日本建築学会情報システム技術委員会 第39回情報・システム・利用・技術シンポジウム

https://www.facebook.com/aijrcist
http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2016/161208-09.pdf
より引用

■会  期  2016年12月8日(木)~9日(金)
■会  場  建築会館ホール+本会会議室
      (東京都港区芝5-26-20)

◆2 情報シンポのTwitterアカウント
https://twitter.com/aijisa2016
ぜひフォローと記事の拡散をお願いいたします。
◆3 Ustreamライブ中継
情報シンポ当日、Ustreamで下記のセミナーを無料ライブ中継いたします。ご都合により会場参加いただけない方はぜひご視聴ください。
【建築情報学セミナー1】12月8日(木) 15:00-18:00
【建築情報学セミナー2】12月9日(金) 13:30-16:30
配信URL:http://www.ustream.tv/channel/rLx6MTfy7zA

第39回
情報・システム・利用・技術
シンポジウム
日本建築学会 情報システム技術委員会
■ オープン・イノベーション時代の個人と社会■
Internet of Things(IoT)はネットワーク情報技術が誰もの
身近な生活の中に浸透し、SNS や 3D プリンターのように、個
人の楽しみや工夫からグローバルな社会への働きかけまでが連
続したオープンなイノベーションの時代を拓くものと期待され
ています。BIM の本質もワークフローから個人と組織の関係を
変えることかもしれません。大量生産技術と市場の原理が主導
してきた建築の技術と価値も、この新しい個人と社会の関係の
中で大きく変化してきていると改めて捉えなおし、これまでの
建築情報化の歩みとの違いを議論してみたいと思います。
会期 ― 2016年12月8日(木)~ 9日(金)
会場 ―建築会館ホール+本会会議室(東京都港区芝 5-26-20)
参加費― (1) 資料あり参加費 *資料はDVD
会員8,000円、会員外9,000円、学生5,000円
(2) 資料なし参加費
会員3,000円、会員外4,000円、学生1,000円
※会期中一度のお支払いで、両日とも参加可能です。
※上記参加区分(1)(2)ともに、全プログラムへの参加が可能です。
※論文/報告発表者は参加区分(1)の参加費をお支払いください。
申込方法/定員― WEB申込み(事前申込み優先。定員に達しな
い場合の当日申込みは会場先着順)/200名
► https://goo.gl/forms/xm90813KbsZBzd982
問合せ― (一社)日本建築学会事務局 伏見
TEL. 03-3456-2057
●プログラム概要
1.委員長挨拶
倉田成人(筑波技術大学)
日時/会場 ―12月 8日(木)14:50~15:00/建築会館ホール
2.論文/報告発表講演
・オーガナイズドセッション(OS)
➊ 建築情報教育の今(企画:建築情報教育小委員会)
➋ GISによる地域空間情報による計画設計手法への展開(地域空
間情報モデリング小委員会)
➌ 知的情報処理技術の応用と展開(知的情報処理技術応用小委員
会)
➍ デザイン科学の方法と展開(デザイン科学教育方法研究小委員
会)
・一般セッション
設計・計画・スマートハウス、行動分析、都市(広域・環境)、
AR・VR、環境シミュレーション、防災
期日 ―12月8日(木)~ 9日(金)
会場 ―建築会館ホール/201・202、301・302、308会議室
3.小委員会企画研究集会
① アルゴリズミック・デザイン-実践とこれから
*報告発表講演含む
アルゴリズミック・デザインに関連する最新の研究・実践報
告と展望を議論する。360°Bookなどの建築に限定されない作
品群をデジタルデザインにより可能にし、領域横断的に展開し
てきた大野友資氏による招待講演と、柔軟な素材で形態創生に
挑戦する隈太一氏らによる報告を行う。
企画 ―アルゴリズミック・デザイン小委員会
日時/会場 ―12月 8日(木)12:40~14:40/建築会館ホール
題目・講師 ―デジタルデザインの射程
:大野友資(DOMINO ARCHITECTS)ほか
4.企画パネルディスカッション
<協賛>アプリクラフト、オートデスク、グラフィソフトジャ
