SPACシンポジウム2015

www.g-expo.jp/symposium/program.html#d27-3

G空間EXPO2015

SPACシンポジウム2015

SPAC SYMPOSIUM 2015

今や衛星測位はカーナビや地図作成から、防災・農業・建設・物流・交通・観光・警備保障等の広範囲な分野で利用され、国民生活に深く浸透しており、国民の安全・安心や産業・経済活動等に不可欠な社会基盤となっています。
我が国独自の測位衛星システムである「準天頂衛星システム」については、2018年度の4機体制に向けて開発が進められており、更に、平成27年1月に閣議決定された新たな宇宙基本計画では持続測位が可能となる準天頂衛星7機体制に必要となる追加3機については平成29年度をめどに開発に着手し、平成35年度をめどに運用を開始することが明らかになりました。また「平成32年東京オリンピック・パラリンピック」開催に向けて「G空間情報を高度に活用できる社会の実現」のため、産学官一体となった各種の活動も始まっています。
これらを踏まえ、今回のSPACシンポジウムでは、実用化の段階に入りつつある準天頂衛星システムの実証実験を中心に人にやさしい新たな取組等をご報告させていただきます。G空間社会の実現を目指し、幅広く情報を交換する場として、ご活用していただきたく、ご来場賜りますようご案内申し上げます。

開催日時11月27日 14:30~(14:10 受付開始)
会場未来館ホール
実施者(一財)衛星測位利用推進センター
登壇者
  • アイサンテクノロジー(株) 研究開発知財本部 部長 細井 幹広 氏
  • NPO法人ココロのバリアフリー計画 理事長 池田 君江 氏
  • 青山学院大学 地球社会共生学部 教授 古橋 大地 氏
  • 東日本高速道路(株)北海道支社技術企画課長 杉崎 幸樹 氏
  • (株)ジェノバ 企画経営室 次長 鵜飼 尚弘 氏
  • 金沢工業大学 教授 徳永 光晴 氏
閉じる


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)

Author:ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)
地理空間情報で社会を少しでもよくしたいジオねこ@うじじすのブログなのだ。
twitter ujigis(ジオねこ@うじじす)
はてなブックマーク ujigislab

GIS の夜明けは近いぜよ!
(もう、何年、同じこと言っとんねん!)
(大体、あんた。佐幕派でしょが!)
最近、夜が明けたかと思ったら、GISはスマホ地図としてみんなに知られて、いまや誰もGISとは言ってくれません。。

姉妹ブログ「うじじす@オープンデータeventブログ」は、 こちら!
http://opendata.blog.fc2.com/

カウンター
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
リンク