FC2ブログ

第152回歴史地理研究部会(開催日:2018年11月24日大会部会アワー)

hgsj.org/reikaibukai/rekishichiri_no152/

第152回歴史地理研究部会(開催日:2018年11月24日大会部会アワー)

日時:

2018年11月24日(土)10:30~12:00

*立命館大学歴史都市防災研究所と共催、人文地理学会大会部会アワーとして開催

会場:

奈良大学

テーマ:

英国における歴史GISの展開

研究発表:

Studying long-run geographical change with GIS

・・・・Humphrey Southall(Professor of Historical Geography / Director, GB Historical GIS, University of Portsmouth)

Medieval tax in East Anglia, a spatial comparison

・・・・ Paula Aucott(Senior Research Associate, GBHGIS Project, University of Portsmouth)

 

コメント:矢野桂司(立命館大学)*発表は英語で行われます。

司会:塚本章宏(徳島大学),花岡和聖(立命館大学)

趣  旨:

GISの空間分析機能を歴史空間に援用する「歴史GIS」は,2000年頃に多くの研究者の共通の関心事として認識され始める.初期の歴史GIS研究は,歴史地理的な情報を空間に関連づけてインデックスしながら,オンラインマップで公開・共有することが盛んに行われ,その代表的なプロジェクトのひとつが,Great Britain Historical Geographical Information System (GBHGIS:http://www2.port.ac.uk/research/gbhgis/)である.このプロジェクトを主導しているHumphrey Southall教授とPaula Aucott氏をお招きし、近年の英国における歴史GISの展開について講演を頂く.また,コメンテーターの矢野桂司教授を通して,日本における歴史GISの現状との比較も行いたい.

 自動代替テキストはありません。

連 絡 先:塚本章宏(徳島大学) E-mail: tsukamoto.akihiro[at]tokushima-u.ac.jp

[at]は@に置き換えてください。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)

Author:ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)
地理空間情報で社会を少しでもよくしたいジオねこ@うじじすのブログなのだ。
twitter ujigis(ジオねこ@うじじす)
はてなブックマーク ujigislab

GIS の夜明けは近いぜよ!
(もう、何年、同じこと言っとんねん!)
(大体、あんた。佐幕派でしょが!)
最近、夜が明けたかと思ったら、GISはスマホ地図としてみんなに知られて、いまや誰もGISとは言ってくれません。。

姉妹ブログ「うじじす@オープンデータeventブログ」は、 こちら!
http://opendata.blog.fc2.com/

カウンター
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
リンク