スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第六回 四国GISシンポジウム(主催:GIS学会四国支部)

http://www.infra.kochi-tech.ac.jp/takagi/SGISA/Sympo06.html#

第六回 四国GISシンポジウム
主催:GIS学会四国支部

日時:2013年3月1日(金)
場所:高知文化プラザかるぽーと 11階 大講義室
  
参加費無料,GISに興味のある方はどなたでもご参加できます.

講演者の発表資料締め切りは,2月22日です.PDF,PPT等で,メールで送付して下さい.
発表資料送付先:takagi.masataka@kochi-tech.ac.jp
午前の部:GIS学会四国支部研究発表会
9:30 〜 10:30 セッションA 防災とGIS

ネットワーク解析による地震時における避難経路の検討
香川大学 工学部 津嶋 宏輔
善通寺市における住民のため池決壊に対する 防災意識及び避難行動に関する研究
香川大学 工学部 板野 祐樹
環境と防災のための海外GIS支援
愛媛大学 防災情報研究センター 山岸 宏光
「Ehime アーカイブス」の構築に向けてー空間情報可視化(技術)の検討ー
愛媛大学 農学部 和田 壮平
徳島市周辺部における住宅立地動向と災害危険性に関する研究
徳島大学 工学部建設工学科 渡辺 公次郎

午後の部:四国情報通信懇談会ICT研究交流フォーラムとの共同企画
13:30 〜 15:40

JGN-Xの紹介と利活用事例(災害対策に資する技術実証など)
(独)情報通信研究機構 テストベッド構築企画室 室長 山口 修治

南海トラフ大規模災害に向けての医療情報の県外保全ならびに
震災直後の急性期における薬剤処方情報の後利用について
高知医療センター 地域医療科 科長 澤田 努

ICTとGISを用いた防災に関する国土地理院の取り組み事例紹介
国土地理院 四国地方測量部 防災情報管理官 錦 輝明

並列プロセッサとGISを用いた津波被害シミュレーション
高知工科大学 システム工学群 教授 甲斐芳郎

15:45 〜 16:30

パネルディスカッション:南海トラフ巨大地震への対策とICTの展望
コーディネーター 高知工科大学 高木方隆


16:30 〜 18:30

情報交流会


事務局
高知工科大学
システム工学群
高木方隆
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)

Author:ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)
地理空間情報で社会を少しでもよくしたいジオねこ@うじじすのブログなのだ。
twitter ujigis(ジオねこ@うじじす)
はてなブックマーク ujigislab

GIS の夜明けは近いぜよ!
(もう、何年、同じこと言っとんねん!)
(大体、あんた。佐幕派でしょが!)
最近、夜が明けたかと思ったら、GISはスマホ地図としてみんなに知られて、いまや誰もGISとは言ってくれません。。

姉妹ブログ「うじじす@オープンデータeventブログ」は、 こちら!
http://opendata.blog.fc2.com/

カウンター
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。