室蘭で庁内版enとーく始まる―「個人の意識改革を」 【室蘭民報2012年8月15日(水)朝刊】

http://www.muromin.mnw.jp/murominn-web/back/2012/08/15/20120815m_01.html

 室蘭市の青山剛市長が職員と対話を深める「庁内版enとーく」が14日、始まった。初日は教育部と市立病院の職員が座に着いて、職員倫理と行財政改革をテーマに現場の意見を聴いた。

 市長が市民と対話するenとーくに加え、政策の実現を支える職員と理解を深める目的で昨年8月に初実施。職員の業務効率化に向けた意見が、実際に平成24年度の統合型GIS(地理情報システム)導入に結びついた。

 今回のテーマは贈収賄事件を受けて3月の規定施行後、4カ月を経過した「職員倫理」と「行財政改革」を掲げた。

 教育部の職員30人が参加。全員で市民憲章を朗読した後、青山市長は「職員一人一人の意見をうかがう機会。今月の政策ヒアリング、11月の予算ヒアリングの参考にしたい」とあいさつ。

 行革について職員は「個人レベルの意識改革で作業効率のアップを」「外から見て市役所が変わったと思ってもらえることが大事」などと述べた。情報を共有して職員同士がスケジュールを把握したり、職員減の中で各分野のプロを育てる声も挙がった。

 職員倫理では管理職向けに実施した研修を継続するよう要望があったほか、教育分野では統廃合の対象とならない学校の設備も計画的に改善する必要性を指摘していた。

 この日は市立病院の職員とも意見を交換した。今月中に全ての部と懇談する予定だ。
(粟島暁浩)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)

Author:ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)
地理空間情報で社会を少しでもよくしたいジオねこ@うじじすのブログなのだ。
twitter ujigis(ジオねこ@うじじす)
はてなブックマーク ujigislab

GIS の夜明けは近いぜよ!
(もう、何年、同じこと言っとんねん!)
(大体、あんた。佐幕派でしょが!)
最近、夜が明けたかと思ったら、GISはスマホ地図としてみんなに知られて、いまや誰もGISとは言ってくれません。。

姉妹ブログ「うじじす@オープンデータeventブログ」は、 こちら!
http://opendata.blog.fc2.com/

カウンター
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
リンク