GIS Day in 北海道 2015

www.rakuno.ac.jp/dep25/gisday2015/program.html


GIS/リモートセンシングデータの現在と未来
スケジュール
  • 10月23日(金) 講演会・展示会・交流会
  • 9:30-11:40 講演会 @ 酪農学園大学 中央館1F 学生ホール
    • 基調講演1 衛星リモセンの神話と現実
      • --東  誠氏(日本スペースイメージング株式会社 代表取締役)
    • 基調講演2 Remote Sensing Tracking Change Over Time
      • 時間の変化を追い続けた10年
      • --星野 仏方氏(酪農学園大学農食環境学群環境共生学類教授)
  • 11:00-16:00 展示会・交流会@酪農学園大学 中央館2F
    • 企業・団体出展 (出展団体は、こちら
      • 農業スペース
    • ミニプレゼンコーナー
    • ディスカッションスペース
    • 飲食コーナー(予定)
    • ポスターセッション 参加ポスター募集中
      • 日頃の業務や研究成果を参加者の皆様に広く紹介する場として、ポスターセッションを開催します。是非、ご参加ください。応募枚数は10枚です。先着順ですよ!
      • 募集するポスター
  • 12:00-13:00 地産地消10マイルショップ 野菜等直売会(予定)
    • 農業GIS、リモートセンシングの研究で日頃からお世話になっている農家さんが生産した野菜の直売会です。
    • 酪農大から半径16km、10マイル以内からの出展で、超!地産地消を目指します!
    • まだ、朝露が乾かないくらいの新鮮な「朝どりの野菜」にご期待ください。
    • 朝どりの野菜は、流通が入っていない分とても新鮮ですので、遠方にお持ち帰りいただいても大丈夫です。
    • gis_tms.jpg
  • 懇親会
    • 懇親会をします!
    • プラン 
    • 費用 4000円程度
    • 詳細
      • 時間 19:00 - 21:00
      • 場所 居酒屋 にほんいち別宴邸
      • (北海道札幌市中央区北8条西4丁目15 ベストウェスタンホテルフィーノ1F)
      • お店詳細・アクセス等
    • お申し込み
      • 前日までのお申込は、下記のフォームからご登録ください。
      • 当日のお申し込み
        • 12時まで上記講演会の会場前にて受付
        • 人数に限りがありますのでお早めにお申し込みください
    • ■お問い合わせ
  • 10月24日(土) 講習会
  • 9:30-16:00 講習会 @酪農学園大学 A1号館
  • コース1.ENVI講習会(基礎リモートセンシング) 9:30-16:00
  • リモートセンシングの代表的なソフトのひとつであるENVIを使って、リモートセンシングの基本的な解析を学びます。無料講習会の機会はあまり多くありませんので、リモートセンシングを基礎から学びたい方、これまでフリーソフトでリモートセンシングを学んでいた方、ソフトはあるけれど使い方がわからないといった方は、是非ご参加ください。
  • 講  師 根岸 正浩 氏(Exelis VIS株式会社)
  • 内  容(調整中)
    • (ア)リモートセンシングの基礎知識
    • (イ)ENVIの基礎操作
    • (ウ)画像解析
    • (エ)SAR等事例紹介
  • 参加人数  20人程度
  • 費  用   無料
  • お申込み
  • お申込みフォームを開く(クリックしてください)
  • 主催・共済
    • GIS Day in 北海道 実行委員会
    • 特定非営利活動法人Digital北海道研究会
  • コース2.ArcGIS講習会(基礎GIS) 9:30-16:00
  • 調整中
  • 講  師 調整中
  • 内  容(調整中)
    • (ア)ArcGISの基礎操作
    • (イ)地図表現
  • 参加人数  20人程度
  • 費  用   無料
  • お申込み 近日中にこちらで募集を開始します。
  • 主催・共済
    • GIS Day in 北海道 実行委員会
  • コース3匠から学ぶ 空中写真の「見方」 9:30-15:00
  •  高解像度の素晴らしい画像データを活用できていますか?どんなに良いデータも基礎となる知識や技術があってこそ活用できます。今回は、高解像度画像である空中写真をつかって森林をメインに判読する際の「見方」を少人数でじっくり学びます。実体鏡は使いません。あくまで、写真をどう読み解いていくかにフォーカスします。実体視が必要な場面では誰でも簡単にPC上で実体視できるステレオビューワーというソフトを使います。匠がどう写真をみて、どうデータ化
  • していくのかを学びましょう。これからどんどん高解像度衛星等の画像が使えるようになっていきますが、他の人が10%くらいしか活用できていないところを、100%活用していくために、今が学び時です!
  • 講  師 板垣 恒夫氏(森林航測研究代表)
  • 内  容(調整中)
    • (ア) 匠の判読哲学(植生図や土地利用図、林層区分図等の作成のご経
    • 験を通して)
    • (イ) 写真の見方をサンプル写真を用いて解析。大縮尺から小縮尺まで
    • 判読のポイントを整理します
    • (ウ) 現地を確認し、写真の見え方と現地を対応させるポイントを整理
    • します
    • (エ) ステレオビューワーを用いて実体視をしながら、実際に判読しな
    • がら判読のポイントを参加者と講師で確認していきます。
  • 参加人数  5-10人程度
  • 費  用   無料
  • お申込み
  • お申込みフォームを開く(クリックしてください)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)

Author:ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)
地理空間情報で社会を少しでもよくしたいジオねこ@うじじすのブログなのだ。
twitter ujigis(ジオねこ@うじじす)
はてなブックマーク ujigislab

GIS の夜明けは近いぜよ!
(もう、何年、同じこと言っとんねん!)
(大体、あんた。佐幕派でしょが!)
最近、夜が明けたかと思ったら、GISはスマホ地図としてみんなに知られて、いまや誰もGISとは言ってくれません。。

姉妹ブログ「うじじす@オープンデータeventブログ」は、 こちら!
http://opendata.blog.fc2.com/

カウンター
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
リンク