FC2ブログ

JpGU 2019 - 日本地球惑星科学連合2019年大会

www.jpgu.org/meeting_2019/index.php
confit.atlas.jp/guide/event/jpgu2019/table/20190526


confit.atlas.jp/guide/event/jpgu2019/table/20190526



ユニオン(U)
ユニオン
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
U-01JpGU-AGU-EGU Great Debate: Impact of research assessment and going forward堀 和明26 PM1E
U-02地球惑星科学分野のダイバーシティ推進状況:国際的な視点から小口 千明26 PM2E
U-03地球惑星科学における学術出版の将来川幡 穂高28 AM1, AM2J
U-04地球惑星科学における高速過程を捉える芳野 極29 PM1, PM229 AM2, PM3J
U-05地球惑星科学の進むべき道9:大型研究計画とマスタープラン2020田近 英一27 AM1, AM2, PM1, PM227 PM3J
U-06100周年を迎えるIUGGへの日本の貢献中田 節也30 AM1, AM2J
U-07連合の環境・災害への対応─予期せぬ地質災害の衝撃に備える─奥村 晃史29 AM2J
U-08日本地球惑星科学連合の将来に向けた大会参加者からの意見と提言浜野 洋三30 PM1, PM2J
パブリック(O)
パブリック
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
O-01ブラタモリの探究—「つたわる科学」のつくりかた萬年 一剛26 PM1, PM2J
O-02地球・惑星科学トップセミナー原 辰彦26 AM1(10:15-11:25)J
O-03高校生によるポスター発表原 辰彦26 AM2(11:30-12:15)26 PM1J
O-04社会とJpGUとの相互交流によって創る新しい地球惑星科学教育藤原 靖26 PM1, PM2J
O-05日本人がやりがちなおかしな英語吉川 知里26 AM2J
O-06激甚化する風水害にどう対応するか松本 淳26 PM1, PM226 AM2, PM3J
O-07キッチン地球科学:手を動かす実験で頭脳を刺激しよう!熊谷 一郎26 AM126 PM2, PM3J
O-08ジオパークで地球活動をイメージする −ジオ多様性の大切さを知ろう−松原 典孝26 AM2, PM126 PM2, PM3J
宇宙惑星科学(P)
惑星科学(PS)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
P-PS01Outer Solar System Exploration Today, and Tomorrow木村 淳27 PM2
28 AM1, AM2
28 PM2, PM3E
P-PS02Regolith Science和田 浩二29 PM1, PM229 AM2, PM3E
P-PS03Solar System Small Bodies: A New Frontier Arising Hayabusa 2, OSIRIS-REx and Other Projects石黒 正晃28 AM2, PM1, PM2
29 AM1, AM2
29 PM2, PM3E
P-PS04火星と火星圏の科学宮本 英昭26 AM1, AM226 PM2, PM3E
P-PS05Recent advances of Venus science佐藤 毅彦27 AM1, AM2, PM127 PM2, PM3E
P-PS06惑星科学黒崎 健二27 AM1, AM2, PM1, PM2
28 AM1
28 PM2, PM3J
P-PS07太陽系物質進化癸生川 陽子26 PM2
27 AM1, AM2
27 PM2, PM3J
P-PS08月の科学と探査長岡 央30 AM1, AM2, PM130 PM2, PM3J
太陽地球系科学・宇宙電磁気学・宇宙環境(EM)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
P-EM09Vertical coupling in the atmosphere and IonosphereLiu Huixin29 PM1, PM2
30 AM1, AM2
29 AM2, PM3E
P-EM10Multi-scale Coupling in the Magnetosphere-Ionosphere-Thermosphere SystemYue Deng27 PM227 PM1, PM3E
P-EM11Dynamics of Magnetosphere and Ionosphere中溝 葵29 PM2
30 AM1, AM2, PM1, PM2
29 PM1, PM3E
P-EM12Space Weather and Space Climate片岡 龍峰27 AM1, AM2, PM1, PM2
28 AM1, AM2
28 PM2, PM3E
P-EM13内部磁気圏海老原 祐輔28 PM1, PM2
29 AM1, AM2, PM1
29 PM2, PM3E
P-EM14Recent Advances in Ionosphere Observation and Modeling for Monitoring and ForecastYang-Yi Sun26 PM1, PM226 AM2, PM3E
P-EM15太陽地球系結合過程の研究基盤形成山本 衛30 AM1, AM2, PM130 PM2, PM3E
P-EM16大気圏・電離圏大塚 雄一29 AM1, AM230 PM2, PM3J
P-EM17宇宙プラズマ理論・シミュレーション梅田 隆行30 PM1, PM230 AM2, PM3J
P-EM18太陽圏・惑星間空間坪内 健29 PM129 PM2, PM3J
P-EM19太陽物理学の最前線今田 晋亮26 PM226 PM1, PM3J
天文学・太陽系外天体(AE)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
P-AE20系外惑星生駒 大洋26 AM1, AM226 PM2, PM3J
宇宙惑星科学複合領域・一般(CG)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
P-CG21宇宙・惑星探査の将来計画と関連する機器開発の展望尾崎 光紀26 AM1, AM2, PM126 PM2, PM3E
P-CG22Shock responses of planetary materials elucidated from meteorites and dynamic compression experiments関根 利守28 PM1, PM228 AM2, PM3E
P-CG23宇宙における物質の形成と進化三浦 均26 AM1, AM226 PM2, PM3J
P-CG24アルマによる惑星科学の新展開武藤 恭之29 AM1, AM229 PM2, PM3J
P-CG25惑星大気圏・電磁圏関 華奈子28 AM1, AM2, PM128 PM2, PM3J
大気水圏科学(A)
大気科学・気象学・大気環境(AS)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
A-AS01⾼性能スーパーコンピュータを⽤いた最新の⼤気科学瀬古 弘29 AM1, AM229 PM2, PM3E
A-AS02台風研究の新展開~過去・現在・未来金田 幸恵30 AM1, AM2, PM230 PM1, PM3E
A-AS03大規模な水蒸気場と組織化した雲システム三浦 裕亮28 PM1, PM228 AM2, PM3E
A-AS04大気化学中山 智喜29 AM1, PM1, PM2
30 AM1, AM2, PM2
30 PM1, PM3J
A-AS05成層圏・対流圏過程とその気候への影響河谷 芳雄29 AM1, AM2, PM129 PM2, PM3J
A-AS06ミクロスケール気象の稠密観測・数値モデリングの新展開伊藤 純至26 PM126 AM2, PM3J
海洋科学・海洋環境(OS)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
A-OS07季節内から十年規模の気候変動と予測可能性望月 崇30 PM1, PM230 AM2, PM3E
A-OS08ECS-Kuroshio and Ryukyu Current System -Observation, modeling and theory-中村 啓彦29 PM1, PM229 AM2, PM3E
A-OS09海洋混合学:物質循環・気候・生態系の維持と長周期変動の解明安田 一郎26 AM1, AM2, PM1
27 PM2
26 PM2, PM3E
A-OS10Atlantic climate variability, and its global impacts and predictabilityIngo Richter30 AM1, AM230 PM2, PM3E
A-OS11陸域海洋相互作用-惑星スケール物質循環山敷 庸亮29 AM1, AM229 PM2, PM3E
A-OS12Marine ecosystems and biogeochemical cycles: theory, observation and modeling伊藤 進一27 AM1, AM2, PM127 PM2, PM3E
A-OS13沿岸域の海洋循環と物質循環田中 潔27 AM2, PM127 PM2, PM3J
A-OS14沿岸域における混合,渦,内部波に関わる諸現象増永 英治29 PM1, PM229 AM2, PM3J
A-OS15陸域と海洋をつなぐ水循環の素過程木田 新一郎27 PM227 PM3J
A-OS16海洋化学・生物学山田 奈海葉27 PM227 PM1, PM3J
A-OS17黒潮大蛇行美山 透28 AM228 PM2, PM3J
A-OS18海洋物理学一般川合 義美28 PM128 PM3J
