,電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーショングループ(HCG)シンポジウム2014

http://2014.hcg-symposium.org/home#

副題: ― ヒト・モノ・トコロを紡ぐ豊かな情報を発信するICT ―

会 場: 海峡メッセ下関 (山口県下関市豊前田町3丁目3-1)
会 期: 2014年12月17日(水)~19日(金)
発表申込締切: 2014年9月3日(水) 24:00 JST
発表原稿締切(予定): 2014年10月17日(金) 24:00 JST

会場へのアクセス:
海峡メッセ下関へのアクセス方法についてはこちらをご覧ください.
北九州空港からお越しの皆様は [北九州空港 → バスで小倉駅 → JRで下関駅] の経路でお越しいただくことが出来ます.北九州空港からのバスの時刻に関してはこちらをご覧ください.


招待講演: 森 朗 氏 (株式会社ウェザーマップ; 気象予報士)
今年の招待講演は,株式会社ウェザーマップの気象予報士,森朗さんにご講演いただきます.
タレントの恵俊彰が司会を務めるTBS系列の情報ワイド番組「ひるおび!」で気象解説コーナーを担当されており,テレビでもおなじみの方です.
ご講演では,人間の行動と気象・天気との関係を環境問題・歴史・生活・防災などの視点から解説いただき,また気象解析・天気予報における情報通信技術についても解説いただく予定です(内容は変更の可能性あり).


HCGシンポジウムの大きな特長は,HCGに属する各研究会はもとより,その他の研究分野との横断的かつ濃密な交流を促進していることです.
その試みの一つとして,今年も全ての口頭発表者に対してインタラクティブ発表枠を付与することにしております.
直接的に意見を交換する機会を増やし,研究の更なる発展を促す狙いです.
口頭発表者によるインタラクティブ発表は義務ではありませんが,コアタイムには出来るだけご参加ください.
インタラクティブ発表では発表用パネルにポスター(口頭発表用スライドを印刷したものでも可)を貼っていただきます.
電源を用意いたしますので,ノートPCを用いたデモ等を行うことができます.
インタラクティブ発表のみの参加者も募集しております.萌芽的な研究や研究プロジェクトの紹介などにご活用ください.
特に学生の皆様にとっては,修論・卒論等の執筆開始の時期に合わせて,指導教員や研究室メンバーではない外部の研究者による様々な立場からの意見を得ることができ,より多面的な観点でバランスのとれた論文執筆に役立てられると期待されます.ぜひ積極的にご参加ください.


また,ある特定のトピックに関する研究発表を集め,活発に議論を行うオーガナイズドセッションを今年も企画いたします.
今年は下記の4セッションを予定しております.
その分野の専門家と議論を行うことができますので,積極的な投稿をお待ちしております.
各セッションの詳細についてはこちらをご覧ください.

オーガナイズドセッションⅠ 「コミック工学」
オーガナイザ: 松下光範(関西大)

オーガナイズドセッションⅡ 「ヒューマンセンタードデザインの理論と実践」
オーガナイザ: 新井田統(KDDI研)・大野健彦(NTT)

オーガナイズドセッションⅢ 「雰囲気工学」
オーガナイザ: 湯浅将英(湘南工科大)・片上大輔(東京工芸大)・小林一樹(信州大)・田中貴紘(名大)

オーガナイズドセッションⅣ 「G空間コンピューティング:センシングからコミュニケーションまで」
オーガナイザ: 蔵田武志(産総研)


HCGシンポジウム2014では,優れた研究発表を下記の通り表彰する予定です.
最優秀インタラクティブ発表賞 (一般/学生問わず)
優秀インタラクティブ発表賞 (一般)
学生優秀インタラクティブ発表賞 (学生)
オーガナイズドセッション賞 (一般/学生問わず)

昨年は108件の研究発表(口頭発表76件,インタラクティブ発表のみ32件)が寄せられ,活発な議論が交わされました.
また,参加者も206名と過去最大規模となり,活気溢れるシンポジウムとなりました.
今年も皆様の御投稿,御発表を心よりお待ち申し上げております.

シンポジウムに引き続いて,電子情報通信学会論文誌「情報・システム:D」においてヒューマンコミュニケーション特集号が予定されております.
シンポジウム発表後にブラッシュアップした研究成果を本特集号にご投稿頂ければ幸いです.
また,シンポジウムでの優秀な論文につきましては,本特集号への推薦論文として推薦いたします.

情報保障のご案内:
視覚や聴覚等に障がいを持った方でも参加・発表できるように情報保障を行います.
詳しくはこちらをご覧ください.


