2013年5月31日 埼玉県GIS普及推進研究会10周年記念講演会

https://docs.google.com/forms/d/18CZkJqYFKQ_HK5hC137DdxgSuTuSsBzCnhDvSt-hcPs/viewform

埼玉県GIS普及推進研究会10周年記念講演会
      「関東直下型地震とどう闘うか?」

■日時:2013年5月31日(金) 14:30-17:00
(埼玉県GIS普及推進研究会総会は13:45-14:15に同会場で開催されます。)
■場所:大宮ソニックシティ604会議室
〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1丁目7?5 TEL:048-647-4111
http://www.sonic-city.or.jp/modules/access/
■主催:埼玉県GIS普及推進研究会
共催:市民キャビネットスマートICT部会、NPO法人GISパートナーシップ
■プログラム:
14:30-14:40 開会・趣旨説明

14:40-15:20 基調講演1
 東日本大震災でのICS導入の教訓 (仮題)
秋富慎司(岩手医科大学医学部救急医学講座、岩手県高度救命救急センター)
岩手県災害対策本部でICS(災害時危機対応システム)を導入し、各救助組織が揃う中枢で医療班を指揮した経験から、ICS導入や災害情報システムの課題と展望について熱く語っていただきます。
東日本大震災での岩手県災害対策本部の被災から9日間の闘いは、「ナインデイズ 岩手県災害対策本部の闘い」http://book.akahoshitakuya.com/b/4344021371に、ノンフィクションノベルでつづられています。

15:20-16:00 基調講演2
 日本におけるICSの導入事例(仮題)
  熊丸由布次(米軍消防消防本部次長)
米軍消防でのICS導入の現状、その中での地図利用分野、平時の訓練メニュー、東京電力での導入事例の紹介。また、座間市、相模原市とのICSを用いた合同訓練から、日本の自治体にICSを導入する上での展望、市民救助隊の活動などにつき紹介していただきます。

16:10-17:00 パネルディスカッション
関東直下型地震とどう闘うか?
司会:後藤真太郎(立正大学/市民キャビネットスマートICT部会)
 パネラー:秋富慎司(前掲)、熊丸由布次(前掲)、
      安藤 宏(埼玉県危機管理防災部消防防災課長)、
      加藤信次(埼玉県企画財政部情報システム課長)、
      松尾道夫(市民キャビネット災害支援部会長/日本救助犬協会会長)
 関東直下型地震の際に埼玉県は都内から被災者を受け入れる事が想定され、例えば、世田谷区と熊谷市は協定書を交わしております。東日本でのICS導入の教訓や米軍消防でICSを利用している事例を踏まえ、関東直下型地震に備え、行政と市民災害支援者が中間支援組織とどのように協働し、「被災者のニーズと、災害支援者が有機的に結びつかない」という日本の災害支援の大きな課題をICSでどのようにクリアーにするか?この中にGISをどう位置付けるか?岩手県での導入事例を踏まえ、県レベルにICSをどのように導入し有事に備えるか?等につき議論を行います。
17:00 閉会
■懇親会 17:30-19:30(会場周辺を予定)
■申込先・連絡先:
〒360-0194 埼玉県熊谷市万吉1700
立正大学・地球環境科学部・環境システム学科・後藤研究室
E-mail: gotoken@ris.ac.jp
スポンサーサイト

2013年5月31日 KIT空間情報プロジェクト 平成25年度 第1回空間情報セミナー

平成25年度の日本写真測量学会北信越支部および金沢工業大学共催の空間情報セミナー(第1回)を
下記の通り開催します。ご興味のある方はご参加ください。
なお、平成24年度より参加のための年間会費(10000円/1名)をいただいていますので参加希望の方は下記までお問い合わせください。

*************************************************
金沢工業大学 産学連携推進部 連携推進室
川本 拓見(Takumi kawamoto)
E-mail kawamoto@neptune.kanazawa-it.ac.jp
〒921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1
TEL:076-294-6740(直通)(内線3731)
FAX:076-294-6715
*************************************************



平成25年度 第1回空間情報セミナー式次第
平成25年5月31日(金)14:00~ 金沢工業大学 21号館503・504室

司会 金沢工業大学 環境・建築学部 神山 藍 講師

1. セミナー 
 ■空間情報セミナー講演①(CPDポイント付与対象)         14:00~15:00
  講演タイトル「最新センサーと画像処理技術を用いた2D/3D計測の紹介」
講師:株式会社イメージワン GEOソリューション部 部長
村木 広和 氏

--------------------------------------------休憩10分--------------------------------------------

■情報提供:
「金沢市におけるICTを利活用した取り組みについて -新幹線開業に向けて-」
金沢市 市長公室 情報政策課 ICT推進室長
松田 俊司氏                       15:10~15:30

