commitments, improving public health and safety and maximising shareholder value.

At the same time technology innovation, competition and customer demands are driving the need to exploit network infrastructures and the information captured about that infrastructure more effectively.

For a network operator to take full advantage of a geospatial network infrastructure management solution, it is necessary to engage a wide-cross section of the business to determine where and how business value could be best delivered – and be able to prove it. The most effective way to achieve this is through the development of a robust and realistic implementation strategy, an ROI-based business case and a benefits- delivery roadmap.

GeoUtilities 2014 provides you with in-depth market and practical insight into how utility companies across Europe and the US are building this robust strategy for investment in geospatial network infrastructure management solutions. By attending these 2 days of live interviews, roundtable discussions and presentations, you will develop the know-how and guidance on improving your existing or building a new comprehensive and realistic strategy. Further to this, you will hear from market leaders how they have developed the business case which they have successfully presented to board level so as to secure real buy-in.

Attending GeoUtilities will deliver real business opportunities, enabling you to maximise value from your geospatial network infrastructure management solutions.

GeoUtilities 2014:生産性を向上させ、コストを削減し、ネットワークインフラストラクチャ管理の全体的な健康状態を向上させる

競争が激化する市場では、ユーティリティネットワーク事業者は、より良いの彼らの主要な目標をサポートするために彼らのネットワーク資産への設備投資を活用するために努力している、収益成長をキャッシュ·フローを改善し、運用コストの削減、顧客体験の改善、規制の約束を守ら、公衆衛生の向上及び安全性と株主価値の最大化。

同時に、技術革新、競争、顧客の要求は、ネットワークインフラや、より効果的にそのインフラストラクチャについて取得した情報を活用する必要性を運転している。

するために、ネットワーク·オペレータのための地理空間ネットワークインフラストラクチャ管理ソリューションを最大限に活用するには、どこで判断するために、ビジネスのワイド断面を従事させる必要がある、それを証明することができる-どのようにビジネス価値を最もよく送達され得る。これを実現するための最も効果的な方法は、堅牢かつ現実的な実装戦略、ROIベースのビジネスケースと利点配信ロードマップを開発することです。

GeoUtilities 2014は、詳細な市場と欧州と全米公益事業会社がこの構築しているかに実用的な洞察を提供し、地理空間ネットワークインフラストラクチャ管理ソリューションへの投資のための強固な戦略を。ライブインタビュー、円卓会議やプレゼンテーション、これらの2日間に出席することで、既存の改善や新たな包括的かつ現実的な戦略を構築する上でのノウハウと指導を開発します。これに加えて、あなたは彼らが、彼 ​​らが成功して、実際の賛同を確保するためにレベルを理事会に提出しているビジネスケースを開発したかのマーケットリーダーから聞くことができます。

GeoUtilitiesに出席し、あなたの地理空間ネットワークインフラストラクチャ管理ソリューションから価値を最大化できるようにすること、実際のビジネスの機会をお届けします。

Who should attend GeoUtilities 2014?

GeoUtilities 2014 is a community of leading GIS Managers, Asset Managers, NEtwork Managers,Planners, Data Managers, Spatial Planners, IT and technology experts from major Utility (Electric, Gas, Water & Telecoms) Network Operators Europe and the USA.

With the list growing quickly, we are delighted to have participation from:- SCOTTISH POWER * ORDNANCE SURVEY * SUTTON & EAST SURREY WATER * EDF ENERGY * SEVERN TRENT WATER * BRITISH GAS * SOUTHERN WATER * SSE * NORTHUMBRIAN WATER * NATIONAL GRID * ANGLIAN WATER * WALES & WEST UTILITIES * RWE * UKPOWER NETWORKS * E.ON SWEDEN * VATTENFALL * YORKSHIRE WATER * DONG ENERGY DENMARK * BRISTOL WATER * E.ON BELGIUM * ELECTRIC IRELAND * CEZ GROUP * VEOLIA WATER * ENEL ITALY * ELECTRABEL * ALLIANDER * RWE BELGIUM

How can you get involved in GeoUtilities 2014?

If you feel that you could add to the debate and discussion at GeoUtilities 2014, we’d be delighted to hear from you. Please drop us a line on +44 (0)207 866 8138 or email us at enquiries@coriniumintelligence.com

Why not join our community on LinkedIn and join your peers – start discussions, find answers and make new contacts. Simply search groups for GeoUtilities.

Secure your place at GeoUtilities 2014 now to take advantage of early registration discounts. Book now

We look forward to seeing you in London this January for GeoUtilities 2014.


誰がGeoUtilities 2014に出席しなければならない?

GeoUtilities 2014は、大手のGISマネージャのコミュニティで、アセット·マネジャーズ、ネットワーク管理者、プランナー、データマネージャ、空間プランナー、ITと主要なユーティリティ(電気、ガス、水&電気通信)ネットワーク·オペレータ欧米からの技術の専門家。

- :リストは急速に成長して、私達はからの参加があることを嬉しく思いますスコティッシュ·パワー*兵器の調査* SUTTON&EASTサリーWATER * EDFエナジー*セバン·トレント·ウォーター·ブリティッシュガス*サザン·ウォーター* SSE *ノーサンブリアWATER *ナショナル·グリッド*アングリア水*ウェールズ&ウェストUTILITIES * RWE * UKPOWERネットワークス* E.ONスウェーデン* VATTENFALL *ヨークシャー·ウォーター*東エネルギーデンマーク*ブリストル·ウォーター* E.ONベルギー●電気アイルランド* CEZグループ※ヴェオリア·ウォーター* ENELイタリア*エレク* ALLIANDER * RWEベルギー

どのようにしてGeoUtilities 2014に巻き込まができますか?

あなたはGeoUtilities 2014での議論や議論に追加することができないようでしたら、私たちはあなたから聞いて喜んでいるはずだ。(0)207 866 8138 44で私たちの行を削除、またはメールでお問い合わせくださいenquiries@coriniumintelligence.com

なぜLinkedInに私たちのコミュニティに参加して仲間に加わる- 、議論を開始する答えを見つけて、新しい連絡先を作成します。単純にするためにグループを検索 GeoUtilities。

今までGeoUtilities 2014であなたの場所を確保 早期登録割引を利用しています。 今すぐ予約

我々は、この1月はGeoUtilities 2014ロンドンであなたをお待ちしております。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)

Author:ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)
地理空間情報で社会を少しでもよくしたいジオねこ@うじじすのブログなのだ。
twitter ujigis(ジオねこ@うじじす)
はてなブックマーク ujigislab

GIS の夜明けは近いぜよ!
(もう、何年、同じこと言っとんねん!)
(大体、あんた。佐幕派でしょが!)
最近、夜が明けたかと思ったら、GISはスマホ地図としてみんなに知られて、いまや誰もGISとは言ってくれません。。

姉妹ブログ「うじじす@オープンデータeventブログ」は、 こちら!
http://opendata.blog.fc2.com/

カウンター
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
リンク