パン、総合資格学院、日建学院、フォーラムエイト
リアルタイム動画配信【無料】―
http://www.ustream.tv/channel/rLx6MTfy7zA
Twitterアカウント► https://twitter.com/aijisa2016 ハッシュタグ► #情報シンポ
① オープニングPD「建築情報学セミナー1」
日時/会場 ―12月 8日(木)15:00~18:00/建築会館ホール
講師 ― 司会:倉田成人(筑波技術大学)
淺間 一(東京大学工学部精密工学科/サービスロボティクス、自
律分散・空間知能化)
大江 匡(プランテックアソシエイツ/建築家)
妹尾堅一郎(産学連携推進機構理事長/問題学・構想学、コンセプト
ワーク、ビジネスモデル論・知財マネジメント)
中島正愛(本会会長、京都大学/鉄骨構造、建築構造物の耐震)
② クロージングPD「建築情報学セミナー2」
日時/会場 ―12月 9日(金)13:30~16:30/建築会館ホール
講師 ― 司会:池田靖史(慶應義塾大学)
新居千秋(新居千秋都市建築設計/建築家)
石澤 宰(竹中工務店/BIM)
田辺新一(早稲田大学/建築環境学、温熱環境、空調設備)
村井 純(慶應義塾大学環境情報学部/コンピュータコミュニケ
ーション、オペレーティングシステム)
【懇親会】 ※シンポジウム参加費支払者に限る
日時/会場 ―12月 9 日(金)17:00~19:00/建築会館ホール
参加費/定員―一般2,000円、学生1,000円/120名
このほか中庭でも展示を予定しています。
◎過去第34~38回の『情報・システム・利用・技術シンポジウム
論文集』(34回は冊子版、35~38回はDVD版)の在庫がござ
います。下記URLよりお申し込みください。電話でのご注文
は承っておりません。 5,000円(税込)、送料600円
► http://www.aij.or.jp/jpn/books/kounyu.htm
〈申込先〉〒108-8414 東京都港区芝 5-26-20
(一社)日本建築学会 建築書店
TEL. 03-3456-2018 E-mail:hanpu@aij.or.jp
●論文/報告発表講演プログラム
■12月 8日(木)■
【小委員会企画研究集会①】 *企画の一部(報告発表講演)です
▼アルゴリズミック・デザイン ―実践とこれから
12:40~14:40……ホール…………………………………………
司会:瀧澤重志(大阪市立大学)
1[H26] 極大凸多角形集合による平面被覆問題の解の全列挙と
最適解の抽出手法 ○瀧澤重志
2[H55] 可展面を接続した自由曲面シェル構造の形状最適化
○崔 京蘭・大崎 純・中村奎吾
3[H51] Architectural Softness ○隈 太一
4[H54] デザインツールの一元化と自動化 -FLUXとプログ
ラミング言語の併用システム- ○竹内篤史・城所竜太
▼防災(1)
11:00~12:20……201・202会議室………………………………
司会:渡邊朗子(東京電機大学)
5[H27] コミュニティFM局を活用した防災に強いまちづくり
に関する研究 -静岡県中部地域を例に- ○鈴木敏子
6[H01] 広角アクションカメラを用いた災害初動調査システム
の開発 ○根本樹李・山田耕司
7[H18] テキストマイニングを用いた災害情報の抽出と分析
-地方紙HPが熊本地震をどう伝えたか-
○木原大志・小立雄大・緒方雄基・柳 信栄・小林祐司
8[R07] テキストマイニングを活用した防災意識の把握と分析
-大分県臼杵小学校児童の保護者を対象として-
○小立雄大・小林祐司
▼防災(2)
13:20~14:40……201・202会議室………………………………
司会:谷 明勲(神戸大学)
9[H25] 避難場所の容量を考慮した梅田地下街における垂直避
難計画モデルの研究 -混合整数計画法を利用したアプローチ-
○山本 遼・瀧澤重志
10[R06]大分県における小・中学校区を対象とした被災想定規
模の評価 ○緒方雄基・小立雄大・小林祐司
11[R08]Going to Designated Main Accommodation Shelter
in School District or the Nearest Shelter in the City -A
case study of Kanazawa City, Japan-
○グエン ディン タン・沈 振江・本田匡平・