A-OS19海洋と大気の波動・渦・循環力学田中 祐希27 AM1, AM227 PM2, PM3J
A-OS20全球海洋観測システムによる研究成果と観測システム最適化細田 滋毅28 AM128 PM2, PM3J
A-OS21インド洋域の物理・生物地球化学・生態系と相互連関升本 順夫26 PM226 PM1, PM3J
水文・陸水・地下水学・水環境(HW)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
A-HW22流域の物質輸送と栄養塩循環−源流域から沿岸海域まで−小林 政広29 PM2
30 AM1, AM2, PM1
30 PM2, PM3E
A-HW23水循環・水環境町田 功28 PM1, PM2
29 AM1, AM2
29 PM2, PM3E
A-HW24同位体水文学 2019安原 正也27 AM1, AM227 PM2, PM3J
A-HW25都市域の水環境と地質林 武司27 PM2, PM3J
雪氷学・寒冷環境(CC)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
A-CC26アイスコアと古環境モデリング植村 立28 AM1, AM2, PM128 PM2, PM3J
A-CC27雪氷学縫村 崇行29 AM1, AM229 PM2, PM3J
地質環境・土壌環境(GE)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
A-GE28地質媒体における物質移動,物質循環と環境評価小島 悠揮30 AM130 PM3E
A-GE29エネルギ・環境・水ネクサスと持続的発展張 銘30 AM2, PM130 PM3E
A-GE30地球陸域表層の土壌環境の保全と修復森 也寸志28 PM128 PM2, PM3J
A-GE31New Roles of Soil Science for Extraterrestrials登尾 浩助28 PM228 PM1, PM3J
大気水圏科学複合領域・一般(CG)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
A-CG32Global Carbon Cycle Observation and Analysis市井 和仁28 PM1, PM228 AM2, PM3E
A-CG33中緯度海洋と大気西井 和晃27 PM1, PM227 PM3E
A-CG34衛星による地球環境観測沖 理子29 PM2
30 AM1, AM2, PM2
30 PM1, PM3E
A-CG35地球規模環境変化の予測と検出河宮 未知生29 PM1, PM229 AM2, PM3E
A-CG36地球環境科学と人工知能冨田 智彦30 AM2, PM130 PM2, PM3J
A-CG37北極域の科学漢那 直也30 AM1, AM2, PM230 PM1, PM3J
A-CG38熱帯インド洋・太平洋におけるマルチスケール大気海洋相互作用清木 亜矢子28 AM1, AM228 PM2, PM3J
A-CG39陸域生態系の物質循環加藤 知道28 AM1, AM228 PM1, PM3J
A-CG40沿岸海洋生態系─1.水循環と陸海相互作用藤井 賢彦28 AM1, AM228 PM2, PM3J
A-CG41地球惑星科学における航空機観測利用の推進高橋 暢宏28 PM228 PM1, PM3J
A-CG42海洋表層−大気間の生物地球化学宮崎 雄三29 AM229 PM2, PM3J
A-CG43気候変動への適応とその社会実装石川 洋一26 AM1, PM226 PM1, PM3J
A-CG44沿岸海洋生態系─2.サンゴ礁・藻場・マングローブ梅澤 有28 PM1, PM228 AM2, PM3J
A-CG45水圏科学における可視域リモートセンシングとその応用石坂 丞二28 AM1, AM228 PM2, PM3J
地球人間圏科学(H)
地理学(GG)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
H-GG01Human-Natural system interactions and solutions for environmental managementYuei-An Liou26 AM126 PM2, PM3E
H-GG02自然資源・環境の利用・変化・管理:社会科学と地球科学の接点大月 義徳26 PM226 PM3J
地形学(GM)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
H-GM03Geomorphology八反地 剛29 PM129 PM2, PM3E
H-GM04地形八反地 剛29 AM1, AM229 PM2, PM3J
第四紀学(QR)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
H-QR05第四紀:ヒトと環境系の時系列ダイナミクス小荒井 衛26 AM2, PM126 PM2, PM3J
社会地球科学・社会都市システム(SC)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
H-SC06Role of Geosciences for sustainable use of marine and coastal ecosystems in urbanized world.Kalpana Chaudhari26 PM2, PM3E
H-SC07地球温暖化防止と地学(CO2地中貯留・有効利⽤、地球⼯学)徂徠 正夫29 AM1, AM229 PM2, PM3J
防災地球科学(DS)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
H-DS09地すべりおよび関連現象千木良 雅弘28 AM1, AM2, PM128 PM2, PM3E
H-DS10Natural hazards impacts on human society, economics and technological systemsPETROVA ELENA29 AM1, PM1, PM229 AM2, PM3E
H-DS11Subaqueous Landslides and Their Anthropogenic Impact for Coastal Regions北村 有迅27 PM227 PM1, PM3E
H-DS12Advanced Remote Sensing toward Mega-Disaster Response栄珠 郭27 PM2, PM3E
H-DS13津波とその予測近貞 直孝28 PM2
29 AM1, AM2
28 PM1, PM3J
H-DS14湿潤変動帯の地質災害とその前兆千木良 雅弘27 AM2, PM127 PM2, PM3J
H-DS15人間環境と災害リスク青木 賢人30 PM130 PM2, PM3J
応用地質学・資源エネルギー利用(RE)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
H-RE16資源地質学大竹 翼29 AM2, PM129 PM2, PM3J
H-RE17再生可能エネルギー分野への活用に向けた地球科学データの可能性大竹 秀明28 PM228 PM1, PM3J
計測技術・研究手法(TT)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
H-TT18環境トレーサビリティー手法の開発と適用陀安 一郎28 AM1, AM2, PM128 PM2, PM3E
H-TT19Geographic Information Systems and Cartography小口 高30 PM1, PM230 AM2, PM3E
H-TT20Environmental Remote SensingWei Yang26 AM226 PM2, PM3E
H-TT21石造文化財に応用可能な非破壊分析小口 千明29 PM229 PM1, PM3E
H-TT22浅部物理探査が目指す新しい展開尾西 恭亮28 AM128 PM2, PM3J
H-TT23地理情報システムと地図・空間表現小荒井 衛30 AM230 PM2, PM3J
H-TT24環境リモートセンシング島崎 彦人26 PM2, PM3J
地球人間圏科学複合領域・一般(CG)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
H-CG25International Comparison of Landscape AppreciationPetrova Anastasia29 PM2, PM3E
H-CG26デルタとエスチュアリー:複雑な河口システムへの学際的取り組み齋藤 文紀27 PM127 PM2, PM3E
H-CG27混濁流:発生源から堆積物・地形形成まで横川 美和27 AM1, AM227 PM3E
H-CG28Implementing Integrated Research for Sustainable Future氷見山 幸夫28 PM228 PM1, PM3E
H-CG29海岸低湿地における地形・生物・人為プロセス藤本 潔26 AM2, PM3J
H-CG30内陸地震と原子力発電所の安全性末次 大輔26 PM226 PM1, PM3J
H-CG31原子力と地球惑星科学笹尾 英嗣30 AM1, AM230 PM2, PM3J
H-CG32堆積・侵食・地形発達プロセスから読み取る地球表層環境変動清家 弘治26 PM1, PM226 AM2, PM3J
H-CG33圏外環境における閉鎖生態系と生物システム富田ー横谷 香織26 PM226 PM1, PM3J
H-CG34原子力災害被災地おける農業再生と風評被害払拭のための教育研究溝口 勝30 PM230 PM1, PM3J
固体地球科学(S)
測地学(GD)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
S-GD01重力・ジオイド兒玉 篤郎28 PM1, PM228 AM2, PM3J
