第9回GIS-Landslide研究集会および第5回高解像度地形情報シンポジウム

http://gis-landslide.blogspot.jp/2017/12/9gis-landslide5.html

第9回GIS-Landslide研究集会および第5回高解像度地形情報シンポジウム

第9回GIS-Landslide研究集会および第5回高解像度地形情報シンポジウムを開催いたします。
以下の通り、研究会、シンポジウム、ワークショップを開催いたします。

発表申し込みについて
研究会・シンポジウムについて、様々な分野からのご発表を募集いたします。
本研究会では伝統的に、大学生・大学院生のご研究、結論が出ていないもの、困難な課題、議論・コメントが欲しいものなど、広く受け入れております。
発表をご希望の方は、事務局(gis-landslide [at] bosai.go.jp)まで仮タイトルをお送りください。 
最終締め切りは2018年1月14日(日)を予定しております。

主催:GIS-Landslide研究会、地形鮮明化プロジェクト
共催東京大学 空間情報科学研究センター東京大学空間情報科学研究センター(空間情報科学連携ラボ)国立研究開発法人 防災科学技術研究所(予定)
日時(研究会・シンポジウム):平成30年2月22日(木)午前(9th GLM)、午後(5th HDTS)
日時(ワークショップ):平成30年2月23日(金)終日
場所東京大学 柏キャンパス 総合研究棟 6F 大会議室
規模:90名程度(研究会&シンポジウム)、30名程度(ワークショップ) 
形式:口頭発表、ポスター発表、ワークショップ

スケジュール概要
研究会&シンポジウム:2018/2/22(木)10:00~16:00
AM:2017年九州北部豪雨の災害対応および調査・研究
PM:新しい計測技術の課題と展望

ワークショップ:2018/2/23(金)9:30~17:30
テーマ:ノンメトリックカメラを用いるSfM写真測量の課題と対応
AM:座学
PM:計測実習(TLSおよびSfM写真測量)
内容:ワークショップでは、SfM写真測量の精度を検討する上で重要な、撮影場所およびカメラの向きの影響、地上基準点の配置・計測・設置の問題、レンズ歪み推定の最適化といった要素と精度に対する影響を挙げ、それらの既知の問題や対応について議論する。
コーディネータ:内山(防災科研)・早川(東京大学)
ワークショップへの参加申し込みは、詳細が決まりしだいご案内いたします。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)

Author:ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)
地理空間情報で社会を少しでもよくしたいジオねこ@うじじすのブログなのだ。
twitter ujigis(ジオねこ@うじじす)
はてなブックマーク ujigislab

GIS の夜明けは近いぜよ!
(もう、何年、同じこと言っとんねん!)
(大体、あんた。佐幕派でしょが!)
最近、夜が明けたかと思ったら、GISはスマホ地図としてみんなに知られて、いまや誰もGISとは言ってくれません。。

姉妹ブログ「うじじす@オープンデータeventブログ」は、 こちら!
http://opendata.blog.fc2.com/

カウンター
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
リンク