スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

統合型GISの構築で総合的な行政サービスを実現

http://ameblo.jp/m-yoshiyuki/entry-11158531056.html


元山よしゆきのブログ、板橋区議会議員 元山よしゆきオフィシャルブログ

統合型GISの構築で総合的な行政サービスを実現
テーマ:区政
現在、統合型GIS導入に向けて、本区の実態に即した効果的かつ実効性の高いプランを定めるべく、「統合型地理情報システム導入・活用計画」の策定作業を行っています。(平成24年3月完了予定)
24年度からはこの計画(基本方針や開発スケジュールなど)に基づき、全庁的な構築作業に入ります。

1 事業の概要
(1)統合型地理情報システム(GIS)の導入
庁内全職員を利用対象とした「統合型GIS」を調達し、平成25年度に運用を開始

(2)業務向けデジタル地図情報の整備
地図データを新規に整備し、運用開始直後から業務支援システムとして利用できる環境を構築

(3)統合型GISの初期運用支援
運用初期における、GIS活用方法やデータ管理手法等に関する「運用コンサルティング」を実施

2 統合型GIS導入の意義と、期待される効果
(1)地図情報の庁内共有による業務効率化と業務高度化
地図同士の重ね合わせや、相互の位置関係を利用した分析で業務の高度化が期待できます。

(2)庁内情報の「見える化」により直感的な情報把握が可能
情報管理をスムーズにし、作業時間を短縮して作業コストを抑制します。

(3)汎用性のある統合型GISを導入することで、庁内における「個別GIS」の乱立状態を回避
専門的な機能を必要としない個別GISは統合型GISで代替し、システム維持コストを抑制します。
⇒ 区民にとって有益な情報は、公開型GISである「どこナビいたばし」(現在運用中)を用いて情報提供を行い、より一層の区民サービス向上をめざします。

【予算額】 23,097千円

<スケジュール>
システム構築 平成24年7月~
(データ整備 平成24年10月~)
システム稼働 平成25年4月~

危機管理の視点からも情報の共有とデジタル化を進める事が重要であり、期待しています。
また、役所組織は、横断型情報共有が苦手な組織なので、統合型GISの導入で業務改善に大いに役立つと思います。従って、業務の効率化と精度も上がるとも言え、経営効率向上にも効果的だと考えられます。
本事業化によりベースを整備し運用で進化させて行きたいと思います。


<副長コメント>
事業概要に(3)統合型GISの初期運用支援
が明確に書いてあるって、すごい?かも知れませんね。
業者委託でするのかな?


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)

Author:ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)
地理空間情報で社会を少しでもよくしたいジオねこ@うじじすのブログなのだ。
twitter ujigis(ジオねこ@うじじす)
はてなブックマーク ujigislab

GIS の夜明けは近いぜよ!
(もう、何年、同じこと言っとんねん!)
(大体、あんた。佐幕派でしょが!)
最近、夜が明けたかと思ったら、GISはスマホ地図としてみんなに知られて、いまや誰もGISとは言ってくれません。。

姉妹ブログ「うじじす@オープンデータeventブログ」は、 こちら!
http://opendata.blog.fc2.com/

カウンター
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。