2013年3月28日 FOSS4Gを用いたデジタル地図の活用と空間分析勉強会(立正大学地球環境科学部環境システム学科とOSGeo財団日本支部)

http://osgeo-org.1560.n6.nabble.com/FOSS4G-td5041958.html

2012年3月29,30日の両日に開催される日本地理学会に合わせて,地球環境科学部環境システム学科とOSGeo財団日本支部の主催で,オープンソースのGISであるFOSS4G勉強会を,以下の通り開催することとなりました。
コースは主に初心者を対象とした「地理学卒論・修論生のためのQGIS入門」と中級者以上を対象とした「OSMとFOSS4Gを利用した公共施設へのアクセシビリティ評価法」になります。参加費は無料で,どなたでもご参加頂けます(地理学卒論・修論生,地理学会員以外でもOKです)。是非とも多くの方にご参加頂ければ幸いです。

主催:立正大学地球環境科学部環境システム学科・OSGeo財団日本支部
日時:2013年3月28日10時-16時(予定:途中、昼食休憩あり)
場所:立正大学熊谷キャンパス 3号館2Fコンピュータ A B C室
MAP:http://osm.org/go/7Q8TzZIMz-

申し込み:[hidden email] まで以下の項目を記載の上ご連絡下さい。受け付けましたら,折り返し確認の連絡をいたします。

お名前:
ご所属:
e-mail:
希望するコース:
GISの利用経験:あり または 無し
有りの場合使用したソフト:
連絡事項:(どの様にGISを使用したいか、研究に活用したいかなど、ご要望がありましたらこちらにお書き下さい)

その他:使用するコンピューターは教室に備え付けのものを利用します。PC等を持参する必要はありません。


コース1:
「地理学卒論・卒論生のためのQGIS入門」
講師:奈良大学大学院 田村賢哉
定員:30名
概要:
GISの基礎をQGISを使って学ぶ講座です。卒論やレポートでGISを使うことがある学生を対象に以下を学びます。
・座標系の話
・ポイント,ライン,ポリゴン,ラスターデータは、それぞれどの様に使い分けるの?
・GISデータはどこから取得するの?
・どうやったらきれいな地図を描くことができるの?
これらの点について配慮した形で,初心者向けの講義を考えています。

対象:主にGISを使いたいと思っている学生
環境:QGIS1.8


コース2:「OSMとFOSS4Gを利用した公共施設へのアクセシビリティ評価法」
講師:(独)農業環境技術研究所 岩崎亘典
定員:30名

概要:GISの代表的な機能の一つとして,経路や距離の検索があります。この講義では,QGISとGRASSという代表的なFOSS4Gと,OpenStreetMapというオープンなデータ,そして国土数値情報を利用して,市町村スケールでの公共施設へのアクセシビリティを評価する手法を実習します。これをとおして,GRASSの機能を体験することを目的とします。
対象:GISの基礎的な利用法を理解している方。
環境:QGIS1.8
参考資料:http://www.slideshare.net/wata909/ss-15464044

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)

Author:ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)
地理空間情報で社会を少しでもよくしたいジオねこ@うじじすのブログなのだ。
twitter ujigis(ジオねこ@うじじす)
はてなブックマーク ujigislab

GIS の夜明けは近いぜよ!
(もう、何年、同じこと言っとんねん!)
(大体、あんた。佐幕派でしょが!)
最近、夜が明けたかと思ったら、GISはスマホ地図としてみんなに知られて、いまや誰もGISとは言ってくれません。。

姉妹ブログ「うじじす@オープンデータeventブログ」は、 こちら!
http://opendata.blog.fc2.com/

カウンター
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
リンク