FC2ブログ

第26回 地理情報システム学会 学術研究発表大会

http://www.gisa-japan.org/conferences/index.html
http://www.gisa-japan.org/news/detail_1543.html

アブストラクト

2017年10月28日(土)・29日(日)宮城大学 大和キャンパス
(〒981-3298 宮城県黒川郡大和町学苑1番地1)

参加費

学術大会 (講演論文集CD-ROM代金を含む)事前登録当日受付
正会員/賛助会員枠の参加者4,000円6,000円
学生会員3,000円4,000円
非会員 (大学生以上)7,000円8,000円
高校生以下,70歳以上無料 (必ず年齢を証明するものをご呈示下さい)
懇親会 @ ハーネル仙台 (仙台市青葉区本町2-12-7)
大会会場から懇親会会場までバスを運行予定
事前登録当日受付
懇親会参加費6,000円7,000円

10月28日 (土) 9:00~11:00

B-1: 不動産価格分析 司会: 堤 盛人 

  • B-1-1 浸水深と不動産取引価格下落の関係:ハリケーン・カトリーナの高潮被害を例に
  • PDF 大津 颯, 井上 亮
  • B-1-2 大都市圏における人口密度と地価と通勤流動との相互関係 -東京大都市圏の事例-
  • PDF 神田 兵庫, 磯田 弦
  • B-1-3 深層学習を用いて地域内のアパート・マンションを同一基準で賃料推定し地図上で可視化する試み ー人工知能は緯度,経度から地域性を学習するかー
  • PDF 小林 裕治
  • B-1-4 DID法による過去の鉄道廃線が地価に与えた影響の分析
  • PDF 川久保 槙二, 瀬谷 創
  • B-1-5 京都地籍図を用いた大正期における地価の時空間分析
  • PDF 青木 和人, 矢野 桂司, 中谷 友樹

C-1: 観光・景観 【9:20開始】 司会: 藤田 秀之 

  • C-1-2 観光行動に基づく景観の分析と評価
  • PDF 大﨑 雄治, 吉川 眞, 田中 一成
  • C-1-3 ツイートデータを用いた徳島市中心部の地域イメージに関する研究
  • PDF 渡辺 公次郎, 辻岡 卓
  • C-1-4 位置情報付きソーシャルメディア等を用いた観光地域ブランドの評価
  • PDF 鈴木 英之
  • C-1-5 ユニバーサルツーリズム安心システムの社会実装に関する考察
  • PDF 阿部 昭博, 狩野 徹, 工藤 彰

D-1: 歩行者 【9:40開始】 司会: 伊藤 史子 

  • D-1-3 心理的ストレス概念に基づく歩行者モデルを用いた建築平面計画の評価
  • PDF 本間 ありさ, 大佛 俊泰, 金子 弘幸
  • D-1-4 大学キャンパス広場における歩行者属性別の移動特性
  • PDF 山田 百合子, 大佛 俊泰, 金子 弘幸
  • D-1-5 景色の変化から捉える街路空間の魅力
  • PDF 西畑 光, 田中 一成, 吉川 眞

E-1: 【ハンズオン】

  • OpenStreetMapマッピングパーティ in 宮城大学
  • オーガナイザー:西村 雄一郎
  • オープンな地理情報に対する社会的な必要性が高まる中、それらを市民が自ら作成するVGI(ボランタリーな地理情報)への注目が高まっている。この企画では、GIS学会のハンズオンセッションとしては初めて、VGIの世界的・中核的プロジェクトのひとつであるOpenStreetMapのデータ作成・編集に関する実習を「OpenStreetMapマッピングパーティin 宮城大学」と銘打ち、実施する。「マッピングパーティ」とは、ある特定の地域において、フィールドワークや利用可能なさまざまなデータによる情報収集を行い、それを地図化する一連の流れを実践し、地図作成に関する知識の共有を行う市民の集まり・イベントを指す言葉である。今回は、宮城大学大和キャンパスとその周辺地域を対象としてマッピングパーティを実施し、wiki型の地図作成に関するフィールドワークとデータ編集の実習を行う。

10月28日 (土) 11:00~12:40

A-2: 【企画セッション】GISCA特別セッション

  • 地方創生のためにGISができること
  • オーガナイザー:大伴 真吾
  • 国立社会保障・人口問題研究所によると,日本の人口は,2015年国勢調査による1億2709万人から,2065年には8,808万人と推計され,高齢化率は、2015年の26.6%から,2065年には38.4%へと上昇するとのことである.さらに今日,東京の人口一極集中はとまる気配がない.この傾向が続けば,地方の人口は減少し続けることになり,地方創生はより困難になると考えられる.そこで,今回は「地方創生のためにGISができること」をテーマにすえて,ディベートを行う.具体的には,以下に示す二つの立場を想定する.
    ・東京への人口集中を是認した上で,地方創生を考えるべき.
    ・東京への人口集中を抑制し,地方に人口を分散させるべき.
    そして,それぞれの立場をとるグループを作り,GIS技術者の観点でアイデアを出し,両者で議論を展開する.

