都市の課題をテーマに、大阪市立大学国際学術シンポジウムを開催(9月17日~19日)

http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/event/2013/cnmhb3

大阪市立大学は、高い研究力を国内外に発信するため、毎年各分野トップクラスの研究者を国内外から招待し、国際学術シンポジウムを開催しております。
今年の国際学術シンポジウムでは、「エネルギー・環境」、「安心・安全・健康」、「創造性マネジメント」という都市としての3つの喫緊のテーマに焦点をあて、都市再創造に関する実験的なモデルを提示いたします。世界的な知のリーダーと意見を交わしながら、住み良く魅力ある都市をつくるためのアイデア、技術、工程などをプレゼンテーションします。そして最後のセッションでは、「都市の再創造―20年後の大阪」と題した学術演劇(学劇)を上演し、ドラマ仕立てでシンポジウムのテーマに迫ります。
ご関心をお持ちの方はぜひご参加ください。

項目 詳細
開催日 2013年09月17日 - 2013年09月19日
開催場所 ・ナレッジキャピタルコングレコンベンションセンター
・大阪府立大学I-siteなんば
・住吉大社
・大阪市立大学(学術情報総合センター、田中記念館)
内容・プログラム こちらをご覧ください。
各セッションの概要はこちら
申込方法 申込みフォームはこちら
申込開始 2013年07月17日
申込締切 2013年09月11日
参加費・受講料 無料
定員 各セッション50~300人(※添付のチラシをご覧ください)
対象 どなたでも
主催者 大阪市立大学
後援・協力 【共催】大阪府立大学観光産業戦略研究所(セッション4)、【後援】大阪市、【協力】住吉大社

9月19日(木) 大阪市立大学 学術情報総合センター

セッション8:コミュニティを創るオープンソースアプローチ 10:00-12:00
数学・物理はピュアな理論や実験研究と思われがちですが、本セッションでは、その社会性・応用性、とくにフリーオープンソースソフトウェアを使った大きなコミュニティ形成の可能性についてアピールします。オープンソースアプローチがどのように、より良い教育・素養をもたらし、また社会経済や社会環境の構造の改善に役立つか、を示します。Human Security Index(人間安全指標)の創始・推進者であるデビィッド・ハスティング博士を招き、活気あるコミュニティ(地域社会)の定義と定量化、基礎科学における教育・素養の発揚の1例として「数学的オープンソース“MathLibre”プロジェクト」、空間データの構造基盤を構築するためのオープンソースアプローチの一例として「空間情報科学におけるオープンソース・イニシアティブ」を紹介します。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
プロフィール

ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)

Author:ジオねこ@うじじす(前世は土方副長)
地理空間情報で社会を少しでもよくしたいジオねこ@うじじすのブログなのだ。
twitter ujigis(ジオねこ@うじじす)
はてなブックマーク ujigislab

GIS の夜明けは近いぜよ!
(もう、何年、同じこと言っとんねん!)
(大体、あんた。佐幕派でしょが!)
最近、夜が明けたかと思ったら、GISはスマホ地図としてみんなに知られて、いまや誰もGISとは言ってくれません。。

姉妹ブログ「うじじす@オープンデータeventブログ」は、 こちら!
http://opendata.blog.fc2.com/

カウンター
PageNavigation 2.0

Designed by 石津 花

月別アーカイブ
最新記事
リンク