杉原健一・小林史彦・西野辰哉
12[R14]複数の事象を想定した避難状況の予測 -校舎内の避
難方法の評価に関する事例的研究- ○勝野幸司・小嶋晃平
【オーガナイズドセッション➊】
▼建築情報教育の今
10:00~12:20……301・302会議室………………………………
司会:加戸啓太(千葉大学)
13[H34]建築学科学生を対象とした情報処理教育の実践
○平沢岳人
14[H31]BIM及び解析ソフトを活用したロールプレイング導
入による建築教育手法 ○大西康伸・松尾悌弘
15[H33]地方都市におけるPBL型BIMプロジェクト その 4
-プロジェクトの成果と教育面からの振り返り-
○下川雄一・円井基史
16[H35]スマートフォンを利用した防災教育支援システムの開
発と実践 ○村上祐治・田島 祥
17[H21]授業技術の高度化をめざしたデジタル基盤教材開発事
例から、建築技術教材開発への応用をはかる ○香川治美
18[R31]The Simulation of Demand Side Energy Consumption
for Households Based on the Agent-Based Modeling
○沈 振江・李 苗裔・刘 卓・杉原健一・
小林史彦・西野辰哉
19[H32]スマート建築都市を実現するBIM連携センシング・プ
ラットフォーム ○倉田成人・有馬仁志
▼行動分析
13:20~14:40……301・302会議室………………………………
司会:木村 謙(エーアンドエー)
20[H17]NetLogoを用いた駅コンコースにおける行動シミュレ
ーション その 1 -周辺状況による意思決定モデルを用いた歩
行者の行動シミュレーター(DFMAPs)-
○森下正道・大内一昇・林田和人・佐野友紀
21[H16]NetLogoを用いた駅コンコースにおける行動シミュレ
ーション その 2 -歩行者の行動シミュレーター(DFMAPs)
を用いたシミュレーションによる空間評価-
○大内一昇・森下正道・林田和人・佐野友紀
22[H06]BLEを用いた住宅内の生活動線計測手法の研究
○依藤 司・松下大輔
23[H11]空間知能化による高齢者の見守り環境システムについ
ての研究 ○加藤紘也・渡邊朗子
【オーガナイズドセッション➋】
▼GISの地域空間情報による計画設計手法への展開
10:20~12:20……308会議室……………………………………
司会:山田悟史(早稲田大学)
24[R01]東京の歴史的市街地における環境認知の変化について
-東上野地区における物理的環境の変化と居住者の環境認知構
造の変化との相関-
○塩田直哉・渡邉脩亮・大平晃司・大内宏友
25[H71]銀座・渋谷地域における色彩認知 3D モデルを用いた
景観計画について -街区の色彩構成と環境認知及び行動特性
との相関による分析考察-
○加藤慎也・中野由香・木村敏浩・大内宏友
26[H74]中層・高層住宅の集住体における積層した居住空間の
住民意識と環境認知との構成 -幕張ベイタウンにおける平
面構成について- ○宗 士淳・渡邉脩亮・大内宏友
27[H72]バリアフリーマップによる車いす利用者の移動のしや
すさに関する整備評価モデル
○小島俊希・織田友理子・伊藤史人・織田洋一・
吉藤オリィ・大内宏友
28[H75]建物ファサードの特徴と築年代に着目した景観分析
-神楽坂地域を事例として-
○大薗憲竜・郷田桃代・藤井健史
29[H76]中目黒周辺地域における住商工混在の変遷の定量化
○熊野 愛・郷田桃代・藤井健史
▼都市(広域・環境)
13:20~14:40……308会議室……………………………………
司会:大内宏友(日本大学)
30[R09]Spatial Structure of Public Service Facilities and
Its Coupling Relationship with Population Distribution
Based on GIS -Case study of central Tokyo, Japan-
○遊 寧龍・沈 振江・林 心怡・西野辰哉・小林史彦
31[R11]ストレートスケルトン手法による 3 次元地形モデルの
自動生成とその活用 ○杉原健一・沈 振江
32[R12]地理空間情報技術を活用した観光地における緑の景観
分析 ○竹村 唯・吉川 眞・田中一成
33[R13]空間情報を用いた緑景観のモデル化
