2013年5月17日(金)モバイルGIS&クラウドGISセミナー(インフォマティクス)

http://www.informatix.co.jp/top/event_seminar.html

モバイルGIS&クラウドGISセミナー
~ インフォマティクスが目指す空間情報システムの業務活用法 ~

【無料】モバイルGIS&クラウドGISセミナーのご案内

空間情報システム開発をリードするインフォマティクスは、このたび、モバイル端末とクラウドにおける地図活用をテーマに、業務効率向上を支援するためのセミナーを開催します。

分野・業界・活用テーマごとに1,000 件を超える開発実績のなかから、厳選した開発事例と、モバイル・クラウドにおける今後の活用を見すえた提案をご紹介いたします。本セミナーは、モバイル・クラウド利用のニーズの高まりを受け、毎回多くのお申込をいただいております。皆さまお誘いあわせのうえ、ぜひご参加ください。

セミナー概要

名称
モバイルGIS&クラウドGISセミナー
~ インフォマティクスが目指す空間情報システムの業務活用法 ~
主催
株式会社インフォマティクス
対象分野 ・地震や豪雨・豪雪など、自然災害、事故への「災害対応」
・電力・ガス・道路・鉄道など「社会インフラ」の老朽化対策
・金融分野など地域密着型の営業活動を支援「顧客管理・営業支援」
・建設・不動産分野における情報の一元共有「物件・不動産管理」
・店舗開発や顧客分析に活用「エリアマーケティング」
参加費
無料
定員
150名
日時/会場
・2013年5月17日(金) 14:00~17:30(13:45 受付開始)
・ミューザ川崎シンフォニーホール 4F 市民交流室
 神奈川県川崎市幸区大宮町1310番 
プログラム
14:00 主催者あいさつ
14:05

データ活用が導く新たな世界へ ~Google のクラウドによる地理空間情報活用法~
グーグル株式会社 エンタープライズ部門 セールスマネージャー 倉田知明様

本セッションは、グーグル株式会社による特別プレゼンテーションとなっています。Googleの取り組みや、クラウドを活用した最新の製品情報・国内外の導入事例をお伝えいただきます。
14:35

インフォマティクスのGIS最新テクノロジーのご紹介
導入実績40,000 ライセンスを超えるGIS「SIS」と、クラウドやAndroid等のモバイル端末に対応した新しいGIS「GeoCloud」をご紹介します。それぞれ、各セッションで提案するシステム開発の基幹となるGISソフトウェアです。
14:50

GISを活用した顧客情報の視覚化と営業活動の効率化
基幹システム等から顧客データを取込み、取引件数や取引内容により色やグラフに表示して、現状を視覚的に把握が可能です。例えば、支店間どうしの顧客の重なりやロスの多い地区の抽出が可能です。顧客のデータを統計データや推計データと重ね合わせることにより、地区毎の市場性と開拓率、経年の推移を把握することができます。

また、重点営業地区の検討や金融機関であれば地区調整や口座移管の戦略立案に役立てることができます。

・CIF情報のビジュアルな地図表現 ・地区、営業店毎のシェア、ランキング表示
・任意の領域を設定したテリトリ分析 ・顧客属性からの取引状況、各種統計情報の比較分析
15:05

タブレットGIS を活用した現場業務の効率化
タブレット上に表示した地図を活用して、地区単位の営業活動や機械設備などの保守・点検業務を支援します。訪問先での顧客情報の検索に加え、営業報告書の作成や電子カタログの閲覧ができます。

保守・点検業務においては、点検結果の入力、現場写真の撮影、報告伝票の作成など、外出先での業務効率化・時間有効利用に貢献します。

・顧客情報の閲覧、商談メモの入力 ・地図表示による顧客情報の視覚化
・製品資料、提案資料の活用 ・現場での伝票処理・報告書類作成
15:20 休憩
15:35

地図による物件情報の一元管理と活用
施工物件管理、不動産開発・流通、CRE戦略、ビルメンテナンスなど、「物件」を扱うあらゆる業務に、地図による物件管理システムをご提案いたします。ブラウザ上の地図から、スピーディな地図表示とユーザフレンドリーな操作性で、快適に物件情報にアクセスできます。


物件の属性情報を表示し、物件に紐づくファイルや、既にお持ちの物件DB をリンクさせることも可能です。背景地図には、GoogleMaps API for Business をはじめとする、各種地図を利用可能です。地図による一元管理で、「使える物件管理システム」をご提案いたします。
16:05
GISを活用したインフラ設備の老朽化及び災害対策
老朽化の進むインフラの性能を維持するため、インフラ設備の調査・点検が緊急の課題となっています。一方、地震や地球温暖化により大規模化する自然災害への対策もあわせておこなう必要があるため、設備状態の情報が今までよりも重要度を増してきました。同様にコストの縮減は避けることのできない課題で、無駄のない投資をするための計画を策定できるかという問題も存在します。

これらの諸問題を解決するために、設備の状況をいかに効率的に点検できるか、また点検で得た情報をどのように活用するかがインフラ企業に求められています。


このセッションの前半では「効率的な設備維持管理の実現」をテーマとして、タブレットとクラウド上で動作するGIS を利用したインフラ性能の維持管理システムをご紹介します。後半では「緊急時における情報の活用」をテーマに、時系列とGIS を融合したシステムをご紹介します。
キーワード:現場調査, 改修計画, 災害対策
17:05 質疑応答・個別質問
17:30 終了
お申し込み
本セミナーへの参加をご希望の方は、以下の「お申し込み」ボタンをクリックし、申込フォームに必要項目をご入力のうえ送信してください。参加登録完了後、登録完了メールが返信されます。

※お席に限りがございますので、お早めにお申し込みください。
お願いとご注意
・受講票等は発行いたしません。
・ご来場の際にはお名刺をご持参ください。
・同業者の方は参加をお断りさせていただく場合がございます。
個人情報保護と
利用について
本セミナーの申し込みよりご提供いただいたお客様の個人情報は、情報の受け取りを「希望する」にチェックがあった場合にのみ、グーグル株式会社および株式会社インフォマティクスが、次の目的のために使用いたします。
・本セミナーに関する連絡
・グーグル株式会社または株式会社インフォマティクスのサービス、技術、セミナー案内等を提供するため。
当社は、お客様の事前の同意がある場合を除き、以上の利用目的の範囲を超えてお客様の個人情報を利用することはございません。
お問い合せ
株式会社インフォマティクス 空間情報事業部 営業部 セミナー担当:檜尾(ひのきお)、岩塚
〒212-0014 川崎市幸区大宮町1310ミューザ川崎セントラルタワー27階
TEL:044-520-0850  FAX:044-520-0845
Email:gis-seminar@informatix.co.jp
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)

Author:ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)
地理空間情報で社会を少しでもよくしたいジオねこ@うじじすのブログなのだ。
twitter ujigis(ジオねこ@うじじす)
はてなブックマーク ujigislab

GIS の夜明けは近いぜよ!
(もう、何年、同じこと言っとんねん!)
(大体、あんた。佐幕派でしょが!)
最近、夜が明けたかと思ったら、GISはスマホ地図としてみんなに知られて、いまや誰もGISとは言ってくれません。。

姉妹ブログ「うじじす@オープンデータeventブログ」は、 こちら!
http://opendata.blog.fc2.com/

カウンター
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
リンク