B-2: 点分布・集積 司会: 瀬谷 創 

  • B-2-1 位置・方向情報付き写真群によるホットスポット抽出のための視線のクラスタリング手法
  • PDF 藤田 秀之, 相楽 翔太, 大森 匡, 新谷 隆彦
  • B-2-2 電話帳データを用いた時系列ホットスポット分析
  • PDF 森岡 渉, 貞広 幸雄, 岡部 篤行
  • B-2-3 探索的空間データ解析による日本の産業集積と共集積の分析
  • PDF Rim Er-Rbib, 堤 盛人
  • B-2-4 時空間領域の形状複雑度設定に基づく点事象集積検出手法の開発
  • PDF 木元 拓志, 井上 亮
  • B-2-5 空間スケール横断型の点分布記述指標群
  • PDF 貞広 幸雄

C-2: データ取得・作成 司会: 阿部 昭博 

  • C-2-1 海岸における行方不明者および遺留品捜索のためのGNSS受信機の精度評価
  • PDF 古屋 聡, 米澤 千夏, 渡邉 学, 園田 潤, 金澤 靖
  • C-2-2 クラウドソーシングを活用した写真資料(古写真)の地理情報等の同定方法の検討とその課題-京都市電のデジタルアーカイブ写真を事例として-
  • PDF 髙橋 彰, 河角 直美, 矢野 桂司, 山路 正憲, 山本 俊平, 佐藤 弘隆, 今村 聡
  • C-2-3 衆議院小選挙区のポリゴンデータ及び統計データの作成
  • PDF 西澤 明
  • C-2-4 鉄道設備位置の簡易計測ツールの開発
  • PDF 高田 佳, 中山 忠雅, 松本 康寿, 徳田 浩一郎, 安井 肇
  • C-2-5 複数地点からの常時画像モニタリングによる都市空間上の飛行物体の検出と分類
  • PDF 祖父江 英謙, 福島 佑樹, 樫山 武浩, 関本 義秀

D-2: 交通 司会: 薄井 宏行 

  • D-2-1 交通量調査史料を用いた旧東京市中心部のOD交通量推定
  • PDF 石川 和樹, 中山 大地
  • D-2-2 インドにおける長期プローブデータを用いたタクシーの営業行動に関する分析
  • PDF 坂田 理子, Ashutosh Kumar, 金杉 洋, 関本 義秀
  • D-2-3 大規模商業施設へのアクセシビリティと買い物利便性における 公共交通の効果
  • PDF 徐 千里, 嚴 先鏞, 鈴木 勉
  • D-2-4 都営バスの目的別利用と時間帯別・頻度別利用の関連分析
  • PDF 伊藤 史子, 佐藤 理久斗, 小根山 裕之
  • D-2-5 地域内ODフローを考慮した地域公共交通システムにおけるバス・デマンド交通併用の効果分析
  • PDF 長谷川 大輔, 鈴木 勉

10月28日 (土) 14:00~16:00

A-3: 【企画セッション】若手分科会

  • 多様化するGIS教育 (1)
  • オーガナイザー:相 尚寿
  • 地理情報システムが普及し、かつ多様な空間データが廉価もしくは無料で利用できる環境が整備されつつある現在、多様な場面でGIS関連の教育が実施されるようになってきた。それは必ずしもかつての地理教育の延長として高機能なGISの理論と実践を扱うものであるとは限らず、ウェブGISによる情報収集と共有を目指したもの、オープンデータやフリーソフトの利活用に主眼をおいたもの、ビッグデータの解析や可視化を行うものなど多様化している。空間情報の収集や表示が行えるデバイスも専用ソフトの入ったパソコンに限らず、タブレットやスマートフォンにまで拡大している。本セッションでは、理学、工学、人文社会系など多様な分野の学生を対象にしたGIS教育あるいは業務内容に特化した実践力が求められる実務でのGIS研修の最新動向を共有し、多様な受講者や多様な作業環境の中でのGIS教育でいかなる工夫が行われているかを探る。

    1) 薄井 宏行,樋野 公宏,真鍋 陸太郎 (東京大学大学院 工学系研究科)
    PDF 「GIS操作法の教育の現状と課題 -東京大学工学部都市工学科の演習におけるArcGISとQGISの同時教育を通じて-」
    2) 早川 玲理 (株式会社三菱総合研究所 地域創生事業本部)
    PDF 「シンクタンク・コンサル業界におけるGIS活用と人材育成」
    3) 山田 育穂, 関口 達也 (中央大学 理工学部)
    PDF 「中央大学理工学部 人間総合理工学科のGIS教育 -演習形式の授業における取り組み-」
    4) 菅野 良美 (国際航業株式会社 技術サービス本部)
    PDF 「自治体業務における普及・啓発に向けた取り組み事例~民間業者の観点から~」
    ※発表順やセッションは変更になる場合があります

