ジオデザインシンポジウム

http://www.esrij.com/cgi-bin/wp/wp-content/uploads/documents/geodesignsympo20140207.pdf#

DESIGN PROFESSIONS
GEOGRAPHIC SCIENCE
THE PEOPLE OF THE PLACE
INFORMATION TECHNOLOGIES
【主  催】東京大学空間情報科学研究センター、立命館大学歴史都市防災研究所
【後  援】一般社団法人 地理情報システム学会、公益社団法人 日本地理学会
【協  賛】ESRI ジャパン株式会社、株式会社 古今書院
【お問合せ】立命館大学地理学教室 TEL: 075-465-1957 e-mail: yano@lt.ritsumei.ac.jp
GEODESIGN
SYMPOSIUM
ジオデザインシンポジウム
2014年 2月7日[金]14:00
▲17:00
東京大学 駒場リサーチキャンパス
An棟 3F 大会議室
〒153-8505 東京都目黒区駒場4-6-1
※申し込み不要
※当日受付(先着)90名

本シンポジウムは、近年、地理情報科学分野の応用研究として注目を集めて
いるジオデザインに関して、その第一人者であるカール・スタイニッツ教
授(ハーバード大学名誉教授)を招聘して、「ジオデザインとは何か?」を
テーマにシンポジウムを開催いたします。
スタイニッツ教授は、2012 年に ESRI Press から『Geodesign Framework:
Changing Geography by Design』を出版されました。その日本語版は、3 月
に出版予定です。

基調講演
カール・スタイニッツ/ Carl Steinitz(ハーバード大学名誉教授)
『Geodesign framework/ジオデザインのフレームワーク』
Why geodesign, some history, why a framework, some things about ways of
collaborative design, and implications for geodesign education
なぜジオデザインか、その歴史、なぜフレームワークか、協働的なデザイ
ンに関するいくつかのこと、ジオデザイン教育の重要性

事例報告
矢野 桂司(立命館大学文学部教授)
『福島県相馬市の復興計画へのジオデザインのフレームワークの適用』
Geodesign Framework for Restoration Planning in Soma City,Fukushima Prefecture

石川 幹子(中央大学理工学部教授、東京大学名誉教授) 
『環境計画へのジオデザインの適用』
Application of Geodesign for Environmental Planning
ESRI ジャパン株式会社

『ジオデザインのための CityEngine 活用事例』
Case studies of using Esri CityEngine for Geodesign
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)

Author:ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)
地理空間情報で社会を少しでもよくしたいジオねこ@うじじすのブログなのだ。
twitter ujigis(ジオねこ@うじじす)
はてなブックマーク ujigislab

GIS の夜明けは近いぜよ!
(もう、何年、同じこと言っとんねん!)
(大体、あんた。佐幕派でしょが!)
最近、夜が明けたかと思ったら、GISはスマホ地図としてみんなに知られて、いまや誰もGISとは言ってくれません。。

姉妹ブログ「うじじす@オープンデータeventブログ」は、 こちら!
http://opendata.blog.fc2.com/

カウンター
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
リンク