 ■北陸地区みちびき実証実験W.G.からの報告
株式会社日本海コンサルタント 空間情報本部 地理情報部
 北 誠也 氏  15:30~15:45

■学生研究成果発表:「金沢地区におけるLEX信号を使用した第3回実験結果の報告」

    金沢工業大学 環境・建築学部 鹿田研究室 白石 宗一郎  15:45~16:00

--------------------------------------------休憩10分--------------------------------------------

■空間情報セミナー講演②(CPDポイント付与対象) 16:10~17:10
講演タイトル:「オープンソースGISとコミュニティの紹介」
講師:朝日航洋株式会社 システム開発研究センター 研究開発グループ
  嘉山 陽一 氏

セミナー後に懇親会を予定しております。講師の方との懇談の場として積極的にご参加ください。

当日参加の有無をお聞かせください。

2013年5月31日(金)日本人口学会第65回大会 一般公開型セッション 第3回「地方行政のためのGISチュートリアルセミナー」―北海道の過疎対策と小地域人口分析―(日本人口学会)

http://www.paoj.org/taikai/meeting_home.html#announce_2013_2

http://www.paoj.org/taikai/taikai2013/special-session.pdf

日本人口学会第65回大会のお知らせ

さて、日本人口学会は、第65回大会を2013年6月1日(土)、6月2日(日)の2日間、札幌市立大学芸術の森キャンパスにて開催することになりました。
大会では、下記のテーマセッションと企画セッションを設定しており、企画セッション(趣意書:PDF形式)は組織者の依頼による報告により構成されております。テーマセッション(趣意書:PDF形式)は従来通り報告をすべて公募いたします。
各セッションのテーマは下記のとおりです。また、大会2日目の昼休み時間を利用して、会員の発意によるラウンドテーブル(趣意書:PDF形式)が企画されております。大会前日5月31日(金)には、GIS(地理情報システム)技法のチュートリアルセミナーを「第3回地方行政のためのGISチュートリアルセミナー」(趣意書:PDF形式)として、青山学院大学の井上孝会員を組織者として開催することとなっておりますので、併せてご参加の程よろしくお願い申し上げます。


特別セッション
一般公開型セッション
第 3回「地方行政のためのGISチュートリアルセミナー」―北海道の過疎対策と小地域人口分析―
The 3rd GIS Tutorial Seminar for Administrators:Measures for Depopulation in Hokkaido and Demographic Analysis of Small Areas
組織者:井上孝(会員・青山学院大学)
座長:同上討論者:チュートリアルセミナー形式なので設けない
報告者:4 名程度を予定
趣旨:昨今,GIS(地理情報システム)の急速な普及と人口データの利用環境の向上によって,市区町村レベルあるいはそれ以下のいわゆる小地域レベルでの人口分析が容易に行えるようになった。これらの人口分析の技法は,少子・高齢化対策,過疎対策,都市計画,防災,地域医療・福祉など,地方行政のさまざまな分野で大いに役立つことが期待できる。しかし,そうしたノウハウを啓蒙する機会は公的機関や一部の地方自治体が主催するセミナー等に限られており,必ずしも進んでいるとはいいがたい。一方,日本人口学会はそうした人口分析の技術を有する専門家が多数所属しており,そうした技法を地方の行政担当者へ伝達することも学会の社会的貢献の一つと考える。本セミナーは,多数の参加者が集う大会開催時に,こうした趣旨を実行に移すべく企画されてきたものであり,今回は一昨年の京大大会,昨年の東大大会に続き 3 回目となる。過去 2 回のセミナーでは,関西地方(第 1 回)ならびに関東甲信越(第 2 回)の全自治体に案内状を送付しいずれも多数の行政担当者に参加いただいた。その結果,参加者からこの企画の継続を要望する声が多数寄せられ,たいへん有意義なセミナーとすることができた。そこで今回は,札幌市立大で大会を開催するにあたり北海道の全自治体に案内状を送付し参加者を募る予定である。また,北海道の過半数の自治体が関心を持っているであろう過疎対策を中心テーマのひとつに掲げたいと考えている。

日本人口学会第64回大会プログラム
http://www.paoj.org/taikai/taikai2012/program20120621j.pdf
2012年6月1日(金)~3日(日)
開催校:東京大学
会場:東京大学駒場キャンパス

大会前日プログラム 2012年6月1日(金)
13:30~16:30

組織者・座長:井上 孝(青山学院大 学)
1. 地方自治体への GIS 普及のためのフリーGIS ソフト活用法
……川瀬 正樹(広島修道大 学)
2.GIS による人口分析 ―小地域人口統計を用いて―…… 井上 孝(青山学院大 学)
3.過去データのデジタル化と人口の時空間分析……………小池 司朗(国立社会保障・人口問題研究所)
4.標本調査を用いた行政地図の作成-子育てに関する行動計画調査を例に-
……鎌田 健司(国立社会保障・人口問題研究所)
5.公園緑地行政と GIS …………………………………………細江まゆみ(柏市みどりの基金)