S-GD02宇宙測地学の工学利用島田 誠一28 AM128 PM2, PM3J
S-GD03測地学一般・GGOS松尾 功二27 PM1, PM227 AM2, PM3J
地震学(SS)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
S-SS04New methods for seismicity characterizationFrancesco Grigoli26 AM226 PM2, PM3E
S-SS05Induced and triggered seismicity: case-studies, monitoring and modeling techniquesLuca Urpi26 PM126 AM2, PM3E
S-SS06Nankai Trough Seismogenic Zone Experiment: Logging and sampling the seismogenic megathrust金川 久一28 PM128 PM2, PM3E
S-SS07Rigorous Seismicity Modelling and Hypothesis Testing庄 建倉27 PM227 PM1, PM3E
S-SS09地震予知・予測大林 政行29 PM229 PM1, PM3J
S-SS10地震活動とその物理勝俣 啓28 PM1, PM228 AM2, PM3J
S-SS11地震波伝播:理論と応用西田 究27 PM1, PM2
28 AM1
28 PM2, PM3J
S-SS12地殻構造中東 和夫30 PM1, PM230 AM2, PM3J
S-SS13強震動・地震災害栗山 雅之26 AM1, AM2, PM1, PM2 /27 AM1, AM227 PM2, PM3J
S-SS14地震発生の物理・断層のレオロジー岡崎 啓史28 PM2
29 AM1, AM2, PM1
29 PM2, PM3J
S-SS15活断層と古地震小荒井 衛28 PM2
29 AM1, AM2, PM1, PM2
28 PM1, PM3J
S-SS16地殻変動大園 真子26 AM1, AM2, PM126 PM2, PM3J
S-SS17地震学的アプローチによる火山深部のマグマ供給系の解明麻生 尚文29 PM129 PM2, PM3J
固体地球電磁気学(EM)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
S-EM18地磁気・古地磁気・岩石磁気清水 久芳26 AM1, AM2, PM126 PM2, PM3J
S-EM19電気伝導度・地殻活動電磁気学相澤 広記27 AM1, AM227 PM2, PM3J
地球内部科学・地球惑星テクトニクス(IT)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
S-IT20地球型惑星内部での液体の特性とその役割坂巻 竜也26 AM226 PM2, PM3E
S-IT21核-マントルの相互作用と共進化河合 研志27 AM1, AM2, PM1
28 AM1, AM2
27 PM2, PM3E
S-IT23Structure and Dynamics of Earth and Planetary Mantles中川 貴司26 PM1, PM226 AM2, PM3E
S-IT24Attenuation from crust to core: in situ experiments, observaions and implications小西 健介26 AM126 PM2, PM3E
S-IT25Planetary cores: Structure, formation, and evolution寺崎 英紀30 AM1, AM230 PM2, PM3E
S-IT26New perspectives on the geodynamics of East AsiaTimothy B Byrne29 PM1, PM229 AM2, PM3E
地質学(GL)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
S-GL27地球年代学・同位体地球科学田上 高広30 AM1, AM230 PM2, PM3J
S-GL28地域地質と構造発達史大坪 誠27 AM1, AM227 PM2, PM3J
岩石学・鉱物学(MP)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
S-MP29Oceanic and Continental Subduction ProcessesHafiz Ur REHMAN28 PM1, PM228 AM2, PM3E
S-MP30地殻–マントル・コネクション田村 芳彦28 PM1, PM228 AM2, PM3E
S-MP31Supercontinents and Crustal EvolutionSatish-Kumar Madhusoodhan28 AM228 PM2, PM3E
S-MP32変形岩・変成岩とテクトニクス針金 由美子29 AM1, AM2, PM2
30 AM1
29 PM1, PM3J
S-MP33鉱物の物理化学鎌田 誠司29 AM1, AM2, PM129 PM2, PM3J
火山学(VC)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
S-VC34Connecting magma dynamics in vent-conduit system with surface expression of volcanic eruption三輪 学央30 AM1, AM230 PM2, PM3E
S-VC35火山防災の基礎と応用宝田 晋治27 PM1, PM227 AM2, PM3J
S-VC36火山・火成活動と長期予測及川 輝樹26 AM1, AM2, PM126 PM2, PM3J
S-VC37火山噴火のダイナミクスと素過程鈴木 雄治郎30 PM1, PM230 AM2, PM3J
S-VC38活動的火山前田 裕太27 PM2
28 AM1, AM2, PM1, PM2
28 AM2, PM1
27 AM2, PM3J
S-VC39火山の熱水系藤光 康宏27 AM1, AM227 PM2, PM3J
固体地球化学(GC)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
S-GC40Volatile Cycles in the Deep Earth - from Subduction Zone to Hot Spot角野 浩史29 PM1, PM229 AM2, PM3E
S-GC41固体地球化学・惑星化学下田 玄29 PM2, PM3J
計測技術・研究手法(TT)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
S-TT42Recent Advances in Exploration Geophysics 2019三ケ田 均26 AM1, AM226 PM2, PM3E
S-TT43地震観測・処理システム前田 宜浩30 AM230 PM2, PM3J
S-TT44空中からの地球計測とモニタリング楠本 成寿26 PM226 PM3J
S-TT45合成開口レーダー木下 陽平27 AM2, PM127 PM2, PM3J
S-TT46最先端ベイズ統計学が拓く地震ビッグデータ解析長尾 大道27 PM127 PM2, PM3J
S-TT47ハイパフォーマンスコンピューティングが拓く固体地球科学の未来堀 高峰26 AM226 PM2, PM3J
固体地球科学複合領域・一般(CG)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
S-CG48Science of slow earthquakes: Toward unified understandings of whole earthquake process井出 哲29 AM1, PM1, PM2
30 AM1, AM2, PM1, PM2
29 AM2, PM3E
S-CG49ハードロック掘削科学〜陸上掘削から深海底掘削、そしてオマーン〜道林 克禎27 PM2
28 AM1, AM2
28 PM2, PM3E
S-CG50Intraslab and intraplate earthquakes北 佐枝子30 AM1, AM230 PM2, PM3E
S-CG51Role of volatiles on Earth and planetary dynamics石井 貴之30 PM1, PM230 AM2, PM3E
S-CG52岩石・鉱物・資源野崎 達生30 AM230 PM2, PM3J
S-CG53活断層による環境形成・維持小泉 尚嗣30 AM230 PM2, PM3J
S-CG54地球惑星科学におけるレオロジーと破壊・摩擦の物理田阪 美樹28 AM2, PM128 PM2, PM3J
S-CG55地殻流体と地殻変動北川 有一30 AM130 PM2, PM3J
S-CG56海洋底地球科学沖野 郷子26 AM1, AM2, PM1, PM2
27 AM1
27 PM2, PM3J
S-CG57日本列島の構造と進化: 島弧の形成から巨大地震サイクルまで佐藤 比呂志29 AM1, AM229 PM2, PM3J
S-CG58脆性延性境界と超臨界地殻流体:島弧地殻エネルギー土屋 範芳30 PM1, PM230 AM2, PM3J
S-CG59地震動・地殻変動・津波データの即時把握・即時解析・即時予測小木曽 仁30 PM1, PM230 AM2, PM3J
S-CG60沈み込み帯へのインプットを探る:海溝海側で生じる過程の影響山野 誠27 AM2, PM127 PM2, PM3J
S-CG61変動帯ダイナミクス深畑 幸俊27 PM1, PM2
28 AM1, AM2, PM1
28 PM2, PM3J
S-CG62固体地球科学における機械学習の可能性内出 崇彦26 AM126 PM2, PM3J
地球生命科学(B)
