スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「G空間オープンデータ活用セミナー」

http://www.mlit.go.jp/report/press/kokudoseisaku01_hh_000062.html#


国土政策局では、地理空間情報(G空間情報 ※参照)の活用推進に取り組んでいます。
 この度、G空間情報に親しみ、広く公開されているオープンデータとGISを活用し、地域課題の分析や解決、自治体の業務等に役立つ、実践的な研修を福岡市で実施します。GIS基礎技術研究会(代表:九州大学三谷泰浩教授)と共同で、先進的な取組を行っている地方公共団体職員等の協力を得ながら、講演、パネルディスカッションに加えて、実際のデータを用いて地域課題の分析・考察を行うワークショップを開催します。
 どなたでもご参加頂けますので、ふるってご参加ください。

(※)位置や時間に関連する情報を「地理空間情報(G空間情報)」と呼びます。地理空間情報をオープンデータとして整備・公表することで、まちづくりや防災等への幅広い利活用が見込まれています。

開催概要

名称G空間オープンデータ活用セミナー(第8回GIS基礎技術研究会)
目的GISならびにG空間情報のオープンデータ等を活用する人材の育成
日時平成27年2月7日(土) 10:00~17:00(予定)
会場農村整備センター(水土里ネット福岡)
(福岡県福岡市博多区千代4-4-28)
主催国土交通省国土政策局、GIS基礎技術研究会
後援一般社団法人 地理情報システム学会
協力特定非営利活動法人 伊能社中、一般社団法人地理情報システム学会 自治体分科会

プログラムの概要(予定)

【午前の部】

  • 10:00~10:45 基調講演(国際大学 GLOCOM 庄司昌彦氏、千葉県浦安市 小泉和久氏)
  • 10:45~12:30 パネルディスカッション「GISとオープンデータの過去、現在、未来(仮)」

【午後の部】
  • 13:30~17:00 GISと地理空間オープンデータ活用ワークショップ<定員 60名>
G空間情報やGISに馴染みの薄い方でもご参加いただけます。
主に地方公共団体職員を対象と想定していますが、関心のある民間事業者の方も参加も歓迎いたします。

参加方法

 事務局まで電子メール(hqt-gexpo-edu★mlit.go.jp 「★」を「@」に置換してください)にて、氏名、所属、参加プログラム(午前または午後、両方)をお知らせください。

添付資料

報道発表資料(PDF形式)PDF形式

開催案内(チラシ)(PDF形式)PDF形式

お問い合わせ先

国土交通省国土政策局国土情報課 妹尾(せのお)、小林
TEL:03-5253-8111 (内線29846)

Get ADOBE READER

別ウィンドウで開きます



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)

Author:ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)
地理空間情報で社会を少しでもよくしたいジオねこ@うじじすのブログなのだ。
twitter ujigis(ジオねこ@うじじす)
はてなブックマーク ujigislab

GIS の夜明けは近いぜよ!
(もう、何年、同じこと言っとんねん!)
(大体、あんた。佐幕派でしょが!)
最近、夜が明けたかと思ったら、GISはスマホ地図としてみんなに知られて、いまや誰もGISとは言ってくれません。。

姉妹ブログ「うじじす@オープンデータeventブログ」は、 こちら!
http://opendata.blog.fc2.com/

カウンター
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。