○大野陽一・吉川 眞
●論文/報告発表講演プログラム
■12月 9日(金)■
【オーガナイズドセッション➌】
▼知的情報処理技術の応用と展開
9:10~12:30……ホール…………………………………………
司会:山邊友一郎(神戸大学)
34[H45]GAEを用いた自己組織化アルゴリズムの実装と構造
形態創生への適用 ○島田英里子・三井和男
35[H44]凸集合内の不確定変動に対し順序統計量を用いた建築
構造の最悪地震時応答解析 ○山川 誠・大崎 純
36[R04]剛に接合されたトラス梁弦材の弾塑性座屈解析法
○沖 佑典・元結正次郎
37[H43]最適化におけるホタルアルゴリズムの解探索能力
○村上仁宣・西田哲朗・塚崎克也・本間俊雄・横須賀洋平
38[H42]ネットワーク解析を用いた南九州過疎地域の内部構造
分析 ○喜多未咲子・本間俊雄・古川惠子・増留麻紀子・
横須賀洋平・境野健太郎
司会:本間俊雄(鹿児島大学)
39[H46]飛行ロボットの自律制御 -小型カメラとDeep learning
による自己位置推定-
○大山裕通・田中康浩・入江寿弘・新宮清志
40[H47]屋内利用を想定した自律移動ロボットの研究 -群知
能アルゴリズムを用いた移動経路の最適化-
○小室優也・入江寿弘・新宮清志
41[H48]対話型GAを用いた都市景観創生に関する研究 -主
成分分析を用いた形態の分類-
○小間誠貴・山邊友一郎・谷 明勲
42[R41]防災性を考慮した市街地再開発の最適化 -評価指標
の統合方法に関する検討-
○高橋俊貴・谷 明勲・山邊友一郎
43[H41]非医療従事者の一次救命による救護環境の計画手法に
関する研究 ○山田悟史・遠藤伸太郎・宗本晋作・小峯 力
▼設計・計画・スマートハウス
10:30~12:30……201・202会議室………………………………
司会:川角典弘(和歌山大学)
44[H08]BIMとGISを活用したパラメトリックな都市空間デザ
インに関する研究 -東京都千代田区秋葉原駅周辺における風
環境と計画指針の検討- ○山﨑 翼・中澤公伯
45[H20]グループ討論作業におけるアイデア共有支援と管理の
ためのデジタルアーカイブの研究
○大西智佳・川角典弘・佐藤優美・村松佑紀
46[H22]地域連携を前提としたオープンソースツールの活用に
よる空き家情報の安価な収集・活用手法
○笹尾知世・木實新一・鈴木亮平
47[H07]竹を使用した応急仮設住宅に関する設計研究
○為谷 翼・渡邊朗子
48[H10]高齢者を対象にしたロボットと共生するインタラクテ
ィブ・ヒューマン・インターフェースのデザインに関する研究
-生活支援ロボットと共生するリビング空間についてのアンケ
ート調査について- ○嶋優之介・渡邊朗子
49[R03]OSHWを用いた住環境モニタリングシステム -夏季
と冬季における空調機運転モードと室内空気環境・電力消費量の
検討- ○漆原健太・谷 明勲・山邊友一郎
【オーガナイズドセッション➍】
▼デザイン科学の方法と展開
9:30~12:30……301・302会議室…………………………………
司会:藤井晴行(東京工業大学)
50[H63]2 次錐計画の定式化に基づく極限解析によるリンク機
構の設計法 ○山岡祐貴・大崎 純・寒野善博
51[H65]ロバスト最適化の視点でみるシェイクダウン解析法に
ついて ○寒野善博
52[R61]Pythonの最適化ライブラリを用いた様々な構造最適
化の実例 ○藤田慎之輔・寒野善博・大崎 純
53[H66]デジタル・モデュロール ○渡辺 俊
54[H64]多核性に関する指標を用いたわが国の大都市圏の形態
分析 -Metropolitan Form Analysisによる大都市形態の定量
化に関する研究- ○川邉晃大・渡辺 俊
司会:渡辺 俊(筑波大学)
55[H67]デザイン科学に生成文法を用いることの意義 -琉球
民家の空間構成の分析- ○藤井晴行
56[H61]ネットワーク分析からみる民家の構成の特徴 -伊是
名島の民家を例に-
○大久保崇・小林祐貴・藤井晴行・篠崎健一
57[H62]伊是名民家における南面ファサードの生成文法
○小林祐貴・藤井晴行・篠崎健一・橋本幸治
58[H68]デザイン行為と数学の証明行為における 3 種類の要求
条件の分析 ○長坂一郎
▼環境シミュレーション
9:10~10:50……308会議室………………………………………
司会:福田知弘(大阪大学)