B-3: 自然・環境 司会: 松岡 真如 

  • B-3-1 耕作放棄地の空間特性に関する実証的研究
  • PDF 李 露露, 川向 肇, 岩﨑 浩, 今西 秀幸
  • B-3-2 GISを用いた農業気象データの利用基盤システムの開発
  • PDF 佐々木 優太, 南野 謙一, 後藤 裕介, 渡邊 慶和
  • B-3-3 マカッサル市特別開発地域における生態学的機能評価による開発計画の定量的評価
  • PDF 吉田 眞子, 三谷 泰浩, 池見 洋明, Poppy INDRAYANI, Ibrahim DJAMALUDDIN
  • B-3-4 都市街路における光環境のモデル化
  • PDF 竹内 修人, 田中 一成, 吉川 眞
  • B-3-5 気象シミュレーション結果を用いた高速道路規制の発生予測に関する研究
  • PDF 小野 雅史, 柴崎 亮介

C-3: 自治体・維持管理 司会: 青木 和人 

  • C-3-1 機械学習と空間情報を用いた、道路管理における維持管理水準の抽出
  • PDF 前田 紘弥, 関本 義秀, 瀬戸 寿一, 樫山 武浩, 小俣 博司
  • C-3-2 中心市街地における屋外広告物の誘導規制の考察 ~京都を対象として~
  • PDF 岸川 明弘, 吉川 眞, 田中 一成
  • C-3-3 GISを活用した道路維持管理支援システムの開発
  • PDF 西岡 隆暢, 有吉 亮, 佐土原 聡
  • C-3-4 地理空間情報を活用した道路苦情要望処理システムの構築
  • PDF 岡島 裕樹, 三谷 泰浩, 池見 洋明, 林田 拓都
  • C-3-5 点検データを用いた早期劣化橋梁のリスク評価に関する一考察
  • PDF 小川 福嗣, 近田 康夫
  • C-3-6 公図における地番ラベル配置問題の解決手法について
  • PDF 坂元 恭一, 小林 裕治

D-3: 施設配置 【14:40開始】 司会: 鈴木 勉 

  • D-3-3 高速道路インターチェンジの利用圏の分析-一般化ボロノイ図を応用して-
  • PDF 服田 帆乃香, 奥貫 圭一
  • D-3-4 保育所新設位置推定のための通勤行動上の時空間制約に基づく需要分析手法の設計と評価
  • PDF 原田 利江子, 中島 円, 神武 直彦
  • D-3-5 Median Share Ratioを用いた介護福祉施設配置の評価方法の提案
  • PDF 束原 功哉, 山本 佳世子
  • D-3-6 兵庫県下における精神科心療内科等の立地点に関する空間特性の分析
  • PDF 肖 飛, 川向 肇

E-3: 【ハンズオン】

  • OpenDroneMapハンズオン
  • オーガナイザー:岩崎 亘典
  • ドローンの普及により手軽に高解像度の空中写真の入手が可能となり、植生や土地利用の把握や変化の評価、地震災害時の地表面変動の定量的評価などの災害時の活用などが進められている。そこで本セッションでは、これらの空中写真をこれらの分析に必要なオルソ化画像やDSM(Digital Surface Model)へと変換するための一連の手順について実習を行う。実習にあたっては、主にオープンソースソフトウェアであるOpenDromeMapを使用する。OpenDroneMapは、オルソ化画像の生成に必要な一連の処理を一つのソフトウェアの上で行うことができることが利点である。一方で、ソフトウェアを実行するために、Dockerと呼ばれる仮想環境を整備する必要があり、難易度が高くなっている。そこで本実習では、そうした実行環境の構築も含めて実習を行い、受講者が自身の利用環境下でオルソ画像やDSMを生成できることを目的とする。

10月28日 (土) 16:20~18:20

A-4: 【企画セッション】若手分科会

  • 多様化するGIS教育 (2)
  • オーガナイザー:相 尚寿
  • 地理情報システムが普及し、かつ多様な空間データが廉価もしくは無料で利用できる環境が整備されつつある現在、多様な場面でGIS関連の教育が実施されるようになってきた。それは必ずしもかつての地理教育の延長として高機能なGISの理論と実践を扱うものであるとは限らず、ウェブGISによる情報収集と共有を目指したもの、オープンデータやフリーソフトの利活用に主眼をおいたもの、ビッグデータの解析や可視化を行うものなど多様化している。空間情報の収集や表示が行えるデバイスも専用ソフトの入ったパソコンに限らず、タブレットやスマートフォンにまで拡大している。本セッションでは、理学、工学、人文社会系など多様な分野の学生を対象にしたGIS教育あるいは業務内容に特化した実践力が求められる実務でのGIS研修の最新動向を共有し、多様な受講者や多様な作業環境の中でのGIS教育でいかなる工夫が行われているかを探る。

