第22回 地理空間学会例会

http://jags.ne.jp/archives/1271

テーマ都市変容における文化の役割の再考-パリ・ベルリン・東京の比較検討-
日 時2016年6月2日(木)17:30~20:00*
場 所BiViつくば 筑波大学サテライトオフィス
(茨城県つくば市吾妻1丁目8-10複合商業施設「BiViつくば」2階)
発表者および演題
池田真利子(筑波大学・非)
「都市変容のカタリストとしての文化-西ベルリン・ノイケルン地区の街区活性化を事例として-」
荒又美陽(東洋大学)
「パリの移民地区の変容-グットドール地区における文化と宗教-」
Mogner,Christian(レスター大学)
“Arts and Culture in Tokyo:The Role of Space and Architecture”
交 通[電車でお越しの場合]
つくばエクスプレス線つくば駅下車「A3出口」徒歩1分程度
[自動車でお越しの場合]
Bivi付設駐車場(60分/250円),あるいは市営駐車場ないし周辺商業施設の駐車場をご利用下さい。
[自転車でお越しの場合]
Bivi付設駐輪場(Aエリアバスロータリー側およびBエリアペデストリアンデッキ側:最初の2時間無料,以降60分/50~200円)

詳しくはアクセスマップでご確認下さい。

【趣旨】人口減少時代において、世界都市とも称される大都市は、国内外より多くの
人口を吸収し、複雑な変化に直面している。こうした都市変容のダイナミクスにおい
て、人間の文化的活動や文化経済活動はどのような役割を担い、これらはどの程度都
市内部の変化と関わるのか、地理学内外において今再び注目が集まっている。そこで、
本例会では、欧州の2都市(パリ、ベルリン)および東京における最新の研究成果の
報告を通して、大都市における文化の役割を再考することを目的とする。


スポンサーサイト
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)

Author:ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)
地理空間情報で社会を少しでもよくしたいジオねこ@うじじすのブログなのだ。
twitter ujigis(ジオねこ@うじじす)
はてなブックマーク ujigislab

GIS の夜明けは近いぜよ!
(もう、何年、同じこと言っとんねん!)
(大体、あんた。佐幕派でしょが!)
最近、夜が明けたかと思ったら、GISはスマホ地図としてみんなに知られて、いまや誰もGISとは言ってくれません。。

姉妹ブログ「うじじす@オープンデータeventブログ」は、 こちら!
http://opendata.blog.fc2.com/

カウンター
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
リンク