FOSS4G Tokyo 2016

http://www.osgeo.jp/archives/351#

www.osgeo.jp/foss4g-2016-tokyo-coreday#

FOSS4G 2016 TOKYO コアデイ

開催日時

2016年11月5日(土) 10:30 – 18:00

場所

東京大学駒場リサーチキャンパス(生産技術研究所内)An棟2階
(〒153-8505 東京都目黒区駒場4-6-1)

コアデイ セッションスケジュール

時間発表者:発表内容
10:00 –開場
大ホール中セミナー室5
10:30 – 10:40開会挨拶 森 亮(OSGeo財団日本支部)
10:40 – 11:20基調講演1: FOSS4Gと地理院地図
出口 智恵 (国土交通省 国土地理院 地理空間情報部)
11:20 – 12:00基調講演2:「Building Inspector(仮)」
Mauricio Giraldo (The NewYork Public Library)
12:00 – 13:20昼食
一般セッション 博物館・図書館連携セッション
13:20 – 13:40事例発表1: ディープラーニングによるGISへの応用について(仮)
和山 亮介(株式会社ノーザンシステムサービス)
13:40 – 14:00事例発表2: CKANへの空間情報機能拡張実装の試み
嘉山 陽一(朝日航洋株式会社)
14:00 – 14:20事例発表3: FOSS4Gによる誰でも作れる古地図アプリ基盤「考古地図(cocomaps)」の開発
東野 正幸(鳥取大学)
14:20 – 14:40事例発表4: Geopaparazziを行動記録ツールとして使ってみた
~大学生による利用評価~
神宮 翔真(筑波大学大学院 生命環境科学研究科 生物資源科学専攻)
14:40 – 15:00事例発表5:FOSS4G・オープンデータと地質図
吉川 敏之(産総研 地質調査総合センター)
15:00 – 15:20事例発表6: 松江G空間ミュージアムプロジェクト
花形 泰道(松江市立 松江歴史館)
15:20 – 15:30 休憩
特別セッション「アーカイブ×FOSS4G」
15:30 – 15:40 趣旨説明
瀬戸 寿一(東京大学 空間情報科学研究センター)
15:40 – 16:00発表1:タイトル未定
北本 朝展(国立情報学研究所 コンテンツ科学研究系)
16:00 – 16:20発表2:キロク乃キオク-時層写真を活用した地域歴史資産のアーカイブ
山形 巧哉(北海道森町役場 総務課情報管理係 & ハウモリ)
16:20 – 16:40発表3: タイトル未定
渡邉 英徳(首都大学東京 システムデザイン学部)
17:10 – 17:30総括(ディスカッション)
17:30 – 17:35閉会挨拶(未定)
18:00 – 20:00懇親会  ※申し込みが必要となります(近日中に募集開始します)。ライトニングトーク セッション(5分 x 10名)を設ける予定です。 懇親会の申し込みと同時にご応募ください。

※ セッション名をクリックするとセッションの詳細情報に移動します。

コアデイ セッション紹介

基調講演1: FOSS4Gと地理院地図

発表者: 出口 智恵 (国土交通省 国土地理院 地理空間情報部)

概要

地理院地図は、今年でオープン13年目を迎える、国土地理院のウェブ地図サービスです。これまでに様々な変遷を経て、現在ではFOSS4Gなしに語ることのできないサービスに成長しました。 今回は、地理院地図の概要と今後の展開について紹介させていただきます。

▲セッション一覧へ戻る

基調講演2: (タイトル未定)

発表者: Mauricio Giraldo (The NewYork Public Library)

概要

▲セッション一覧へ戻る

一般セッション

事例発表1: ディープラーニングによるGISへの応用について(仮)

発表者: 和山 亮介(株式会社ノーザンシステムサービス)

概要

昨今何かと話題のディープラーニングですが、ではGISでどのような応用が出来るのかをお話したいと思います。

▲セッション一覧へ戻る

事例発表2: CKANへの空間情報機能拡張実装の試み

発表者: 嘉山 陽一(朝日航洋株式会社)

概要

オープンソースのメタデータカタログサーバシステム CKANでは多様な種類のデータカタログを登録して検索することが可能である.またメタデータだけでなく実データやデータ所在のリンクをリソースとしてCKANに登録することが可能である。そこでは多様な空間情報をリソースとして登録することができる。CKANではデータの形式ごとにプレビューや様々な検索ができるような拡張がなされている。本発表ではCKANで空間データを利用する場合に便利な空間データ用の拡張機能をFOSS4Gを用いて実装した試みについて解説する。

▲セッション一覧へ戻る

事例発表3: FOSS4Gによる誰でも作れる古地図アプリ基盤「考古地図(cocomaps)」の開発

発表者: 東野 正幸(鳥取大学)

概要

地域における人々の営みが形成した景観を保護する施策として文化的景観保護制度がある。文化的景観は2004年の文化財保護法の改正により導入された文化財の一類型である。文化的景観を保護し重要文化的景観に選定されるためには市町村が自ら文化的景観の価値を示すと共に保存計画や保護条例の策定などを整備した上で国に申出する手続きになっており地域が主体的に取り組む必要がある。このような取組は地域に持続性をもたらす活動となり地域活性化や地域課題解決のアプローチとしても積極的な活用が期待されている。文化的景観は人々の営みと共に在る、言わば生きた文化財であり、文化的景観に関する地理・歴史資料などを用いた地域における継続的な学びが重要となる。本発表では、文化的景観の理解に必要な古地図と歴史資料を参照しながら街歩きによる地域の理解を支援する誰でも簡単に作成可能な古地図アプリ基盤の開発について報告する。また応用例として鳥取県智頭町との共同研究による智頭宿の街歩きアプリについても紹介する。