地球生命科学・地圏生物圏相互作用(BG)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
B-BG01Elemental cycling in terrestrial and coastal ecosystems- Carbon and Nitrogen perspectivesPunyasloke Bhadury27 PM227 PM1, PM3E
B-BG02地球惑星科学と微生物生態学の接点砂村 倫成28 PM1, PM3J
生物地球化学(BC)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
B-BC03生命-水-鉱物-大気相互作用掛川 武28 PM1, PM228 AM2, PM3J
古生物学・古生態学(PT)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
B-PT04Biomineralization and the Geochemistry of Proxies豊福 高志26 AM1, AM226 PM2, PM3E
B-PT05地球生命史本山 功30 PM130 PM2, PM3J
地球生命科学複合領域・一般(CG)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
B-CG06地球惑星科学 生命圏フロンティアセッション高野 淑識28 AM1, AM228 PM2, PM3E
B-CG07地球史解読:冥王代から現代まで小宮 剛29 AM1, AM229 PM2, PM3J
B-CG08顕生代生物多様性の変遷:絶滅と多様化磯崎 行雄28 AM2, PM128 PM2, PM3J
教育・アウトリーチ(G)
教育・アウトリーチ
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
G-01災害を乗り越えるための「総合的防災教育」中井 仁26 AM226 PM2, PM3J
G-02地球惑星科学のアウトリーチ植木 岳雪26 AM1, AM226 PM2, PM3J
G-03小・中・高等学校,大学の地球惑星科学教育畠山 正恒26 AM1, PM126 AM2, PM3J
領域外・複数領域(M)
ジョイント(IS)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
M-IS01Environmental, socio-economic and climatic changes in Northern EurasiaGroisman Pavel26 PM1, PM226 AM2, PM3E
M-IS02地球掘削科学山田 泰広27 AM1, AM2, PM127 PM2, PM3E
M-IS03アジア・モンスーンの進化と変動,新生代全球気候変化におけるモンスーンの位置づけ山本 正伸30 PM1, PM230 AM2, PM3E
M-IS04Interdisciplinary studies on pre-earthquake processes服部 克巳30 PM1, PM230 AM2, PM3E
M-IS05New technologies to monitor thunderstorm and severe weather activities佐藤 光輝28 PM1, PM228 AM2, PM3E
M-IS06ジオパーク、ジオサイト、石造文化財の保存修復:風化プロセスとダメージアセスメント小口 千明30 PM130 PM2, PM3E
M-IS07アストロバイオロジー薮田 ひかる29 PM2
30 AM1, AM2
30 PM2, PM3E
M-IS08ジオパーク尾方 隆幸27 PM227 PM1, PM3J
M-IS09最新の大気科学:ダスト石塚 正秀30 PM1, PM230 PM3J
M-IS10結晶成長、溶解における界面・ナノ現象木村 勇気28 AM1, AM228 PM2, PM3J
M-IS11水惑星学関根 康人27 PM1, PM2
28 AM1
28 PM2, PM3J
M-IS12津波堆積物千葉 崇30 AM1, AM230 PM2, PM3J
M-IS13生物地球化学木庭 啓介27 AM2, PM127 PM2, PM3J
M-IS14南大洋・南極氷床が駆動する全球気候変動関 宰27 AM1, AM2, PM127 PM2, PM3J
M-IS15遠洋域の進化松岡 篤27 PM227 PM1, PM3J
M-IS16火山噴煙・積乱雲のモデリングと観測佐藤 英一30 AM130 PM2, PM3J
M-IS17歴史学×地球惑星科学加納 靖之27 AM1, AM227 PM2, PM3J
M-IS18地球流体力学:地球惑星現象への分野横断的アプローチ伊賀 啓太27 PM127 PM2, PM3J
M-IS19古気候・古海洋変動岡崎 裕典29 AM2, PM1, PM2
30 AM1, AM2
30 PM2, PM3J
M-IS20山の科学鈴木 啓助27 AM1, AM2, PM127PM2, PM3J
M-IS21ガスハイドレートと地球環境・資源科学戸丸 仁28 AM2, PM128 PM2, PM3J
M-IS22地震・火山等の地殻活動に伴う地圏・大気圏・電離圏電磁現象児玉 哲哉29 PM229 PM1, PM3J
M-IS23惑星火山学野口 里奈27 AM127 PM2, PM3J
M-IS24海底〜海⾯を貫通する海域観測データの統合解析有吉 慶介26 AM126 PM2, PM3J
M-IS25近年の気象災害:要因とその大気水圏・人間圏への影響西井 和晃26 AM226 PM2, PM3J
M-IS26南北両極のサイエンスと⼤型研究野木 義史30 PM130 PM2, PM3J
M-IS27大気電気学:大気電気学研究の自然災害軽減への応用芳原 容英28 AM1, AM228 PM2, PM3J
M-IS28化学合成生態系と熱水・湧水・泥火山ジェンキンズ ロバート27 PM127 PM2, PM3J
地球科学一般・情報地球科学(GI)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
M-GI29Near Surface Investigation and Modeling for Groundwater Resources Assessment and ConservationJui-Pin Tsai28 AM228 PM2, PM3E
M-GI30Data assimilation: A fundamental approach in geosciences中野 慎也29 PM1, PM229 AM2, PM3E
M-GI31Open Science in Action: Research Data Sharing, Infrastructure, Transparency, and International Cooperation村山 泰啓26 AM1, AM2, PM226 PM1, PM3E
M-GI32地球科学とアート・デザイン久保 貴志26 PM2, PM3J
M-GI33データ駆動地球惑星科学桑谷 立27 AM2, PM227 PM1, PM3J
M-GI34海底マンガン鉱床の環境,開発,地球史臼井 朗28 PM228 PM1, PM3J
M-GI35計算科学による惑星形成・進化・環境変動研究の新展開林 祥介28 PM128 PM2, PM3J
M-GI36ソーシャルメディアと地球惑星科学天野 一男29 PM2, PM3J
M-GI37情報地球惑星科学と大量データ処理村田 健史26 PM1, PM226 AM2, PM3J
応用地球科学(AG)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
M-AG38Satellite Land Physical Processes Monitoring at Medium/High/Very High ResolutionJean-Claude Roger30 PM1, PM230 AM2, PM3E
M-AG39海洋地球インフォマティクス坪井 誠司30 PM1, PM230 AM2, PM3J
M-AG40CTBT IMS Technologies for Detecting Nuclear Explosion and Their Applications to Earth ScienceNurcan Meral Ozel30 AM130 PM2, PM3E
M-AG41福島原発事故により放出された放射性核種の環境動態高橋 嘉夫26 PM1, PM226 PM3J
宇宙開発・地球観測(SD)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
M-SD42A new era of international space collaboration using microsatellites栗原 純一26PM226 PM1, PM3E
M-SD44将来の衛星地球観測本多 嘉明29 AM1, AM2, PM129 PM3J
計測技術・研究手法(TT)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
M-TT45雪氷圏地震学豊国 源知29 PM2, PM3E
M-TT46統合地球観測システムとしてのGPS/GNSSの新展開小司 禎教27 AM1, AM2, PM227 PM1, PM3E
M-TT47人新世における高精細地形・地球物理データの活用早川 裕弌27 PM2, PM3E
M-TT48地球化学の最前線角野 浩史26 PM1, PM226 AM2, PM3J
M-TT49インフラサウンド及び関連波動が繋ぐ多圏融合地球物理学の新描像山本 真行30 AM230 PM2, PM3J
その他(ZZ)
Session
ID
タイトル代表コンビーナ口頭セッション
開催日時
ポスター発表
コアタイム
発表言語
M-ZZ50越境火山災害をめぐるガバナンス阪本 真由美28 PM228 PM1, PM3E
M-ZZ51地球惑星科学の科学史・科学哲学・科学技術社会論矢島 道子27 PM2, PM3J
スポンサーサイト

