地理空間情報 x ビジネス x オープンソースGIS 勉強会!

http://e2d3.connpass.com/event/35440/#

地理空間情報 x ビジネス x オープンソースGIS 勉強会!


GISを使うとこんなに面白い地図ができる

主催 : 【主催】 E2D3.org、合同会社MIERUNE 【協力】トーマツベンチャーサポート株式会社、Linked Open Data チャレンジ 2016【協賛】レバレジーズ株式会社

ハッシュタグ :#E2D3 #foss4gj #GIS
募集内容

イベントの説明

応募方法・参加方法

会場である青山スタートアップアクセラレーションセンターの応募フォームより、お申し込みください。
「お問い合わせ項目」で「イベント参加申込」を選択してください。 参加費は無料です。

目的

グラフ共有コミュニティーE2D3(Excel to D3.js)は、世界中全ての人が簡単にデータを可視化できる世界を目指しています。中でも、今、注目されているデータが地理空間情報です。QGISと呼ばれるオープンソースの地理情報システムを使えば、場所や位置にに紐づいたあらゆるデータを簡単に地図上に表現することができます。

QGISの入門書「オープンデータ+QGIS 統計・防災・環境情報がひと目でわかる地図の作り方」著者の朝日孝輔さんなど地理空間情報のスペシャリストに、地図によるデータ可視化の楽しさやQGISの活用方法について、分かりやすく語っていただきます。

内容

地理空間情報ってなんだ!

地球って丸い?でもいつも見る地図は平面?
位置を表す方法は一意?
地理空間情報ってなんだろうから、扱う際の基礎知識までやさしく解説します。

QGISを使うとこんな地図が作れる!

QGISは様々な解析機能へのハブとなっています。地理空間情報で標準的なフォーマットから地図を表示して、webでの親和性の高いgeojsonへの変換ができるだけでなく、高度な解析機能まで使用することができます。基本的な機能から、最新のオススメ機能まで紹介します。

地理空間情報を使いこなすと こんなことまでできる!

今アツイのは3Dと時系列データ!最新のツールをご紹介して、ビジネスへの利用を皆さんと検討する機会としましょう。

イベント終了後には近くで懇親会!

終了後、近くの居酒屋にて行い、予算3000円位です。地理空間情報がについて語りつくしましょう!

お話しするのはこんな人

朝日孝輔(あさひこうすけ)

MIERUNE, LLC. 代表社員
データの有効活用を通して、身近な問題の解決に貢献したいと6月に起業。特に地理空間情報を活用した解析・可視化をお手伝いします。 北海道での地理空間情報利用を促進すべくFOSS4G Hokkaidoや勉強会を開催。OSGeo財団日本支部運営委員。

古川泰人(ふるかわやすと)

MIERUNE, LLC. 業務執行社員
マップコンシェルジュ株式会社
学術分野・コミュニティ活動・コンサルティング業務の経験をベースに、GISやオープンデータなどを活用する位置情報技術者。OSGeo財団日本支部運営委員、NPO札幌オオドオリ大学 コーディネータ、Code for Sapporo コアメンバー、OpenStreetMap Foundation Japan メンバー、北海道大学 Wheelmap Projectメンター

協力企業

青山スタートアップアクセラレーションセンター トーマツベンチャーサポート株式会社

協賛企業

レバレジーズ株式会社

■レバレジーズの運営サイト

発表者



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)

Author:ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)
地理空間情報で社会を少しでもよくしたいジオねこ@うじじすのブログなのだ。
twitter ujigis(ジオねこ@うじじす)
はてなブックマーク ujigislab

GIS の夜明けは近いぜよ!
(もう、何年、同じこと言っとんねん!)
(大体、あんた。佐幕派でしょが!)
最近、夜が明けたかと思ったら、GISはスマホ地図としてみんなに知られて、いまや誰もGISとは言ってくれません。。

姉妹ブログ「うじじす@オープンデータeventブログ」は、 こちら!
http://opendata.blog.fc2.com/

カウンター
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
リンク