主催:
電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーショングループ

協賛:
ヒューマンインタフェース学会,映像情報メディア学会,計測自動制御学会,情報処理学会,日本バーチャルリアリティ学会,日本音響学会,日本顔学会,日本認知科学会,日本認知心理学会 (依頼中も含む)

オーガナイズドセッション
特定のトピックに関する研究発表を集め,活発に議論を行う「オーガナイズドセッション」を今年も企画いたします.
今年は下記の4セッションを予定しております.
その分野の専門家と議論を行うことができますので,積極的な投稿をお待ちしております.
各オーガナイズドセッションの投稿方法の詳細につきましては「発表申込」のページをご覧ください.

オーガナイズドセッションⅠ
「コミック工学」
オーガナイザ: 松下光範(関西大)
内容:
タブレットやスマートフォン等,ディジタル端末で読むことのできる電子書籍が急速に普及しつつある.とりわけ,ディジタルコミックはその売り上げの8割を占める主力コンテンツとなっている.ディジタルコミックは,従来の紙媒体のコミックと異なり物理的な制約がないため,従来のコミックの枠にとらわれない表現や利用が可能である.しかし現状では,多くの作品は単に紙媒体のコンテンツをスキャナで取り込んでそのままディジタル化した静的なものであり,ディジタルコミックの可能性を十分に活かせる状況にはない.本オーガナイズドセッションは,こうした現状を打破しディジタルコミックの可能性を追求するための技術やアプリケーションを醸成する場として企画された.様々な角度から電子コミックを対象とした研究が一堂に会することで,研究推進のためのブレイクスルーや相乗効果が期待される.なお,本セッションは昨年のHCGシンポジウムで行ったコミック工学のオーガナイズドセッションの第2回目である.昨年の内容からの研究の展開を感じていただければ幸いである.

オーガナイズドセッションⅡ
「ヒューマンセンタードデザインの理論と実践」
オーガナイザ: 新井田統(KDDI研)・大野健彦(NTT)
内容:
昨年度に引き続き「ヒューマンセンタードデザイン」に関連する研究発表を募集する.研究成果のプレゼンテーションの他に,HCDコミュニティにおける学会活動の意義について議論するワークショップを開催する.

オーガナイズドセッションⅢ
「雰囲気工学」
オーガナイザ: 湯浅将英(湘南工科大)・片上大輔(東京工芸大)・小林一樹(信州大)・田中貴紘(名大)
内容:
雰囲気に関する人同士のコミュニケーション研究,人とエージェントやロボットとの対話研究,ネット上のSNSやtwitterにおける雰囲気,さらに新しい研究領域からの野心的,先進的な研究を募集するOSを企画する.本OSでは,様々に創り出される「雰囲気」を統一的に検討し雰囲気を解き明かし,「雰囲気」を構成する工学的モデルを探るとともに新たなコミュニケーション研究の創出を目指す.
「雰囲気工学」はこれまでに人工知能学会全国大会で企画し,言語/コミュニケーション/インタフェース/ロボット/エージェントなどの様々な分野の方々に発表いただいた.本OSにおいても,さらに幅広い分野の方々,今から雰囲気を研究したい方,ちょっとしたアイディアがある方等々とともに,楽しい雰囲気(!)を作り出したい.

オーガナイズドセッションⅣ
「G空間コンピューティング:センシングからコミュニケーションまで」
オーガナイザ: 蔵田武志(産総研)
内容:
スマートフォンの普及が進み,スマートグラスやスマートウォッチなどのウェアラブルデバイスも普及の兆しを見せている.ユーザの状況を把握し,情報支援,コミュニケーション支援などを行うには,「G空間コンピューティング」,具体的には,屋内外測位技術や実空間モデリング技術をはじめ,それらにより得られた時空間情報の活用手段(例:AR/MR),ジオコミュニケーションサービスなどの充実が求められる.本OSでは,技術やコンセプトの提案から,ベンチマーク,応用,実証にいたるまで包括的に発表を募集し,G空間コンピューティングの今後についての議論を深めることを目的とする.
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)

Author:ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)
地理空間情報で社会を少しでもよくしたいジオねこ@うじじすのブログなのだ。
twitter ujigis(ジオねこ@うじじす)
はてなブックマーク ujigislab

GIS の夜明けは近いぜよ!
(もう、何年、同じこと言っとんねん!)
(大体、あんた。佐幕派でしょが!)
最近、夜が明けたかと思ったら、GISはスマホ地図としてみんなに知られて、いまや誰もGISとは言ってくれません。。

姉妹ブログ「うじじす@オープンデータeventブログ」は、 こちら!
http://opendata.blog.fc2.com/

カウンター
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
リンク