2019年 日本地理学会 春季学術大会 各研究グループの研究集会

http://www.ajg.or.jp/20190306/5199/?fbclid=IwAR1QQMyS4B1-HiMyjyxufJy04DIj0ZDLqdpLErlnwSMttvil_uWl-7954y8

1.日時および会場 3月21日(木)10号館で開催されます.会場はグループ名の後に示します.
2.集会および話題提供
   ―13時~15時開催―
 乾燥・半乾燥地域研究グループ(10302教室)
      
髙村弘毅(立正大)・梶原茂樹(サレジオ学院高):地磁気逆転・チバニアン時代の国本層の水文地質学的特徴
      鹿島 薫(九州大)・髙村弘毅(立正大)・植木岳雪(千葉科学大):湖沼堆積物層を指標とした
         モンゴルゴビ砂漠地域における第四紀後期水文変動の復元
 都市気候環境研究グループ(10303教室)
      
田中博春(成蹊中・高)・狩野真規・宮下 敦:成蹊気象観測所における93年間の気象観測と観測値の経年変化
   土地利用・陸域変化研究グループ(10304教室)
   
中国地理研究グループ(10305教室)
   
 一ノ瀬俊明(国立環境研):中国の地理学界といかに向き合うべきか――四半世紀の変容を顧みて
      阿部康久(九州大):中国地理研究における研究成果の発信方法について考える
   地図・絵図資料の歴史GIS研究グループ(10306教室)
      
古田悦造(東京学芸大・名誉):明治初年における佃島の地価変動――東京都公文書館所蔵の沽券地図の紹介を兼ねて
      山元貴継(中部大)・岡崎菜乃(中部大・学):岐阜県旧益田郡萩原町における地主-小作関係――О家を中心に
   観光地域研究グループ(10307教室)
      
大学生および大学院生による観光地理学研究の紹介と討論
   農業・農村の地理学研究グループ(10308教室)
   
GISと社会研究グループ(10309教室)
      
森田 喬(法政大・名誉)・若林芳樹(首都大)・瀬戸寿一(東京大)・岩崎亘典(農研機構)・
         西村雄一郎(奈良女子大)・ 古橋大地(青山学院大):ICC2019(国際地図学会)の招待講演者から考える
         「GISと社会」
  「新しい公共」の地理学研究グループ(10310教室)
   サービス化と流通の地理学研究グループ(10311教室)
      
前田竜孝(関西学院大・院):大阪府深日における水産物直売施設の開設に伴う漁業経営体への影響
      崎田誠志郎(名古屋大):ギリシャにおける水産物流通構造の多元性――ミクロとマクロ
   台湾の地理学研究グループ(10312教室)
   
―15時~17時開催―
   
近代日本の地域形成研究グループ(10302教室)
   離島地域研究グループ(10303教室)
      
元木理寿(常磐大): 地域資源としての湧水・暗川――沖永良部島の湧水地の保全とケイビング
      堀本雅章(法政大):限界集落における観光地化と住民意識――宮古島市大神島大神集落の事例
   エスニック地理学研究グループ(10304教室)
   
 杉浦 直(岩手大・名誉教授):エスニック都市空間――類型論の試み
      澤 宗則(神戸大)・南埜 猛(兵庫教育大):インド・ネパール・パキスタン料理店の地域戦略の比較
         ――神戸市を事例として
   都市地理学研究グループ(10305教室)
      
牛垣雄矢(東京学芸大):地理学における商業地研究の成果と課題――他の商業地理学的研究との関係を踏まえて
   持続可能な交通システム研究グループ(10306教室)
      
岩谷恭弥(立正大・院):埼玉県北部における地域交通網の変化と地域的課題
   都市の社会・文化地理学研究グループ(10307教室)
      
三橋順子(性社会文化史研究者・明治大・非常勤講師):セクシュアリティと盛り場の再編――東京新宿を中心に
   モンスーンアジアの風土研究グループ(10308教室)
      
小林 基(大阪大・院):イノベーションからみた現代日本の農業地域:――ブランド化と品種転換の事例を中心に
      古市剛久(北海道大):自然地理からみたミャンマーの風土とフード

2018年人文地理学会大会

http://hgsj.org/taikai/2018taikai3rd/

■11月25日(日)

受付開始9:45

場所 C棟2階206



一般研究発表[口頭発表](10:20~15:30)

会場 C棟2階204,1階101,104,105

一般研究発表[ポスター発表](質疑応答時間帯12:00~13:00)

会場:C棟1階106 

9:45以降ポスターの掲示可能。


口頭発表
第一会場(C棟2階204)(10:20~15:30)

10:20~10:45 101 人口移動の影響を考慮した人口再生産指標の提案

丸山洋平(札幌市立大学)

10:45~11:10 102 大阪府八尾市の河内山本住宅地における近年の変容 ―土地利用と人口構成に着目して―

安倉良二(立命館大学・非)

11:10~11:35 103 地方圏における大学設立と進学動向の変化 ―長野県の独自統計を用いて―

栗林 梓(名古屋大学・院)

11:35~12:00 104 地上設置型太陽光パネルの立地特性 ―愛知県東三河地域と静岡県湖西市を事例に―

杉浦啓介(滋賀県立大学・院)



《昼休み 12:00~13:00》



13:00~13:25 105 中国都市における余暇空間の形成過程とその特性 ―瀋陽市鉄西区労働公園を事例に―

石田 曜(京都大学・研修員)

13:25~13:50 106 日本におけるイノベーションの集積パターンと空間的特徴 ―特許発明者データを用いた分析―

木内奎吾(立命館大学・研修生)

13:50~14:15 107 日本におけるアメリカ人マネジャーと中国人マネジャー ―文化変容,立地選好,ネットワーキングの成功方式―

シュルンツェ ロルフ*(立命館大学)・ベイバー ウィリアム(京都大学)

14:15~14:40 108 近代日本における山東菜生産の消長 ―青果物流通統計の分析から―

清水克志(秀明大学)

14:40~15:05 109 野菜生産法人の設立とその存立要因 ―鹿児島県大崎町を事例に―

岡田 登(鹿児島県立短期大学)

15:05~15:30 110 世界大恐慌が与えたハワイ島コナのコーヒー農家への影響

平川 亨(明治大学・院)



第二会場(C棟1階104)(10:20~15:30)

10:20~10:45 201 ウガンダ南部の農村における土地問題と経済格差 ―ガンダ社会における借地権「チバンジャ」に着目して―

中澤芽衣(京都大学・研究員)

10:45~11:10 202 ボツワナ北部カラハリ地域の自然環境と狩猟採集民の関係

芝田篤紀(京都大学・院)

11:10~11:35 203 ウランバートル・ゲル地区における居住者の生計手段

松宮邑子(明治大学・院,日本学術振興会特別研究員DC)

11:35~12:00 204 エスニック・ビジネス再考 ―ミドル「カントリー」の中のマイノリティ―

片岡博美(近畿大学)



《昼休み 12:00~13:00》



13:00~13:25 205 地域特性を活かしたムスリムのための場所づくり ―フランス・ストラスブールにおけるムスリム公共墓地を事例に―

佐藤香寿実(お茶の水女子大学・院)

13:25~13:50 206 国際結婚/インターマリッジとホームに関する予備的考察 ―サモア人移民女性の経験に着目して―

倉光ミナ子(お茶の水女子大学)

13:50~14:15 207 日本における同性パートナーシップ制度の導入 ―地方自治体の動きとLGBT活動家の影響―

吉田道代*(和歌山大学)・新ヶ江章友(大阪市立大学)

14:15~14:40 208 公的および私的な飲酒空間における女性の周縁化 ―近代のカフェーに対する規制を中心として―

中島芽理(神戸大学・院)

14:40~15:05 209 集団就職と大企業 ―小泉製麻における若年女性労働者の移動を中心に―

山口 覚(関西学院大学)

15:05~15:30 210 地方都市の若手創業者が生み出すもの ―長野県上田市での調査から―

中澤高志(明治大学)



第三会場(C棟1階105)(10:20~15:30)

10:20~10:45 301 大和平野における金魚の養殖場の展開と変化 ―金魚池からため池への発展―

新海拓郎(総合研究大学院大学・院)

10:45~11:10 302 中山間地域における土砂災害に対する脆弱性 ―愛知県豊田市小原地区を事例に―

内山琴絵(名古屋大学・院,日本学術振興会特別研究員DC)

11:10~11:35 303 地域文化とは何か? ―よさこいYOSAKOI系イベントを事例に―

内田忠賢(奈良女子大学)

11:35~12:00 304 「竜」をめぐる人文地理学及び生態地理学による比較研究 ―ドイツ・バイロイトにおける「ノトサウルス」発見とゲルマン・ジークフリート伝説の「交点」から―

川西孝男(関西学院大学・博士研究員)



《昼休み 12:00~13:00》



13:00~13:25 305 教会に関わる人々の多様性と空間スケール ―美濃ミッションを事例に―

麻生 将(立命館大学)

