FC2ブログ

Google Earthを使い倒せ!- Google Earth ProからGoogle Earth Engineまで- 社会課題解決型宇宙人材育成入門コース2018

pos-2018.peatix.com/

【概要】
本プログラムは、課題発見や分析から実際の解決に至るまでの社会課題解決の全ライフサイクルを念頭に、宇宙インフラと地上のインフラを統合してその解決に取り組むことのできる人材育成と国内外でのネットワーク作り、事業運営を持続的、発展的に行うための取り組みを行っています。
今回はGoogleより恩田靖Google Earth Engine Ambassadorをお招きし、まず空間情報の初歩的なデータタイプとGoogle Earthを用いたデータの可視化を学び、次にGoogle Earth Proの使い方から衛星画像の扱い方を概念的に理解し、Google Earth Pro からGoogle Earth Engineの使用方法を段階的に体験します。多くの方のご参加をお待ちしています。
日時: 平成30年8月3日(金)18:00-21:00(17:30開場)
場所: 慶應義塾大学日吉キャンパス協生館3F
https://www.keio.ac.jp/ja/maps/hiyoshi.html 
主催: 慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科
東京大学空間情報科学研究センター
東京海洋大学大学院海洋科学技術研究科
青山学院大学地球社会共生学部
事業構想大学院大学事業構想研究科
協力: 宇宙開発フォーラム実行委員会(SDF)
参加費: 無料
定員: 70名 
【プログラム】
17:30-18:00 受付
18:00-18:10 オープニング
(神武直彦教授・慶應義塾大学大学院SDM研究科)
18:10-18:30 「Google Earth Engineの歴史と最新情報」
(恩田靖・Google Earth Engine Ambassador)
Google Earth Engineの特徴とGoogle Earth Engine Summit 2018での最新トレンドを学ぶ。
18:30-20:20 「Google Earth Pro / Google Earth Engine 入門ハンズオン体験」
(古橋大地教授・青山学院大学地球社会共生学部)
衛星画像を含む地理空間データ分析の概念、基本的なデータタイプとGoogle Earthを用いたそれらの可視化方法についてハンズオン形式で学ぶ。
20:20-20:30 クロージング
(柴崎亮介教授・東京大学空間情報科学研究センター)
【主催】GESTISS
・慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科
・東京大学空間情報科学研究センター
・東京海洋大学大学院海洋科学技術研究科
・事業構想大学院大学事業構想研究科
・青山学院大学地球社会共生学部
【協力】宇宙開発フォーラム実行委員会(SDF)
お問い合わせ:GESTISS
E-mail: info@gestiss.org
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※ お申し込みは、右上の「チケットを申し込む」をクリックしてください。
※ 今回イベントにご参加いただいた方に、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科から今後の関連イベント開催のご案内をさせていただきたく存じますが、ご都合の悪い方はお知らせ下さい。


スポンサーサイト

奈良大学学校教員研修支援オープン講座「GIS講座」

http://www.kknews.co.jp/news/%E5%A5%88%E8%89%AF%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E6%95%99%E5%93%A1%E7%A0%94%E4%BF%AE%E6%94%AF%E6%8F%B4%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E8%AC%9B%E5%BA%A7%E3%80%8Cgis%E8%AC%9B%E5%BA%A7

奈良大学は、平成30年度 奈良大学学校教員研修支援オープン講座として、「GIS講座」を、2018年8月3日(金)に開催します。

2022年、GIS(Geographic Information System:地理情報システム)の利活用も取り入れた「地理総合」が、高等学校の地歴科で必修化されます。“地理を専門としない”地歴科の教員にもGISを教えることが求められ、そのための支援策が、教育現場で課題になっています。

GISは、地理的位置を手掛かりに、位置に関する情報をすべて地図上に表示し、高度な分析や迅速な判断を可能にする技術。日本では、阪神・淡路大震災をきっかけに、GISに関する本格的な取組が始まり、現在は、GPS等の位置情報と合わせて社会基盤のひとつとなっています。

一方で、地理を専門としている地歴教員は約2割程度。「地理総合」の必修化により、地理を専門としない地歴科教員が、地理を教えることが増えることが指摘されています。

同大学では、下記のGIS講座開講で、新学習指導要領への移行準備やGIS導入事例、実習による教員サポートを行います。

日時 平成30年8月3日(金)
場所 奈良大学 総合研究棟(J棟)
〒631-8502 奈良市山陵町1500
主催 奈良大学
後援 奈良県教育委員会・京都府教育委員会
受講対象 奈良県・大阪府・京都府など同学近隣府県の教員(非常勤含む)
(幼稚園・小学校・中学校・高等学校・特別支援学校)
内容 【GIS講座①】 13:00~14:30(受付12:40~)
現行の高校教科書によるGISの記述と新学習指導要領への移行準備
講師:文学部 地理学科 木村圭司教授【GIS講座②】 14:45~16:15(受付14:25~)
地理授業へのGIS(地理情報システム)の導入例と簡単な実習
講師:文学部 地理学科 酒井高正教授
募集定員 各講座50人
受講料 無料
申込方法 FAXまたは電子メール送信(先着順)
詳細 http://www.nara-u.ac.jp/event/2018/61
申込期間 平成30年6月18日(月)~7月30日(月)
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)

Author:ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)
地理空間情報で社会を少しでもよくしたいジオねこ@うじじすのブログなのだ。
twitter ujigis(ジオねこ@うじじす)
はてなブックマーク ujigislab

GIS の夜明けは近いぜよ!
(もう、何年、同じこと言っとんねん!)
(大体、あんた。佐幕派でしょが!)
最近、夜が明けたかと思ったら、GISはスマホ地図としてみんなに知られて、いまや誰もGISとは言ってくれません。。

姉妹ブログ「うじじす@オープンデータeventブログ」は、 こちら!
http://opendata.blog.fc2.com/

カウンター
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
リンク