スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【News】津波予測図:低予算で 道、作製支援に手順書作り /北海道(毎日新聞 2011年12月13日 地方版)

http://mainichi.jp/hokkaido/seikei/news/20111213ddlk01010325000c.html

東日本大震災を教訓に、道は津波の災害予測図(ハザードマップ)を各市町村が作製するのを支援するマニュアル作りに着手した。12日に開かれた有識者らの検討会議初会合では、道から低予算でマップを作る方法などが紹介された。

 海に面した自治体は道内に81市町村あるが、このうちハザードマップを作っているのは8月末時点で49市町村にとどまる。外部委託で数百万~数千万円に上る費用がネックになっている自治体も少なくないとみられる。

 検討会議で事例を紹介した道によると、最近はパソコン上で等高線や建造物のデータなどを組み合わせて図を作る「地理情報システム(GIS)」の使い勝手がよくなり、このソフトの操作さえ覚えれば、専門知識のない職員でもハザードマップ作製が可能。実際に根室市では業者委託で約2000万円と見積もられたマップを職員が自らGISを使って作製し、印刷費なども含め約300万円で済んだという。

 座長の橋本雄一・北海道大教授(地理学)は「GISの無料ソフトが開発されていて、実は低コストでの作製が可能。操作も以前に比べ簡単になってきている」と活用方針を評価。そのうえで道に対し「市町村に提供するデータを、もっと使いやすくした方がいい」などと要望した。

 道は検討会議の議論を踏まえ、年度内のマニュアル完成を目指す。【片平知宏】

毎日新聞 2011年12月13日 地方版

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)

Author:ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)
地理空間情報で社会を少しでもよくしたいジオねこ@うじじすのブログなのだ。
twitter ujigis(ジオねこ@うじじす)
はてなブックマーク ujigislab

GIS の夜明けは近いぜよ!
(もう、何年、同じこと言っとんねん!)
(大体、あんた。佐幕派でしょが!)
最近、夜が明けたかと思ったら、GISはスマホ地図としてみんなに知られて、いまや誰もGISとは言ってくれません。。

姉妹ブログ「うじじす@オープンデータeventブログ」は、 こちら!
http://opendata.blog.fc2.com/

カウンター
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。