59[H04]全天球カメラを用いた視覚シミュレーションによる合
意形成の検証 -建築計画におけるワークショップを事例とす
る- ○西田智裕・伊藤孝紀・深町駿平・杉山弓香・
秀島栄三・伊藤孝行
60[H05]環境設計支援手法としての緑視率測定と拡張現実機能
を有するDiminished Realityシステム
○井上和哉・福田知弘・矢吹信喜・Ali Motamedi
61[H09]知的活動を支援する環境デザインに関する研究 -植
物を利用した情報処理活動の向上について-
○駒宮佑亮・渡邊朗子
62[H12]グループの知的活動を支援する環境デザインに関する
研究 -色彩環境がコミュニケーション能力に及ぼす影響-
○伊藤和奨・渡邊朗子
63[H13]個人の知的活動を支援する環境デザインに関する研究
-ブース空間における大きさと色彩環境が脳活動に与える影響-
○馬場哲平・渡邊朗子
▼AR・VR
10:50~12:30……308会議室……………………………………
司会:平沢岳人(千葉大学)
64[H14]Structure from Motionにより生成した三次元モデル
を含む都市空間Virtual Realityの構築 -境港市水木しげる
ロードリニューアル計画を対象として-
○福田知弘・灘 英樹・足立晴夫・清水駿太・武井千雅子
65[H23]HMDを用いた空間知覚に関する研究 -空間の奥行
きを対象とした被験者実験-
○北本英里子・山田悟史・及川清昭
66[H03]室内温熱環境設計フィードバックのためのCFDとAR
の統合 -緑化を対象にして-
○横井一樹・福田知弘・矢吹信喜・Ali Motamedi
67[H19]拡張現実を利用した多人数参加型デザイン支援に関す
る基礎的研究 ○佐藤優美・川角典弘・大西智佳・村松佑紀
68[H15]建築デザイン検討のためのSLAMを用いた屋外型AR
システムの開発
○三宅宗俊・福田知弘・矢吹信喜・Ali Motamedi
R:論文/H:報告
会場
期日
11:00-12:20
▼防災(1)
10:00-12:20
▼OS➊:建築情報教育
の今
10:20-12:20
▼OS➋:GISの地域空
 間情報による計画設
 計手法への展開
12:40-14:40
▼小委員会企画研究集会
①:アルゴリズミック・
 デザイン ――実践とこれから
14:50-15:00
委員長挨拶:倉田成人
       (筑波技術大学)
15:00-18:00
オープニングパネルディス
カッション
「建築情報学セミナー1」
13:20-14:40
▼防災(2)
13:20-14:40
▼行動分析
13:20-14:40
▼都市(広域・環境)
9:10-12:30
▼OS➌:知的情報処理
 技術の応用と展開
10:30-12:30
▼設計・計画・スマート
 ハウス
9:30-12:30
▼OS➍:デザイン科学
 の方法と展開
9:10-10:50
▼環境シミュレーション
10:50-12:30
▼AR・VR
13:30-16:30
クロージングパネルディス
カッション
「建築情報学セミナー2」


※ ▼印は論文/報告発表講演 [1題20分、68題]。小委員会研究集会、オーガナイズドセッション(OS)を含む。
12

9

(金)


部屋割り
第1会場
(ホール)
第2会場
(201・202会議室)
第3会場
(301・302会議室)
第4会場
(308会議室)
12

8

(木)




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)

Author:ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)
地理空間情報で社会を少しでもよくしたいジオねこ@うじじすのブログなのだ。
twitter ujigis(ジオねこ@うじじす)
はてなブックマーク ujigislab

GIS の夜明けは近いぜよ!
(もう、何年、同じこと言っとんねん!)
(大体、あんた。佐幕派でしょが!)
最近、夜が明けたかと思ったら、GISはスマホ地図としてみんなに知られて、いまや誰もGISとは言ってくれません。。

姉妹ブログ「うじじす@オープンデータeventブログ」は、 こちら!
http://opendata.blog.fc2.com/

カウンター
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
リンク