スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GIS Day in 東京 2014

http://www.comp.tmu.ac.jp/gisday/

開催にあたって

首都大学東京 都市環境学部では,今年も「GIS Day in 東京」を開催いたします.

GIS Dayとは、大学における GIS(地理情報システム) の教育・研究成果を,講演会や講習会の形で社会に還元し,GISの普及・啓蒙を図ることを目的とするもので、アメリカで1999年にはじまり、全世界に広まったイベントです。

「GISってなに?」という人も,「GISを使ってみたい!」という人も一緒にGISを体験してみませんか?

なお、GIS Day in 東京 2014は地理情報システム学会のGIS技術教育認定を受け、受講者には所定の教育時間を受けた証明となる「受講証明書」を発行する予定です.

日時: 2014年10月25日(土)を予定
会場: 首都大学東京 南大沢キャンパス アクセス
案内チラシ:できしだい掲載します
プログラム
10月25日(土)
9:30- 受付開始 (1号館ロビー)
10:00-12:30 GIS講習会(D,Gコース)
10:00-12:30 GIS相談室(希望者のみ対象、1号館330教室)
13:15-13:20 主催挨拶(首都大学東京都市環境学部学部長)
13:30-17:00 GIS講習会(A, B, C, E, Fコース)※Eコースのみ17:30まで
※本年度は基調講演はありません.
GIS相談室

何でデータがずれるの? 三次元でどうするの? データってどこで手に入れるの? こんなことできるの? GISが使える仕事って? などなど,いまGISで悩んでいる方へ,問題解決のテクニックをお教えします.なお,自分が普段使っているGISソフトがインストールされたノートパソコンやデータを持参していただけると幸いです.

担当:松山洋(地理環境コース)・協賛各社
GIS講習会

Aコース「GIS初心者のためのArcGIS for Desktop体験実習」
講師: ESRIジャパン株式会社担当者
ArcGIS for Desktopを実際に操作し、その基本機能とともに、GISとは何か、GISを使うと何ができるのかを網羅的に体験することができます。この実習が終わるころには、自分だけのオリジナルマップができあがります。
対象者:GIS未経験者
募集人数:60名
日時:10月25日(土)13:30~17:00
会場:1号館330教室
Bコース「都市計画GISデータ体験」
講師: 伊藤史子(建築・都市コース),協賛各社
都市計画のGIS分析では建物データや土地利用データがとても重要です。今年のBコースは、建物データ作成から3D視覚化までの基本を体験します。まずArcGIS for Desktop を用いて建物ポリゴンデータの表示や建物データ作成・属性付加の方法を学びます。次に 3D Analyst を用いて建物データを三次元化し、鳥瞰することにより地区の全体像を把握します。
対象者:ArcGISをさわったことがある方
募集人数:50名
日時:10月25日(土)13:30~17:00
会場:1号館340教室
Cコース「デジタイズはじめの一歩」
講師: 中山大地(地理環境コース)
GISを使うにあたって,既存のデータでは物足りなくなってきてはいませんか? 手持ちの地図をGISで活用してみたくありませんか? 本コースでは,紙地図をスキャナで読み取り,ArcGISを使ってデジタイズ(GISデータ化)するコツを学びます.ArcGISを使ったことがある方を対象としたコースです.
対象者:ArcGIS経験者
募集人数:20名
日時:10月25日(土)13:30~17:00
会場:1号館350教室
Dコース「GISによる空間分析入門」
講師: 若林芳樹(地理環境コース)
ArcGISには様々な空間分析機能が用意されていますが,残念ながら日本で出版されている市販の解説書には,それらの詳しい使用法が取り上げられていないため,宝の持ち腐れ状態のユーザも少なくないと思います.この講習では,点パターン分析や空間的自己相関分析などを事例として,GISを用いた空間分析の手順とその応用の仕方を学びます.
対象者:ArcGIS経験者
募集人数:20名
日時:10月25日(土)10:00~12:30
会場:8号館834教室
Eコース「UAV(無人ヘリ)を用いた写真測量入門 」
講師: 泉岳樹(地理環境コース)・宇佐美昌樹((株)Air4D)・岩崎三男((株)ケイアンドエス)
近年,急速な技術進歩により小型化し身近になりつつあるUAV(無人ヘリ)を活用した写真測量の方法について学びます.具体的には,最新のUAVを用いて,複数のステレオ画像を撮影し,簡易オルソモザイク画像やDSM(数値表層モデル)の作成をおこないます.また,その他の計測機器(近赤外カメラや分光放射計など)を搭載したデータ取得についても実演を行う予定です.
対象者:興味のある方
募集人数:20名
日時:10月25日(土)13:30~17:00
会場:8号館774教室(のち8-834教室へ移動)
Fコース「ストリートビューを使った街案内をつくろう」
講師: 倉田陽平・相尚寿(自然・文化ツーリズムコース)
Googleストリートビューは世界中の景色を360度眺められるウェブサイトであり,その対応範囲は日々急速に拡大しています.首都大観光科学教室では,ストリートビュー上に案内キャラを登場させ,アドベンチャーゲームのような雰囲気の道案内・街案内を作成できるツール「全世界ガイドさん」を開発しました.本講義ではこのツールを使用して皆さんに街案内をつくってもらい,web上に公開するまでのワークショップを行います.あわせてストリートビューや全天球パノラマ写真の仕組みを解説し,背景にある空間情報技術への理解も深めます.
対象者:興味のある方
募集人数:15名
日時:10月25日(土)13:30~17:00
会場:9号館252教室
Gコース「すぐに使える!Webマップを作成しよう」
講師: ESRIジャパン株式会社担当者
誰でも気軽にマップの参照、作成、検索、共有、管理が行えるEsriのクラウドGIS「ArcGIS Online」を利用して、地図作成から情報公開までの一連の流れを体験頂けます。
対象者:ArcGIS未経験者
募集人数:30名
日時:10月25日(土)10:00~12:30
会場:1号館350教室
参加手続きについて

参加費: 無料(ただし事前申込み必要)
申込期間:9/21(日)-10/19(日)
申込先: 決まり次第お知らせします
問い合わせ:こちらのフォームから承っております.電話・FAXによるお問い合わせはご遠慮ください.
協賛
ESRIジャパン株式会社、株式会社パスコ、株式会社ミッドマップ東京、株式会社Air4D、株式会社ケイアンドエス,GIS NEXT(媒体協賛)
後援
確定次第掲載いたします

©2014 首都大学東京 都市環境学部 GIS Day in 東京 2014 実行委員会
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)

Author:ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)
地理空間情報で社会を少しでもよくしたいジオねこ@うじじすのブログなのだ。
twitter ujigis(ジオねこ@うじじす)
はてなブックマーク ujigislab

GIS の夜明けは近いぜよ!
(もう、何年、同じこと言っとんねん!)
(大体、あんた。佐幕派でしょが!)
最近、夜が明けたかと思ったら、GISはスマホ地図としてみんなに知られて、いまや誰もGISとは言ってくれません。。

姉妹ブログ「うじじす@オープンデータeventブログ」は、 こちら!
http://opendata.blog.fc2.com/

カウンター
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。