13:25~13:50 306 小規模自治体における地域包括ケアシステムと広域連携 ―青森県つがる市と北海道南幌町の事例―

畠山輝雄(鳴門教育大学)

13:50~14:15 307 島根県隠岐の島町におけるごみ処理施設への家庭系ごみ直接持込について ―アンケート調査に基づく分析―

波江彰彦(関西学院大学)

14:15~14:40 308 「海洋国家日本」の批判地政学 ―『防衛白書』の検討から―

山﨑孝史(大阪市立大学)

14:40~15:05 309  江澤譲爾の地政学に関する再検討

柴田陽一(摂南大学)

15:05~15:30 310 日本におけるスポーツの地理学的研究 ―英語圏諸国における研究動向と比較して―

和田 崇(県立広島大学)



第四会場(C棟1階101)(10:20~15:30)

10:20~10:45 401 韓国古代都市における景観の継承 ―南原京の事例―

轟 博志(立命館アジア太平洋大学)

10:45~11:10 402 白山市白山比咩神社の野外寄進物

府和正一郎(北陸大学・非)

11:10~11:35 403 会津郡金井沢村周辺における天明3(1783)年凶作後の死亡危機

川口 洋(帝塚山大学)

11:35~12:00 404 奈良県下における明治の地籍図の成立過程

古関大樹(京都女子大学・非)



《昼休み 12:00~13:00》



13:00~13:25 405 衛星画像と地形モデルを利用した歴史的都市の研究 ―古代フェニキア・カルタゴ系の都市を事例として―

小方 登(京都大学)

13:25~13:50 406 GIS分析による近世と近代の都市空間変遷の歴史地理学的研究 ―「元禄二年堺大絵図」と「昭和17年大阪市航空写真」の比較―

松本裕行(大阪教育大学附属高等学校平野校舎)

13:50~14:15 407 大津における軒下地の存在形態と軒切り

岡本訓明(大阪府立山田高等学校・非)

14:15~14:40 408 巡検学習の実践と評価に関する考察 ―中等教育学校の地理Aにおける導入を中心として―

神田竜也(岡山大安寺中等教育学校)

14:40~15:05 409 新学習指導要領における「地域」関連記述の分析 ―全教科・科目の中での地理的分野の特徴は?―

河本大地(奈良教育大学)

15:05~15:30 410 屯田兵村の集落形態再考 ―散村なのか,集村なのか―

金森正郎(北海道小樽潮陵高等学校)



ポスター発表
会場(C棟1階106)

11月24日(土)質疑応答時間 12:30~13:00,17:30~18:00

25日(日)質疑応答時間 12:00~13:00



P01 常陸国の神話的世界観

石井辰弥(京都学園大学・院)

P02 東国空間言説論 ―『常陸国風土記』から『将門記』を考える―

谷津亮太郎(京都学園大学・院)

P03  言説と古代地理空間

佐々木高弘(京都学園大学)

P04  伝承された古代の呪術的防衛と渡辺党ネットワーク ―茨木童子伝承を中心に―

中山雄斗(京都学園大学・院)

P05  『滋賀県物産誌』を用いた明治初期の滋賀県における自然資源利用の復元

林 珠乃(龍谷大学)

P06  東・東南アジアにおける治水・利水技術の歴史的展開 ―日本を中心とする河川の150年史―

祖田亮次*(大阪市立大学)・大谷真樹(大阪市立大学・院)・横林泰宏(大阪市立大学・院)

P07 近世陣屋の立地展開とその形態の地域的相違

土平 博(奈良大学)

P08 性比からみた地域人口の動向

服部成男(奈良大学・学生)

P09  都道府県別人口の自然増減に対する外国人の影響

山内昌和*(早稲田大学)・中川雅貴・菅桂太・鎌田健司・小池司朗(国立社会保障・人口問題研究所)

P10  ザンビア北西部の民族境界における多民族農村の形成

原 将也(立正大学)

P11 韓国における企業型スーパーの立地動向 ―3大小売チェーンを事例として―

駒木伸比古(愛知大学)

P12 アメリカ国立公文書館所蔵の空中写真 ―標定図の集計による全容把握の試み―

佐藤廉也*(大阪大学)・李 宝峰(大阪大学・院)・高橋 司(大阪大学・院)

2018年人文地理学会大会

http://hgsj.org/taikai/2018_taikai_1st/

■11月24日(土)

受付開始10:00

場所 C棟2階206

 

研究部会[部会アワー](10:30~12:00)

会場 L棟2階201-1,201-2,202,203

一般研究発表[ポスター発表](質疑応答時間帯12:30~13:00,17:30~18:00)

会場 C棟1階106  10:00以降ポスターの掲示可能。

特別研究発表(13:00~16:00)

会場 C棟3階301,302

定時社員総会(会員総会)(16:15~17:30)

会場 C棟3階302

懇親会(18:15~20:00)

会場 学内食堂

懇親会後,臨時バスが出る予定です。詳細については後日,学会ウェブサイトでお知らせします。



研究部会 11月24日(土)10:30~12:00(部会アワー)
<歴史地理研究部会 第152回>(L棟2階201-1) 立命館大学歴史都市防災研究所との共催

テーマ:英国における歴史GISの展開

Studying long-run geographical change with GIS

Humphrey Southall(ポーツマス大学)

Medieval tax in East Anglia, a spatial comparison

Paula Aucott(ポーツマス大学)

コメンテータ  矢野桂司(立命館大学)



<地理思想研究部会 第130回,政治地理研究部会 第26回 共催>(L棟2階202)

帝国日本のリミナリティ ―植民地台湾と沖縄系移民―

松田ヒロ子(神戸学院大学)

コメンテータ 山﨑孝史(大阪市立大学)



<都市圏研究部会 第64回>(L棟2階201-2)

ネットワーク科学・情報科学による人流解析の可能性

藤原直哉(東北大学)



<地理教育研究部会 第44回>(L棟2階203)

テーマ:地理教育におけるグローバルについて

国際地理オリンピックに求められる学力観

小河泰貴(岡山県立津山高等学校)

大学での地誌教育の在り方 ―世界地誌授業の実践を中心として―

辰己 勝(近畿大学・前)


特別研究発表 11月24日(土) 13:00~16:00
第一会場(C棟3階302)(13:00~14:25, 14:35~16:00)

SP11 湿地漁業の文化生態 ―熱帯アジアとカリブ海の事例から―

池口明子(横浜国立大学)

SP12 グローバル都市化するクアラルンプルのランドスケープ/エスノスケープ/ツーリズムスケープの変貌 ―その地誌的素描―

藤巻正己(立命館大学)



第二会場(C棟3階301)(13:00~14:25, 14:35~16:00)

SP21 産業集積とネットワークへの進化的アプローチ

水野真彦(大阪府立大学)

SP22 山村の内発力に学ぶ ―共有林の地域的機能と地域政策―

西野寿章(高崎経済大学)

2018年人文地理学会大会 エクスカーション

http://hgsj.org/taikai/2018taikai3rd/

エクスカーションについて:

奈良地理学会との共催で実施します。

11月23日(金)13:00に近鉄天理線「天理」駅改札前に集合,雨天決行,定員30名

コース:近鉄「天理」駅(13:00)→丹波市町→天理本通商店街→天理教本部(神殿見学)→天理参考館→西山古墳・塚穴山古墳→近鉄「天理」駅(解散16:30頃)

徒歩での移動が中心。

*天理参考館入館料400円,地形図25,000分の1「大和郡山」をご持参ください。

案内者:根田克彦(奈良教育大学・責任者),川口 洋(帝塚山大学),中尾徳仁(天理参考館),西村雄一郎(奈良女子大学)

参加希望者は,11月22日までに下記の奈良地理学会ウェブサイトにアクセスし,氏名・所属,連絡先(メールアドレス,エクスカーション当日に連絡可能な電話番号)を記入して申し込みを行ってください。https://narageo.wordpress.com/