日本人口学会第63回大会プログラム
http://www.paoj.org/taikai/taikai2011/program2011j.pdf
2011年6月11 日(土)・12 日(日)
開催校:京都大学
会場:京都大学吉田キャンパス

午後の部 13:30~16:30
組織者:井上 孝(青 山学 院大学)
座 長:和田 光平(中央大 学)
1. 基調報告-GISによる小地域の人口分析-……………… 井上 孝(青山学院大学 )
2. コーホート要因法を用いた町丁・字単位の将来人口推計…江崎 雄治(専修大 学)
3. 低予算で実現できる地方自治体向けGIS技法 ………… 川瀬 正樹(広島修道大学 )
4.地方自治体の行動計画に関する分析-GISを用いて- … 鎌田 健司(国立社会保障・人口問題研究所)
5.人口減少社会における都市経営へのGISアセットマネジメント~新潟市を事例として~
…… 長谷川普一(新潟市役 所)

05/30のツイートまとめ

ujigis

[#GIS][#地理空間情報] / “ニコン・トリンブル ユーザカンファレンス 2013 in 東北 - 株式会社ニコン・トリンブル” http://t.co/aNLgjYk2FY
05-30 22:31

[#GIS]~ 記憶から記録へ ~  そのためのGIS技術初歩編  2日連続講座 / “岐阜県立森林文化アカデミーブログ: 25年度 第2回 施業プランナー育成研修  ~記憶から記録へ~ 2日連続講座” http://t.co/QPnvGb8aCZ
05-30 22:26

[#GIS][#FOSS4G]OpenLayersを使ってみる。[Chapter 5] / “OpenなGISのこと” http://t.co/Pq88rIr44D
05-30 22:24

[#GIS]建物や土地利用のデータがGIS(地理情報システム)で整備されている場合には、火災による延焼シミュレーションや避難対策なども効率的に検討できるとし、地方公共団体でも都市計画基礎調査などのGISデータ化を / “避難ビル・…” http://t.co/NJLZitBbq2
05-30 22:16

[#GIS][#電子自治体]兵庫県多可町は、庁舎内の情報システムを再構築する「統合型GIS更新業務」の委託事業者を公募型プロポーザルで選定する。納期は9月30日まで。見積限度額は委託料208万2000円、ASP利用料などの月額使用 http://t.co/PsCy7wrOgk
05-30 22:14

[#GIS][#地理]ツアーは名護中央公民館講座の一つで、GIS沖縄研究室代表の渡邊康志さんが、泥岩と砂岩の層が折り重なってできた地層について、現場を実際に歩きながら紹介。褶曲ができる仕組みなどを説明した。 / “沖縄タイムス |…” http://t.co/dr30lnhRE4
05-30 22:12

[#GIS]日立ソリューションズ東日本、「MapInfoシリーズ」の販売を開始 / “http://t.co/g7VAvcfXMjhttp://t.co/aARlflzpXI
05-30 22:10

[#GIS]URISA GISマネジメント協会 「GISの能力成熟度モデル」 / “Public Review - URISA GIS Capability Maturity Model | URISA” http://t.co/JC9ujytn0g
05-30 21:56

[#GIS][#地理空間情報]「国土の絵姿」とは、国土政策局で整備している「国土数値情報」などのデータを活用して、土地の使われ方や人口の増減などの国土の基本的な状況などを分かりやすく、親しみやすい形で発信していくものです。 http://t.co/MvrxRbawNW
05-30 21:27

[#ICT][#電子自治体]清原三鷹市長は、「三鷹市の実証事業で共通IDを活用したことは、個人番号の全体的な展開につながる」とコメント。「共通化・プラットフォーム化を進め、先行事例を標準化し、国内のみならず、世界に展開させたい」と http://t.co/DKYYG2LaT5
05-30 21:21

続きを読む

カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)

Author:ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)
地理空間情報で社会を少しでもよくしたいジオねこ@うじじすのブログなのだ。
twitter ujigis(ジオねこ@うじじす)
はてなブックマーク ujigislab

GIS の夜明けは近いぜよ!
(もう、何年、同じこと言っとんねん!)
(大体、あんた。佐幕派でしょが!)
最近、夜が明けたかと思ったら、GISはスマホ地図としてみんなに知られて、いまや誰もGISとは言ってくれません。。

姉妹ブログ「うじじす@オープンデータeventブログ」は、 こちら!
http://opendata.blog.fc2.com/

カウンター
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
リンク