総合地球環境学研究所 セミナー

http://www.chikyu.ac.jp/publicity/events/rihn-seminars/no123.html

第123回地球研セミナー
レドゥクシオンのディープマッピング:
ペルー副王領におけるインディオ総集住化に関する空間人文学協働プラットフォームを構築する
開催日時
2016年2月9日(火)15:00 - 17:00
場  所
総合地球環境学研究所 セミナー室3・4(⇒アクセス)
講  師
スティーヴ・ウインキー(米国ヴァンダービルト大学人類学教室准教授)
⇒ 講師プロフィール
題  目
レドゥクシオンのディープマッピング:ペルー副王領におけるインディオ総集住化に関する空間人文学協働プラットフォームを構築する
言  語
英語(同時通訳は付きません)
対  象
研究者
事前申込
不要。当日直接会場にお越しください。
解  説
科研費基盤A「アンデスにおける植民地的近代:副王トレドの総集住化の総合的研究」プロジェクト(研究代表者:齋藤 晃・国立民族学博物館教授、研究分担者:近藤康久・地球研准教授ほか)では、スペインによるインカ帝国征服後のアンデス地方における先住民(インディオ)の強制集住政策(レドゥクシオン)の世界史的意義を、国際・学際共同研究を通して再評価することを目指しています。講師のウインキー氏は科研の海外共同研究者の一人で、スペイン植民地期アンデス地方(ペルー副王領)のオープンデータ地名辞書LOGARと地理空間プラットフォームGEOPACHAの構築を進めています。今回のセミナーでは、オープンデータ・プラットフォームを用いた国際・学際共同研究の可能性と展望についてもお話しいただく予定です。
問い合わせ
近藤康久(研究高度化支援センター) E-mail
++プログラム++
15:00-15:10
趣旨説明と講師の紹介 近藤康久(地球研)
15:10-15:20
科研費「アンデスにおける植民地的近代」プロジェクトの概要説明 齋藤 晃(民博)
15:20-16:20
講演 スティーヴ・ウインキー
16:20-17:00
質疑応答
終了後、近隣にて懇親会を予定しています(詳細はお問い合わせください)。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)

Author:ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)
地理空間情報で社会を少しでもよくしたいジオねこ@うじじすのブログなのだ。
twitter ujigis(ジオねこ@うじじす)
はてなブックマーク ujigislab

GIS の夜明けは近いぜよ!
(もう、何年、同じこと言っとんねん!)
(大体、あんた。佐幕派でしょが!)
最近、夜が明けたかと思ったら、GISはスマホ地図としてみんなに知られて、いまや誰もGISとは言ってくれません。。

姉妹ブログ「うじじす@オープンデータeventブログ」は、 こちら!
http://opendata.blog.fc2.com/

カウンター
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
リンク