歴史地理学会第249回例会 日韓共同学術セミナーおよび巡検

hist-geo.jp/img/archive/249rei.html

以下の通り,例会を開催いたします。多数ご参加ください。

2018年度 第249回例会のお知らせと報告者の募集

国際学術交流を推進するために,第249回例会において,韓国文化歴史地理学会と共同で下記要領にて日韓共同学術セミナーならびに巡検を開催します。学術セミナーでの報告者を募集しますので,下記の要領をご覧の上,応募ください。

第249回例会 日韓共同学術セミナーおよび巡検
2018年9月15日(土)13時~17時 日韓共同学術セミナー
会 場:中部大学名古屋キャンパス610会議室 (名古屋市中区千代田5-14-22)
アクセス:JR中央本線「鶴舞」駅名大病院口(北口)下車すぐ。地下鉄「鶴舞」駅下車北へ約100メートル。
セミナーの後に懇親会を予定しています。
    9月16日(日)巡検 (名古屋市内)
日韓共同学術セミナーの形式
 日本と韓国の双方から,2名ずつ共同テーマに関する報告を行い,報告者相互ならびに参加者と討議を行う。
共同テーマ:古地図
古地図をキーワードとする緩やかな縛りのなかで,発表テーマを設定する。たとえば,古地図の史資料としての紹介や資料的価値の検討,古地図製作者について,古地図に描かれた都市や村落についてなど,古地図に関わる内容であれば,どのような内容でもよい。対象地域も日本,韓国に限定しない。

発表方式
 日韓双方が母国語で口頭発表するが,発表にはパワーポイントを用いる。スライドは漢字を多用したものか,可能であれば日本語・韓国語併記のものを発表者が用意する。報告時間は約30分,質疑20分程度。質疑応答においては,日本語・韓国語の通訳がつく。発表要旨は,A4版2枚程度のものを日本語版・韓国語版の双方を作成し,当日配布する。発表要旨の韓国語への翻訳は,歴史地理学会が行うが,発表者自らが行ってもよい。

発表の申し込み
 2018年6月末までに,氏名,所属,題目,連絡先を記して,メール・ハガキ・ファックスのいずれかで,下記の歴史地理学会事務局までお申し込みください。なお,募集人数は2名ですので,応募者多数の場合は,集会委員会にて選考させていただきます。ご承知ください。

巡検 
 テーマ:古地図で歩く名古屋。古地図を手に名古屋城下を探索します。
 集合:9月16日 9時00分 名古屋駅中央コンコース金の時計,エスカレーター前   
解散:15時頃 大須(ここから地下鉄で伏見駅乗り換え名古屋駅まで約10分) 
 コース:名古屋駅→メイチカ→円頓寺商店街・屋根神様・堀川五条橋→名古屋城→本町通り→大須 
 案内者:溝口常俊(名古屋大・名誉),山元貴継(中部大),渋谷鎮明(中部大)
 参加費:無料。移動はすべて徒歩です。昼食代は各自の負担となります。
 参加申込み方法:8月20日までに,氏名,所属,当日の連絡先を明記のうえ,メール・ハガキ・ファックスのいずれかで,歴史地理学会事務局までお申し込みください。なお,当日は雨天でも決行します。

第129回地理思想研究部会(開催日:2018年7月28日)

http://hgsj.org/reikaibukai/chirisisou_no129/

第129回地理思想研究部会(開催日:2018年7月28日)
2018年05月21日(月) カテゴリ:例会・研究部会, 学会からのお知らせ, 新着情報
日 時:
7月28日(土)13時30分〜15時30分

会 場:
大阪市立大学大学院創造都市研究科(梅田サテライト)105教室(大阪駅前第二ビル6F)

研究発表:
認知資本主義,市場,価値づけ:政治経済学とアクター・ネットワーク理論の展開・・・・山本泰三(四国学院大学)

司会:立見淳哉(大阪市立大学)

趣 旨:
今回の企画では,『認知資本主義』(ナカニシヤ出版,2016)の編者である山本泰三さんにお越しいただき,政治経済学の観点から,あらためて現代資本主義の変容について論じていただく。そして,労働や財の価値づけをめぐる現実の変化が,これまでの政治経済学の枠組みに変更を迫るなか,ミシェル・カロンの市場的配置agencement marchand論を中心とした,新たな理論フレームの可能性について考えていく。



【お問い合わせ】
連絡先:立見淳哉(大阪市立大学) E-mail: tatemi(at)bus.osaka-cu.ac.jp
※お手数ですが(at)は@に置き換えてください。

地理思想研究部会のホームページ(http://chirishiso.wiki.fc2.com/)

人文地理学会 第289回例会「ホームレス政策とジェントリフィケーション再考」(開催日:2018/7/21)

hgsj.org/reikaibukai/reikai_no289/

第289回例会「ホームレス政策とジェントリフィケーション再考」(開催日:2018/7/21)

日 時:2018年7月21日(土)13:30〜17:30

会 場:お茶の水女子大学 文教育学部1号館1階 第一会議室

地下鉄丸ノ内線「茗荷谷」駅下車、徒歩7分。休日は南門が閉まっていますので、春日通沿いの正門からお入りください。文教育学部1号館は、正門を入って左手奥に進んで、階段を上がったところです。詳細は下記ホームページを参照して下さい。

http://www.ocha.ac.jp/access/ochacampusmap.html

テーマ:ホームレス政策とジェントリフィケーション再考

  • ヨハネス・キーナー(大阪市立大学都市研究プラザ・特任助教)
    日雇い労働者のゲットーからアントレプレナーの福祉都市へ
    -福祉国家の再編成から見た大阪市の生活保護地理-
  • レイナ・ルセンコ(フロリダ国際大学・博士課程院生/国際交流基金日本研究フェロー)
    公共政策における野宿者の排除とジェントリフィケーション
    -浮浪者対策の150年が練り上げた近代都市東京-

趣 旨:海外に繋がる気鋭の若手研究者二名に、政策と実践の両面から新たなアプロ−チを提起してもらいます。キーナー氏は、最近大阪市立大学に同テーマに関する博士論文を提出したばかりで、ホームレス政策を手はじめに、大阪市のインナーシティ、特に西成区の住宅市場の再生に関する研究を進めています。ルセンコ氏は、現在執筆中の博士論文で、マレーシアと日本のホームレス政策の比較研究を行なっており、東京の渋谷や山谷での支援活動にも長年関わっています。コメンテータには、『叫びの都市』・『ジェントリフィケーションと報復都市』(和訳書)などの研究業績がある原口氏と、山谷でまちおこしの活動を続けている義平氏という、このテーマにかかわる理論/実践の第一人者を迎えます。東京・大阪それぞれの都市形成と現在の変容を、ホームレス政策とジェントリフィケーションという視点から論じる刺激的な内容になると思います。関西方面以外の人文地理学関連の例会や研究会ではあまり扱われることのなかった新鮮なテーマですので、多くの方にお集まりいただき、活発な議論が交わされることを期待しています。なお、発表は日本語で行われます。

コメンテータ

  • 原口 剛(神戸大学)
  • 義平 真心(一般社団法人結YUI 代表)

 

連絡先:熊谷圭知(お茶の水女子大学・人間文化創成科学研究科・地理環境学コース)
E-mail:kumagai.keichi&ocha.ac.jp (&を@に変換してご利用ください)

参加申し込みは不要、参加費も不要です。一般来聴歓迎いたします。

このページの先頭へ



奈良地理学会の2018年度夏季例会

https://narageo.wordpress.com/




奈良地理学会の2018年度夏季例会を、7月14日(土)に奈良教育大学で開催します。

→ お申込みはこちらまで(Googleフォームが開きます。)

ウェブ上のデジタル地図が一般化し、紙地図とは違った地理・地域学習ができるようになりました。高等学校における「地理総合」の必履修化や、小・中・高を通じた地理教育一貫カリキュラムの実現、未来志向の学びであるESDや防災教育の重視など、新学習指導要領では地理が大きく変わります。

