第六回 四国GISシンポジウム 主催:GIS学会四国支部

http://www.infra.kochi-tech.ac.jp/takagi/SGISA/Sympo06.html

第六回 四国GISシンポジウム
主催:GIS学会四国支部

日時:2013年3月1日(金)
場所:高知文化プラザかるぽーと 11階 大講義室
  
参加費無料,GISに興味のある方はどなたでもご参加できます.

講演者の発表資料締め切りは,2月22日です.PDF,PPT等で,メールで送付して下さい.
発表資料送付先:takagi.masataka@kochi-tech.ac.jp
午前の部:GIS学会四国支部研究発表会
9:30 〜 10:30 セッションA 防災とGIS

ネットワーク解析による地震時における避難経路の検討
香川大学 工学部 津嶋 宏輔
善通寺市における住民のため池決壊に対する 防災意識及び避難行動に関する研究
香川大学 工学部 板野 祐樹
環境と防災のための海外GIS支援
愛媛大学 防災情報研究センター 山岸 宏光
「Ehime アーカイブス」の構築に向けてー空間情報可視化(技術)の検討ー
愛媛大学 農学部 和田 壮平
徳島市周辺部における住宅立地動向と災害危険性に関する研究
徳島大学 工学部建設工学科 渡辺 公次郎
高知工科大学
システム工学群
高木方隆
事務局
午後の部:四国情報通信懇談会ICT研究交流フォーラムとの共同企画
13:30 〜 15:40

JGN-Xの紹介と利活用事例(災害対策に資する技術実証など)
(独)情報通信研究機構 テストベッド構築企画室 室長 山口 修治

南海トラフ大規模災害に向けての医療情報の県外保全ならびに
震災直後の急性期における薬剤処方情報の後利用について
高知医療センター 地域医療科 科長 澤田 努

ICTとGISを用いた防災に関する国土地理院の取り組み事例紹介
国土地理院 四国地方測量部 防災情報管理官 錦 輝明

並列プロセッサとGISを用いた津波被害シミュレーション
高知工科大学 システム工学群 教授 甲斐芳郎

15:45 〜 16:30

パネルディスカッション:南海トラフ巨大地震への対策とICTの展望
コーディネーター 高知工科大学 高木方隆


16:30 〜 18:30

情報交流会
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)

Author:ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)
地理空間情報で社会を少しでもよくしたいジオねこ@うじじすのブログなのだ。
twitter ujigis(ジオねこ@うじじす)
はてなブックマーク ujigislab

GIS の夜明けは近いぜよ!
(もう、何年、同じこと言っとんねん!)
(大体、あんた。佐幕派でしょが!)
最近、夜が明けたかと思ったら、GISはスマホ地図としてみんなに知られて、いまや誰もGISとは言ってくれません。。

姉妹ブログ「うじじす@オープンデータeventブログ」は、 こちら!
http://opendata.blog.fc2.com/

カウンター
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
リンク