2013年3月3日(日)上高地自然史研究会 2012年度研究成果報告会

https://www.facebook.com/rgnhkamikochi?fref=ts

3月3日(日)開催の、上高地自然史研究会2012年度研究成果報告会のお知らせをい
たします。
どなたでも参加可能ですので、是非とも参加していただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。


上高地自然史研究会 2012年度研究成果報告会

日時  2013年3月3日(日) 13時 ~17時30分
場所  専修大学サテライトキャンパス
    (小田急線向ヶ丘遊園駅北口徒歩1分)

13:00-13:20
  年次報告-事務局から-
13:20-13:45
  苅谷愛彦(専修大学)
    日本アルプスの大規模地すべり研究
    -科研プロジェクトの紹介と上高地周辺での展開
13:45-14:10
  苅谷愛彦(専修大学)・原山 智(信州大学)・清水勇介(専修大学・院)
    新村橋の岩屑丘は前穂北尾根西面で起きた岩壁崩壊の産物である
14:10-14:35
  清水勇介(専修大学・院)
    飛騨山脈南部,蝶ヶ岳-長塀山西面の重力変形地形

< 14:35-14:55 休憩 >

14:55-15:20
  高岡貞夫(専修大学)
    線状凹地に着目した湖沼および草原の地生態学的研究
15:20-15:45
  五嶋みなと(専修大学・学)・湯澤孝介(専修大学・学)
    梓川河床の流木と蝶ヶ岳付近の線状凹地内植生のマッピング
15:45-16:10
  島津 弘(立正大学)
    上高地徳沢-明神間の継続調査地における2007~2012年の河床地形変化と
    2011,2012年夏季~秋季の水位変動

< 16:10-16:30 休憩 >

16:30-16:55
  若松伸彦(東京農業大学)・金子泰久(立正大学・学)・米林 仲(立正大学)
    異なる地質によって形成される沖積錐上の森林構造の違い
16:55-17:20
  清水長正(防災地形コンサルタント)・山本信雄・柿下愛美(東京大学・院)・大塚 勉(信州大学)
    蒲田川左俣「お助け風」と稲核「風穴本元」の温度変化,風穴本元内の氷の消長

◇ ◇ ◇

○会場案内図:http://www.senshu-u.ac.jp/library/00_spdata/satellite/access.pdf
 23階建てマンションの2階です.
 1階にある東急ストアの入口前を通り過ぎて,北側の入口からお入りください.
○サテライトキャンパス内ではいっさい飲食ができません(ふたつきのペットボトル等を除く).
 昼食を済ませてからお越しください.ファーストフード店など,昼食のできる場所は駅南口に数多くあります.
○終了後,向ヶ丘遊園駅周辺で懇親会を予定しています.
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)

Author:ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)
地理空間情報で社会を少しでもよくしたいジオねこ@うじじすのブログなのだ。
twitter ujigis(ジオねこ@うじじす)
はてなブックマーク ujigislab

GIS の夜明けは近いぜよ!
(もう、何年、同じこと言っとんねん!)
(大体、あんた。佐幕派でしょが!)
最近、夜が明けたかと思ったら、GISはスマホ地図としてみんなに知られて、いまや誰もGISとは言ってくれません。。

姉妹ブログ「うじじす@オープンデータeventブログ」は、 こちら!
http://opendata.blog.fc2.com/

カウンター
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
リンク