    5) 中山 大地 (首都大学東京 都市環境科学研究科)
    PDF 「首都大学東京におけるGIS Daysの10年間」
    6) 河原 大 (株式会社キャドセンター 空間情報デザインチーム)
    PDF 「CGビジュアリゼーション分野におけるGIS援用と業務効率化」
    7) 中村 和彦, 相 尚寿 (東京大学 空間情報科学研究センター)
    PDF 「東京大学におけるGIS教育研究の発展に向けた取り組み」
    ※発表順やセッションは変更になる場合があります

B-4: 災害(避難) 司会: 阪田 知彦 

  • B-4-1 観光都市における疑似的津波集団避難に関する移動軌跡データ分析
  • PDF 奥野 祐介, 塩崎 大輔, 橋本 雄一
  • B-4-2 津波避難ビルの階段上昇を含む避難行動シミュレーション -釧路市橋北地区を対象とした基礎的検討-
  • PDF 深田 秀実, 橋本 雄一, 沖 観行
  • B-4-3 津波浸水の時間経過を考慮した建物ごとの避難可能性の空間分析 -北海道苫小牧市を事例として-
  • PDF 川村 壮, 橋本 雄一
  • B-4-4 大地震時における地域特性や断水状況が避難所の混雑度に及ぼす影響
  • PDF 荻野 光司, 大佛 俊泰, 沖 拓弥, 廣川 典昭
  • B-4-5 道路構造の違いに着目した歩車錯綜の避難効率評価
  • PDF 若林 建吾, 鈴木 勉

C-4: 時空間データ・システム開発 司会: 関本 義秀 

  • C-4-1 複合現実を用いた時空間情報システムの構築
  • PDF 牧野 隆平, 山本 佳世子
  • C-4-2 編年時間参照系モデルによる曖昧な時間属性に対する問合せ方式の実装
  • PDF 村尾 吉章, 森本 晋, 清野 陽一, 藤本 悠 , 玉置 三紀夫
  • C-4-3 時空間データベースシステムによる随時更新型カーナビゲーションと高精度道路データ応用
  • PDF 角本 繁, 吉川 耕司, 小笠原 茂宏, 畑山 満則
  • C-4-4 変化を伴う応用スキーマとインスタンスの記述法の検討
  • PDF 太田 守重
  • C-4-5 時間概念の整理と関数を用いた曖昧な時間属性の実装方法の検討
  • PDF 藤本 悠
  • C-4-6 クラウドコンピューティング環境における空間情報サービス実装の試み
  • PDF 嘉山 陽一, 柳下 大, 北島 理司, 須藤 毅, 大伴 真吾

D-4: 人口・地域分析 司会: 花岡 和聖 

  • D-4-1 東日本大震災における復旧・復興の早期回復要因の推定手法に関する検討
  • PDF 佐藤 大誓, 小川 芳樹, 秋山 祐樹, 柴崎 亮介
  • D-4-2 複数の人口データの統合による都市内滞留者・移動者の時空間分布推定
  • PDF 早坂 遼, 大佛 俊泰, 沖 拓弥
  • D-4-3 地域の生活環境が出身地への移住意向に及ぼす影響 - 現住地と出身地の生活環境評価や各項目の重視度に着目して –
  • PDF 関口 達也, 林 直樹, 杉野 弘明, 寺田 悠希
  • D-4-4 中国における地級・県級行政区統計を用いた地域構造分析
  • PDF 坪井 塑太郎
  • D-4-5 首都圏大規模開発地を対象とした地域の持つ特徴量抽出ならびに定量化の為の研究
  • PDF 前田 翠, 関本 義秀

10月29日 (日) 9:00~




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)

Author:ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)
地理空間情報で社会を少しでもよくしたいジオねこ@うじじすのブログなのだ。
twitter ujigis(ジオねこ@うじじす)
はてなブックマーク ujigislab

GIS の夜明けは近いぜよ!
(もう、何年、同じこと言っとんねん!)
(大体、あんた。佐幕派でしょが!)
最近、夜が明けたかと思ったら、GISはスマホ地図としてみんなに知られて、いまや誰もGISとは言ってくれません。。

姉妹ブログ「うじじす@オープンデータeventブログ」は、 こちら!
http://opendata.blog.fc2.com/

カウンター
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
リンク