スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GIS九州の汚職事件で損害金が唐津市へ入金

http://blog.goo.ne.jp/kmjcp/e/7ec1c9a908e87e50d623eb612df1af6f?fm=rss


こんにちは浦田関夫です
市民の暮らしを守るための活動や地域のできごとを発信・交流しましょう。
2012年03月02日 06時37分13秒 |

2007年12月28日に唐津市の現職総務部長が逮捕される事件が市役所と市民に衝撃が走ったのを鮮明に覚えています。あれから、4年がすぎました。

 事件の内容は、唐津市がGIS九州に発注した固定資産評価システムの入札で680万円の賄賂を元総務部長が受け取って業者に便宜を図ったという事件でした。
 
 総務部長は、固定資産課税のためにデジタルの航空写真で撮影するところを「フイルム撮影」に変更させ、それを台帳化するための事業にも入札方式に違反しGIS九州に落札させるという行為に及びました。

 しかし、唐津市は、このことによって「損害は一切発生していない」と主張したのです。
これに不服を抱いた山口勝弘さん(北波多在住)は、入札の公正や手続き、それにもとづく納品が適正に行われていないなど1億3500万円の損害賠償を求め裁判をおこしました。
佐賀地裁、福岡高裁は損害を認め、544万円が3月補正予算に雑収入として入金されることになりました。

 ここに、唐津市政の甘さがあります。
唐津市が、汚職行為で「損害が発生している」という立場に立てばもっと受け取る損害額は多かったはずです。

 昨年12月水道料金の徴収においては口径誤りを承知しながら放置していた事件がありましたが、当時の担当課長が減給処分。当時の部長は退職していたため、自主的に給与の半額を返納。市長、副市長の減給給処分などをしました。

 しかし、民法上の請求期間2年間だけでも176万円の損害額について市は認定しているのに「うやむや」な態度です。

 3月議会では、「市民の感覚の市政」を求めていきます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)

Author:ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)
地理空間情報で社会を少しでもよくしたいジオねこ@うじじすのブログなのだ。
twitter ujigis(ジオねこ@うじじす)
はてなブックマーク ujigislab

GIS の夜明けは近いぜよ!
(もう、何年、同じこと言っとんねん!)
(大体、あんた。佐幕派でしょが!)
最近、夜が明けたかと思ったら、GISはスマホ地図としてみんなに知られて、いまや誰もGISとは言ってくれません。。

姉妹ブログ「うじじす@オープンデータeventブログ」は、 こちら!
http://opendata.blog.fc2.com/

カウンター
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。