会員ではない方々もお誘いあわせの上、ぜひお越しください。

なお、参加は無料ですが、準備の都合上、要お申込み(先着順)とさせていただきます。

日時: 2018年(平成30年)7月14日(土)14:00~17:15
会場: 奈良教育大学 ・・・アクセスマップをご参照ください。

市内循環バス「高畑町(たかばたけちょう)」下車。正門から徒歩で約3分。

1:講義棟 サテライト室(301共同利用パソコン室)
2:次世代教員養成センター2号館 多目的ホール

内容

1.千葉浩三(国土地理院近畿地方測量部):
地理院地図の使い方と活用法について(実習つき)

2.高木 優(神戸大学附属中等教育学校):
次期教育課程における地理教育―「地理総合」を中心に―

→ お申込みはこちらまで(Googleフォームが開きます。)

お問い合わせ: 河本大地(奈良教育大学)

daichizuあっとgmail.com(あっとは@に置き換えてください。)

img20180604203918266

カテゴリー: 例会

地理の会 巡検 神奈川県松田町・山北町

http://www.geocities.jp/geo_friends_society/

巡検 神奈川県松田町・山北町 (注意:参加申込は、6月1日以降になります。)
日時:7月14日(土)雨天決行。ただし台風など荒天の場合21日(土)に
開催集合:9:30 小田急線新松田駅改札口   
解散:17:30頃新松田駅


1.巡検のテーマ
「交通の要衝、その盛衰と未来」
交通地理=国鉄東海道本線、JR御殿場線、小田急、旧街道・矢倉沢往還、宿場、東名高速道路などをキ―に町の昔と今を巡検する


2.対象エリア
神奈川県松田町、山北町、南足柄市

3.主な訪問先(一部区間でタクシーに分乗します)
(午前) 西平畑公園、三角土手(酒匂川・川音川)、矢倉沢往還(大山街道)、松田町民センター、二宮尊徳誕生地道標、御木本幸吉記念碑、馬車道、寒田神社、松田亭
昼食 イタリアンレストラン ホノボーノ
(午後)JR松田駅 → 山北駅 山北町鉄道資料館、SL広場 アサヒビール神奈川工場ビ-ル園(懇親会)(ビール園を希望しない人は山北駅解散)

4.巡検の見どころ
松田町は古代からの交通の要衝であり、「松田」姓の発祥の地でもあります。そして、松田町・山北町は鉄道の町として栄えました。しかし、東海道本線が御殿場線経由でなくなってからは、以前の賑やかさはなくなりました。巡検では、町の繁栄の面影をたどり、さらに、江戸時代の矢倉沢往還を散策します。そして、未来を見つめます。また、酒匂川治水の史跡を見学します。


5.交通費 約1600円(タクシー分乗での一人当たり目安)

地理の会 講演&交流会

http://www.geocities.jp/geo_friends_society/

講演&交流会
1.日 時    6月24日(日)15:30~18:00

2.場 所   新宿駅南口 THビル会議室 東京都渋谷区代々木2-4-1THビル2階 (JR・京王・小田急・大江戸各線 新宿駅から徒歩5分) *新宿駅駅弁の田中亭の入っているビルの2階です。

3.テーマ    「地球学入門―地球の成り立ち、歴史、地球を動かす原理」 ~地球はいつどうしてできたのか。地球にはほかの星とは違う特徴があるがそれは何なのか、地球の歴史の中で起こった大きな事件は何なのか、そして今考えられている地球の原理、プレートテクトニクスについてのお話です。
私たちが地理学を学んでいくためには地球に関する基本的な事柄を知っておくことが重要です。今回は膨大な地球学の話題をまとめてお話しして頂けます。

4.講 師     地理の会メンバー 神奈川大学非常勤講師 藤岡換太郎先生

5.当日予定(時間は目安です)
15:30~16:00 ミニ発表、交流タイム、7月巡検案内など
16:00~17:30 講演
17:30~17:55 質疑応答
*終了後、希望者での懇親会を予定しています。

6.参加費     500円~600円程度の予定

7.情報提供     
講談社ブルーバクスには藤岡先生の著作4部作があります。どれもわかりやすい解説書です。今回の機会にぜひ手にしてください。
『山はどうしてできるのか』、『海はどうしてできるのか』、『川はどうしてできるのか』、『三つの石で地球がわかる』

人文地理学会 第288回例会(特別例会)「山形県の文化遺産と地域資源」(開催日:2018年6月23・24日)

http://hgsj.org/reikaibukai/288th_specialmeeting/

人文地理学会 第288回例会(特別例会)「山形県の文化遺産と地域資源」(開催日:2018年6月23・24日)

開催日:2018年6月23日(土)・24日(日)

会 場東北公益文科大学酒田キャンパス 教育研究棟301大教室(山形県酒田市飯森山3-5-1)

【交通アクセスの検索手順】東北公益文科大学トップページ≫(左上の)大学総合案内≫(右下の)本学への交通アクセス
【会場の検索手順】東北公益文科大学トップページ≫(右上の)施設・設備≫(左バナーの)教育研究棟

  • JR酒田駅(正面口)バス乗り場から,酒田市福祉乗合バス(るんるんバス)「酒田駅大学線」(1日9本)に乗車,「大学前」で下車(所要時間約15分,100円)。
  • JR酒田駅(正面口)からタクシーで約10分(約2,000円)。
  • 庄内空港より「酒田行き」リムジンバスに乗車,「公益文科大学前」で下車(所要時間約20分,650円)。

後 援:東北公益文科大学,山形県教育委員会,鶴岡市教育委員会,酒田市教育委員会,庄内町教育委員会,三川町教育委員会,遊佐町教育委員会,荘内日報社,山形新聞・山形放送,河北新報社,読売新聞山形支局,朝日新聞山形総局,毎日新聞山形支局,産経新聞社山形支局,山形テレビ,テレビユー山形,さくらんぼテレビ

協 賛:庄内観光コンベンション協会

シンポジウム「山形県の文化遺産と地域資源」

実施日:6月23日(土)14:00~17:30 一般の方も参加できます(参加費無料)

総合司会:山田浩久(山形大学人文社会科学部)

第1部(14:00~15:00)

基調講演:岩鼻通明(山形大学農学部)「山形県の文化遺産と地域資源」

第2部(15:10~17:30)

研究報告(15:10~16:30,順不同)

  • 鈴木地平(文化庁)「山形の文化的景観」
  • 渡辺理絵(山形大学農学部)「庄内の環境史-海岸・里山・平地の原風景を求めて-」
  • 相原久生(酒田市立資料館)「湊町酒田の商人文化を伝える山王祭の山鉾」
  • 小野寺淳(茨城大学教育学部)「最上川絵図にみる文化的景観」

全体討論(16:30~17:30) 

懇親会「庄内の食文化と旬を愉しむ」

実施日:6月23日(土)18:00~19:30  司会:渡辺理絵(山形大学農学部)

会 場:東北公益文科大学酒田キャンパス 新世紀館3F ファカルティクラブ

会 費:5,000円(院生・学生会員は4,000円) 

エクスカーション「庄内の文化遺産を歩く」

実施日:6月24日(日)

集合場所・時間:東北公益文科大学・午前8時00分,JR酒田駅(駅前の地下道を通って東側に出たあたり)・午前8時20分

コース:東北公益文科大学→JR酒田駅→北楯大堰→熊谷神社(亀の尾発祥の地)→立谷沢川流域活性化センター→六淵砂防堰堤→北月山荘(昼食)→羽黒山→手向→JR鶴岡駅(16時予定)→庄内空港(16時30分予定)→東北公益文科大学(17時予定)

案内者:岩鼻通明,八木浩司,永井康雄,村山良之(山形大学)

定 員:20名

参加費:5,000円(昼食代,保険料込み),院生・学生会員は4,000円

地形図:2.5万分の1 「余目」「藤島」「清川」「羽黒山」「木の沢」「大網」「立谷沢」

申込方法

特別例会に参加される方は,シンポジウム・懇親会・エクスカーションそれぞれの参加・不参加ならびに住所・氏名・所属・連絡先を記載の上,下記の連絡先へ