「GIS Day in 北海道 2013」

https://www.rakuno.ac.jp/dep25/gisday2013/training.html

RS・GIS講習会のご案内

各講習会は、申し込みが必要となります。
申し込み方法については、下記記載の各講習会の案内にてご確認下さい。
また、講習会A、Bについては交流会の申し込みも同じ用紙で行えます。
※講習会Cについては、別途交流会の申し込みが必要となります。講習会の案内をご確認下さい。
開始時間がそれぞれ異なりますのでご注意下さい。また、受付は開始時間の15分前となります。


A.アナログtoデジタル、写真判読からリモートセンシング基礎講座
【開催概要】
 空中写真から樹種や樹高を判読する写真判読技術と、空中写真や衛星画像の情報から地物の特徴を用いて分類するリモートセンシング技術の講習会となっております。この講習会では、アナログ技術とデジタル技術を別のものとしてではなく、それぞれの利点を組み合わせて利用する実技を経験していただく実習となります。
【実習内容】
 午前:空中写真判読実習、空中写真からデジタルデータの作成(デモ)
 午後:ArcGISを用いた画像分類、e-cognitionオブジェクトベース分類
  *午前のみ、午後のみの参加も可能です。
【開催日】2013年12月7日(土)
 午前:9:00~12:00
 午後:13:00~16:00
【費用】無料
【開催場所】酪農学園大学 A1号館
 午前:2階120番教室
 午後:3階PC5教室
【定員】15名
【講師】
 午前:森林航測研究 代表 板垣 恒夫 氏、株式会社フォテク 中根 貴雄 氏
 午後:酪農学園大学農業環境情報サービスセンター 吉村 暢彦 氏、
    Helino Hirama 氏、Kitaro Suenaga 氏
【主催・共催】
 午前:主催 写真測量学会北海道支部  共催 GIS Day in 北海道 実行委員会
 午前:主催 GIS Day in 北海道 実行委員会  共催 写真測量学会北海道支部
【申し込み方法】
下記ボタンより様式をダウンロード後、必要事項をご記入の上、メールかFAXにてお申込み下さい。

B.ArcGIS 10.2 リリースセミナー
【開催概要】
 先日リリースとなった国内版ArcGIS10.2のリリースセミナーを開催いたします。ArcGISの基礎的な操作から、バージョン10.2の新機能の紹介も含めた体験実習となります。
【開催日】2013年12月7日(土) 9:30~12:00
【費用】無料
【開催場所】酪農学園大学 A1号館 3階 GISルーム
【定員】15名
【講師】ESRIジャパン株式会社
【申し込み方法】
下記ボタンより様式をダウンロード後、必要事項をご記入の上、メールかFAXにてお申込み下さい。

C.ArcGIS中級:ArcGISで自動化処理(モデルビルダーとArcPyの初歩)
【開催概要】
 ArcGISのモデルビルダー、ArcPyを使用して、複雑な自動処理を実践していただきます。また、モデルビルダーでは出来ないような処理をPythonで実行するなど、GIS中級者向けの内容となっております。
【開催日】2013年12月7日(土) 10:00~16:30
【費用】Digital北海道研究会会員:12,000円、非会員:25,000円、非会員(学生):無料
【開催場所】酪農学園大学 A1号館 3階 PC4教室
【定員】20名程度
【講師】Pacific Spatial Solutions, LLC 奥秋 恵子 氏
【主催】特定非営利活動法人Digital北海道研究会
【申し込み方法】下記ボタンよりお申込み下さい。
 ※交流会は別途申し込みになります(下記の申し込み方法をご確認下さい)。

 特定非営利活動法人Digital北海道研究会
 http://dghok.com/event/991.html
交流会のみのお申し込み
【申し込み方法】
下記ボタンより様式をダウンロード後、必要事項をご記入の上、メールかFAXにてお申込み下さい。

※講習会Cを受講の方、交流会のみの参加の方のみご利用下さい。
講習会A、Bを受講の方は、それぞれの講習会の申込書をご利用下さい。

開催日時:2013年12月6日(金)、7日(土)
開催場所:酪農学園大学
開催内容
公開シンポジウム
企業による機器展示およびパネル展
GIS、RS講習会
交流会
主催:GIS Day in 北海道 実行委員会 (酪農学園大学農業環境情報サービスセンター)
後援:一般社団法人日本写真測量学会北海道支部、一般社団法人日本リモートセンシング学会、特定非営利活動法人Digital北海道研究会、北海道GIS・GPS研究会、ESRIジャパン株式会社、(敬称略、50音順)
協賛:下記企業様から協賛いただいております。
ご協賛感謝いたします。
 HRS株式会社、ESRIジャパン株式会社、越前屋試錐工業株式会社、NTT空間情報、FRSコーポレーション株式会社、株式会社インフォシーズ、株式会社サンコー、株式会社GIS北海道、株式会社タイド、株式会社ネクシス光洋、株式会社ハイデックス・和島、株式会社ヒューネス、株式会社フォテク、株式会社北海道朝日航洋、特性非営利活動EnVision環境保全事務所、日本スペースイメージング株式会社、北海道地図株式会社
(敬称略、50音順)
協賛企業募集中です!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)

Author:ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)
地理空間情報で社会を少しでもよくしたいジオねこ@うじじすのブログなのだ。
twitter ujigis(ジオねこ@うじじす)
はてなブックマーク ujigislab

GIS の夜明けは近いぜよ!
(もう、何年、同じこと言っとんねん!)
(大体、あんた。佐幕派でしょが!)
最近、夜が明けたかと思ったら、GISはスマホ地図としてみんなに知られて、いまや誰もGISとは言ってくれません。。

姉妹ブログ「うじじす@オープンデータeventブログ」は、 こちら!
http://opendata.blog.fc2.com/

カウンター
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
リンク