▲セッション一覧へ戻る

事例発表4: Geopaparazziを行動記録ツールとして使ってみた
~大学生による利用評価~

発表者: 神宮 翔真(筑波大学大学院 生命環境科学研究科 生物資源科学専攻)

概要

自然地域における利用者の詳細な行動把握は,適切な登山道整備や管理計画の実施を可能とする。近年はスマートフォンの活用により,行動把握が格段に容易になっており,本格的なスマートフォン向けGISアプリケーションのGeopaparazziに注目が集まっている。しかし,広く活用するには,GISに関する知識や技術が乏しいユーザが使用した場合の課題を明らかにする必要がある。 そこで,筑波大学のフィールド実習(村山古道~宝永山)で,Geopaparazziを用いたグループワークを実施し,参加学生(29名6グループ)が自身の行動を記録した。そして,アンケート調査によって活用における課題を明らかとした。なお,実施にあたっては1時間ほどの事前学習の時間をもうけた。結果として,参加者の約8割は,機会を見つけて個人でもGeopaparazziを使用してみたいという意見を示した。一方で,操作に対する不安が多く見られ,活用にあたっては技術的なサポートが可能な参加型ワークショップ形式が効果的であると考えられる。

▲セッション一覧へ戻る

事例発表5: FOSS4G・オープンデータと地質図

発表者: 吉川 敏之(産総研 地質調査総合センター)

概要

オープンデータの進展に伴い、FOSS4Gの利用者や利用シーンは大幅に拡大しています。産総研地質調査総合センターではこの秋に地質図のライセンスを改定し、新たに自由な改変が可能になりました。これによって地質図が今後の地理空間情報利活用の有力な一選択肢となるとともに、誰もが地質図を改変・公開できるようになった意義と可能性について紹介します。

▲セッション一覧へ戻る

事例発表6: 松江G空間ミュージアムプロジェクト

発表者: 花形 泰道(松江市立 松江歴史館)

概要

本年度より、城下町松江の新たな史料活用モデルづくりに取り組むため、松江歴史館を中心施設とした「松江G空間ミュージアムプロジェクト」をスタートさせました。プロジェクトでは、江戸時代の絵図や古い写真など地域に眠る史料の掘り起こしとともに、それら史料に可能な限り位置情報を付与し、GISを活用し歴史的な景観や昔の暮らしなどが身近に感じられるようにする、「見える化」と「アーカイブ」の実現を目指しています。また、これらを実現するためのシステムを構築します。構築するシステムは、誰もが自由に利用カスタマイズできるように、オープンソースとして公開していきます。今回は、スタートしたばかりのプロジェクトの構想と全体像について発表します。

▲セッション一覧へ戻る

特別セッション「アーカイブ×FOSS4G」

発表1: タイトル未定

登壇者: 北本 朝展(国立情報学研究所 コンテンツ科学研究系)

概要

▲セッション一覧へ戻る

発表2: キロク乃キオク-時層写真を活用した地域歴史資産のアーカイブ

登壇者: 山形 巧哉(北海道森町役場 総務課情報管理係 & ハウモリ)

概要

地域の歴史には、非常に価値があるが、どんどんと喪失されている。 それは、記録していることを記憶している人が亡くなったり、市町村合併により吸収されてしまう立場だった市町村の情報がうまく保存されていない為である。 この中でも、古写真はたくさんの有用な情報が入っているにもかかわらず捨てられて行っている場合も多い(例えば祖父母が亡くなった際に遺品整理として捨てられてしまったり、役所等でも図書館等で保存されているもの以外は保存年限いより捨てられたり)。 これら貴重な情報を残す為には、古写真をオープン化することで、様々なものに活用され、自分達だけではアーカイブすることが難しいものが、ある意味他力本願な部分もでてくるが、他者によってその価値を見出され後世に残る確率が非常に高くなる。 これまで様々な場所や団体によりオープンデータの活動が行われてきたが、それらは「データ」の部分であり、「先人たちの思い、我々の思い」をオープン化していくという「感情のオープンデータ」という取り組みは非常に少ない。 そこで我々は、地域の歴史資産とともに、先人の思いをオープンデータ化し「街をアーカイブ」する手段としてキロク乃キオクを作成し、その現状と概念を発表したい。

▲セッション一覧へ戻る

発表3: タイトル未定

登壇者: 渡邉 英徳(首都大学東京 システムデザイン学部)

概要

 

▲セッション一覧へ戻る

発表様式について

事例発表

  • 各発表は15分発表+5分質疑の20分となります。
  • 発表にあたっては同日の発表時間までにテストをお願い致します。詳細については会場にてスタッフまでお問い合わせ下さい。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)

Author:ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)
地理空間情報で社会を少しでもよくしたいジオねこ@うじじすのブログなのだ。
twitter ujigis(ジオねこ@うじじす)
はてなブックマーク ujigislab

GIS の夜明けは近いぜよ!
(もう、何年、同じこと言っとんねん!)
(大体、あんた。佐幕派でしょが!)
最近、夜が明けたかと思ったら、GISはスマホ地図としてみんなに知られて、いまや誰もGISとは言ってくれません。。

姉妹ブログ「うじじす@オープンデータeventブログ」は、 こちら!
http://opendata.blog.fc2.com/

カウンター
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
リンク